イジェマッシ AK-12 / Ижмаш АК-12 【突撃銃】

AK-12
モデル全長重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
AK-12(2013年以前の試作型)945mm3.3kg5.45mm×39
5.56mm×45
7.62mm×39
7.62mm×51
30700発/分S/3/Fロシア
AK-12(2014年以降の試作型)30700発/分S/2/F
AK-12(量産型)880/940mm5.45mm×3930/95700発/分S/2/F
AK-15(量産型)7.62mm×3930700発/分S/2/F
AK-308(量産型)7.62mm×5120/30700発/分S/2/F
RPK-16(量産型軽機関銃モデル)900/1080mm4.5kg5.45mm×3930/95700発/分S/F
TR-3880/940mm3.3kg5.45mm×39
7.62mm×39
10S

 2010年にロシア国防省によって公開されたAKシリーズの最新モデル。ウラジーミル・プーチン首相(当時)が査察のため製造元であるイジェマッシ社へ公式訪問した際、AK-200の名でデモンストレーション段階であった本銃が披露された。2011年からテストが行われているという。2014年12月にはロシア軍への制式採用が決定され、順次配備を進めるとされている。
 同社ではAK-47を第1世代、AK-74とAK-74Mをそれぞれ第2、第3世代、AK-100系を第4世代のカラシニコフ・ライフルとしており、最新のAK-12は第5世代に当たるという。

 外見はAK-74Mを元にして明らかな改良点が見られ、セレクターがグリップハンドの親指で操作可能なアンビのものとなり、押しボタン式のマガジンキャッチが追加されている。重要な変更点として、単なる「カバー」であったため土台自体の固定精度が緩く各種光学照準器の設置に適していなかったトップカバーがヒンジ付きのものとなっており、固定精度を大幅に高めている。
 ハンドガードやレシーバートップにピカティニーレールを備え、ダットサイトレーザーサイトフラッシュライトなどを取り付けられるようになっている。またこれまでのGP25/GP30擲弾発射器を銃身下に取り付けることも可能。ストックは、伸縮折り畳み可能な新型になっている。ヒンジ部が新設計となっているようだが、AK-74Mと同様の外観のストックへ交換することができるようだ。
 弾倉はAKシリーズと共用可能で、50発*1複々列弾倉や96発のドラムマガジンにも対応する。バレルやフラッシュハイダーにも改良が加えられ、射撃精度もより向上したとメーカーは主張している。

 軍用バリエーションとして、カービン型のAK-12U、拳銃弾を使用する短機関銃型のPPK-12、狙撃銃型のSVK-12、軽機関銃型のRPK-12が計画され、民間型として.223レミントン弾モデルや12ゲージ散弾銃型モデルが予定されていた。

Ak12 2016
 

 2016年には各種操作系統は従来のAK-74に近い最新モデルが発表された。変更点としてストックはAR-15互換のものを装備可能(かつ折り畳み可)、銃身のフリーフロート化、トップカバーの固定方式をヒンジから前後の楔ピン式に変更し従来同様カバーを取り外し可能となっている。
 また、ガスブロックは他の近代的なガスピストンシステム同様先端プラグ式となっており、これを取り外すだけで内部の清掃が可能となった。このシステムは現代ではサプレッサーのためのガス圧調節ダイヤルを兼ねることが多く、AK-12系統も将来的にこのパーツを交換するだけでガス圧調節が可能になるものと見込まれている。
 マガジンには5発ごとの残弾確認窓を有するポリマーマガジンが登場。近代的なマガジンにしばしば見られる、底面を地面と水平にカットしてマガジン自体が簡易なモノポッドとして機能するようになっているほか、ユニークな機構として、30発フル装填時にはマガジン底面プレートからピンが突出し、全装填済みであることを認識可能となっている。無論、このマガジン自体を含めマガジン互換性は旧来のAKライフルと同等である。
 以上のように、最終モデルでは従来の操作系統を組み込みつつも大幅な現代化が為された。

 バリエーションについては「AK-12」が5.45mmx39モデル、「AK-15」が7.62mmx39モデルとなった。それぞれについてカービンモデルとして「AK-12K」「AK-15K」が、軽機関銃モデルとしては5.45x39mm弾を使用する「RPK-16」がある他、民間向けにはセミオートのみの「TR-3」がロシア国内の銃規制に対応した10発マガジンと共に販売されている。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照
暗殺教室項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
自衛隊上がりのかーちゃんが怖い漫画第6話、内藤のイメージ内で登場
バトルフィールド 4項目参照
レインボーシックス シージ項目参照
 

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • リアサイトは二段階で 覗き込むタイプとオープンタイプがあるようです -- 2016-01-22 (金) 12:34:22
  • SHOTSHOW2016でカラシニコフUSAからまるでACRのような未来的な外観のAKが登場して滅茶苦茶話題になってるけどAK-12の方はどうなったんだか・・・ -- 2016-01-22 (金) 13:56:03
  • マグキャッチがスプリングでマガジンを外すタイプになってますね。モデルによってフロントサイトが従来通りの位置だったりガスブロックに付いてたり、バーストが2点だったり3点だったりとややこしいです -- 2016-04-18 (月) 19:35:33
  • 装いを新たにしたAK-12が公開されて、Modern firearmsも早速更新されています
    ttp://www.thefirearmblog.com/blog/2016/09/06/breaking-kalashnikov-concern-discontinues-ak-12-replaces-new-ak-12/
    ttp://world.guns.ru/assault/rus/kalashnikov-ak-12-e.html
    サムセレクターは……? -- 2016-09-14 (水) 19:56:28
  • 最近、露のNPO AEGってメーカー製AK-12電動ガンの画像が公開されたんだけど、現状で最新の状態を再現したであろうソレは疑問点がちらほら。
    アンビ化されたセレクターの各ポジションへの回転角が15°程度しかない事とそれに起因して、安全〜単発までがほぼ横に動かすだけで切り替わっていく構造だから衣服や装備に当って勝手にポジションが変わらないのだろうか?
    また、ピクトグラムの配色は安全が赤で射撃は白という一般的な配色とは真逆な点で、更に言うと恐らくはフルオートとバーストの図柄がぱっと見で同じなのも気になる。 -- 2017-02-18 (土) 14:56:39
  • まぁあのセレクタが最新型かどうかは疑問があるがね。NPOが去年5月に公開したのと同じ、実銃だと2015年時点のレイアウトだろあれ。実銃の方は2016年からは試射や展示に出てるのは、旧来と同じダストカバー型セレクタのものばかりだよ。 -- 2017-02-18 (土) 15:25:10
  • この見た目は没になって2016年モデルからガラッと見た目が変わったってことかな? -- 2017-05-19 (金) 23:49:40
  • 今のところは。まぁ最終的にどうなるかは分からんが、ロシアも訓練の手間は省きたいだろうからなぁ。 -- 2017-05-20 (土) 00:02:21
  • 2016年改定?モデルの記載をしました。気に入らないところは編集をお願いします! -- 2018-09-02 (日) 04:06:31
  • 表に量産型とRPK-16を入れました。 -- 2019-07-16 (火) 10:23:02
お名前:


*1 AK74用に60連のものが存在することは有名であるが、これは実地試験で給弾不良が多く、現場では10発ほど少なく装填することで安定した使用が可能とである発見されたため、AK12用のものは、最初から10発少なく入るよう再設計された。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-05 (木) 12:42:52 (13d)