エルマベルケ MP40 “シュマイザー” / ERMA-Werke MP40 “Schmeisser” 【短機関銃】

エルマベルケ MP40/I
モデル名全長(伸長時)重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
MP40625(845)mm3.7kg9mm×1932500発/分Fドイツ
Z45580(840)mm3.9kg9mm×2310/30450発/分Fスペイン
M56591(870)mm3.0kg7.62mm×2535600発/分Fユーゴスラビア

 MP40は、ドイツのエルマ・ベルケ(製造)社で開発された短機関銃。第2次世界大戦中、当時のナチスドイツにて枢軸側の主力短機関銃として活躍した。1930年代に、同社の技術者ハインリヒ・フォルマー技師によって設計されたEMP(Erma Maschinenpistole)を祖とする。

 1930年代半ば、当時のドイツ国防軍は戦車兵や装甲兵員輸送車の乗員が装備する護身用火器として、狭い車内でも取り回しの良い新しい短機関銃の開発を要求した。これを受けたエルマ社は、以前に国内外に販売して好評を得ていたEMPを開発・製造した実績があり、1936年にこれをベースとしたMP36(Maschinenpistole 36)を完成させる*1
 MP36は、エルマ社の創業者でもあるベルトルト・ガイペル技師の設計によるもので、後のMP40とほぼ同様の基本的な構造とシルエットを確立した銃である。狭い車内で扱えるようコンパクトに折り畳める銃床と、兵員輸送車の車中から装甲やドアの縁に銃身を依託して射撃を行うためのサポート材を銃身下に備えていた。サポート材が鉤状となっているのは、反動で後方へ押し込まれて、車内に発砲してしまわないようにするためだ。撃発はオープンボルトで作動はシンプルなブローバック方式と、当時の短機関銃として一般的な機構だが、テレスコピック(伸縮式)・チューブと呼ばれる円筒の中にリコイル・スプリングを収めた特徴的なボルト機構を採用していた。このメカニズムは、ボルトの後退量を増すと共にチューブ内の空気がクッションとなる構造で、フルオート射撃の際に連射速度や反動衝撃を抑制する働きと、内部に侵入した塵芥でスプリングが汚れるのを防いで分解清掃を楽にする利点があった。レシーバーは後のMP40と同じプレススチール製だが、グリップパネルと先台は従来通りの木製だった。
 1938年には、ハインリヒ・フォルマー技師の設計により、信頼性の向上を図ったMP38が開発された。グリップパネルと先台は木製からベークライトへ変わり、木製部品を一切用いない初めての短機関銃となった。一方、プレス製だったレシーバーは強度に問題があったことからスチール削り出しとなり、もともとスチール削り出しだったロワーフレームは軽量化を企図して高価なアルミ合金削り出しへと変更され、レシーバーも縦溝を幾重にも彫りこむなど高コストなものとなってしまう。

 そこで、MP38の生産効率の向上とコストダウンを図ったモデルが、MP40である。削り出しだったレシーバーはロワーともどもプレススチール製となり、強度を増すためのリブが追加された。
 1940年に完成したMP40は、前身のMP38と共に実戦に投入された。だがMP40、MP38共に、弾の残ったマガジンを装填したままでボルトが前進位置にあると、落下の衝撃などでボルトが前後動し暴発を起こす問題があった。これは当時のオープンボルト・シンプルブローバック方式の短機関銃に共通する欠点である。
 通常、コッキングハンドルを引き切ったのち、コッキングスロット脇のセイフティノッチにハンドルを引っ掛け、ボルトを後退位置にロックすることで防ぐことが出来たが、前線ではフック状のハンドルが何某かに引っ掛かって外れてしまうことがしばしばあった。1942年にこの問題の解決のため、ボルトが前進位置でも手早くロックすることができるよう、コッキングハンドルが改修された。ハンドルのヘッドピースを押し込むと、前進位置のコッキングスロット脇に追加されたノッチに差し込まれてハンドルとボルトが固定されるというもので、前線に供給済みだったMP38/MP40も暫時この仕様に改修されていった。しかし、この措置は完全に実施されたわけではなく、旧型ハンドルのままの個体も多く残っている*2
 またマガジン配置にまつわる問題もあった。銃を保持する際、フォアグリップとして添え手で握るのにちょうど良かったことから、マガジンを握って射撃を行うスタイルが定着してしまい、強く握りすぎて給弾を阻害してしまうトラブルが頻発した。対策として、マガジンではなくマガジンハウジングかその後方にある先台を握るよう指導がなされ、1941年以降製造のモデルからはマガジンハウジングとマガジンにリブが追加され、構造が強化された。マガジンが開口部の小さなシングルフィード式だったことも一因だったが、これを改修すると新旧の銃で互換性を失ってしまうからか、対策はされなかった。
 
 MP38及びMP40は、1944年の生産終了までに、合わせておよそ100万挺が生産された。分隊指揮官や空挺隊員、戦車や自走砲といった機械化部隊の乗員の装備として配備され、近接戦闘時やKar98Kを持つ歩兵の援護に活躍した。戦後も東側陣営や一部の地域では1980年代まで現役だった。
 なお、面白いバリエーションとして、MP40-IIという俗称で知られるモデルが存在する。71連ドラムマガジンを装着出来るソビエトのPPSh41に対抗したものとみられ、32連マガジンを2つ横並びに装着出来るようにしたモデルだった。一本目のマガジンを撃ち尽くしたら、横にホルダーをスライドさせてもう一方のマガジンに切り替え、ほぼ連続して64発(32発×2本分)を連射することが出来た。ドイツ陸軍はこれをMP40/Iとして制式採用し、前線に配備したとみられるが、生産数はごく限られたものとなった。限定的な配備となった経緯は公式な文書が見出されておらず定かで無い。現存するモデルの刻印から、エルマ社の他、占領下のオーストリア・ステアー社でも生産されたようだ。
 エルマ社は後に同様のダブルマガジン給弾機構を備えたEMP44という短機関銃を開発している。

 本銃の愛称として知られる『シュマイザー』だが、本銃の開発にはドイツの有名な銃開発技師ヒューゴ・シュマイザーは関与していない。MP40のマガジンにはシュマイザーの名が刻印されていたため、どうも鹵獲した連合軍がそれを目にしたことから呼称として定着してしまったのが原因らしい。とはいえ実際のところ、本銃の設計はシュマイザーのMP18の影響を少なからず受けており、マガジンの設計も刻印が示す通りシュマイザーのパテントが元になっている。
 一方、ハーネル社が開発したMP41は、実際にシュマイザーがチーフデザイナーとして設計に携わっていたモデルである。MP40にMP28の木製ストックとセミ/フルオート切り替え可能なトリガー機構を追加したもので、先述のMP38/MP40に追加されたコッキングハンドルの安全装置も、このMP41でシュマイザーが設計したものである。
 当時はハーネル社でもMP40を製造していたにも関わらず、あえて別の銃を設計し、なぜ旧来の木製ストックを採用したのかなど、MP41の開発の経緯や目的は明らかでない。開発された1941年にはエルマ社から特許侵害で訴えられ、製造停止が命じられていたものの、ハーネル社の出荷記録によれば1944年まで供給は継続され、およそ26,000挺が生産されたと云われる。大半がルーマニアを始め、枢軸側の同盟国に供給された。ドイツ軍は採用しておらず、国内では大戦後半の1943年以降にベルリン治安警察に少数が配備されたに留まっている。*3

 あまり知られていないが、本銃は銃口にネジが切られており、通常はローレット加工の施された保護用のナットが装着されていた。これは空包射撃用のアダプターを装着するためのネジだったが、アダプターが実際に使われることはなかった。
 しかし、大戦後半の1943年から1944年にかけて、このネジ部に装着するMP40用サイレンサーが研究・開発された。偽装のためプロジェクトは「ハウベ(フード)」と呼ばれていた。超音速で飛翔する9mmパラベラム弾の短機関銃であったことから、弾薬は専用の亜音速重量弾が用意された。充分な静粛性を発揮するようサイレンサーはかなり長大なものとなり、空包アダプター用のネジに装着するには支障があった*4

各種バリエーション

モデル派生型(括弧内はドイツ軍採用名称)
MP36MP38、MP40の原型
MP38MP40の前身。MP36の改良型だが、削り出しボディで高価
MP40MP38の生産性向上型。プレス製ボディ
MP40/I(MP40)安全装置の追加やマガジン周りの強化を施したモデル。『シュマイザー』と呼ばれるのは大体がこれである
MP38/40(MP38)MP38をMP40/I同様のコッキングハンドルに改修したモデル
MP40-II(MP40/I)32連マガジンを2つ装着できるようにしたモデル
MP40/II(MP40)1943年以降に製造・改修されたMP40/Iの小改良型。発射速度を1000発/分まで高められた
MP41MP40の上半分にMP28の木製ストックとセミ/フル切替トリガー機構を組み合わせたモデル
製造されたうち少数がベルリン治安警察に納入され、大半がルーマニア他の枢軸国へ供給された。戦後もルーマニアで生産が続けられ、今もかなりの数が現役。シュマイザー技師設計
Z45スペイン・スター社の改良コピー。
使用弾薬変更、グリップおよびフレーム木製化、バレルジャケットとコンペンセイター追加の改良が施されている。
MP40の代用として映画撮影に多用される
M56ユーゴスラビア造兵廠の改良コピー。トカレフ弾への変更やソ連のPPS短機関銃の長所を取り入れるなど、旧東側標準の仕様となっている
 
登場作品ジャンル使用者備考
0011ナポレオン・ソロ項目参照
007項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
Battlefield V項目参照
Dies irae
-Also sprach Zarathustra-
ゲームヴァルター・ゲルリッツ
HUNTER×HUNTER項目参照
Insurgency項目参照
L.A. ギャング ストーリー項目参照
MAFIA II項目参照
THE SKULLMANアニメ白鈴會信者
黒潮 豪蔵死亡した白鈴會信者の物を使用
THE 最後の日本兵 〜美しき国土奪還作戦〜ゲーム百目鬼 朝男作中名「NP40短機関銃」
X-MEN項目参照
X-MEN:ファースト・ジェネレーション項目参照
アイアン・スカイ映画クラウス・アドラーヴィヴィアン・ワグナーレトロ風に改造したプロップガン
ナチス兵士ノーマルモデルとレトロ風に改造したプロップガンの2種類
アメリカン・エネミーズ映画マードックの手下ラストの銃撃戦で使用
荒巻義雄 艦隊シリーズ項目参照
荒川アンダー ザ ブリッジアニメシスター2期第4話
発砲無し
荒鷲の要塞映画シャファー中尉二挺撃ち
アンチャーテッド項目参照
イナズマンF特撮デスパー兵士金庫の鍵の破壊に使用した事も
イングロリアス・バスターズ項目参照
インディ・ジョーンズ項目参照
宇宙刑事ギャバン特撮クラッシャー
宇宙刑事シャリバン特撮ファイトロー人間変身時
伊賀 電ファイトローの物を奪う
鈍器としても使用
宇宙鉄人キョーダイン漫画イヴォンヌ中尉
地球防衛軍兵士発砲なし
うぽって!!項目参照
うる星やつら項目参照
ウルフェンシュタイン項目参照
エースヴァージン:再出撃ゲームFw190 ヴュルガー立ち絵で所持
エドワードランディゲーム敵兵士
エンパイアーズゲーム新生ドイツ兵
オースティン・パワーズシリーズ項目参照
オープンダイス・キングダム漫画テオドラ
科学忍者隊ガッチャマンF(ファイター)アニメレジスタンス
仮面ライダー漫画ショッカー戦闘員
仮面ライダーX特撮GOD戦闘工作員横撃ちで使用する者も
ヒトデヒットラー親衛隊
仮面ライダー(新)特撮アリコマンド47話
スカイライダーアリコマンドの物を奪う
鈍器としても使用
カンプグルッペZbv漫画アッシュ
コワルスキー
ブルクハイト中尉
機動刑事ジバン特撮マスク第3話などで使用
片桐洋子
川本メイ
マスクの物を奪って使用
キャプテン・アメリカ項目参照
銀河パトロール ジャコ漫画アオサ発砲なし
孔雀王漫画ラストバタリオン
黄 海峰ラストバタリオン変装時
靴ずれ戦線項目参照
クレヨンしんちゃん項目参照
刑事コロンボTVドラマ『ホリスター将軍のコレクション』
戦利品
スリング装着
犬狼伝説項目参照
コール オブ デューティ項目参照
コール オブ デューティ2項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ3項目参照
コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ ファイネスト アワー項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
コール オブ デューティ ワールドウォーII項目参照
ゴジラ項目参照
ご注文はうさぎですか?項目参照
こちら葛飾区亀有公園前派出所項目参照
ゴルゴ13項目参照
コレリ大尉のマンドリン項目参照
コンビニDMZ項目参照
サラマンダー項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
時空戦士スピルバン特撮リッキー17話
アンドロイド・ヘレン
中尾さやかサバイバルゲームで使用
国松36話
ムムム団員39話
シティーハンター項目参照
ジャッカルの日項目参照
終末のイゼッタ項目参照
処刑人項目参照
ジョジョの奇妙な冒険 Part2
戦闘潮流
漫画シュトロハイム隊
サンタナ上記の物を拾い、分解するだけ
見張り番の兵士遺品
新 仮面ライダーSPIRITS漫画ショッカー戦闘員スリング装着の物もあり
シンドラーのリスト項目参照
人狼 JIN-ROH項目参照
スタートレック項目参照
スターリングラード(1993年)項目参照
スターリングラード(2001年)項目参照
ストライクウィッチーズ項目参照
スナイパー エリート項目参照
砂ぼうず項目参照
スパイの歩き方項目参照
スワガー・サーガ項目参照
スワロウテイル映画リャンキの一派
西部警察項目参照
セーラー服と機関銃(2006)TVドラマ星 泉
世界忍者戦ジライヤ特撮仙田のボディガード
宮村
獣忍マクンバ
密輸品を手に取っただけ
特殊忍者群 土スリング
所持のみ
戦場のピアニスト項目参照
戦争の犬たち小説キャット・シャノン
傭兵
「シュマイザー9ミリマシーンピストル」と記述*5
戦略大作戦項目参照
蒼天の拳項目参照
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト項目参照
ダーク・タワー3 -荒地-小説ジェイク・チェンバーズ
ダーティハリー項目参照
ダイナマイト刑事(PS2版)項目参照
脱走特急映画ドイツ軍兵士
連合軍捕虜ドイツ軍偽装時
タンタンの冒険旅行 燃える水の国漫画ダウド
ムラド
アブドゥル
兵士
小類人漫画雛形 彩女
SS隊員回想シーン
スリング装着
デイズ・オブ・グローリー項目参照
ディファイアンス項目参照
電子戦隊デンジマン特撮ダストラー劇場版
東部戦線1944項目参照
ドールズフロントライン項目参照
特捜エクシードラフト特撮赤いスペード構成員
特警ウインスペクター特撮米倉 源一
久野の仲間発砲出来ず
ロボオ上記の物を取り上げる
死神モス一味
秘密結社Q構成員
アメリカの犯罪者回想シーン
青木東洋の手下
コピーマン
ドニエプル攻防決戦1941項目参照
ドラゴンボールZアニメレッドシャーク団員第203話
七色いんこ漫画千里 万里子第18話「青い鳥」
ナバロンの要塞映画ドイツ海軍兵士
日本一の裏切り男映画大和組組員発砲なし
日本一の断絶男映画十字組組員発砲なし
日本(ひのもと) 一郎十字組組員の物
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?アニメ対戦相手FPS「ULTRA FORCE」内での使用武器
第5話
灰とダイヤモンド映画マチェク
反ソ連レジスタンス
ハイランダー 悪魔の戦士映画ドイツ軍兵士
ドイツ軍将校
博士の異常な愛情項目参照
鋼の錬金術師項目参照
映画ユルゲン
バッテンロボ丸特撮マフィアの日本支部長牢の鍵を破壊するのに使用
大屋 町子
兵士のコスプレをした人達
ヤクザの子分
バトルゴリラ項目参照
バトルフィーバーJ特撮カットマン
バトルコサック
バトルケニア
カットマンの遺品
バトルフィールド1942項目参照
ハヤテのごとく!項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
バンド・オブ・ブラザース項目参照
ハンニバル・レクター・シリーズ項目参照
美少女仮面ポワトリン特撮ザ・悪魔の商社のオフィスに飾ってあった
ヒトラー 〜最期の12日間〜項目参照
秘密戦隊ゴレンジャー特撮ゾルダー
イーグル隊員
ファースト・スクワッド項目参照
フォックスハンター漫画ヴェルナー
カール
トーマス
ノバック少尉
復活の日映画東ドイツ軍兵士
フューリー項目参照
プライベート・ソルジャー項目参照
プライベート・ライアン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
ブラック・ジャック漫画殺し屋
病院占拠犯
20巻 第187話、後期型
「病院ジャック」
ブルークリスマス映画特殊部隊
世界各国の兵士
ペーパーマン項目参照
ヘルシング項目参照
ベルベット アサシン項目参照
ヘルボーイ項目参照
ベルリン陥落1945項目参照
放課後アサルト×ガールズ項目参照
ほっ健室漫画阿部 マリアおそらく排莢式エアガン
『セーラー服と機関銃(2006年)』のパロディ
第13話
瀬戸さんマリアと同じ物を持たされる
第13話
炎628項目参照
捕虜大隊 シュトラフバットTVドラマ懲罰大隊兵士
ドイツ軍兵士
*6
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火項目参照
魔太郎がくる!!漫画浦見 魔太郎木製のモデルガン
マックス ペイン項目参照
まぶらほ項目参照
魔法少女まどか☆マギカ項目参照
水瀬まりんの航海日誌(ログブック)漫画霧島 由花第3話
未来惑星ザルドス映画ザルドスから選ばれし者たち発砲なし
メダル オブ オナー項目参照
野性の証明映画ゲリラ発砲なし
ライフ・イズ・ビューティフル映画親衛隊兵士
ルパン三世項目参照
レールチェイス2ゲームフリント・リックマン
エッケル帝国軍兵士
特殊戦闘員
ロボット8ちゃん特撮青井博士しゃっくりを止めるための小道具
ワイルド7項目参照
惑星大戦争映画冬木本銃がベースのビームガン
ワルキューレ項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なるほど しかしなんで16発と思ったらワルサーやルガー確か8発?基準か -- 2015-12-31 (木) 08:41:03
  • ルガーP08基準だろうね。9mmパラの登場時期とダブってるし。 -- 2015-12-31 (木) 13:28:10
  • ベークライトの茶色いタイプのやつって何のために作られたんですか -- 2017-07-17 (月) 01:46:09
  • ポリマーフレームの項目でも述べられていますが、生産性が高く利点も多いからです。 -- 2017-07-17 (月) 05:05:03
  • 65年アメリカ映画『脱走特急』でドイツ軍やドイツ軍に偽装した連合軍捕虜たちが使用。 -- 大納言? 2017-07-22 (土) 10:26:04
  • 『博士の異常な愛情』でアメリカ陸軍第23空挺師団兵士が使用。 -- 大納言? 2018-01-18 (木) 10:40:32
  • 007シリーズはタイトルごとに分けず「007」で統一した方がいいと思います -- 2018-05-20 (日) 10:47:31
  • 007についてはムーンレイカーだけでなく、ロシアより愛をこめてやゴールドフィンガー、サンダーボール作戦、007は2度死ぬ、ユア・アイズ・オンリーなどにも登場していたので007で統一したほうがいいです(007の項目にも書いてありました) -- 2018-07-01 (日) 08:02:14
  • 実写映画「復活の日」で東ドイツ軍兵士が発砲。全体は写っていませんでしたが銃身下部のリブ形状とマズルで判断しました。 -- 2020-04-20 (月) 04:36:30
  • ゲーム「エースヴァージン:再出撃」の「Fw190 ヴュルガー」が立ち絵で所持 -- 2020-05-14 (木) 13:06:51
お名前:


*1 Submachine gun ERMA EMP 36 - half a step before the MP 38 / 40
*2 The German WWII Standby: The MP38 and MP40 SMGs
*3 The Schmeisser M.P.41
*4 Sound Suppressor for the MP40
*5 大戦中、ドイツ軍が撤退の際に隠匿したもの。ただし、映画版ではMP40ではなくUZIを使用
*6 この作品での懲罰大隊ではPPSh41よりも捕獲したMP40を多用、MP38も少数混じっている

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-16 (月) 09:30:29 (35d)