USSR スダエフ PPS43 / CCCP 'Судаев' ППС43 【短機関銃】

PPS43
全長(伸長時)重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
615(831)mm3.3kg7.62mm×2535700発/分Fソビエト

 1943年にソビエト赤軍が採用した短機関銃。1942年にレニングラード工廠のアレクセイ・スダエフ技師により設計されたPPS-42(Pistolet Pulemet Sudareva - 1942:スダエフ短機関銃42年式)短機関銃を改良する形で開発された。

戦後ポーランド製のPPS-43で、ほぼソ連製と同仕様

 PPSh-41短機関銃の実戦投入の成果を得た赤軍は、更に制御性・携行性・量産性の高いデザインの短機関銃を要求し、1942年に採用されたのがスダエフ技師の設計したPPS-42であった。 
 作動方式はシンプルなオープンボルトのストレートブローバックだが、PPSh-41よりも長いボルト後退距離を取ることで連射速度を700発/分程度まで低下させている。標準の35連マガジンは容量や寸法は近いが、PPSh-41短機関銃と共用性は無い。また、ストックMP40などに似た折り畳み式とされた。
 当時は大祖国戦争の真っ只中であり、ソ連有数の工業都市であったレニングラードは1941年からドイツ軍によって包囲されていた。レニングラード包囲戦として知られるこの戦いにおいて、PPS-42は設計から開発、初期生産に至るまでがその包囲下で行われた。製造されたほとんどがレニングラード守備隊に供給され、実戦テストされている。プレス加工を多用する事で構造が簡略化され、使用する金属材料をPPSh-41に比べて30%削減させていたが、非常に頑丈で、兵士たちには好評であったという。レニングラード市内のセストロレックでの生産開始とレニングラード守備隊への供給が始まったのは、1942年の12月のことであったが、本格的な生産はレニングラード解放宣言*1のなされた1943年1月からであった。
 PPSh-41の設計者シュパーギンも性能や携行性を向上したPPSh-2を設計したものの、生産性では及ばないものとして却下。1943年、グリップやマニュアルセーフティなどの改良を施したPPS-43が採用され生産が開始された。一方で、PPSh-41もすでに年間100万挺に及ぶ大規模な大量生産設備が整備されていたことから、並行して生産が継続された。

 戦後余剰となった本銃は、中国を始めとする東側同盟諸国に供給され、中国、フィリピン、北朝鮮などでコピー生産され、一部は朝鮮戦争やベトナム戦争でも使用された。

モデル特徴
PPS-42包囲下のレニングラード工廠で生産された初期型。グリップは木製
PPS-43PPS42の改良型。最も生産数が多い。グリップは金属製
MP709(r)ドイツ軍に鹵獲使用されたもの
M/44 Tikkakoskiフィンランドでコピー生産されたもの。9mm×19仕様
M43/52ポーランドでコピー生産されたもの。木製ストック装備
DUX M53/M59戦後スペインおよびドイツでコピー生産されたもの。9mm×19仕様
 
登場作品ジャンル使用者備考
VIETCONG項目参照
亜人項目参照
ヴァンパイヤー戦争小説九鬼 鴻三郎PPS42
キラー・トーナメント映画スレイトの手下ラストの銃撃戦で所持
発砲無し
靴ずれ戦線項目参照
コール オブ デューティ2項目参照
サクラ大戦項目参照
セブン・イヤーズ・イン・チベット映画中国人民解放軍兵士PPS43
発砲シーンで使用
戦場からの脱出項目参照
蒼天の拳項目参照
東部戦線1944項目参照
ドールズフロントライン項目参照
ハムナプトラシリーズ項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
ポリス・ストーリー3項目参照
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火項目参照
ワイルド7項目参照
ワンスアンドフォーエバー項目参照

画像"pps43_2.jpg"はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

画像"ppsh43a.jpg"はMEDIAGUN DATABASE用に撮り下ろされたものです。
転載に関しては、コピーレフト宣言をした上で行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • レニングラード包囲戦はこの銃が無ければ勝利できなかったという声もある、 -- 2014-04-14 (月) 21:21:28
  • この銃をダッラ村では7.62×39mm仕様にしたものが製造されてるそうです。性能はいかほどなものか... -- 2014-06-23 (月) 18:09:32
  • AKのコピーで良くね?って思ったのは俺だけかな!? -- 2014-06-23 (月) 23:15:55
  • 製造が簡単なんだろ。AK系はそれなりの工場が無いと作れないから -- 2014-06-24 (火) 00:14:21
  • 確かにAKよりもつくりやすいからかもしれませんね。3日から1週間ほどでAK作れるそうですが...ダッラは対物用のロケット弾頭も作ってますからね...(でも殆ど手作業だもんなぁ...) -- 2014-06-24 (火) 11:44:28
お名前:


*1 実際には、これ以後も同市を包囲していたドイツ第6軍は存在し、戦闘は継続している。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-15 (木) 13:03:10 (36d)