ジョン・ウィック / John Wick

・作品解説
 『スピード』や『マトリックスシリーズ』で一世を風靡したキアヌ・リーブス主演によるガンアクション作品。2021年時点では3作が作られており、5作目までの制作が決定している。
 『フェイク シティ ある男のルール』でリアルなコンバットシューティングを見せたキアヌだが、本作では「ガン・フー(Gun fu)」と呼ばれる新たな戦闘スタイルを披露している。元々ガン・フーとは現実にはありえないガンアクション(ジョン・ウー作品に見られる二挺拳銃や装弾数を無視した銃撃、銃弾を避けるバレットタイム、舞うような動きが特徴のガン=カタなど)を指す総称であるが、本作では柔道などの様々な武術・射撃テクニックを採り入れることでリアリティのある戦闘を描くことに成功している。
 特に注目すべき点は、「Center Axis Relock System(CAR System)*1」という近接戦闘に特化した射撃テクニックである。通常の銃の構え方は腕を伸ばすものだが、CARシステムでは(発砲時も含め)腕を曲げた状態が基本スタンスとなる。この状態だと銃を体に引き寄せる格好になるので、閉鎖空間での銃の取り回しが容易となり、至近距離での戦闘に即座に対応することが可能となるのだ。
 また最新の銃器やカスタムガンが多く登場するなど、銃器的な面でも見所がある。特にチャプター2以降はTTI(Taran Tactical Innovations)社が熱心に協力しており、出演陣への射撃指導及びカスタムガンの提供の他、映画に登場したカスタムモデルをJW(ジョン・ウィック)シリーズとして販売している。

 血生臭い作品ながら殺しを禁じられた聖域「コンチネンタル・ホテル」が裏社会のサロンになっていたり、裏社会の仕事をやり取りするための「金貨」や仕事内容・顧客の要望に応じて武器装備類の選定を行う「ソムリエ」の存在など上流階級的なハイセンスさも見受けられる。

ジョン・ウィック (原題 John Wick)

2014年、アメリカ映画
監督:チャド・スタエルスキー

・ストーリー
 結婚を契機に引退した伝説の暗殺者ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)。愛犬デイジーと平凡な日々を過ごしていたが、あるきっかけでロシアンマフィアに目をつけられ、自宅を襲撃されてしまう。
 不意を突かれたジョンは深手を負い、あげく目の前で愛犬を殺されるという最悪の事態を招くことに。亡き妻からの最後の贈り物である愛犬を失ったジョンは、ロシアンマフィアへ復讐するため、再び暗殺者の道へ戻ることを決意するのだった―――

使用者銃器名備考
ジョン(ジョナサン)・ウィックH&K P30Lコンペンセイター装着
自宅の床に埋めたガンケースから取り出す
2挺あるが、使用するのは1挺のみ
鈍器としても使用
グロック 26バックアップガン
自宅の床に埋めたガンケースから取り出す
2挺あるが、使用するのは1挺のみ
ワルサー P99ホテルでパーキンスから強奪
AN/M14焼夷手榴弾自宅の床に埋めたガンケースから取り出す
ヴィゴの個人資産を燃やすのに使用
Coharie Arms CA-415アメリカ・Coharie Arms製のHK416クローン
ショートバレル
EOTech製ホロサイト装着
フォアグリップ装着
マグプル製Pマグ
スリング装着
横撃ちで発砲した事も
ケル・テック KSGEOTech製ホロサイト装着
フォアグリップ装着
スリング装着
ヴィゴの手下から強奪
DTA SRS A122インチバレル
スコープ装着
バイポッド装着
ヴィゴの手下から強奪
ベレッタ 92FS宣伝写真で所持
WE-Tech Hi-Capa 5.2 K-Version台湾・WE-Tech製の1911ベースガスガン*2
ストライクガン風のマズルガード装着
セイバートゥースタイプのリアセレーション
肉抜き加工のスライド
宣伝写真で所持
ヴィゴ・タラソフSAI グロック17 Tier1アメリカ・Salient Arms International製のグロッククローン
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
ヨセフ・タラソフ
アヴィ
キリル
マーカスFN ハイパワー
スタームルガー M77サプレッサー装着
スコープ装着
バイポッド装着
グロック 19ヴィゴの手下から強奪
Ms. パーキンスワルサー P99ホテルではサプレッサー装着
コルト パイソンホテルでハリーから強奪
グレゴリーベレッタ 92FSオーレリオの店で使用
発砲なし
ハリーコルト パイソン4インチバレル
発砲なし
コンチネンタルNYの従業員グロック 19サプレッサー装着
掟の違反者を粛清する際に使用
ヴィゴの手下グロック 17Gen3
ジョン宅の襲撃時はサプレッサータクティカルライト装着
グロック 19
水平二連式散弾銃ソードオフ
発砲なし
ケル・テック KSGEOTech製ホロサイト装着
フォアグリップ装着
スリング装着
H&K MP5KPDWモデルやフォアグリップレス、スリングを装着した物もあり
SW MP10アメリカ・SW(Special Weapon)製のMP5クローン
発砲なし
DTA SRS A122インチバレル
スコープ装着
バイポッド装着
発砲なし
Savage 10BAアメリカ・Savage Arms製のボルトアクションライフル
スコープ装着
発砲なし
DPMS リーコンアメリカ・DPMS Panther Arms製のARクローン
スコープ装着
発砲なし
FABディフェンス KPOS G1/グロック 17劇中ではフルオート改造したグロック 17を組み込んでいる
フォアグリップ装着
スリングを装着した物もあり
マーカス宅の武器庫1911
グロック 17
スプリングフィールドXDM
ベレッタ 92FS
IMI ウージー
MAC M11
オリンピックアームズ K23B
スタームルガー M77サプレッサー装着
スコープ装着
レミントン M700スコープ装着
スリング装着

the RED circle CLUB

第1作公開時に公式サイト内でプレイ可能だったシューティングゲーム。
第2作の登場に伴い現在はプレイ不可能。

使用者銃器名備考
プレイヤー9MM POCKET COMPACT
(シグザウエル P290)
初期装備の銃
10MM AUTO金貨15枚で交換可能な銃
元銃の装弾数は12発だが、ゲームでは9発
.45MM HANDGUN
(EAAウィットネス スチール)
金貨25枚で交換可能な銃
イタリア・タンフォリオ製のCz75クローン
元銃の装弾数は10発だが、ゲームでは12発
D.EAGLE .50
(IMI デザートイーグル MK.XIX)
金貨50枚で交換可能な銃
ピカティニーレール仕様
元銃の装弾数は7発だが、ゲームでは15発
IMI デザートイーグル MK.XIXゴールドモデル
D.EAGLE .50と違い、ピカティニーレール仕様ではない
上記4種類の銃はアイコンのみで、
実際に操作可能なモデリングは全て本銃となる

ジョン・ウィック チャプター2 (原題 John Wick: Chapter 2)

2017年、アメリカ映画
監督:チャド・スタエルスキー

・ストーリー
 「1」での戦いの後、ジョン・ウィックはかつての仲間であるサンティーノ(リカッルド・スカマルシオ)に仕事を要請される。ジョンは一旦拒否するが直後に家を爆破されたため、やむなくイタリアンマフィアの跡目争いに関わる仕事を実行する。
 しかし仕事の遂行後、ジョンはサンティーノに裏切られ、フリーランス、組織の人間を問わずあらゆる殺し屋に狙われるようになる――。

使用者銃器名備考
ジョン(ジョナサン)・ウィックTTI グロック 34ローマにて調達
Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
大型マグウェル装着
TTI グロック 26バックアップガン
Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
グロック 26グリップエクステンション装着
ローマ市街の戦闘で、TTIカスタムと入れ替わるカットあり
H&K P30L冒頭の戦闘で使用
グロック 17サンティーノの手下から奪って使用
グロック 19
シグザウエル P320
CZ P-09サプレッサー装着
殺し屋から奪って使用
S&W1911SCサプレッサー装着
殺し屋から奪ったもの?
地下鉄の戦闘で使用
キンバー・ウォリアーG10グリップ
バワリー・キングより調達
7発のみ装弾
キンバー スーパーキャリー カスタムコンペンセイター装着
シルバーフレーム
終盤でキンバー・ウォリアーから本銃に入れ替わる
TTI TR-1Taran Tactical InnovationsカスタムAR-15
PMAG使用
1-6x24 トリジコンアキュポイントスコープ装着
オフセットマウントにRMRサイト装着
フォアグリップ装着
スリング装着
TTI ベネリ M4Taran Tactical Innovationsカスタム
固定式ストック
シェルホルダー装着
近接武器としても使用
サンティーノ・ダントニオベレッタ M85美術館での銃撃戦で使用
RSAF アーウェン37ジョンの家を爆破時に使用
Burris製スコープ装着
スコープ上部にミニダットサイト装着
アレスS&W1911SCサプレッサー装着
ブラックスライド
カシアンアーセナル ストライクワンシルバースライド
地下鉄の戦闘ではサプレッサー装着
1911シルバースライド
ローマ市街の戦闘で、ストライクワンと入れ替わるカットあり
アールベレッタ M85サプレッサー装着
ソムリエベレッタ Px4
TTI グロック 34Taran Tactical Innovationsカスタム
「テイスティング」でジョンに渡す
TTI グロック 26
TTI TR-1
TTI ベネリ M4
仕立て屋シグザウエル P226防弾スーツへの試射で使用
アブラムの手下CZ P-09
グロック 17
ジアーナの手下グロック 17
バイオリン弾きの殺し屋キンバー Solo CDPバイオリンの中に隠していた
サプレッサー装着
シルバースライド
サブコンパクト1911サプレッサー装着
シルバースライド
地下鉄の戦闘で、キンバー Solo CDPと入れ替わるカットあり
スモウ取り風の殺し屋CZ P-09サプレッサー装着
アジア系二人組の殺し屋CZ P-09サプレッサー装着
東欧系二人組の殺し屋グロック 17サプレッサー装着
清掃員に扮した二人組の殺し屋グロック 17サプレッサー装着
バワリー・キングの手下コルト M4A1トリジコン製ACOG装着
レールシステム式ハンドガード仕様
サンティーノの手下グロック 17Gen3
カタコンベの戦闘ではタクティカルライト装着
グロック 19
1911
シグザウエル P320ホルスターに携行
H&K MP5A2カタコンベの戦闘で使用
タクティカルライト付きハンドガードモデルもあり
H&K MP5A3
コルト M4A1EOTech製ホロサイト装着
レールシステム式ハンドガード仕様
シグ P556 SWATSG550シリーズのロワーレシーバーと組み合わせたプロップガン
バーティカルフォアグリップ装着
レールシステム式ハンドガード仕様
シグ SG551バーティカルフォアグリップ装着
レールシステム式ハンドガード仕様
TTI TR-1EOTech製ホロサイト装着
レールシステム式ハンドガード仕様
ジョンの自宅床下のガンケースH&K P30Lコンペンセイター装着
グロック 26
AN/M14焼夷手榴弾
Coharie Arms CA-415ショートバレル
EOTech製ホロサイト装着
フォアグリップ装着
2挺のうち、1挺はサプレッサー装着
ケル・テック KSGEOTech製ホロサイト装着
フォアグリップ装着
サンティーノの車のトランクRSAF アーウェン37Burris製スコープ装着
スコープ上部にミニダットサイト装着
B&T GL-06フォアグリップ装着
スパイクタクティカル Havocスタンドアローンモデル
9インチ
仕立て屋のガンラックCoharie Arms CA-415ショートバレル
EOTech製ホロサイト装着
フォアグリップ装着
H&K MP5
TDI クリス ベクターSDP
ソムリエの商品カーアームズ K9
グロック 17Gen3
グロック 17LGen2
TTI グロック 26Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
グロック 26グリップエクステンション装着
TTI グロック 34Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
大型マグウェル装着
シグザウエル P226Rシルバースライド
シグザウエル P229R
ベレッタ 92FS
ベレッタ 92FS INOX
ベレッタ 93R
ベレッタ Px4
CZ P-07
FN FNX-9シルバースライド
H&K MK23
H&K P30L
H&K USP
IMI デザートイーグル
S&W M586
S&W M629 クラシック
フランキ スパス15
フランキ PA8
TTI ベネリ M4Taran Tactical Innovationsカスタム
固定式ストック
ステアー MPi69
ベレッタ PM12S
H&K MP5A2
H&K MP5A3タクティカルライト付きハンドガード
H&K MP5K
H&K MP5K-N
IMI ウージー
コルト M16A4レールシステム式ハンドガード仕様
コルト M4A1
シグ SG551
ステアー AUG
ベレッタ SC70/223
ベレッタ SCP70/223
TTI TR-1Taran Tactical InnovationsカスタムAR-15
1-6x24 トリジコンアキュポイントスコープ装着
オフセットマウントにRMRサイト装着
フォアグリップ装着
FN M249
B&T GL-06フォアグリップ装着
コルト M203スタンドアローンモデル
コルト M79
バワリー・キングの武器庫AAI M10
H&K MP5A3タクティカルライト付きハンドガード
H&K MP7A1
IMI マイクロウージー
コルト M4A1レールシステム式ハンドガード仕様
H&K G36C
USSR RPG-7

ジョン・ウィック:パラベラム (原題 John Wick: Chapter 3 Parabellum )

2019年、アメリカ映画
監督:チャド・スタエルスキー

・ストーリー
 「2」での戦いの後、ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は「聖域」たるコンチネンタル・ホテルで掟に反する殺人をしたことにより「主席連合」から追放処分及び1400万ドルの懸賞金が掛けられてしまう。主席連合の息が掛かったNY中の暗殺者が彼を追う中、彼はあるつてを頼りモロッコへと渡る―。

使用者銃器名備考
ジョン(ジョナサン)・ウィックTTI STI2011 コンバットマスターTaran Tactical Innovationsカスタム
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
9mmメジャー弾を装填
武器庫から持ち出す
ボンドアームズ テキサスディフェンダーアメリカ・Bond Arms製のレミントン デリンジャークローン
シルバーモデル
9mmパラベラム弾仕様
ドクから渡される
レミントン M1875骨董品店にあった物
レミントン M1875のシリンダーとフレーム
コルト M1851 ネイヴィのバレル
コルト M1860 アーミーハンマー
上記の部品を組み立てて使用
.44-40弾を装填
コルト M1851 ネイヴィ
コルト M1860 アーミー
ワルサー PPQ殺し屋から奪って使用
H&K P30L
グロック 17Gen5
ベラーダの手下から奪って使用
グロック 19Xベラーダの手下から奪って使用
グロック 34Gen4
FDEフレーム
ベラーダの手下から奪って使用
ワルサー CCPコンペンセイター装着
シルバースライド
ゼロの弟子から奪って使用
コルト ポケットウィンストンから渡される
発砲はせず
TTI グロック 34Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
大型マグウェル装着
武器庫で手に取るのみ
グロック 19Gen5
リフレックスサイト装着
精鋭部隊から奪って使用
シグザウエル MPX カッパーヘッドプロトタイプモデル
ZRタクティカル製伸縮式ストック
シグザウエル製ROMEO4Tダットサイト装着
インフォース製APL Gen3タクティカルライト装着
マグプルフォアグリップ装着
ベラーダの手下から奪って使用
シグザウエル MPX カービンTaran Tactical Innovationsカスタム
BCM製ストック
トリジコン製MROサイト装着
ストリームライト製TLR-8装着
TTI製マグウェル装着
マガジンにTTI製ベースパッド装着
HOGUE製グリップ
スリング装着
武器庫から持ち出す
TTI ベネリ M2Taran Tactical Innovationsカスタム
固定式ストック
エクステンションマガジン
ステッピング加工のグリップ
シェルホルダー装着
12ゲージ・スチール弾を装填
武器庫から持ち出す
ウィンストンコルト ポケットホワイトグリップ
シャロンベネリ M4スーパー9012ゲージ・スチール弾を装填
武器庫から持ち出す
鈍器としても使用
H&K P30L
ソフィアシグザウエル P365アメリカ・Grayguns製のカスタムモデル
グロック 17Gen5
ベラーダの手下から奪って使用
TTI グロック 19Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
大型マグウェル装着
ベラーダの手下から奪って使用
グロック 34 MOSGen4
トリジコン製RMRリフレックスサイト装着
ベラーダの手下から奪って使用
シグザウエル MPXGen2
シグザウエル製ROMEO3リフレックスサイト装着
マグプルAFG装着
マガジンにTTI製ベースパッド装着
ベラーダの手下から奪って使用
裁定人キンバー・ウォリアー携行のみ
証拠品としてバワリー・キングに見せる
ゼロAREX REX ゼロ 1CPサプレッサー装着
ジョンに向ける
ドクボンドアームズ テキサスディフェンダーシルバーモデル
ジョンに渡す
ベラーダAREX REXアルファレッドグリップ
ヤシーンCZ Cz75 SP-01 ファントム
ザイールCZ Cz75Bシルバーモデル
発砲なし
中国系の殺し屋ワルサー PPQ
イタリア系の殺し屋H&K P30L
バイクに乗った殺し屋H&K P30Lホルスターに携行
ディレクターの手下H&K P30L
ベラーダの手下グロック 17Gen5
TTI グロック 19Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
大型マグウェル装着
グロック 19X
グロック 34Gen4
FDEフレーム
グロック 34 MOSGen4
トリジコン製RMRリフレックスサイト装着
シグザウエル MPXGen1
BCM製ストック
リフレックスサイト装着
マズルブレーキ装着
TTI製マグウェル装着
マガジンにTTI製ベースパッド装着
スリング装着
Gen2
シグザウエル製ROMEO3リフレックスサイト装着
マグプルAFG装着
マガジンにTTI製ベースパッド装着
スリング装着
シグザウエル MPX カッパーヘッドプロトタイプモデル
ZRタクティカル製伸縮式ストック
シグザウエル製ROMEO4Tダットサイト装着
インフォース製APL Gen3タクティカルライト装着
マグプルフォアグリップ装着
スリング装着
バワリー・キングの手下グロック 17
CMMG MkGs バンシー 300ダットサイト装着
チタニウムフィニッシュモデル
PTR 9CTSBT5Aスタビライジングブレース装着
トリジコン製RMRリフレックスサイト装着
主席連合の使節Angstadt Arms UDP-9ホロサイト装着
FDEカラーモデル
CZ スコーピオン EVO3フォアグリップ装着
FDEカラーモデル
AR-15トリジコン製ACOG装着
レーザーサイト装着
Veritas Tactical VT16 PDWサプレッサー装着
アフリカ系の殺し屋グロック 17ホルスターに携行
ゼロの弟子ワルサー CCPコンペンセイター装着
シルバースライド
コンチネンタルNYの従業員CZ P-09
H&K P30L
グロック 19
主席連合の精鋭部隊グロック 17Gen5
ホルスターに携行
グロック 19Gen5
リフレックスサイト装着
タクティカルライト装着
PTR 9CTアメリカ・PTR Industries製のMP5クローン
SBT5Aスタビライジングブレース装着
トリジコン製RMRリフレックスサイト装着
タクティカルライト装着
サプレッサー装着
スリング装着
閃光手榴弾
骨董品店の商品クイーン・アン・ピストル
フリントロック式ピストル
ホイールロック式ピストル
ラッパ銃
コルト M1851 ネイヴィ
コルト M1860 アーミー
レマットリボルバー
レミントン M1875
GM M3
USSR PPs43ロワーレシーバーのみ
スターリング Mk2
スプリングフィールド M1ストックのみ
マンリッヒャー M1895カービンモデル
ストックのみ
MG08/15機関銃
ブルーノ ZB30
ブルーノ ZB53
ヴィッカース機関銃
カノン砲
バワリー・キングの武器庫H&K MP5A2
IMI タボールTAR-21
PTR 9CT
SAI GRY AR-15
コルト M4A1
シグ SG552
シグアームズ シグ556
シグサワー シグ516 パトロール
コンチネンタルの武器庫パーカッション式ピストル
フィラデルフィア デリンジャー
フリントロック式ピストル
ラッパ銃
ジェザイル
コルト M1849 ポケット
コルト M1851 ネイヴィ
コルト M1862 ポケットネイヴィ
コルト SAAアーティラリーとキャバルリーの2種類あり
レミントン M1858 ニューモデルアーミー
グリーンカービン
シャープス M1863 カービン
ジョスリン M1864 カービン
バーンサイドカービン
メイナードカービン
RSAF エンフィールドNo.2
コルト ポケット
南部 十四年式拳銃
マウザー C96
ルガー P08
ワルサー P38
ワルサー PPK
CZ P-09
CZ P-10C
FN FNX-9シルバースライド
H&K P30L
H&K USP
S&W1911SC
TTI STI2011 コンバットマスターTaran Tactical Innovationsカスタム
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
TTI グロック 19Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
TTI グロック 34Taran Tactical Innovationsカスタム
ゴールドマッチバレル
ステッピング加工のグリップ
肉抜き加工のスライド
大型マグウェル装着
グロック 19X
スプリングフィールドXD
TTI ベネリ M2Taran Tactical Innovationsカスタム
固定式ストック
エクステンションマガジン
ステッピング加工のグリップ
ケル・テック KSGフォアグリップ装着した物もあり
ベネリ M4スーパー90
ベレッタ Tx4
モスバーグ M590M
モスバーグ M590 ショックウェーブ
レミントン M870 MCS伸縮式ストックモデルとブリーチャーモデルの2種類あり
B&T TP9
CMMG MkGs バンシー 300EOTech製ホロサイト装着
チタニウムフィニッシュモデル
CZ スコーピオン EVO3SBTEVOスタビライジングブレースとEOTech製ホロサイト装着した物もあり
FN P90TR
H&K MP5K-PDW
IMI ウージー
TDI クリス ベクター
シグザウエル MPXGen1
EOTech製ホロサイトリフレックスサイト装着した物もあり
シグザウエル MPX カービンTaran Tactical Innovationsカスタム
BCM製ストック
トリジコン製MROサイト装着
ストリームライト製TLR-8装着
TTI製マグウェル装着
HOGUE製グリップ
Battle Arms the 300 PDWダットサイト装着
ホワイトカラーモデル
CMMG Mk47 AKS8 SBRチタニウムフィニッシュモデル
FN FS2000 タクティカルEOTech製ホロサイト装着
TANカラーモデル
H&K G36C
IMI ガリルARM308バイポッド装着
IMI ガリルMAR
IWI X95
PTR 32P PDWRMFT製バトルリンク ミニマリストストック
ダットサイト装着
マグプルAFG装着
PTR PDWRSBA3スタビライジングブレース装着
スコープ装着
Seekins Precision NXP8EOTech製ホロサイト装着
レーザーサイト装着
USSR AKS47レールシステム式ハンドガード仕様
USSR AKS74U
シグ SG552
AI AWMスコープ装着
バイポッド装着
DTA SRS コバートスコープ装着
バレット MRAD

ジョン・ウィック:コンセクエンス (原題 John Wick: Chapter 4)

2023年、アメリカ映画
監督:チャド・スタエルスキー

・ストーリー
 3のラスト、一命を取り留めたジョン・ウィックは地下に潜伏していた。傷が癒えた彼は主席連合に「報い(コンセクエンス)」を与えるために立ち上がる―
(準備中)

ザ・コンチネンタル:ジョン・ウィックの世界から(原題 The Continental: From the World of John Wick)

2023年、アメリカTVドラマ

 ジョン・ウィックシリーズのスピンオフにして前日譚。
 1970年代を舞台に、本編においてNYコンチネンタルホテルの支配人であるウィンストン・スコットが如何にしてその座を手にしたのかを描く。
 1話90分全3話で構成され、日本ではアマゾンプライムビデオから配信された。
(準備中)


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • お疲れ様です。imfdbを元にいくつか追加させていただきました。 -- 2022-03-14 (月) 17:10:38
  • 情報追加ありがとうございます -- 2022-03-14 (月) 18:10:54
  • JW3でジョンがドクから渡された銃は、ボンドアームズ製のデリンジャークローンであるテキサス・ディフェンダーというモデルです。口径は9mmパラで、サイズもレミントンデリンジャーより一回りほど大きめ。 -- TNT? 2023-01-28 (土) 18:26:38
  • 初代作でハリーがS&WM686を所持しているシーンがありました、他にヴィゴの手下がSCAR-H(体に隠れて銃身のみ見えていた状態)とソードオフされた水平二連式散弾銃を所持していました。 -- 2023-03-16 (木) 03:48:17
  • 何度も映像を見てみましたがそれらしい銃は発見できませんでした。具体的にどのシーンで登場したのか記載があればありがたいのですが。 -- 2023-03-20 (月) 00:00:39
  • 自己解決しました -- [[2023-03-20 (月) 00:00:39のコメント主]] 2023-03-20 (月) 10:41:17
  • ↑記入ありがとうございます、気づくのに遅れてすみません。 -- 2023-04-12 (水) 20:12:42
  • 初代作の情報を追記。 (マーカスの武器庫やコンチネンタル従業員など)
    また、現在のimfdb参考に一部の項目修正しています。
    2,3作目の情報も、後日追記する予定です。 -- 2023-09-30 (土) 08:42:38
  • 2作目を更新。
    以下項目は新規に追加したものです↓。ソムリエの商品や武器庫の銃は判別できた物のみ記載。
    ・アブラムの手下、清掃員の殺し屋、ソムリエの商品、ガンラック、武器庫など -- 2023-10-07 (土) 07:44:20
  • 3作目を全体的に追記。
    2作目同様、武器庫や骨董品店は判別できた範囲で記載してます。
    また、ゼロの銃はIMFDBでもワルサー PPQとなってますが、ハンマーが見えるのでPPQではなさそう…
    サイズ感と各部の形状が一番近かった銃に更新してます。(画面が暗いので断定はできず) -- 2023-10-09 (月) 08:06:03
お名前:


*1 Sabre Tactical Training Resource and Research社のポール・キャッスル氏が考案。
*2 東京マルイ製ハイキャパシリーズのコピーモデル。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-09 (月) 08:47:25 (199d)