USSR RPK / СССР РПК 【軽機関銃】

RPK
モデル全長重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
RPK1040mm5.0kg7.62mm×3930/40/75600発/分S/Fソビエト
RPK-741060mm5.1kg5.45mm×3930/45/60
M721025mm5.5kg7.62mm×3930/40/75620発/分S/Fユーゴスラビア

 1959年に開発された軽機関銃で、RPDの後継にあたる。RPKはRuchnoi Pulemet Kalashnikova(カラシニコフ式手持ち式機関銃)の略。

 兵站上、歩兵銃と軽機関銃の弾薬を共通化するだけでなく、小銃手と軽機関銃手が現場でマガジンごと弾薬を融通しあえることが当時のソ連軍で企図された。そこで、使用弾薬こそAK47と共通だったがベルトリンク給弾のみだったRPDに対し、AKMをベースに造られたのが本銃である。基本的にAKシリーズと同一のガスオペレーション作動とロータリーロックで、レシーバーのプレススチールの板厚を1mmから1.5mmに増やして強化リブを追加する事で構造を強化、バレルを延長して肉厚にし、大型のストックバイポッドが備えられた。RPK用として、AK47/AKMにも使用可能な40連ボックスマガジンと75連ドラムマガジンが造られている。

 火力に富み、現地での弾薬調達が容易で、アサルトライフル感覚で使えることから、イラクなどに展開するPMCオペレーターの間で人気が高い。

 新弾薬の5.45mm×39弾とこれを使用するAK74が登場すると、これをベースにした「RPK74」とその近代化モデルである「RPK-74M」が造られた。また特殊部隊・空挺部隊向けにストックを折畳み式としたRPKSやRPKS74が造られており、後のRPK-74Mでは折畳み式ストックが標準仕様となった。RPK-74ではAK-74用の30連ボックスマガジンに加えて、専用の45連ボックスマガジンと60連複々列式マガジンが造られた。
 最新のAK-12をベースに作られたRPK-16では、AK-12用の30連ボックスマガジンやRPK-74用のマガジンに加えて95連ドラムマガジンが造られている。
 中国北方工業公司によるコピーはM87S、ツァスタバ社によるコピーはM72と呼ばれる。
  (主なバリエーションモデルは『USSR RPK バリエーションモデル』の項参照)

 
登場作品ジャンル使用者備考
50 Cent:Bulletproof項目参照
America's Armyゲームテロリスト
Angel Beats!項目参照
Cat Shit One - THE ANIMATED SERIES項目参照
Combat Arms項目参照
Insurgency項目参照
Insurgency: Sandstorm項目参照
MAG項目参照
OBSOLETEアニメパキスタン軍エグゾ搭乗兵エグゾフレームの銃眼に搭載
RPK74
バイポッドは取り外されている
エグゾフレームに搭乗したゲリラ兵EP2
RPK74
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
アームド・アサルト項目参照
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン項目参照
うぽって!!項目参照
英雄の条件映画北ベトナム兵
エスケープ フロム タルコフ項目参照
火線上のハテルマ項目参照
クロッシング・ウォー 決断の瞬間項目参照
交渉人項目参照
ゴーストリコン項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア項目参照
コマンドー項目参照
コンビニDMZ項目参照
不死(しなず)の猟犬漫画リンドラムマガジン
二挺撃ち
第1,2話
獣戦士ガルキーバアニメ甲斐龍介第6話
真・女神転生 NINE項目参照
ステルス項目参照
ストリートファイター項目参照
スリー・キングス項目参照
せきさば!項目参照
ソルジャーズ・アイランド項目参照
ティアーズ・オブ・ザ・サン項目参照
ドールズフロントライン項目参照
ネイビー・シールズ項目参照
ハード・ターゲット項目参照
バイオハザード ダムネーション項目参照
バッドタイム項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
ブラックホーク・ダウン項目参照
ブラッドバス小説武警隊員ノリンコ製74式軽機関銃
フリーダム・ファイターズゲーム主人公
ソ連軍将校
ソ連軍兵士
アメリカゲリラ
プレデター項目参照
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス項目参照
メカニック項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
メトロ ラストライトゲームアルチョムRPK74、45連ボックスマガジン使用
ユニバーサル・ソルジャー項目参照
ランボー 怒りの脱出項目参照
リコリス・リコイル項目参照
レッド・ドーン項目参照
若き勇者たち項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 無論精度には影響が出ますよ。しかし銃身のフリーフローティング化の重要性が世界的に認知されたのはもっと後の話ですから。 -- 2016-10-05 (水) 22:10:26
  • RPK74の45連マガジンや60連マガジンは無改造でAKS74とAKS74Uに装着可能なんでしょうか? -- 2016-10-24 (月) 22:10:19
  • ええ。特にマガジンやマグウェルが別の設計になってる訳ではありませんので。 -- 2016-10-24 (月) 22:45:57
  • RPK-201はAK-101、102と同様にNATO規格の弾倉はつけられるのでしょうか? -- 2017-07-30 (日) 16:32:21
  • 訂正します。〜の弾倉はつけられる ではなく、 〜の弾倉はつけられない です。
    長文、連投失礼しました。 -- 2017-07-30 (日) 16:35:20
  • 付けられないでしょうね。特別付けられるよう加工されたレシーバーとは聞いたことがないですし、特にRPK用としてはAR15マガジンにはまだ実績のある軍用大容量マガジンが無いですからね。 -- 2017-07-30 (日) 20:25:45
  • そうですか、ありがとうございます。 -- 2017-07-30 (日) 22:35:23
  • 『ランボー・怒りの脱出』では、密輸業者の船着場の近くに隠れていた1人が、何故かバルメM78を持っていた。 -- 2018-04-10 (火) 22:40:24
  • CGアニメ「OBSOLETE」でパキスタン軍所属のエグゾフレーム(作中の人型ロボット)のコックピット上面にある銃眼にRPK74が搭載されていると思われます。バイポッドは取り外されており、作中や公式HPでは銃身を含む一部のみが描写されていますが、フロントサイトの形状やフラッシュハイダー、銃身下部のクリーニングロッドの有無にガスブロックの特徴から間違いないと思います。 -- 2019-12-26 (木) 02:22:56
  • ↑追記 EP2でエグゾフレーム(作中の人型ロボット)に搭乗したゲリラ兵が使用していました。こちらもフラッシュハイダーの有無からRPK74だと思います。 -- 2019-12-26 (木) 02:49:31
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-01-17 (火) 08:32:08 (23d)