セトメ モデロL / CETME Modelo L 【突撃銃】

セトメ モデロL 後期型
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
モデロL925mm3.4kg5.56mm×4512/20/30600発/分S/Fスペイン
モデロLC665(860)mm3.22kg5.56mm×4512/20/30650発/分

 スペインのセトメが開発した、7.62mmセトメライフル(モデロA、B、C)5.56mm仕様に小型化した突撃銃

 1960年代中頃、セトメは小口径ライフルに着目し、1980年に「モデロL」の試作型を開発する。完成したモデロLは、当時スペイン陸軍の制式小銃であったモデロ58(モデロC)を更新するトライアル(1981〜1982年)に提出され、1984年に採用が決定した。1987年から支給が始まり、約6万挺が製造された。
 木製部品が多かったモデロA〜Cだが、「L」ではグリップ/バットストック/ハンドガードはプラスチック製に変更された。またボディの大半にオリーブグリーンの塗装が施された。
 初期のハンドガードは銃身下部全体を覆うスクエア型だったが、熱がこもるという問題が露呈したことから、(スペイン陸軍が使用しているモデルも含め)後にハンドガードの長さは半分程に変更された。リアサイトはフリップアップタイプ。マガジンはM16互換のものを使用する。
 
 しかし、M16互換マガジンの品質はかなり悪く、マガジン外壁が分厚すぎるために正常に挿入できないものが多く見受けられた。
 また、スペイン軍に納入された5.56mmNATO弾は通常よりもかなり強力で、高速燃焼弾に弱いディレードブローバック機構は頻繁に薬莢の張り付きを起こした。このためNATO連合各国軍ではスペイン軍から弾薬の供与を受けないよう前線部隊に通達していたほどであった。
 これらの問題を重く捉えたスペイン軍は、自国の強力な弾薬の使用に耐える小銃と、その小銃に用いる新しい5.56mmマガジンを同時に納入可能な業者の選定を1996年に開始。最終的にH&K社のG36Eが選定され、1999年には全モデロLの置換が完了した。

外観モデル登場年特徴
モデロL 後期型
モデロL1981年基本モデル
モデロLC 後期型
モデロLC1984年カービンモデル。ショートバレル。引き出し式金属ストック
モデロLV?年V(Visor:照準器)。マークスマンモデル。STANAGマウントレール搭載。イギリス製SUSATサイト。レール無しモデルはドラムタイプのリアサイト
 
登場作品ジャンル使用者備考
うぽって!!項目参照
コンビニDMZ項目参照
非常戦闘区域項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズ及びENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1987-1999って結構採用期間短いんだな。 -- 2014-04-19 (土) 08:02:05
  • 3.4キロならM16より若干軽いのね -- 2014-12-21 (日) 16:56:54
  • 急速な退役の弊害なのか闇市場に横流しされたものが相当数あるようで、スペインの犯罪組織摘発のニュース映像で、武器庫からこれを含むセトメシリーズが大量に押収されてました。 -- 2017-11-30 (木) 18:28:17
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-21 (土) 17:21:53 (628d)