散弾銃 / Shotgun

 16世紀に猟銃として誕生した、筒状の薬莢(ショットシェル)内に弾丸(ペレット)が数個〜数百個納められた「散弾」を使う銃の総称。対象や目的に応じたさまざまな弾種がある。
 
 散弾銃は、二連式散弾銃のように狩猟用や競技用としてポピュラーである。
 アメリカでは特にその歴史を通じて象徴的な武器であり、狩猟・対人戦の双方で大いに使われた。アメリカ英語では助手席のことを「ショットガン」と呼ぶことがあるが、これは開拓時代、銀行の現金輸送馬車が常に助手席に散弾銃を持った警備員を乗せていたことに由来する*1
 こうした国民的な慣習から米比戦争以来、戦場に散弾銃を持ち込んできたのもアメリカである。第一次世界大戦が始まると、アメリカ軍によって制式火器として持ち込まれた散弾銃が、狭い塹壕内の近接戦闘で威力を発揮した。
 通常、発射された散弾は拡散するため、多少の目見当でも命中させることできる。初速が低くペレット一発一発の威力は大きくはないため、ペレットの小さなバードショットは暴徒鎮圧にも使われてきた。いっぽう至近距離で命中すると、拡散し切らないうちに大量の弾丸を集中して浴びせることになるため、対象は激しい破壊痕、または凄惨な銃創を残すことになる。被弾すると治療が難しく、激しい苦痛を伴う残虐性から、第一次・第二次世界大戦では兵士たちに恐れられた。
 特に第一次世界大戦の塹壕戦においてはその面制圧力は非常に有効であり、ドイツ軍は「トレンチガン(散弾銃)を持った敵兵を捕虜にしたらその場で射殺しても構わない」、「散弾銃はハーグ陸戦条約に違反している」などといったプロパガンダで散弾銃を禁止させようと試みたほどであった。もっともこれは多くの俗説に反して、そもそもハーグ条約には特定の銃火器を禁止する項目はない*2ため、この訴えは審議された事はない。
 第一次世界大戦における有効性から第二次世界大戦前後は多くの国で使用された。英国が冷戦時代、内紛や植民地における戦闘で各種銃火器を使用して得られたデータによると、アサルトライフルは11発に1回、5点射で用いた短機関銃は8発に1回という命中率であったが、散弾銃はおよそ5発に1回と非常に高い命中率を示したという。

 映画やゲームなどではまるで大砲のような火力を持つように誇張され描かれる事も多い。実際にはどれほどバレルを切り詰めたショットガンでも弾の拡散する範囲は20m先で50cm四方程度が限界であり、また装薬のエネルギー自体も12ゲージでは強力なもので7.62mm×51 NATO弾と同等、一般的な8粒入り00-バックショット弾では一つ一つのペレットの威力は自動拳銃用の9mmパラベラム弾程度である。無論対人用途としては十分に強力であるが、一発で何人もの人間を吹き飛ばすような威力は無い。
 また粒状の弾をライフリングによる回転なしで発射する関係上、弾の貫通能力も低いため、ノースハリウッド銀行強盗事件のように防弾チョッキで身を固めた相手にはダメージを与えられなかった事例もある。これに関連して有効射程もライフルに比べれば短く、散弾であれば70m程度、スラッグ弾でも100m程度でエネルギーが半減する。ただしそれでも拳銃よりは有効射程は長い。
 以上のような特性から、ボディアーマーの普及したベトナム戦争以降は軍用の武器としてはやや目劣りするものとなった。散弾の命中率に目を付けた米軍が歩兵の主力武器として研究していた事例(CAWS計画)もあるが、上記のような射程や貫通力の問題はクリア出来ず計画は中止されている。
 
 実包がプラスチック製であるため動作の速い自動給弾では変形し給弾不良を起こしやすい、さまざまな弾種によってエネルギーが様々である、といった理由から、従来は散弾銃における反動利用ガス圧作動などを利用した自動装填方式は信頼性が低く、中折れ式やポンプアクションといった手動の装填方式が主流であった。近年では製造技術の向上により、セミオート式やマガジン給弾式の散弾銃も多数製造されている。煩わしい操作をしなくてよい使い勝手の良さから、クレー射撃やハンティング用途向けに一定の需要があるため、近年も改良モデルが開発され続けている。

 散弾銃は、威力や使い勝手の異なるさまざまな弾種が扱えることから、アメリカを始めとする各国の警察組織でも採用されている。対象の制圧(殺傷)よりも、威圧効果や、暴徒鎮圧用に非致死性(ノンリーサル)ゴム弾を使用したり、ドアブリーチ(屋内突入時にドアのヒンジやロックを破壊すること)を行うためである。また弾丸が障害物を貫通しにくく、流れ弾を予防するためという理由もある。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そら急所にでも当たらなきゃ一発パンチ貰って止まるプロボクサーなんて居ないだろ。それに弾丸は人体に侵入しないとその真価を発揮しないからな。フラグメンテーションを参照のこと。 -- 2016-10-09 (日) 16:46:28
  • порно -- 2018-03-14 (水) 15:26:50
  • эротик -- 2018-03-14 (水) 15:27:09
  • ↑Прекрати это. дурацкий -- 2018-03-15 (木) 15:09:42
  • ココにはサイトの性質上思想の左右に関係なく、散弾銃含めた各種銃器に詳しい方々が多数いるとお見受けいたしましたのでお伺したいと思います。
    赤報隊事件 朝日新聞阪神支局襲撃事件の犯人はどういう散弾銃を使用した考えられるでしょうか?

    NHKスペシャル未解決事件 File.06「赤報隊事件」の再現ドラマでは上下二連式散弾銃でした。
    wikipediaでは以下の記述になっています。
    >犯人は二発発砲したにも関わらず、現場に空薬きょうが残されていないことから、2連銃身式の散弾銃が使用されたと推測される。ただし事件に遭遇した記者は銃口は一つと証言しており、自動銃であった可能性も捨てきれない

    自動銃だった場合、薬莢を出さずに2発撃てるものなのか。
    二連式だった場合、銃口は二つのはずなのに一つしかないように見えるタイプのものは存在するのかなど。
    皆様のご見解をお伺いしたいです。
    どうかご教示のほど、お願いいたします。 -- 2018-04-11 (水) 10:50:23
  • まず、セミオートに限らず、チャンバーが一つしかない銃は排莢無しで複数発撃つ事は出来ません。
    リボルバー式であればチャンバーが複数あるので、排莢を伴わずに複数発撃てますが、時代や証言の内容からそれは考えられないでしょう。
    また、二連式の銃でマズルが一つしかないものは市販されていません。
    バレルを曲げて無理矢理一つにするか、マズルを特大のものにするか…いずれにせよ現実的とは言えません。

    セミオートでも空薬莢を拾って持ち帰れば現場には残りませんから、『空薬莢が残っていない=二連式を使った』という結論に落ち着かせるのは少し無理があると思います。 -- 2018-04-11 (水) 12:54:24
  • 自動式、ポンプ式でも薬莢を回収すれば現場に薬莢は残らない。訓練の時に薬莢を回収する癖がついていれば、その射手は実戦においても命がけで薬莢を回収してしまう。自衛隊が実戦でどうなるかは想像もしたくない。。 -- 2018-07-31 (火) 14:59:35
  • 一部編集しました。 -- 2018-10-20 (土) 07:37:38
  • 説明不足から散文的な記述になっていたため、散弾薬莢がライフルにくらべて脆いという記述を削除。同様の理由からセミオート式に対する詳しい記述を追加。 -- 2018-10-20 (土) 07:40:48
  • 何が「説明不足」で何が「散文的」なのか不明だが、プラ製の薬莢が金属薬莢に比べて脆いのなんか自明だし(実際排莢や給弾の不具合は多くがシェルの変形に起因していたため、h&k cawsなどでも金属薬莢が作られた)。自分の記述だけが「詳しい」とはまぁ大した自意識の持ち主だな。 -- 2018-10-21 (日) 08:11:01
お名前:


*1 ただし、この慣習自体はイギリスが発祥である
*2 弾丸については存在する

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-21 (日) 08:25:11 (55d)