湾岸戦争 / Gulf War

 1991年1月17日から同年2月28日まで行われた、アメリカを筆頭とする多国籍軍とイラク軍との戦争。

 発端は1990年に起こったイラクの隣国クウェートによるイラク原油盗掘疑惑であり、これに対しイラクはクウェートに対し賠償を要求。クウェートが要求を拒否し交渉が決裂すると、イラク軍は1990年8月2日午前2時(現地時間)、戦車350両を中心とするイラク軍機甲師団10万人でクウェート領へと侵攻を行い1日でクウェート全土を占領、後の8月8日にイラク第19番目の州であるとして併合を宣言する。

 この軍事行動に国連はイラク軍のクウェートからの無条件撤退を通告し、受け入れられない場合は国連加盟国による武力行使の容認を宣言するが、中東の支持を得られていると踏んだイラクは徹底抗戦を表明。しかしここでクウェートと同じくイラクと隣接するサウジアラビアが、イラクへの恐怖心からアメリカへ支援を要請しアメリカ軍の国内駐留を容認*1。これにより一気に情勢は国連側へと傾き、イラク国境をアメリカ軍を主力とした多国籍軍が包囲する中、国連が指定した撤退期限の1991年1月17日が経過。多国籍軍は宣言通りイラク本土への航空機攻撃を開始し『湾岸戦争』が勃発する。

 「砂漠の嵐」作戦 での多国籍軍の一ヶ月に及ぶ空爆作戦でイラク軍は壊滅し、イラクは最後のチャンスとして、イスラエルに改良型スカッドミサイル「アル・フセイン」と「アル・ファジャラ」計43基を撃ち込みイスラエルに反撃を行わせて中東全体の戦争(「アラブ(イスラーム)対イスラエルとその支持者(ユダヤ教・キリスト教)」の構図を築こうとした)に仕向けようとしたが、アメリカの慰撫によりイスラエルは反撃を行わず目論見は失敗*2。万策尽きたイラクは『条件付き撤退』まで譲歩するが、多国籍軍側はなおも無条件撤退を要求。この要求にイラクが沈黙すると、2月24日「砂漠の剣」作戦を発動し地上戦に突入。地上部隊をクウェートを包囲する形で投入した。
 対するイラクも2月25日にスカッドミサイルでサウジアラビアを攻撃、ダーラン近郊の米軍兵舎に命中させるが、地上作戦から100時間後、イラク軍は撤退を開始し、2月27日に首都を解放、敗走するイラク軍を追撃した。2月28日にはアメリカ大統領の勝利宣言と、イラクの国連決議受諾宣言、そしてイラク全軍の戦争停止命令を持って湾岸戦争は終結した。

 この戦争で、制空権を得た側は戦争を支配する事が再確認された事と、制空権を得た戦場での攻撃機、攻撃ヘリによる制圧力の絶大さが見直された。
 その一方、航空戦力では地下に隠蔽された戦力を破壊できない事も露呈され、1ヶ月に及ぶ多国籍軍の空爆でもイラク軍戦車の半分も破壊できなかった事が特記される。(この事から、急遽8インチ榴弾砲の砲身(主に退役したM110 203mm榴弾砲)を用いた地中貫通爆弾「GBU-28『バンカーバスター』」が製作された。しかし、2発が投下されたのみで終戦となった。) 

 また、東側陣営の主力戦車であるイラクのT72戦車が、米陸軍のM1A1エイブラムズや英陸軍のチャレンジャー戦車に一方的に敗れた。イラクのT72は、輸出向けにスペックダウンされたモデルではあったが、レーザー検知器など独自の改良を行っていた。しかし貫通力の高い劣化ウラン弾を採用した強力な砲弾、同じく劣化ウランを織り込んだ防御力の高い装甲、夜間でも確実に標的を捕らえる事のできる射撃統制装置など、最先端の装備の施された西側戦車とその差は歴然であった。この戦闘の記録映像が世界中に流された事もあり、これまで秘密のベールに包まれていた東側戦車の神話が崩壊した。

 また本戦争で「湾岸戦争症候群」と呼ばれるアメリカが使用した劣化ウラン弾の影響とよるものと思しき障害者が続出し、放射性障害なのか、はたまた重金属毒性による障害かの議論と、どちらにせよ毒性のある砲弾の使用是非が今でも論じられている。

 ちなみに日本政府は資金援助の他、避難民救援のための輸送機を飛ばす計画を検討していたが結局実行されず、戦争終結後に海上自衛隊の掃海部隊を派遣するだけに留まった。その掃海任務も当時の掃海艇の装備では敷設された機雷のほぼ全てに対応できなかったため人員による作業が行われるなどかなりトラブルがあったようであった。

多国籍軍(損害)多国籍軍(開戦時)イラク軍(開戦時)イラク軍(損害)
死傷者517名
捕虜46名
約54万人総兵士数約40万人?死傷者約5万人
捕虜約5万人
62機約9000機航空機約150機約150機*3
84輌約3000輌車輌(不明)約3400輌

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 共和国防衛隊って迷彩服の配備率が高いとか意外に陸軍と主だった装備の違いってありますか、? ベレー帽被ってるのが共和国防衛隊でしょうか? -- 2016-03-15 (火) 22:30:17
お名前:


*1 これを引き金にアメリカはイスラム勢力から敵視される事になり、9.11事件の遠因となる
*2 サウジアラビアやバーレーンに対しても同数程度のミサイル攻撃を行ったがこちらも失敗している。これは、異教徒に加担した裏切り者を制裁することで、アラブ世界の結束を図ろうという試みであった
*3 うち120機はイランへ待避するが、機体はイランが接収

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:04:14 (1382d)