マーリン M336 / Marlin Model 336 【小銃】

800px-Marlin_336W.png
モデル全長重量口径装弾数製造国
Model 336876~1080mm2.95~3.63kg.30-30 Winchester5,6アメリカ
Model 1895889~1130mm3.18~3.86kg.45-70 Government
.410ゲージ
4~9
Model 444978mm, 1029mm3.18kg, 3.63kg.444 Marlin4
Model 1894889mm, 978mm2.95kg, 3.63kg.44マグナム(.44スペシャル)
.357マグナム(.38スペシャル)
.45Colt
8,10

 アメリカのマーリン社が製造しているレバーアクションライフルシリーズ。
 中口径のモデル336シリーズ、大口径のモデル1895およびモデル444シリーズ、そして拳銃用マグナム弾モデルのモデル1894シリーズから成る。

 マーリンの歴史は古く、2020年に創立150年を迎えた老舗企業である。レバーアクションライフルの製造は1881年にスタートし、ウィンチェスター M1873では使用できなかったフルサイズ弾の.45-70弾等を使用できる大口径レバーアクションとして登場した。モデル1889では、現行のマーリン社製レバーアクションライフルにも引き継がれている右排莢式を始めて採用した。その後も新型ロッキングボルトと2ピース式ファイアリングピンを装備したモデル1894、モデル1895と新モデルを登場させていった。1948年に登場したモデル336は円形ボルトの採用など、一つの完成形となったモデルである。1965年に登場したモデル444は、同社オリジナルの.444マーリン弾を使用する、世界一強力なレバーアクションライフルとして開発されたモデルである。

 本銃の特徴は、競合するウィンチェスターの上排莢と異なり、フラットトップレシーバーの右排莢とした点である。このため、スコープをレシーバー真上に配置することができた。

 口径以外の各種仕様も豊富で、木製ストックとブラックフィニッシュのトラディショナルシリーズ、黒塗りされたストックとパーカライジングフィニッシュ、トップレシーバーのピカティニーレール、マズルデバイス用のネジ切といった現代的装備を持つダークシリーズなど様々である。

 映画「ジュラシック・ワールド」ではマーリン1895SBLというモデルが使用されていたが、マーリンの本製品ページにおける「適した獲物」欄にT-REXが描かれているというネタがあった。(現在はページが消滅)*1


このページの画像はウィキメデイア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/マーリン M336?

お名前:


*1 当時のスクリーンショット:https://twitter.com/Southwood_/status/934000172828205057?s=20

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-11-04 (土) 21:04:29 (24d)