H&K HK416(HKM4) 【突撃銃】

H&K HK416 D145RS
モデル名銃身長全長(銃床短縮時/伸長時)重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
HK416A511in709/805mm3.12kg5.56mm×4510/20/30850発/分S/Fドイツ
アメリカ
14.5in797/893mm3.49kg
16.5in848/944mm3.56kg
20in934/1030mm3.85kg
HK416C9in560/690mm3.09kg5.56mm×4510/20/30850発/分S/Fドイツ
MR556A116.5in861/957mm3.90kg5.56mm×4510/20/30S

 2000年、当時イギリスBAe社傘下だったH&K社は、技術力を見込まれイギリス軍の主力火器SA80の改良を請け負った。その実績から当時デルタフォースの研究開発部門に属していたラリー・ヴィッカーズ監修のもと、デルタフォースとの合同研究開発・フィールドテストを行い、M4を含めたAR15系ライフルの近代改修モデルとなるH&K版M4――コルト製と区別するため「HKM4」と呼ばれる――を2004年に発表する。

 HKM4は、M16系の特徴であったボルト作動方式を変更し、同社G36XM8ガスピストン作動システムを移植。H&Kによる公式な初披露時には、泥水に浸したHKM4を引き上げ、そのまま射撃を行う驚くべきパフォーマンスの様子を写したデモスチールが公開され、同社は2万発もの発射に耐える耐久性をアナウンス。HK416へとアップグレートされた後の2006年の有志によるデモンストレーション動画では米軍SOCOM基準の耐水射撃テストをM4と共に行い、難なく射撃を行うHK416に対し、M4は同じテストで機関部が破損する様子が映されていた*1。こうしたデモには誇張や演出がみられ当時の時点で評価を定めるには不足であったものの、その後のガスピストン式AR15クローンブームの先鞭となった。
 他にもハンドガード部の変更による銃身の過熱問題への対応、SA80改修時に開発したジャム頻度が低い新型スチールマガジン*2の採用など、外観そのものが大きく変わるような変更はほとんどなく、各部の信頼性向上への改修が多い。そのため操作方法は従来と全く同じで、既存のM16系ユーザーも違和感なくHKM4に移行できるよう考慮されている。

 2004年に「M4」はコルト社の商標である、とする訴訟が起きたため「HK416」へと変更*3FN社製SCARといった対抗馬もあらわれ、並行して試験されていたXM8も計画自体がキャンセルされるなど逆風もあったが、現在は着々と採用実績を伸ばしつつある。
 現在のところ、軍関係組織ではアメリカ、インドネシア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、韓国などでの採用が確認されている。主に特殊部隊などの限定的なものがほとんどだが、ノルウェーでは同国軍仕様の「HK416N」がG3に替わる制式主力ライフルとして採用されたほか、2010年にはアメリカ海兵隊に分隊支援火器モデルの「M27 IAR」が採用、2017年にはフランスで同国陸軍仕様の「HK416F」がFAMASを置換する次期制式ライフルとして採用された。トルコではライセンス生産による同様の制式化が予定されていたがキャンセルされた。また、アメリカNYPD、イギリス警察、イタリア、フランス*4の特殊部隊、海上自衛隊の特殊部隊「SBU」など、対テロ部隊やSWAT、ないしそれに相当する各国法執行機関での採用例も多い。
 珍しいところでは、米軍特殊部隊に一時期HK416D10RSの「上半分」のみが供給されていたとみられ、通常のM4カービンのロアレシーバー(要は下半分)に、HK416のアッパーアセンブリ*5が組み合わされたライフルを携行する特殊部隊員の写真が見られた。
 米陸軍特殊部隊のデルタフォースはその開発経緯から2000年代半ばの最も早期からHK416を装備していた部隊で、2010年代後半にはガイズリー社製ハンドガードを装着したHK416を携行する写真がSNSなどを通じて広まった。2011年には、同年5月2日にビンラディンを襲撃、殺害したネプチューン作戦において、米海軍DEVGRU(旧SEALチーム6)所属の隊員が本銃を使用していたという情報が海外のミリタリー系サイトで話題となった*6
 開発国のドイツでもGSG9で採用された他、連邦軍でも「G38」という名前で採用されている。なおG38の標準モデルは16.5インチモデルで、G38Kが14.5インチ、G38Cが11インチモデルとなる。2021年には紆余曲折あったドイツ軍次期制式ライフルトライアルで、採用が決まるものの特許問題で取りやめになったハーネルMK556や同社の本命HK433ではなく本銃の改良版であるHK416A8が採用されると報道された。

 ちなみに、2004年に登場した「HKM4」と、2005年登場の「HK416」とでは、仕様が若干異なる。HKM4が排莢孔の開閉式ダストカバーをオミットされ、ボルトキャリアが剥き出しだったのに対し、HK416では従来のダストカバーが復活している。また、HK416はオリジナルのAR15系列と異なり径の太いピストンロッドをバレル上に持つため、外見的にもトップレールの位置が若干高くなっている。

 バリエーションとしては、.308NATO弾モデルの「HK417」を用意し、2008年には、民間型となるセミオートオンリーの「MR223(MR556)」を発表している。外観上では、以前は他社製OEMだったと思しきグリップとストックが、H&K独自の新規デザインに改められており、2012年からは「MR556A1」の名称で、7.62mm×51弾(.308ウィンチェスター弾)モデルの「MR762A1」と共に、民間市場で販売されている。

 現行のHK416/MR556A1では、様々な純正アクセサリーが用意されており、アイアンサイトやグリップ、バットストックが、いずれの派生モデルでも任意に換装できる。アイアンサイトはG3系ライクな前後のサイトやHK416専用のフリップアップサイトが、グリップは発表時のタンゴダウンタイプ(上掲写真)の他、グリップアングルの異なるH&Kオリジナルの2種が、バットストックはコルトタイプのカービン/固定ストックの他、パッド形状の異なるH&Kオリジナルの2種のカービンストックが、それぞれ用意されている。
 また、D14.5RSのみ、バレルにM4のようなステップカットを備える。本来ステップカットは、M203マスターキーなどのバレル装着型アドオンを固定するためのデザインだが、M4の発展型であることを示すアイコンとなっているだけで、実際にはバレルを介した従来の装着は出来ない。これらアドオンは銃身のステップカット部とバレルナット部に固定具を取り付ける設計だが、HK416のバレルナットは、ガスピストンとの干渉を避けるため新設計のものとなっており、従来のアドオンの固定具とは干渉してしまうためだ。

 2012年には、新型の「HK416A5」が発表された。これは、米陸軍が行ったM4カービンの後継銃の開発を目的とした「インディビジュアル・カービン・コンペティション」参加のため、H&Kが開発したモデルである。外観は同社製G28で取り入れられた設計が新たに盛り込まれ、G28とほぼ同型のバットストックやクアッドレール・システム、トリガーガードに変更され、ボディ色もFDE(フラットダークアース)が追加された。ガスブロックにはガスレギュレーターが新たに備えられ、ロワーレシーバーも新型となり、セレクターレバーに加えて、ボルトリリースとマガジンリリースボタンもアンビとなった。またマガジン挿入孔のカット角度は旧416と異なり、従来のM4と同様の角度に戻されている。これは旧416ではマガジン共用で*7問題があったためと思われる。また、マガジンのラインナップにはG36のような透明なものも新たに加えられた。なお、2013年に米陸軍のインディビジュアル・カービン計画はキャンセルされている。

 また、2021年には新モデル「HK416A8」がドイツ連邦軍制式小銃となる予定であり、今後5年以上を掛けて118,718挺が調達される計画となっているとの報道が為された。*8

 H&Kの純正バリエーション以外には、ワルサー社が生産している.22LR仕様モデルや、AAC等が試作している.300BLK用アッパーなど、他社製クローンやサードパーティ製キットとして幾つか存在する。2015年にはオランダのNL-MARSOF(海軍特殊作戦部隊)が.300BLKモデルを調達する意向を発表した。
 2017年にはH&K純正の.300BLK仕様短銃身モデル「HK337」も登場した。

 公式にはA1〜A4のバリアントがカタログに上った事は無いが、需要やマイナーチェンジに応じて幾つかのモデルが用意されていた。概要は以下の通り*9

各種バリエーション

モデル解説
HKM4最初期モデル
排莢孔カバーがなく、余剰ガスのベントや排莢孔カバーのラッチが収まる溝の無いボルトキャリアが露出していたのが大きな特徴
バレルナットには従来のデルタリングが残されており、ガスブロックには上左右3面にピカティニーレールが配されていた
ハンドガードはリブ付きタイプと、のちのHK416のものに似たクアッドレールタイプの2種
HK416HKM4を改修した生産モデル。フロント周りが一新された
HK416A1ファイアリングピンセイフティ導入モデル(以後全モデルで採用)
HK416A2OTB(Over The Beach、上陸作戦)モデル
機関部からの排水用としてバッファチューブとボルトキャリアに一箇所ずつ穴が開けられた(以後全モデルで採用)
エキストラクターの隙間を埋めるようにバレル基部内側に突起が設けられ、バレルが水に満たされている時に薬室に掛かる圧力を下げるが、
このバレルでは非ジャケット弾頭では動作不良を起こす可能性がある
HK416A3ディスコネクター後部上に突っかえを設け、ハンマー位置に関わらずセレクターがセーフティに入るよう変更*10
ディスコネクター周辺の仕様は以後全てのモデルで採用されているが、
後発のMR556で導入された仕様として認知されていることが多い
HK416NA3をベースにしたノルウェー軍採用モデル
ボルトキャリアのネジを半固定楔に変え、フィールドストリッピング時に紛失しないように変更
サプレッサー用ガスレギュレーター(2ポジション)追加
標準より背の高いフリップアップ式バックアップアイアンサイト*11を装備
HK416A4トリガーグループをMR556で採用された2ステージトリガーに置換(以後全モデルで採用)
HK416A5A4にコンペティションの要求仕様などを追加したもの。本文参照
HK416FA5をベースにしたフランス軍採用モデル
SCARやKACアイアンサイトに近いレール装着型フリップアップ式バックアップサイトを装備
ガスレギュレーターは省略
14.5インチ銃身の"HK416F-S(Standard)"と11インチ銃身の"HK416F-C(Commando)"の2種類
HK416A7ドイツKSKG36Kの後継として「G95K」の名で採用したモデル
先端が下斜め方向にカットされたHKeyハンドガードを採用、セレクターの切替角度が最大45度となっている
HK416A8ドイツ連邦軍の次期制式小銃モデル。
A7の特徴に加え、「前後左右に位置調整が可能なチークレストを備えたストック」「A7よりも短く、ツールなしのレバー操作で手動換装可能なハンドガード」「ボルトホールドオープンの有無切り換え機構」を備える*12
HK416DHK-USA社による販売名。法執行機関用モデル
セミオート限定版の「HK416SF」も存在したが、MRシリーズの展開後はそちらに統合された
HK416C8.9インチ銃身とワイヤーストックに換装したショートモデル(PDW)
信頼性の問題により2012年度で生産中止になった模様
HK337.300 BLK仕様・短銃身モデル
M27 IAR分隊支援火器モデル。項目参照

MRシリーズ

 HK416A4のセミオート・マッチシューティング用として開発された、市販モデル。時系列的にはこちらの方がA4より先に発売された。
 MR223はヨーロッパ・カナダ、MR556はアメリカ市場向けモデル。基本的に名称が異なるだけだが、MR223の方はマズルデバイスを交換出来ない仕様になっている。これはヨーロッパ・カナダとアメリカのサプレッサーに関する法律の差異のためと思われる(特にポーランドなどは「サプレッサーを装着可能な銃火器」そのものが規制対象)。
 また、精度に影響を与えないため(H&K社公式コメントより)、バレルにはクロームラインが施されていない。
 MR223・556間の差異とバレルの仕様は基本的に全モデルで同様である。

モデル解説
MR223(556)HK416シリーズと異なり、ロアーレシーバーはAR15系列との互換性がなく、交換できない
MR223(556)A1AR15互換のロアーレシーバーを使用可能としたモデル
何故かトリガーグループがフルオート化改造可能なもの(というより、単にHK416A4と同等の作動システムのもの)となり物議を醸した
レシーバーの互換性は以降のモデルに引き継がれている
並行してアッパーレシーバーのみのキットも販売を開始している
MR223(556)A2銃口部にネジ切りが無く、マズルデバイスが装着出来ないモデル
ドイツ連邦に製品として登録されているが、公式のアナウンスも実際の販売もされなかった模様
MR223A3HK416A5のセミオートモデル
ガスレギュレーターは未搭載
現状ではヨーロッパ・カナダ市場向けのみの販売
 
登場作品ジャンル使用者備考
007 スカイフォール項目参照
24 -TWENTY FOUR-項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
Combat Arms項目参照
GAMER項目参照
G.I.ジョー項目参照
OPERATION7項目参照
Re:ステージ!ドリームデイズ♪項目参照
REDリターンズ項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン項目参照
アームド・アサルト項目参照
アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス項目参照
ウィズアウト・リモース項目参照
ウインド・リバー映画掘削所警備員D10RS
ホロサイト装着
ラストの銃撃戦で使用
ウォッチドッグス項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
エスケープ フロム タルコフ項目参照
エンド・オブ・キングダム項目参照
ガールフレンド(仮)ゲーム戸村 美知留イベント「部活対抗!勧誘☆グランプリ」
カードイラストで所持
D10RS
ダットサイト装着
フォアグリップ装着
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
キングスマン項目参照
グリーン・ホーネット項目参照
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
サバゲっぱなし項目参照
ザ・タウン項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
ザ・レイド項目参照
シティーハンター 新宿プライベートアイズ項目参照
ジョン・ウィック項目参照
スーサイド・スクワッド項目参照
スカイスクレイパー映画ウィル・ソーヤー
ベン
FBI人質救出部隊
回想シーン
タクティカルライト,ダットサイト,
レーザーサイト,フォアグリップ,スリング装着
フラッシュサプレッサーらしき複数の穴が
開いた太い筒状の物がマズルに装着
発砲シーン無し
スプリンターセル ブラックリスト項目参照
ゼロ・ダーク・サーティ項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ターミネーター項目参照
ちょっとかわいいアイアンメイデン漫画武藤 結月
舟木 碧生
消防用放水機構を内蔵した改造水鉄砲
第22話
ドールズフロントライン項目参照
トランスフォーマー項目参照
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ項目参照
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生項目参照
バトルシップ映画ミック・キャナルズフリップアップサイト
警察車両から拝借
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バトルフロント映画ガンケースに携行
未使用
パニッシャー項目参照
ハンコック項目参照
ハンナ映画CIA特殊部隊ダットサイト装着
タクティカルライト装着
フォアグリップ装着もあり
雪山で所持
発砲無し
ヒットマン アブソリューション項目参照
ブラッドバス小説トニー・ブラッドグッド
プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ項目参照
ペーパーマン項目参照
マージナル・オペレーション小説ジブリールHK416C
マイル22項目参照
ミッション:インポッシブル/フォールアウト項目参照
名探偵コナン項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルサーガ ニューフロンティア項目参照
ルーザーズ項目参照
ルール 無法都市項目参照
レインボーシックス シージ項目参照
ワイルドスピード SKY MISSION項目参照

このページの画像はHK DEFENCEから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


※あまりに頻繁に繰り返される上に結論の出しようがない話題なので、コメント欄で「G36」「XM8」「HK416」のいずれが優れているか/今後普及するかといった話題はお控え下さい


*1 これに関しては、テストはM4側は水を抜く暇を与えず即座に射撃行っている、初期には耐水能力を保証しているモデルは特注モデル(A2)のみであったなど、些か誇張された箇所も多かった。
*2 ただしこれに関しては標準アルミマガジンに比して。不意の落下や衝突で歪んでしまう点はアルミ製と変わらず、スチール製で重く大量の携行が負担となるなど不評もある。
*3 一方同様の内容で2005年にブッシュマスター社相手に行われた裁判では、逆に「M4は既に一般名詞である」との判決が下り、コルト側は商標権を失っている。
*4 GIGN、第1海兵パラシュート連隊
*5 銃身やボルトアセンブリ、フォアエンドが組み付け済の状態のアッパーレシーバー。
*6 2017年1月のショットショー、マグプルブースのパネルによると作戦に使用した全てのHK416でEMAGを使用したとの事
*7 主にマグプル製P-MAGとの。
*8 https://soldat-und-technik.de/2021/03/bewaffnung/26072/hk416-a8-wird-system-sturmgewehr-bundeswehr-bmvg-will-auftrag-an-heckler-koch-vergeben/
*9 参考資料:http://www.hkpro.com/forum/hk-nfa-talk/202895-notes-hk416-armorer-course.html
*10 従来のAR15はトリガーグループの設計上、ハンマーをコッキングしなければ(トリガーが上がっていなければ)セレクターをセーフティに回せない仕様になっている。
*11 レーザーモジュールを上部レールに取り付ける際に干渉させない目的で作られたもの。
*12 https://soldat-und-technik.de/2021/06/bewaffnung/27378/system-sturmgewehr-bundeswehr-heckler-koch-angebot-das-wirtschaftlichere/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-05 (日) 18:42:59 (22h)