パニッシャー / The Punisher

 原作はマーベルコミックの人気シリーズ。
 主人公はギャング同士の抗争で家族を殺されたベトナム帰還兵のフランク・キャッスル。復讐に燃えるキャッスルは、トレードマークであるスカルマークのTシャツを着て、社会に蔓延る表向きには罰することの出来ない悪人を次々と処刑するパニッシャーとなった。

 1989年の映画版は基本的に原作のストーリーに準拠しているが、主演のドルフ・ラングレンの気紛れでスカルマークを衣装に取り込むことは無かった。2004年の映画版では多少設定の変更がなされている。キャッスルはベトナム帰還兵ではなくFBI捜査官であったり、家族はマフィアの仇討ちによって殺されるなど。2008年には、バイオレンスさに磨きがかかった『パニッシャー:ウォー・ゾーン』が制作された。

 THQからは3人称視点ACTゲームとしてリリースされている。

 

映画

パニッシャー(1989年版) (原題 The Punisher)

1989年、オーストラリア映画
監督 マーク・ゴールドブラット
使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャーIMI デザートイーグルカスタムモデル
(架空のエクステンションバレル)
サイドアーム
サコー M60S&W M276グレネードランチャー装着
カジノ襲撃時に使用
IMI マイクロウージー埠頭での銃撃戦で使用
ハイスタンダード フライトキング K-100
フランキ スパス12折り畳みストック
廃遊園地で使用
コルト XM177終盤ではサプレッサー装着
M727かも?
トンプソン M1928ドラムマガジン装着
発砲無し
水平二連式散弾銃ソードオフモデル
US M61破片手榴弾廃遊園地で使用
S&W M10ヤクザ構成員の物を強奪し使用
S&W M29ジアンニ・フランコの銃を使用
ジェイクスター モデルBマフィア構成員の物を強奪する
ジアンニ・フランコS&W M29終盤で使用
IMI マイクロウージーサプレッサー装着
ストックレス
終盤で使用
トミー・フランコ
(ジアンニの息子)
S&W M29終盤でジアンニの銃をフランクに向ける
発砲なし
レディー・タナカコルト パイソン6インチ
ディノスター モデルB
ディノの手下スター モデルB
S&W M59
マフィア構成員FEG トカジプト58発砲無し
FN ハイパワー
スター モデルBジェイクに強奪される
IMI ウージー
ヤクザ構成員S&W M103インチヘビーバレル
フランクに強奪される
IMI ウージー
IMI マイクロウージー
SWAT隊員コルト M16A1終盤で所持
発砲無し
フランキ PA8
 

パニッシャー(2004年版) (原題 The Punisher)

2004年、アメリカ=ドイツ合作映画
監督:ジョナサン・ヘンズリー

・ストーリー
 法の目をかいくぐり、絶対的な力によって裏社会を支配する資産家ハワード・セイント(ジョン・トラボルタ)。ある夜、セイントの溺愛する息子・ボビーが密輸取引の現場でFBI捜査官に射殺された。ボビーを死に至らしめた一人の男、FBI潜入捜査官フランク・キャッスル(トーマス・ジェーン)の存在を知ったセイントは、フランクへの報復を誓う。
 一方、任務を終えたフランクは休暇をとり、家族と幸せなひと時を過ごしていた。そこへ、セイントの一味が現れ愛する妻と息子、そして父(ロイ・シャイダー)までが無残に殺されてしまう。フランク自身も銃弾に倒れたが、奇跡的に一命を取り留める。一人生き残った彼は、法に代わり自らセイントへ制裁を下すことを心に誓い、闇の私刑執行人“パニッシャー”へと生まれ変わるのだった―――

・作品解説
 1989年版及び2008年版とは異なり、フランク・キャッスルがパニッシャーとなる過程を描いた作品。
 2009年に発売されたBlu-ray版には追加シーン(「もうひとつのオープニング」)が収録された。内容は湾岸戦争従軍時代のキャッスルをアニメーションで描いた映像特典である。
 監督自身のコメンタリーによると本作は予算不足等の問題で、シーンの大幅カットを余儀なくされたと述べている。本来はキャッスルがクウェートで交戦するシーンから本編が始まるはずだったが、予算の関係上当該シーンそのものの撮影を中止(変わりに武器密売のシーンに変更されている)。またハリー・ヘックの襲撃シーンについては、長時間のチェイスシーンを撮る予定だったが、これも予算の都合で大幅カットされている。
 コメンタリーで監督は続編の製作に意欲を示していたが、結局スタッフ・キャスト及び設定等を一新した『パニッシャー:ウォー・ゾーン』が製作されることになった。

・『Dirty Laundry』
 本作でパニッシャー役だったトーマス・ジェーンが、再びパニッシャーを演じた短編映画『Dirty Laundry』が、2012年のコミコン・インターナショナルで公開されている。ストーリーは、一般市民に暴力を振るうストリートギャングを、一部始終を目撃していたパニッシャーが制裁を加えるという内容。2004年版のアクションシーンは、ヘンズリー監督の意向で暴力描写を抑えたものだった。しかし、この短編映画では、ガンファイトは控えめながら、『パニッシャー:ウォーゾーン』に匹敵する過激なバイオレンスシーンが描かれている。
 いわゆるファンメイドムービーであり、発行元のマーベルコミックスは一切無関係の模様。共演はロン・パールマン(『ヘルボーイ』シリーズ)とサンミ・ロティビ(『ティアーズ・オブ・ザ・サン』、『ロード・オブ・ウォー』)。監督は、ロックバンド・U2を題材にした映画(『魂の叫び』、『ウィズアウト・ユー』)でも知られるフィル・ジョアノーと、映像のプロによって製作されている。

使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャー1911カスタムモデル*1
二挺拳銃時もあり
父親が改造した銃を使用
水平二連式散弾銃鈍器としても使用
終盤ではソードオフモデル
モスバーグ M500 ソードオフ
モスバーグ M590 コンパクトクルーザー
M500はセイントの部下の銃を使用
M590はセイントビルで所持
S&W M664インチバレル
自室内に設置した隠し銃(発砲無し)
US M18A1密輸ボートの爆破時に使用
M4A1M203装着(未使用)
M68ダットサイト装着,スリング装着
セイントビルでの銃撃戦で使用
軍所属時代の写真で所持
グロック 18 デュアルトーンクロムメッキスライド
ストック装着
33連マガジン装着
自室に置いてある(未使用)
H&K MK23サプレッサー装着
自室に置いてある(未使用)
コブレイ M79LF自室に置いてある(未使用)
AR15A2M203装着
本編未使用
IMI ミニウージー本編未使用
H&K MP5SD3ウェポンライト装着
湾岸戦争時代に使用(追加シーン)
レミントン M870フォールディングストック装着
湾岸戦争時代に使用(追加シーン)
オットー・クリーグ
(フランク・キャッスル)
コルト オフィサーズ潜入捜査時に所持
フランク・キャッスル・Sr水平二連式散弾銃プエルトリコで使用
ハワード・セイントベレッタ 92FS Inox部下の射殺時に使用
ジョン・セイントSIG P226クロムメッキモデルモデル
プエルトリコで使用
ボビー・セイントワルサー PPKステンレスモデル
武器取引現場で所持
ダンテ
(セイントの部下)
IMI マイクロウージーストックレス
プエルトリコで使用
ベレッタ 92FS Inoxプエルトリコとセイントビルで所持
スプーン
(セイントの部下)
IMI マイクロウージーストックレス
プエルトリコで使用
H&K USP45プエルトリコとセイントビルで所持
リンカーン
(セイントの部下)
イサカ M37ニッケルメッキモデル
ピストルグリップ
カッター
(セイントの部下)
ステアー SPPフルオート
プエルトリコで使用
グロック 17アパートで所持
ハリー・ヘック
(南部の殺し屋)
RDI ストライカー12跳ね橋での戦闘で使用
タウルス M686発砲無し
ジミー・ウィークス
(FBI捜査官)
グロック 17ホルスターに携帯(未使用)
タウルス スタブリボルバー自殺用
M16A2M203装着
湾岸戦争時代に使用(追加シーン)
セイントの部下イントラテック TEC-9プエルトリコで使用
モスバーグ M500ソードオフモデル
スリング装着
プエルトリコで使用
ステアー SPPセイントビルで使用
フルオート
ベレッタ 92FS Inoxセイントビルで使用
グロック 19
H&K P2000
H&K MP5A3
資金洗浄人ベレッタ 92FS Inoxセイントビルで所持
グロック 17
スタームルガー SP101
マフィアコブレイ M11/9武器取引現場で使用
FBI SWAT隊員H&K MP5A3ダットサイト装着
ウェポンライト装着
武器取引現場で使用
H&K MP5SD2ウェポンライト装着
武器取引現場で使用
M4A1スリング装着武器取引現場で使用
グロック 17
武器取引現場のブツH&K G36Cストックレス
別荘のインテリアコルト SAAガラスケース内(未使用)
5-1/2インチバレル
コルト M1851
レマット M1861
米軍兵士ベレッタ 92FS
ベレッタ 92G エリートII
以下全て、湾岸戦争時代に使用
(追加シーンに収録)
H&K MP5SD3ウェポンライト装着
スプリングフィールド M14
コルト M723サプレッサー装着
スコープ装着
M16A2M203装着
レミントン M870フォールディングストック装着
敵兵士USSR AK47湾岸戦争時代に使用
(追加シーンに収録)
AR15A2
コルト M723
ノリンコ 69式ロケットランチャー
 

パニッシャー:ウォー・ゾーン (原題 Punisher: War Zone)

2008年、アメリカ映画
監督:レクシー・アレクサンダー

・作品解説
 元は2004年版の続編となる予定だったが、キャスト・スタッフ・設定等をリセットして再スタートした本作。前2作では控えめだったスカルマークのコスチュームを全編に渡って着用しているなど、原作の雰囲気に近づいている点が特徴である。

使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャーM4A110インチバレル
RAS
AGX装着*2
C-More製レッドダットサイト装着
QDサプレッサー装着
廃ホテルで使用
ベレッタ 92FS Inoxフルオート
20連マガジン装着
二挺拳銃時もあり
H&K MP5Kステンレスレシーバー仕様
晩餐会で使用
フォアグリップレス
二挺撃ち
H&K USP コンパクト・タクティカルウェポンライト装着
フランキ PA3インクの銃を使用
コルト M203屋上で使用
H&K SL8スコープ装着
バイポッド装着
屋上で使用
S&W M500 マグナムハンターパフォーマンスセンターカスタム
S&W M500 RISRIS仕様
サプレッサー装着
ダットサイト装着
ウェポンライト装着
レーザーサイト装着
終盤で使用
H&K MP7ウェポンライト装着
二挺持ち
イメージ写真でのみ所持(本編未使用)
ビーフイーターノンフルートシリンダー
ヘビーウェイト装着
イメージ写真でのみ所持(本編未使用)*3
アンジェラ・ドナテッリベレッタ 9000S自宅でフランクに向ける(発砲無し)
ポール・ブディアンスキー捜査官グロック 17路地裏で所持
アンジェラの自宅ではソープから拝借
発砲無し
ベレッタ 92FSアンジェラの自宅で所持
マーティン・ソープ刑事グロック 17所持箇所は同上(発砲無し)
ライナス・リーバーマン
”マイクロチップ”
ベレッタ 92FS Inoxパニッシャーに渡す
カルロスH&K USP コンパクトタクティカル売人から購入
ビリー・ルソッティ
”ジグソウ”
フランキ PA3アンジェラの自宅で所持
S&W M500 RIS終盤でパニッシャーの銃を使用
ピッツィーベレッタ 92FS発砲無し
インクSIG P232SLシルバーモデル
フランキ PA3アンジェラの自宅で所持(発砲無し)
マフィア構成員HK MP5A3晩餐会及び倉庫で使用
USSR AK47
HK G36K
B&T MP9ダットサイト装着
晩餐会で所持
武装ギャング部隊1911廃ホテルで使用
IMI デザートイーグル
H&K MP5A3
H&K MP5KA4
H&K G3
H&K G36K
H&K G36C
ベレッタ Cx4
IMI ウージー
IMI マイクロウージー
ワルサー P99ステンレススライド
二挺拳銃
廃ホテルで使用
S&W M500スコープ装着
廃ホテルで所持
クリストの部下USSR マカロフ取引時に所持
クリストの父親の部下USSR AKM廃ホテルで使用
USSR AKS74U
CZE Vz61
警察官グロック 17マフィア邸宅前で所持
SWAT隊員H&K MP5SD取引現場の制圧時に所持
シグ SG552

(パニッシャーの武器庫)
ワルサー P22 デュアルトーンステンレススライド
ガンラックに収納
1911ガンラックに収納
H&K MP5A2

(マイクロの武器庫)
エンフィールド L85隠しガンラックに収納

(公式サイトの掲載イラスト*4)
インフィニティ カスタム45
MK23LAM装着
サプレッサー装着
ベレッタ 9696と93の解説イラストが逆
93Rは1stモデル
ベレッタ 93R
デザートイーグル.50AE
S&W シグマ
MK10実際はM11
サプレッサー装着
H&K MP5A2ウェポンライト装着
UMP45
MP7
AR15A1M203装着
スコープ装着
M4A1ダットサイト装着
おそらくM203装着
スコープ装着のみの銃もあり
HK41610インチバレル
ダットサイト装着
ウェポンライト装着
G36AG36装着
ベクター CR21
AK47
レミントン カスタムマウントレール搭載
HK AGX
ミルコウ 40MMダットサイト装着
SASR

テレビドラマ

パニッシャー シーズン1 (原題 The Punisher)

2017年、アメリカ作品

・作品解説
「デアデビル」でパニッシャーを演じたジョン・バーンサル主演によるスピンオフ作品。シーズン1ではパニッシャーによるさらなる復讐のほかに、政府の極秘作戦や帰還兵問題といった問題に触れていく。また、本作におけるビリー・ルッソ(後のジグソウ)は、"アンヴィル"という民間軍事会社(PMC)の経営者で、パニッシャーの元戦友という設定になっている。

使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャーキンバー・ウォリアーアフガニスタンに従軍時も使用
コルト ガバメント強盗からの略奪品
グロック 17
シグザウエルP250
H&K MP5A3傭兵からの略奪品
S&W M&P
レミントンM870"マスター・キー"マウントレール搭載
G36C
M4ショーティショートスコープ装備
M4A1従軍時代に使用
AKS74Uタリバン兵から奪って使用
FN ミニミ
AI アークティクウォーフェア
ビリー・ルッソキンバー・ウォリアー
S&W M&P2トンカラー
H&K MP5A3
M4A1従軍時代に使用
M4ショーティショートスコープ装備
シルバーモデル
バレット M82
デビッド・リーバーマン/マイクロシグザウエル P250
ダイア・マダニシグザウエル P226
シグザウエル516
モスバーグ M500伸縮式ストック
サム・ステインシグザウエル P226
シグザウエル516
グンナー・ヘンダーソンM4A1従軍時代に使用
ランスSW M19
コルト ガバメント
ドニーコルト ガバメント
カールソン・ウォルフグロック 17
ルイス・ウィルソンベレッタ M92
シグザウエル516民間用モデル
"アンヴィル"の傭兵H&K MP5A3
シグザウエル MPX
グロック 17
USSR AK47訓練時に所持
M4A1
シグザウエル MCX
ガリル MAR
DHS HSI隊員M4A1
ニューヨーク市警 ESU隊員シグザウエル516
警官グロック 19
「ケルベロス作戦」要員M4A1
FN ミニミ
H&K MP7フランクの幻想の中で所持
タリバン兵AKS74U
ランスの仲間コルト ガバメント
水兵二連式ショットガンソードオフ
ギャングタウルス PT92
イントラテック TEC-9
IMI マイクロウージー
ベレッタ M92
 

ゲーム

The Punisher

2005年、ゲーム(PS2/Xbox/PC)
THQ

・作品解説
 3人称視点シューティング(TPS)。処刑方法は銃器による射殺以外にも、「オーブンに入れる」「高層ビルから逆さ吊り」といったものが用意されている。

使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャーAMT ハードボーラー二挺拳銃
レミントン M870ソードオフ
ピストルグリップ
大宇 AS12ストレートマガジン
HK MP5A3.40CAL
ストレートマガジン
MAC M11放熱サプレッサー装着
FN P90二挺撃ち
オリンピックアームズ OA-93
USSR AK74
コルト AR15M203装着
HK XM29
サコー M60E3
ミルコー MGL
US M2火炎放射器
バレット M90
M72 L.A.W.
 

パニッシャー(カプコン版) (海外名 The Punisher)

1991年、ゲーム(業務用/メガドライブ(海外のみ))
カプコン

・作品解説
 カプコンから開発、発売されたアクションゲーム。横に長く奥行きがあるステージを、パンチやキックなどで敵を倒しながら進む、ベルトスクロールアクションと呼ばれる方式である。
1Pキャラはパニッシャーことフランク・キャッスル、2Pキャラはニック・フューリーとなっている。キャラによって技が異なる他、セリフや展開が若干異なる。例えば、フランクが敵から情報を聞き出したあと射殺するシーンが、ニックだと気絶させるだけになっている。

使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャー
ニック・フューリー
ハンドガン銃を持った敵かロボットが出てきた時のみ使用可
弾数無制限
クール
トレンチ
トンプソンドラムマガジン
ガウリー
ジグソー
M1620連発マガジン
B・ハニガンイングラム
 

The Punisher: No Mercy

2009年
開発元:Zen Studios、発売元:Sony Computer Entertainment
プラットフォーム:プレイステーション3

・作品解説
 プレイステーションネットワーク(PSN)でオンライン販売されているFPSゲーム。使用武器は、レベルの上昇で攻撃力・装弾数・連射速度などがアップする仕組みである。

使用者銃器名備考
フランク・キャッスル/パニッシャーHSK PSU .45USP45
ブレイド2』風のスライドカバー装着
Level 2でレーザーサイト装着
Level 3でサプレッサー装着
Enforcer M8M870
ウェポンライト付きハンドガード
レーザーサイト装着
Level 2で都市型風迷彩
Level 3でC-More製ダットサイト装着
Rhinoデザートイーグル MK.XIX(.50 AEモデル)
銃身下部にアタッチメント装着
Level 0〜2ではシルバーモデル
Level 3ではゴールドモデル
Level 1でタクティカルライト装着
Level 2でC-More製ダットサイト装着
Level 3でレーザーサイト装着
Mark 07 SSMGウージー
レシーバー上部にマウントレール搭載
C-More製ダットサイト装着
Level 0〜1ではフロントサイトにレッドドット入り
Level 2〜3ではフロントサイトにグリーンドット入り
Level 1でサプレッサー装着
Level 2で森林迷彩
Level 3でレーザーサイト装着
ARM-5M4A1
RAS
Level 1でスコープ装着
Level 2でレーザーサイト装着
Level 3でサプレッサータクティカルライト装着
CMGミニミ(ハンドガードはミニミで、固定ストックはM249)
ヒートカバー装着
Level 1でC-More製ダットサイト装着
Level 2でスコープ装着
Level 3でレーザーサイトタクティカルライト装着
Level 3で森林迷彩
AKS-49AK74(公式サイトの銃器解説では7.62mm口径)
名称はAKSだが固定ストック
レシーバー上部にマウントレール搭載
Level 1でスコープ装着
Level 2でバイポッド装着
Level 2でハンドガードが黒色塗装
Level 3でレーザーサイト装着
Level 3でグリップ・ストックが黒色塗装
Disruptor ML76M202A1(公式サイトの銃器解説では76mmロケット弾)
Level 2でダットサイト装着
Level 3でレーザーサイト装着
Level 0〜2では森林迷彩
Level 2では砂漠迷彩
Level 3では森林迷彩+イラストロゴ
GL32MGL
Level 1でC-More製ダットサイト装着
Level 2でタクティカルライト装着
ジェニー・チェザレHSK PSU .45Level 3
フィン・クーリーRhinoLevel 0とLevel 1(2かも)
ウィリアム・ルッソ/ジグソウARM-5Level 3
Enforcer M8どのLevelは不明

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • DVD版ウォーゾーンの銃器解説にてM4のバレルに関しての解説があったので追加しました。 -- ジョン・マクレーン? 2009-09-13 (日) 23:24:00
  • 2004年版の追加シーンに関するデータを追記しました。 -- 2009-09-18 (金) 00:05:39
  • 『ウォー・ゾーン』の公式サイト掲載の銃器を追加しました。 -- 2010-05-26 (水) 00:04:42
  • カプコンのゲーム版を追加しました。 -- レゲーマー? 2010-07-23 (金) 23:13:05
  • 2009年のゲーム版と、2012年の短編映画を追加です。短編映画の扱いに関しては掲示板で質問したのですが、回答が無かったのであくまで補足情報としての記載に留めておきました。 -- 林泉? 2012-09-24 (月) 14:06:42
  • 全く関係ないかもしれないがパニッシャースカルってSEAL隊員がベストとかマガジンに塗装したりしてるけど何故だろう… -- 2015-08-07 (金) 08:06:07
  • ↑故クリス・カイルが「アメリカンスナイパー(*映画でなく原作本のほう)」の中でその辺を解説してる。割と脳筋というかごくシンプルかつ厨二的な理由なので、興味があれば是非。 -- 2015-08-07 (金) 10:04:31
  • ウォーゾーンで、M4についてたダットサイトがフロントサイト寄りについてたんですが、そうすることによるメリットって何があるのでしょうか? -- 2018-01-10 (水) 00:09:17
  • 単に使い易さの問題です。サイトが近いほど視界を塞がれる割合も大きいので前に付ける人も居ます。 -- 2018-01-10 (水) 00:31:52
  • ネットフリックスドラマ パニッシャーで終盤メリーゴーランドら辺でフランクとルッソが撃ち合ってる所で使用している拳銃もキンバーウォーリアなのでしょうか。 -- 2018-01-22 (月) 10:43:21
お名前:


*1 コンペンセイター装着、3ホールトリガー仕様、ノバックサイト装着、マガジンウェル装着。
*2 AG36のショートモデル。マッドブル製のエアガンで、実銃には存在しないモデル。
*3 サウンドトラックのジャケット写真では二挺持ち
*4 US版公式サイトの「PUNISHER'S LAIR」と「WEAPON GALLERY」ページに掲載。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 00:15:32 (4d)