フリントロック / Flint-lock

 17世紀後期にスナップハンス・ロック(燧発)式から発展し完成した前装銃の点火方式の一つで、右向きのコックに挟まれた燧石をバネを使ってバッテリー*1と呼ばれる鋼鉄の部品に叩きつけ、火花を起こして開いた火皿の上の発射薬に点火する。
 ホイールロック方式同様に火種が不要で悪天候に強く、更に歯車が不要になったことで比較的安価に製造することが可能になり、その結果ヨーロッパで爆発的に普及して銃の主力となり、伏せ撃ちや兵隊同士で密集形態を執ることが出来るようになるなど歩兵の戦術が大きく変更されることになった。また猟銃としても多く使用された。
 しかし湿気や埃に弱いという欠点は改善できず、インドの様に高温多湿の気候や砂埃でうまく作動せずに従来の火縄銃の方が多用された地域や、海賊のように潮風などで不発が多くほとんど鈍器として使用することも多かった場合もあった。その他に点火率でホイールロック式より劣っていた。
 主な物としてはイギリスのブラウンベスやアメリカのペンシルヴェニアライフルなどがあり、18世紀には騎兵が使うカービンのマスケトゥーン(masketoon)が登場した他、中には斧や剣、ナイフとフォークと組み合わせた変わり種も作られた。 
 日本では『燧石』式や『火打石』式とも呼ばれる。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 項目がなかったので新規作成しました -- 2018-03-09 (金) 18:40:22
  • Flint-lookのスペル当たっていますか? -- 2018-09-12 (水) 21:43:03
  • 当たっていますよ -- 2018-09-13 (木) 11:42:49
お名前:


*1 フリズンとも呼ばれる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-01 (月) 17:53:44 (18d)