H&K HK433

nolink,HK433 Gen.4
全長(銃床展開/折畳時)銃身長重量発射形式口径装弾数連射速度製造国
931/634mm14.5in(基本モデル)3.4kgS/F5.56mm×4530700発/分ドイツ

 H&K社が2017年に開発した突撃銃
 世界的な大成功を収めた同社のHK416をもとに新たに設計されたモジュラー・ライフルである。ドイツ連邦軍の次期制式小銃トライアルに当たり、M16/AR15系ではなく現行制式小銃であるG36寄りの操作系で設計された。

 操作系はG36同様のアンビデザインで、セレクターレバーはM16/AR15系のような90度ごとの切り替え角度ではなく、H&K系の操作角の小さなものとなった。マガジンはこれまでの独自規格でなくSTANAGマガジンを標準とし、マグリリースもH&K系のパドル式ながら、M16/AR15系のボタン式リリースにも組み換え可能。トリガー前部にはボルトキャッチが設けられ、ガスブロックには3ポジションのガス調節ダイヤルを備える。 

around,nolink

 チャージングハンドルは左右どちらかに組み換え可能。G3系に似た配置だが、G3系のように後退位置に手動で留めるための切り欠きはなくHKスラップはできない。G36と異なりボルトキャリアと一体でなく、発砲時にハンドルは前後しない設計となった。
 レシーバーとフォアエンドにはピカティニーレールを備え、ハンドガードは自社規格のHKeyやマグプルM-LOKなど複数のマウントシステムのものが用意されるという。 
 ストックはG36同様右サイドに折り畳むタイプで、加えてSCARなどと同様、6段階の長さ調整、3段階のチークレスト高さ調整を備えたものとなっている。グリップはHK416と同様の外観で、M16/AR15互換の各社グリップへの交換が可能である。ハンドガードと一体化したモジュールを取り外すことでバレル長や口径の変更にも対応するという。
 一方.300 BLK弾モデルはHK437、7.62mm×51弾モデルはHK231、7.62mm×39弾モデルはHK123と、口径別のモデルの名称が発表されている。
 
 作動は416やG36同様のショートストローク・ガスピストンだが、当時の技術では信頼性重視の頑健なピストンのためM16/AR15比で比較的反動が強かったそれらよりも、反動は大きく軽減されているという*1
 外装には暗視装置に対する低視認性を確保するため、赤外線放射防止コーティングが施され、自己潤滑特殊鋼を採用したバレルと機関部はメンテナンス頻度を大きく低減するという。
 また、軍の未来兵士計画にも対応可能なよう技術的にも野心的な機構が盛り込まれており、技術的な詳細は未発表だが非電源式のショットカウンターをレシーバーに内蔵し、RFIDリーダーによって射撃回数などのデータがいつでも読み出し可能であるという。

 ドイツ連邦軍のトライアルでは2020年9月にハーネルMK556の採用が発表された。しかし翌10月にはMK556の特許侵害や入札書類の不正の疑いが浮上し、納入をキャンセルされる事態になっている。騒動から数か月後の2021年3月、改めて採用が決まったのはHK433ではなく、同社のHK416をアップグレードしたHK416A8であった。

各種バリエーション

モデル解説
HK1237.62mm×39弾モデル(予定)
HK2317.62mm×51弾モデル(予定)
HK437.300 BLK弾モデル(予定)
 
登場作品ジャンル使用者備考
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア項目参照
ドールズフロントライン項目参照

このページの文章および画像はHeckler&Koch社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Wikipediaからの引用だけど、一応こういう命名規則があるらしい。全てに当てはまるわけではないけど。 「一桁めが銃器の種別を表しており、「1」は軽機関銃、「2」は汎用機関銃、「3」は突撃銃、「4」は半自動小銃、「5」は短機関銃を意味していた。続く二桁めが使用する弾薬を表しており、「1」が7.62x51mm NATO弾、「2」が7.62x39mm弾、「3」が5.56x45mm M193弾、「4」が9x19mmパラベラム弾を意味していた。」 -- -? 2020-09-06 (日) 21:56:27
  • ただ↑のはMP5を開発してた時代の話だし、今は使われてないって話もあるから、これに関しては採用されるまでの仮名だと思うよ。 -- 2020-09-06 (日) 22:11:57
  • なるほど、ありがとうございます。しかし確かに分類的は突撃銃になりそうですし、この規則通りってわけでもなさそうですね。 -- 2020-09-11 (金) 14:21:31
  • G3をそのまま小型化したHK33がドイツ軍に採用されなかった事とは関係ないハズだが·····偶然にも名前に「33」が付く銃が二度も不採用に‪w‪w‪w -- 2020-09-30 (水) 05:36:35
  • G11も成功しなかったし、同じ数字が2回続くと調子悪くなるジンクスでもあるのだろうか(笑) -- 2020-09-30 (水) 17:05:57
  • ドイツ軍次期制式ライフル選定でHK433に勝利したハーネルMK556が、特許侵害の疑いと入札プロセス不正の疑いでドイツ軍との契約キャンセルで振り出しに。 これから一体どうなるんだろう。 ttps://www.overtdefense.com/2020/10/09/breaking-bundeswehr-withdraw-order-for-haenel-mk556/ -- 2020-10-10 (土) 16:49:33
  • G36からAR15バリエーションまでいじったのにまた書きなおしか… -- 2020-10-10 (土) 19:05:24
  • 結局ドイツ軍は416になるっぽい? 433応援してたのにな…… -- 2021-03-05 (金) 20:27:39
  • 相互運用性の観点からはHK416で良いのかもしれないが、どこもかしこもM4系ではつまらないな。 -- 2021-03-08 (月) 14:25:51
  • ドイツ連邦軍特殊部隊がHK437を調達している模様。416プラットフォームにしなかったのは意外だけど折り畳みストックによる携行性を重視したのと、同様に折り畳みストックが使えるSIG MCXがドイツ連邦軍の選考要件を満たせず撤退したのも関係あるのかな?ttps://www.hartpunkt.de/spezialkraefte-der-bundeswehr-beschaffen-hk437-als-sonderwaffe-schallgedaempft-spezialkraefte-g39/ -- 2024-02-27 (火) 22:26:28
お名前:


*1 H&K社広報のコメントに依る。 https://www.youtube.com/watch?v=ZF6REf8NOSQ&t=3m30s

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-03-09 (土) 13:14:49 (137d)