ノンフルート・シリンダー / Non-flute Cylinder

 リボルバー(回転式拳銃)のシリンダー(回転式弾倉)の中で、肉抜きのフルート(縦溝)が施されていないものを差す。パーカッションリボルバーの時代には、フルート加工が一般的ではなかったことと、使用弾薬が小型でシリンダー径も小さく軽量化の必要が薄かったため、こちらのシリンダーが一般的だった。

 現代リボルバーは一般にフルートを施すことで軽量化を図っているが、ノンフルート・シリンダーは、ハンティングや射撃愛好家向けの銃――特に.44マグナムクラス以上のハイパワー弾薬を用いるモデルに採用されることが多い。
 通常モデルはフルート付きのシリンダーを。ハイパワーモデルは強度確保のためノンフルート・シリンダーを搭載するという図式が一般的だが、S&W社のM500などは銃そのもののサイズがこれまでのリボルバーに比べ桁ハズレに大きいため、フルート付きのシリンダーでも十分な強度が確保できている。

 


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 作ってみましたが、シリンダーのスペルがわからないので、わかる方編集お願いします -- HS? 2010-07-22 (木) 01:25:28
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:58 (1283d)