ロシアによるウクライナ侵攻(2022年〜継続中)

 2022年2月24日にロシア連邦がウクライナ北部及び東部から侵攻した事を始めとする紛争。
 2014年のロシアによるクリミア侵攻及び同年から続いていたドネツク州とルハンシク州における親ロシア派勢力による紛争を含める場合もある。

 開戦当初、ロシア連邦軍はウクライナの北部と東部の国境*1から大規模な勢力をもって侵攻し、緒戦では北部においてロシア軍がウクライナ首都キーウ近郊まで迫ったものの、ウクライナ軍の反撃により後退。
 以後は東部と南部での戦いに移行してロシア側勢力がウクライナ東部4州の大部分と南部クリミアを繋ぐ広範囲を占領したが、9月頃からウクライナ側が大規模反攻を成功させハルキウ州のほぼ全土など領土の一部を回復させた。
 以降は2022年5月からロシア側勢力による攻勢が行われているドネツク州バフムトを巡る戦闘を軸としてウクライナ側が守勢になり、2023年6月上旬よりウクライナ側によるザポリージャ及びバフムト方面での反攻作戦が展開されたものの、これはロシア側への情報漏洩などで部分的な成功に留まった。さらにロシア側で参戦していたワグネル・グループが6月24日に反旗を翻しロシア領内のロストフとヴォロネジを一時的に制圧した。

 2022年に勃発した、ソビエト連邦から多くを継承した超大国の1つであるロシア連邦と、同じくソビエト連邦から一部を継承した国同士の紛争という事から、当初は先進装備が戦場を支配するハイテク戦争となるのではと予測され、総兵力での優位に加えて先進装備開発においても優位にあると見られていたロシアが短期に勝利する*2という見通しが大半であった。
 しかし、実際には開戦から間もなくしてロシア軍が稚拙な動員・作戦計画を露呈させた事や、兵員の技量不足により先進装備を使いこなせなかった事に加え、ウクライナが戦時動員を間に合わせて緒戦の北部攻防を凌ぐことに成功。ゼレンスキー大統領らウクライナ政府要人も現地に留まっての徹底抗戦をアピールしたことで、ウクライナは世界各国から大量の軍事支援を取り付けることも出来た。また秋頃より協力国での訓練を終えたウクライナ軍兵士が帰国して戦線に加わった事により、情勢はどちらが有利とも言えない状況になっている。
 また実際の戦場も、高度な誘導ミサイルやドローンなど無人兵器に代表されるような各種の先進装備こそ運用されているものの、それらばかりでなく双方が塹壕の1つ1つを手榴弾突撃銃で奪いあう塹壕戦や、砲兵による火力戦といった古典的な地上戦を展開させており、この点でも各国からの注目を集めている。
 戦場で運用されている各種のドローンへの対抗手段としては既存の対空機関砲や対空ミサイルが用いられている他、小銃のような形ながらも妨害電波を照射する携行対ドローンシステムも運用されている。100m程の低空を飛ぶドローンに対しては歩兵が持つ各種の突撃銃や軽機関銃、さらには散弾銃による射撃も行われている。

 短期決戦に失敗したロシア軍は東部戦線での攻勢を継続するも、その実態は開戦前の両国の国力差からするとまるで異なった様相を見せており、想定外の長期戦に引きずり込まれることになった。2014年からの経済制裁によって西側の製品に依存していたロシア国内での先進装備(航空機や精密誘導弾など)の開発や配備も滞っていたため、徐々に旧ソ連時代からの備蓄兵器が戦場に顔を見せるようになった。例としては防弾ヘルメットの不足から鉄製で旧式のSSh-68ヘルメットの内側にケブラー繊維を貼り付けただけのKOLPAK20という急造ヘルメットを配備したり、極東ハバロフスクでモスボール保管されていた第一世代主力戦車であるT-54/55を2023年6月に自動車爆弾としておよそ5tもの炸薬を充填してウクライナ軍陣地に向けて走らせたり、2024年1月には海軍第810独立親衛海軍歩兵旅団という親衛の称号が示す通り戦前には精鋭だった部隊に爆発反応装甲さえ装備されていないT-55が配備されている*3のが確認されている。また、先進装備の基幹となる電子産業の現代化が遅れていたため、新型巡航ミサイルの制御部品に中国製の安価な民生向け電子回路が使われているのが確認されるなど、制裁下の長期戦に対する備えの無さが浮き彫りとなっている。
 戦力の不足からロシアは2022年9月に30万人の部分的動員を開始したが、この動員兵に支給するはずだった装備も横流しや書類の改竄により消えていたり、備蓄されていた銃器の一部が不適切な保管環境により使い物にならなくなっている事、動員した兵士に対して訓練を行う受け入れ体制が整っていない事が判明するなど、お粗末な実態が多々明らかになっている。また動員に反発した市民により募兵所が焼き討ちされる事件も多発した。さらに10月頃よりワグネル・グループの参戦も確認されているが戦車などはロシア国防省から供給されたものの肝心の弾薬が満足に供給されておらず反旗を翻されるなど多くの問題が発生している。
 こういった実態もあってかロシア側は士気の低い部隊や将兵が多く、緒戦からこの侵攻作戦に否定的な兵士が最新鋭の戦闘車両ごと投降する事態も相次いでいる他、戦闘に参加している部隊でもハッチを開けたままにしていた戦闘車両の車内にドローンから手榴弾を投下されて撃破されたり、遺棄する兵器や弾薬に破壊処置をしなかった為に後述のウクライナ側からの「返却」を受けるなど、杜撰な事例が多々見られている。

 ウクライナ側には日本を含む西側各国、さらにはロシアやベラルーシなど52ヶ国から約2万人*4の義勇兵が参戦しているが、彼らの身分は金銭的利益を主たる目的とされている傭兵ではなく、ウクライナ陸軍の指揮下にあるウクライナ郷土防衛隊の外国人軍団などに所属して、ウクライナの法律に基づき、他のウクライナ軍部隊に所属するウクライナ人兵士と同じ待遇を受けている正規軍人となっている。
 もう一方のロシア側にはネパールやシリアといった南および西アジアなど発展途上国からの出稼ぎ労働者をロシア連邦軍と契約させる事で戦わせているが、彼ら外国人兵士へ報酬は支払われず、さらには戦死したとしても遺族への補償は無く、遺体の返還に至っては多額の手数料を要求している。

 この紛争では、ロシア側が先述の通り備蓄兵器を、ウクライナ側も同様の(旧ソ連時代からの)備蓄兵器に加えて民間市場に流通していた銃器や世界各国からの供与兵器を運用している事もあり、1国対1国*5の紛争にしては特異な事に、極めて多種多様な武器が運用されている。
 なお、ウクライナはロシア側勢力から余りにも膨大な数の兵器を鹵獲しており、戦車や装甲車などの一部兵器の供給数に至ってはロシアからの鹵獲によるものが最多となっている。このためウクライナに対する最大の支援国にロシアを挙げているメディアが一部有る他、ウクライナ国防省やウクライナ軍兵士らもロシア側勢力から鹵獲した兵器の事を「レンドリース」と、これらをロシア側に向けて使用する事を「返却」と揶揄している事がある。
 一方のロシア側は自国で兵器需要の殆どを賄えていると主張しており、実際に開戦後の調達事例としてはイランから多数のドローンを購入したの主として、インドが整備の為にロシアへ預けていた戦車を接収する、インドやミャンマーからロシア製兵器の部品を買い戻すなど限定的な事例のみ確認されていた。しかし2023年の夏ごろよりイランやミャンマーから砲弾を、2024年2月には北朝鮮から戦術弾道ミサイルKN-23を調達してウクライナで使用しているのが確認されており、実情は主張とは異なるようだ。
 また世界有数の兵器輸出国家である中国の動向も各国から注目されているが、これまで中国はウクライナへ戦災復興支援として大型クレーンや消防車などの特殊車両を供与したり、ロシアへ非武装の軽装甲車を輸出したりと、どちらとも縁を切らず、しかし深く肩入れせずといった立場を維持している。このため紛争の規模の割に中国製兵器があまり見かけられないという近年では珍しい状況となっており、確認されている例も中国が戦前にウクライナに輸出していたり、中国がかつてイランやパキスタン、アルバニアなどに輸出していた兵器がロシアやウクライナに供与ないし再輸出されているなどのみである。一方で民生製品はその限りでなく、双方の兵士が中国製の民生向けダットサイト赤外線やサーマルを用いた暗視照準器を多用している他、ウクライナは多数の中国製ドローンを偵察や着弾観測、自爆攻撃に使用している。またロシア側も先述の通り新型巡航ミサイルに中国製の民生部品を使用している。

 以下に各参戦勢力が運用している武器を纏めている。多種多様な武器が扱われている為、一部の派生型は省略している。また一部の銃器は敵対勢力による鹵獲が確認されているのみで実際に使用した勢力を推測としているものがある。

参戦勢力別使用武器

参戦勢力小銃/自動小銃突撃銃拳銃狙撃銃
対人/対物ないし大口径
短機関銃軽機関銃重機関銃
機関砲
ロケット及び無反動砲
非誘導/誘導
携行地対空ミサイル手榴弾
殺傷/非殺傷
擲弾発射器地雷
対人/対戦車
その他
ロシア連邦軍
FSBなど国防省以外の部隊含む
AKM
AK-74
AK-103
AK-12
A-545
AS
PM
MP-443
M1891/30
SVD
VSS
VKS
SV-98M
TSVL-8 M5*6
SSG 04*7
SSG 08*8
PPK-20PK
RPK
M1910/30
DShK
KPV
NSV
Kord
RPG-7
RPG-22
RPG-30
RMG*9
RPO*10
RShG-1*11
9K38
9K333
RGD-33
F1
RGD-5
RKG-3
RGN
RGO
AGS-17
DP-64*12
GM-94
POMZ-2
OZM-3
OZM-72
PMN-2
PFM-1
PTM-1
POM-3
MON-50
MON-90
QB57*13
OZ-1*14
KSVK9M111
9M113
9M131
9M133
K-51*15
Zarya*16
TM-62
PTKM-1R
ドネツク人民共和国軍
ルガンスク人民共和国軍
M1891/30AK-74Oplot
P08
M1891/30PPSh41
MP40
PTRS1941
民間軍事会社
(ワグネル・グループなど)
AKM
AK-74
AK-103
M4
MP-443MTs-566*17
SVD
T-5000*18
SSG 04
PK
RPK
DShKRPG-7
9M133
ウクライナ軍
軍と共に国防省に属する郷土防衛隊や外国人部隊および
内務省に属する国家親衛隊や警察大隊なども含む
AKM
AK-74
AKS-74U
AK-105
AK-12
M4
M16
ACR
Fort-221
UAR-15
マリューク
FAL
FNC
F2000
SCAR
G36
HK416
MCX
SIG516
MSBS
モデロL
ARX200
AUG
CZ806
Vz58
56式冲鋒槍
M70
APB
TT
PM
PSM
M92
Vz82
P10
G17
G19
ジェリコ941 PL9
M1891/30
SVD
M700
M110
XCR-M
Model 10 FCP-SR*19
MRAD*20
Fort-301
TS.M.308*21
Z-10*22
FR-F2
TRG-42DSR-1
SRS A1
AWM
M1500
M1928A1
Fort-230*23
Vz61
M/45
MP5
UZI
EVO3
Vz23
Borz*24
DP
RPD
PK
RPK
Fort-401
MAG
MINIMI
MG42
MG5
Vz59
PZD 556*25
M1910/30
DShK
KPV
NSV
M2
W85式高射機槍*26
M55*27
RPG-7
RPG-18
RPG-26
RPG-30
RPO
M72
M3
AT4
APILAS
RPG-75M*28
パンツァーファウスト3
マタドール*29
C90-CR*30
9K38
FIM-92
ミストラル*31
スターストリーク HVM*32
RBS-70*33
F1
RGD-5
RGO
RKG1600*34
Mk14 Mod 0*35
RGT-27S2*36
DM51
DM61
GHO-1*37
m/50*38
VOG-17*39
火炎瓶*40
GM-94
GP-25
Mk19
M203
KBA-117*41
Fort-600*42
RG-1*43
M32A1
M320A1
RDS40-MGL
RBG-6
RGP-40*44
OZM-72
MON-50
Fort-500
ESCORT BTS410*45
X7*46
EDM4S*47
SVT
SKS
M1
M14
SUB-2000
アリゲーター*48
Horizon’s Lord*49
M99
BFG-50*50
ファルコン
HS.50
LRT-3*51
Wilk*52
手製対物ライフル*53
9M111
9M113
9M131
BGM-71
FGM-148
RK-2*54
RK-3*55
NLAW
RBS-17*56
ミラン F2A
DG-01*57
L84A3*58
JVA 0406*59
TM-62
PARM1*60
PARM2*61
FFV 028
EMP F2
HPD2A2
m/52B
M/56
AT2

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • M203とついでにSIG516を追加 -- 2023-06-18 (日) 20:55:33
  • ロシアでワグネルが内戦起こして訳がわからないよ。 -- 2023-06-24 (土) 21:34:38
  • なんのなんの、ロシア革命から脈々と続くあちらの伝統ですよ -- 2023-06-25 (日) 00:08:47
  • 型式不明ですが露がまた空気銃を持ち込んでいたようです。ブレークバレルでフロントサイトがちょっと変わった形してるんですけど分かる方いますか? ttps://youtu.be/bk5OG6JYmfI?t=2427 -- 2023-07-07 (金) 02:03:29
  • ゼレンスキー大統領の護衛がエイリアンピストルを携行している写真をTwitterで見ました。 -- 2023-07-13 (木) 06:46:05
  • このリストに大統領警護要員しか使ってない銃を入れるのはどうなんでしょ? -- 2023-07-13 (木) 16:26:55
  • 去年から露側がSVLK-14SとSVChの投入してると主張してるようですが、未だ画像ソース出てないのでとりあえず保留してます。 -- 2023-09-21 (木) 23:43:35
  • 去年の時点でウクライナ側がSKSを幾つか使用してたのが抜けてたので追加。さらに露側でAK-12を配備されていた部隊でスコープ付とはいえモシンを持っていた兵が確認されたので追加しました。 -- 2023-10-15 (日) 04:01:57
  • ウクライナ側の使用兵器を軍と郷土防衛隊で分ける意味が無くなって来たような気がするのですがどうでしょう?最近もう殆ど同じ装備を供給されてますし、どの部隊かの判別も難しくなってきました。 -- 2023-10-25 (水) 18:47:00
  • ウクライナ側装備を統合させました。 -- 2023-12-27 (水) 18:13:57
お名前:


*1 これにはロシアの同盟国であるベラルーシの国境と接している部分も含むが、ベラルーシは国内にロシア軍を受け入れてはいるものの、侵攻には直接参加していない。
*2 多くの予想では3日でロシアの勝利に決着するとされていた。
*3 ハバロフスクからウクライナ方面への移送が確認されたのは同年3月。
*4 2022年3月時点でのウクライナ発表
*5 国際的に広く承認されていないドネツク人民共和国及びルガンスク人民共和国を除いての数え方。
*6 ロシアのLobaev Arms社が開発製造しているボルトアクション狙撃銃
*7 ステアー社製ボルトアクション狙撃銃
*8 ステアー社製ボルトアクション狙撃銃
*9 ロシアのBazalt社が開発製造しているHEATとサーモバリックのタンデム弾頭を使用する使い捨てロケット発射器
*10 ソ連で開発されたサーモバリック弾頭などを使用する使い捨てロケット発射器。ソ連及びロシアなどでの兵器分類では火炎放射器となっている。
*11 ロシアのBazalt社が開発製造しているサーモバリック弾頭を使用する使い捨てロケット発射器
*12 ソ連が開発した対フロッグマン垂直2連擲弾発射器
*13 アメリカのBeeman社が製造している空気銃
*14 ソ連が開発した爆薬筒
*15 ソ連で開発されたCSガス手榴弾
*16 ロシアで開発された閃光手榴弾
*17 ロシアのTsKIB SOO社が開発製造している半自動狙撃銃
*18 ロシアのORSIS社が開発製造しているボルトアクション狙撃銃
*19 アメリカのサベージ社が開発製造しているボルトアクションライフル
*20 アメリカのバレット社が開発製造しているボルトアクションライフル
*21 ウクライナのTactical Systems社が製造しているB&T社のAPR308のコピー
*22 ウクライナのZbroyar社が開発製造している民間向けAR10クローン
*23 ウクライナのFort社が開発製造している短機関銃
*24 チェチェン共和国で密造された短機関銃の総称であり俗称
*25 チェコのDefence and Security Services社が製造している汎用機関銃
*26 中国の四川華慶機械有限責任公司と建設工業集団有限責任公司が開発製造している重機関銃
*27 スペインのイスパノ・スイザ社で開発されたHS.804をユーゴスラビアのツァスタバ社がライセンス生産していた機関砲
*28 チェコスロバキアが開発した使い捨て携行式対戦車ロケット発射器
*29 イスラエルとシンガポールが共同開発製造している使い捨てロケット発射器
*30 スペインのInstalaza社が開発製造している携行対戦車ロケット発射器
*31 フランスのMBDA社が製造している携行地対空ミサイル
*32 イギリスのThales Air Defence社が開発製造している携行地対空ミサイル
*33 スウェーデンのボフォース社が開発製造している携行地対空ミサイル
*34 ソ連で開発されたRKG-3対戦車手榴弾にドローン投下用のフィンを追加したもの。
*35 アメリカ製の対構造物手榴弾
*36 ウクライナ製のサーモバリック手榴弾
*37 ブルガリアのarsenal社が開発製造している手榴弾
*38 フィンランドの迫撃砲弾改造手榴弾
*39 本来であればこの名称はAGS-17などで使用する弾薬を示しているが、この場合はVOG-17にUZRG信管を組み合わせた密造手榴弾の俗称。VOG-25を元にして製作される物も含めた俗称としてハタブカと呼ばれる事も多い
*40 市民に対し火炎瓶による抵抗を呼びかける動画や郷土防衛軍製火炎瓶投下ドローンの動画が投稿されているが、実際には殆ど使われていない模様
*41 ウクライナのKB MIAが製造しているAGS-17のコピーモデル
*42 ウクライナのFort社が開発製造している擲弾発射器
*43 ウクライナのYuzhmash社が製造した携行半自動擲弾発射器
*44 ポーランドのZM Tarnów社が製造しているリボルバー擲弾発射器
*45 トルコのHATSAN社が開発製造している自動散弾銃
*46 トルコのTarget社が開発製造しているポンプアクション散弾銃
*47 リトアニアのNT Service社が開発製造している銃型の携行対ドローン妨害装置
*48 ウクライナのSNIPEX社が開発製造しているボルトアクション対物ライフル
*49 ウクライナのMayak社が開発製造しているボルトアクション対物ライフル
*50 アメリカのSerbu Firearms社が開発製造しているボルトアクション対物ライフル
*51 カナダのPGW Defense Technologies社が開発製造している長距離狙撃銃
*52 ポーランドのZakłady Mechaniczne Tarnów社が開発製造している対物ライフル
*53 KPVの銃身を流用したものなどが確認されている。
*54 ウクライナのLuch Design Bureau社が開発製造している対戦車ミサイル
*55 ウクライナのLuch Design Bureau社が開発製造している対戦車ミサイル
*56 AGM-114C空対地ミサイルを元にスウェーデンのボフォース社が開発製造している地対艦仕様。対戦車運用も可能。
*57 ウクライナが開発した発煙手榴弾
*58 イギリスが開発した発煙手榴弾
*59 フィンランドが開発した発煙手榴弾
*60 西ドイツが開発製造した対戦車地雷
*61 ドイツが開発製造している対戦車地雷

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-02-26 (月) 18:12:21 (4d)