シャープス M1849 / Sharps Model 1849 【小銃】

シャイロー製 M1874
全長重量口径装弾数製造国
1200mm4.3kg.52 caliber
.54 caliber
.45-70 Government
1アメリカ

 1848年にクリスチャン・シャープスが設計したM1849は、日本では“シャープス銃”の名称で知られる、大口径のシングルショットライフルである。
 最初に製造を行ったのはA.S.Nippes社。その後、ロビンス&ローレンス社へ製造拠点が移り、1851年に設立されたシャープスライフル・マニュファクチャリング・カンパニーで本格的な大量生産が始まった。設計者のシャープスは、ライフル1挺の製造につき、1ドルのロイヤリティを受け取っていた。会社は1881年に閉鎖している。

 シャープス銃は、フォーリングブロックというブリーチ(銃尾)閉鎖機構を持っている。(レバーアクション式のように)レバーを下げるとブリーチを閉鎖している部品が垂直に下降する。薬室に弾薬を装填できるように、フォーリングブロックの上部は凹状になっている。弾薬を装填後、レバーを戻してブリーチを閉鎖し、ハンマーコックして撃発するという仕組みである。
 最初期モデルのM1849以外にも、カービンパーカッションなど様々なモデルが存在する。

 現在は、アメリカのシャイローライフル・カンパニーと、Cシャープス・アームズが復刻版の製造・販売を行っている。

登場作品ジャンル使用者備考
カールじいさんの空飛ぶ家映画チャールズ・マンツ
隠し剣 鬼の爪映画海坂藩兵カービンモデル
デニックス社製のレプリカを改造したプロップガン
ゲティスバーグの戦い/南北戦争運命の三日間映画北軍兵士M1859
サンダースに来た手紙TVドラマ兵士M1859 カービン
ジョナ・ヘックス項目参照
スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ項目参照
続・夕陽のガンマン映画ブロンディーM1874
ダンス・ウィズ・ウルブズ項目参照
トゥルー・グリット項目参照
トレマーズ4項目参照
ペイルライダー映画ハル・バレットM1874
ブラッディ・ガン映画マシュー・キグリーM1874 ロングレンジカスタム
34インチバレル
バーニヤ・ピープサイト装着
.45-110メタルカートリッジを使用
ヤングガン映画ジョサイア・ゴードン・“ドク”・スカーロックM1874
勇気ある追跡項目参照
レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い映画デッカーM1874
レッド・デッド・リデンプション項目参照
ワイアット・アープ映画ワイアット・アープM1874
バット・マスターソン
エド・マスターソン
ワイルドバンチ項目参照

このページの画像はシャイローライフル・マニュファクチャリング・カンパニーから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/小銃/シャープス M1849?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-14 (日) 18:27:53 (1530d)