重機関銃 / Heavy Machinegun

 主に陣地に設置し、複数人による運用を行う機関銃の総称。もともと「機関銃」といえばこのクラスのことを言った。
 1862年に最初の機関銃であるガトリングガンが登場し、その後フランスのミトレイユーズなど様々な物が開発され、1885年にハイラム・マキシムが発明したマキシム機関銃が登場しこれが現在の機関銃の原型となった。
 その後第一次大戦で個人でも運用可能な汎用機関銃分隊支援火器などの軽機関銃が登場すると、従来のそれが重機関銃と呼ばれるようになった。
 .50口径弾などの大口径のものと6〜8ミリの小銃弾などを使用する小口径のものがあり、現在は2線級火器以外、すなわち1線級火器は大口径のものが主流。
 移動時には神輿のように複数人で担ぐか分解する必要があるなど小回りが利かないが、高威力かつ連射能力に優れ、拠点防御や対装甲火器として利用される。重機関銃の登場により日露戦争では日露の兵どちらも無数の屍を築きあげ、第一次世界大戦ではその圧倒的な制圧力に新しい戦闘形態(塹壕戦)を作り上げた。
 また対歩兵用の兵器として戦車などの車輛、あるいは航空機や艦船の武装として搭載されることも多い。

 大口径のものはブローニングM2デシーカ、小口径のものはブローニング M1917、イギリスのヴィッカース重機関銃がその代表格。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヘリやUAV相手だと重機関銃に射撃管制を付けても射程負けするんだよなあ。まあ、重機の射程外は対空ミサイルの仕事だし、対空ミサイルの最低射程内が重機の仕事なのだから、無力かというとそうでもない。 -- 2018-10-02 (火) 07:24:22
  • そういう時こそLWMMGと.338ノルママグナム弾の高速・高精度・破壊力が重要となってくる。旧時代の12.7mm弾では到底出来ない事だって可能になる。 -- 2018-10-03 (水) 12:34:52
  • お前さんあんだけ袋叩きにあったのに懲りないなぁ…(呆れ)てか338だと尚更役不足だし、上のコメントでほぼ結論出てるじゃん。 -- 2018-10-03 (水) 16:54:37
  • 敵の汎用ヘリに自由に上を飛ばせないだけでも、意義は十二分にあるよ。なけりゃ、ガンポッド付けただけの汎用ヘリに無双されかねん -- a? 2018-10-04 (木) 20:56:35
  • その通り!軽量かつ高精度、破壊力も抜群なLWMMGの.338ノルママグナム弾だからこそなし得る事。鈍重で精度の低い12.7mm弾とは訳が違う。 -- 2018-10-04 (木) 23:05:27
  • その鈍重で精度の低いと申してる12.7mm弾が使われている重機関銃が未だに世界中で使われているのに対して、軽量かつ高精度、破壊力も抜群と申しているLWMMGと使用弾薬の.338ノルママグナム弾の話題は去年の5月辺りから一切音沙汰が無いんですけど、そこらへんについてどう思います? -- 2018-10-04 (木) 23:14:10
  • LWMMGなんか呼んでないから。射程や精度、貫通性能こそ12.7mmより確かに良いのかもしれんが、たった8.6mm口径じゃ焼夷剤も炸薬も大した量が入る訳でもなし。つまりM2で出来てた事が出来ない訳で後継品としては不適切なの。 -- 2018-10-04 (木) 23:52:57
  • 開発会社のジェネラル・ダイナミクス社が今年の7月にPVをようつべに公開してたけどそれだけだしな、アメリカ軍の方では音沙汰は一切ない。 ていうか、M2ブローニングの記事コメントの方でも言われてますけど、個人が携帯するには弾の重量が7.62mmの約2倍っていうのは致命的過ぎる、単純に持てる弾数が7.62mmの半分しか無い、だから継戦能力は半減するって事になるし、じゃあ車載にしろって話になってもじゃあ今まで通りM2の方でいいじゃんって話になる、M2の方が有効射程も最大射程もLWMMGより長いし、威力も12.7mmの方が上だし。 軽量さ?他の7.62mm弾を使う機関銃とほぼ変わらないじゃん?ぶっちゃけもっと軽いのとかありますし。 高精度?機関銃の仕事は火力で敵を制圧するのが役目なんだからぶっちゃけ程々でいいでしょ、持てる弾の数が従来のより半減してるから重要かもしれんが、継戦能力も同じく半減してるからなぁー、そもそもアメリカ軍の機関銃は軽機関銃と汎用機関銃と、重機関銃で棲み分けが出来てるからそこに割り込むのは相当厳しいよね、なにより新しいものより既存の使えるものは改良と改修をしてとことん使っていく、の懐古厨として世界的に有名なアメリカ軍だし、採用される可能性は結構絶望的だよね。 -- 2018-10-04 (木) 23:54:29
  • ロシアの重機関銃に実戦でボロクソに撃ち負けでもしない限り、M2から新型へ交代はないだろ。いや、ボロクソにやられても交代しないかも。かつてソ連M-46 カノン砲の長射程に一方的にやられまくったが、新型は採用しなかった前例があるし -- 2018-10-04 (木) 23:55:36
  • まぁこれに関しては推してる側も批判してる側もどちらもアホだとしか言い様がない。まずそもそもLWMMGはアメリカ全軍ではなくSOCOMの企画なので.300BLKや.300Win Magも既に通常運用しているSOCOMにとって特殊弾薬の1つ程度増えるのは何の問題でもないし、第二にそもそも「LWMMG」の名称通り、従来の中量機関銃(GPMG)のポジションに入るものなのだからM2との比較自体が無意味だ。全員にとっての正解は荒らしに対して「GPMGの項目でやれ」であり、ここで下らん粗探しをするだけかえって自分のミスが増えるという寸法だ。 -- 2018-10-21 (日) 08:43:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-21 (土) 19:46:23 (142d)