シグザウエル P229 / SIG Sauer P229 【自動拳銃】

シグザウエル P229
モデル全長重量口径装弾数製造国
9mm180mm865g9mm×1910/13/15+1ドイツ/アメリカ
.357SIG
.40 S&W
180mm905g.357 SIG
.40 S&W
10/12+1
P224170mm822g9mm×19
.357 SIG
.40 S&W
12+1(9mm)
10+1(.357SIG)
10+1(.40S&W)

 1991年に発表された、同社製P228の改良版。強装弾に対応できるよう強化スライドとなっている。アメリカ市場向けに作られたモデルで、銃身とリコイルスプリングを交換するだけで3タイプの各口径弾に対応可能なのが大きな特徴である。

 P220をはじめとするシグザウエル・ピストルのスライドは当時冷間鍛造プレス製だったが、威力の大きい強装弾薬に耐え切れないと判断されたため、P229では、ステンレス鋼からNCマシンでの削り出し加工を経て製造された*1。229以降は、他のモデルも切削加工のスライドに改められている。
 ラインナップが整理された2012年には、P226E2仕様に準拠したモデルが標準となっている。新型の15連9mmマガジンが追加され、E2タイプのスリムトリガー&グリップが採用された他、アメリカ市場向けモデルは、スライドが旧モデルのP228とほぼ同じ旧来的な外観となっている。9mm版P229が用意されたことで欠番となったP228の強化版というより、むしろフルサイズのP226のコンパクト版という体が強められたようだ。一方、P229独自のスライドデザインは、ヨーロッパ市場向けやP229DAK(上掲写真のモデル)などの派生型に残された。 現在では最後のP228シリーズ、M11-A1がP229シリーズとしてラインナップされている。

 それまで5000挺程度がアメリカの公的機関(主に国土安全保障省)に納入されていたに過ぎなかったが、2006年9月、既に耐用年数に達していたベレッタM9に替わる新たな制式拳銃として、アメリカ沿岸警備隊に.40口径DAOモデルが採用された。この沿岸警備隊モデルは、ピカティニー互換アクセサリーレールを装備した最新のモデル(上記の写真と同じモデル)である。

シグザウエル P224 SAS

 2012年には、P229ベースのサブコンパクトモデルとして、P224が発表された。P229を採用している公的機関のオフィサーから、マガジン共用可能なバックアップガンが欲しいとの声から開発された。同クラスの既存のモデルにP239があるが、こちらはコンシールドキャリーに特化したシングルカラムマガジンで、共用はできない。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
24 -TWENTY FOUR-項目参照
BROTHER映画山本
CSI:マイアミ項目参照
G.I.ジョー項目参照
Mr.&Mrs. スミス項目参照
RED/レッド項目参照
RONIN項目参照
アイアンマン3項目参照
イーグル・アイ項目参照
ヴァンガード小説柊 速人おそらく.40 S&Wモデル
ウォーキング・デッド項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
エンド・オブ・ホワイトハウス項目参照
カスタードクリームたい焼きゲーム桜島久耀
ガンスリンガー・ガール項目参照
黄色い花の紅項目参照
グランド・イリュージョン映画ディラン・ローズ捜査官P229R
2トーンモデル
ザ・コンサルタント映画レイモンド・キングP229E2
回想シーンで所持
発砲無し
サブウェイ123 -激突-映画デニス・フォード “ライダー”2トーンモデル
シルバー事件ゲームコダイ スミオクサビから貰ったもの
砂ぼうず項目参照
スワガー・サーガ項目参照
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官映画ハミード・バラエリ捜査官P229R
リカーショップで使用
ソルト項目参照
ダイ・ハード/ラスト・デイ項目参照
鉄腕バーディー EVOLUTION漫画アメリカのサイボーグSPP229R
ドーン・オブ・ザ・デッド項目参照
ナイト&デイ項目参照
バットマンシリーズ項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
バンテージ・ポイント項目参照
フライト・ゲーム映画ビル・マークスハモンドから奪う
後半でライリーに渡す
終盤で1発使用
宣伝広告でも所持
オースティン・ライリー後半でビルから渡される
発砲無し
ジャック・ハモンドP229R
ビルとの格闘で取り出す
発砲無し
ザック・ホワイト終盤で所持
発砲無し
ペイチェック 消された記憶項目参照
ペルソナ2項目参照
ボーンシリーズ項目参照
ホワイトハウス・ダウン項目参照
マックス ペイン項目参照
ミッション:インポッシブル項目参照
ラストスタンド項目参照
ルパン三世項目参照
レインボーシックス シージ項目参照
ワイルダネス項目参照

このページの文章および画像はシグザウエル社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 海外のサイト(英語)ではNCIS LAで使われている拳銃はP229E2と書かれてあるけど・・・・・それが正式名なのかな? -- ゾンビD? 2015-07-23 (木) 14:54:04
  • ↑一昔前まではそうですが、現行のP22×シリーズは殆どがE2バージョンへ移行してますので、それに伴い公式ページの方ではE2という表記を省いています -- 2015-07-23 (木) 15:11:11
  • 現在のSIGのHPを見ますとスライドの形状が変わっていますね。いつごろから変わったのかわかる方はいらっしゃいますか -- 鈴木? 2016-04-11 (月) 11:05:23
  • 2011年のショットショーで発表されてましたね。当時のコンバットマガジンのショットショー記事で載ってたはずです。AR15.COMにも当時P229の新スライドについてスレが立ってたハズ。 -- 2016-04-11 (月) 17:37:40
  • p224はカタログ落ちの模様 -- 2016-07-23 (土) 12:29:24
  • もしかしてDAKトリガーモデルってカタログ落ち? -- 2017-01-18 (水) 20:29:53
  • DAKモデルは評判があまり良くない的な話を聞いたことがあるが…… -- 2017-03-03 (金) 21:25:58
  • P224がカタログ落ちしたのはサブコンパクトモデルでグロック26に勝てなかったからでしょうか?P229とマガジン共用出来るというのはかなりメリットだとは思うのですが、実際は其処まで需要がなかったのですかね? -- 2017-05-19 (金) 23:13:21
  • ホントのところはわからんけど…グロックが強すぎたのは確かだろうなぁ。確かP224も割と高価だったはずだし、P226&P229と合わせて持ってるシグ好きor性能重視のお金持ちは多くは無かったんだろう多分。グロックなら安くて軽くて、お馴染みの簡単操作でトリガーも軽いってのはP224よりかなり広く需要獲れるはずだし。 -- 2017-05-22 (月) 09:21:06
  • P224は基本モデルでも1000ドル超えて226や229に手が届き、中古でも状態のいい物は発売当時600ドルはしてたはずだからグロック26の新品が買えるね。メインの銃が破損・故障で使用不可って状況の方が稀だろうし、229を採用してる機関にしても予備の銃まで支給しないから自費購入がほとんどで、そうなると安価で安定した性能のグロックに分がある。 -- 2017-05-22 (月) 16:24:33
お名前:


*1 なお、P229のスライドはアメリカ製。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-23 (日) 12:26:12 (90d)