シグ MCX / SIG MCX 【突撃銃】

シグザウエル MCX SBR
モデル銃身長全長(伸縮時)重量口径装弾数発射形式製造国
Patrol16in901(673)mm3.6kg5.56mm×45 / .300 BLK30S/F
S
アメリカ
SBR11.5, 14.5in(5.56mm)
6.75, 9in(.300BLK)
863~723mm3.2~3.4kg
Rattler SBR5.5in597mm2.7kg5.56mm×45 / .300 BLK30S
RSAR(Reduced Signature Assault Rifle)7.75in5.56mm×45 / .300 BLK / 7.62mm×39S/F
S
RSPEAR-13B-SBR13in889mm3.9kg7.62mm×51 / .277 SIG Fury*120S
PSPEAR-13B13in622mm3.4kg
RSPEAR-16B16in973mm4.2kg
M713in866mm3.8kg6.8mm×51(.277 SIG Fury)20S/F

 アメリカのシグサワーinc.が2015年に発表したモジュラーAR系突撃銃.300AACブラックアウト(.300 BLK)弾の使用に特化した特殊作戦向けカービンである。
 シグによるとHK416C同様SASの要望から開発がスタートしたとされ、同コンセプトのAR系カービン、AAC ハニーバジャーの開発を主導したケヴィン・ブリティンガム氏が携わっている。同氏をして「獰猛なハニーバジャー(ミツアナグマ)を唯一倒し得る毒蛇、ブラックマンバだ」と言わしめる程の完成度とされている。

 作動方式は、反動の抑制と動作信頼性の強化を目的としてショートストロークガスピストン式を採用し、ボルトのリターンアクションをレシーバー上部に移設しつつ、AR18のように左右二つに変更している。短銃身を基本として、.300BLK弾とサウンドサプレッサーに最適化されており、コンパクト・静音・高威力・長射程を兼ね備えた設計となっている。
 各種操作系はアンビ化されており、トリガーには2ステージトリガーを標準装備。マガジンは銃に装填したまま残弾を視認可能なLancer社の半透明ポリマー製のものが同梱されている。

MCX VIRTUS SBR

 アッパーレシーバーはAR15互換*2で、従来のAR-15、M16系ライフルのロワーと組み合わせが可能。また異なる口径や銃身長に容易に変換することができる。ロワーレシーバーは機構の変更でバッファーチューブを廃したことから、従来のAR系アッパーとは組み合わせられないものの各種折畳みストックがセッティング可能となっている。
 ハンドガードはフリーフロートで、放熱用ベントを兼ねた軽め穴とKeyMODの採用により軽量化がなされ、マウントレールを介して各種アクセサリーの装着にも対応する。
 口径は.300 BLK弾、5.56mm×45弾に対応。当初は7.62mm×39弾にも対応していたが現在の仕様からは外れている。

 第2世代モデル「ヴァータス *3」ではモジュラーレールのM-LOKへの変更や新ストックの追加、全体の仕様の改良が行われ、近接戦特化型のコンパクトモデル「ラトラー(ガラガラヘビ)」が追加されたことで話題を呼んだ。レシーバーも単に小型化されただけではなく、新採用のスリムストックや垂直に近い小型グリップ、ボルトフォワードアシストの廃止・シェルディフレクターの小型化といった徹底的なコンパクト化が施されている。ラトラーはピストル化ARのそれより短い5.5インチという超短銃身ながら、サプレッサー使用時でのフルオート射撃の反動制御性・動作信頼性もフルサイズと遜色のないものとなっている。

MCX VIRTUS RATTLER

 シグでは本銃をベースにしたDMRモデル「MCX-MR」の開発も進められており、コンペティションやガンショーを通じて7.62mm×51弾仕様モデルが発表されている。これらのモデルでは伏せた状態からもコッキングが行いやすいよう、従来のものに加え左側面にも非連動式チャージングハンドルを備えている。

 市販モデルとしてPSB(Pistol Stabilizing Brace)を組み込んだモデルがある。PSBは腕輪状になっており、腕に巻き付けて銃と腕を固定することで片手保持を補助するパーツである。アメリカでは銃身長16インチを下回るライフルはSBR(Short Barrel Rifle)として民間所持が規制されるが、ストックの代わりにこの「片手保持補助具」を取り付けピストルとして販売している*4

 MCXは登場後すぐにイギリス・スコットランドヤード地下鉄警察に新設された対テロ部隊の装備として公開され、話題を呼んだ。シグ側でもこれを意識して、特徴的な折り畳みストック(画像1枚目)を「SASストック」の名称で宣伝していた(ただし当のSASへの採用状況については現在不明である)。
 米軍SOCOMでも試験運用の後、2017年のM4A1向け.300BLKPDWキットの調達においてMCXの5.5インチバレルキットを正式に選定。そして2022年に7.75インチに延長した「RSAR(Reduced Signature Assault Rifle)」を改造キットでなく完成品として調達する事となった。
 更に同年11月には作戦地域で流通している7.62mm×39弾用のアッパーレシーバーコンバージョン キットの「Sources Sought Notice」を発行した。*5
 他の世界各国の公的機関での採用が始まっており、すでにイギリス・ドイツ・インドネシア警察やオランダ海兵隊の特殊部隊に納入されている。

 珍しい所では、イギリス・ドイツ軍の指揮官経験がありヨルダンの同国特殊部隊総司令でもあるアブドラ二世国王が本銃の9インチモデルを愛用されており、配下の特殊部隊と共に本銃での訓練を行う映像が公開されている。

MCX SPEAR

 米軍NGSW(次世代分隊火器)コンペティションに参加しているシグだが、本計画提出のライフルバリアント(NGSW-R)を2021年に「MCX SPEAR」(画像3枚目)として公開している。NIJレベルボディアーマーを貫徹できる強力な弾薬(6.8mm×51(.277 SIG Fury)*6弾)を使うため全体的に大柄となり、強力な反動を抑えるための特別なバッファーを備えている。チャージングハンドルはMCX-MR同様レシーバー後部と左側面に設けられた。バレル長は13インチで装弾数は20発。
 2022年4月にシグ案の採用が決定し、MCX SPEARに「XM5」の仮制式名が与えられた。しかし「M5」という名称はコルト社によって「M5カービン」として既に商標登録されており、更にLWRC社が「M6」というAR-15系の自動小銃を商標登録していたことからXM5は「XM7」に変更された。
 その後、米陸軍が2024年度予算の概算要求で、NGSWの試験用を表すXを外し、「M7」として本格調達が始まった。

登場作品ジャンル使用者備考
24: レガシーTVドラマガブリエルの部下
CTU兵士
HAWAII FIVE-0TVドラマテロリストシーズン7 第8話
Ironsightゲームシーズン10アップデートでMCX SPEARが「M5i」の名称で追加
Pointblankゲーム
エスケープ フロム タルコフ項目参照
グレイマン項目参照
ケイト項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアIII項目参照
ソードアート・オンライン
オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
項目参照
ドールズフロントライン項目参照
バイオハザード ヴィレッジ項目参照
バトルフィールド 2042項目参照
ブルーアーカイブ項目参照
マイル22項目参照
勇気爆発バーンブレイバーンアニメアメリカ軍特殊部隊員M7
第1話
ATF兵士M7
第2話〜
イサミ・アオ
トーマス・J・プラムマン
ニーナ・コワルスキー
M7
第5話

このページの画像はSIG SAUER社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 編集させていただきました。 -- 2019-07-22 (月) 19:40:24
  • Rattlerは海外レビューを見る限り300ヤード先を狙う事も出来なくはないが、有効射程は100ヤード程度らしい。流石に銃身5.5インチでは限界もあるか。 --  ? 2020-07-31 (金) 22:31:43
  • ついでに書くとMP7も100ヤード以降は精度が信用されないと言う話もあるから、米特殊部隊のMP7の射程不足を解消すると言う点では確かにRattlerにメリットがあるかな。 -- 2020-07-31 (金) 23:15:58
  • 怪獣8号で使われてる銃がMCXです。シェアファイアのソーコム556とテレスコフォールディングストックまでは統一。光学機器に隊員差はありますがT-1、T-2にG33やジュリエット3などドットサイト+マグニファイアで統一されてるっぽいです。 -- 2020-08-14 (金) 09:34:47
  • 追記.怪獣8号の弾倉(と弾丸)はファンタジー仕様っぽいです。 -- 2020-08-14 (金) 10:01:59
  • XM8の前例があるから頭のX取れるまではなぁ…………… -- 2022-05-30 (月) 13:46:34
  • Xが取れてM7小銃として本格調達が始まりましたね。現場でどんな悲鳴が上がるかお手並み拝見ですな -- 2023-03-25 (土) 16:00:21
  • M7の画像を追加したいのですがどうやれば良いのでしょうか? -- 2023-05-14 (日) 21:32:19
  • どうやらハンドガードとバレル基部がグラつく問題がある模様… -- 2024-03-29 (金) 15:23:50
  • タルコフのパーツ見た程度の知識なんだけどMCX SPEAR277の機関部ってAKみたいにガスピストン?の中にスプリングが通ってけどコレって体系的に何銃タイプって言うんだろう? -- 2024-04-19 (金) 00:06:50
お名前:


*1 2024年2月時点で未発売のモデル。
*2 ただし別途アダプターは必要。
*3 Virtus ; ラテン語「勇猛」の意
*4 ストックのページを参照のこと。
*5 https://soldiersystems.net/2022/11/07/ussocom-looks-to-add-capability-to-fire-7-62x39-ammo-from-sig-mcx-rattlers/
*6 真鍮製の本体に鉄製の底部補強を加えたハイブリッド薬莢。最大圧力は80,000psiにも達する。当弾薬の登場までSAMMIの最大規定圧力が65,000psiだったことから、その高圧さが伺える。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-20 (土) 08:27:31 (64d)