FN FNC 【突撃銃】

FN FNC
モデル全長(銃床折畳時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
フルサイズ997mm(766mm)3.84kg5.56mm×4520/30625〜675発/分S/F/3ベルギー
カービン911mm(667mm)3.7kg

 1970年代にFN社で開発された5.56mm×45弾仕様の突撃銃。FNCとは「Fabrique Nationale Carabine」(ファブリク・ナショナル・カービン)の略称。

 FN社は以前にも、自社のFALをベースに開発した5.56mm×45突撃銃CAL(Carabine Automatique Légère)を製造していたが、1960年代当時の軍用ライフル市場においては、ドイツのG3と比べても高価で、商業的には失敗に終わっていた。
 ベトナム戦争が1975年に終結すると、米軍の5.56mm×45弾とこれを使用する「突撃銃」の有効性が証明され、次期NATO制式火器のトライアルが開始された。FN社では既に米軍と共同で高性能5.56mm×45弾である「SS109」弾の設計を行っていたため、自社でもこれを採用しつつも、CALよりリーズナブルなライフルとしてFNCの開発を行った。

 作動方式はFALやCALと異なり、ロングストローク・ガスピストンによるロータリーロックを採用している。マガジンはAR15のものも使用可能だが、FNCにはホールドオープン機能が無いため、マガジンフォロワーは異なるものとなっている。マガジンの最終弾を撃ち尽くした後の再装填時には、再度コッキングハンドルを引く必要がある。
 銃身上部のガスチューブ前方には2ポジションのガスバルブを備え、ライフルグレネード使用時にはガス作動をカットすることが出来る。また、フラッシュハイダー部はライフルグレネードのソケットを兼ね、旧来の歩兵銃のような擲弾用ソケットの着脱を不要としている。
 ストックは折り畳み式のスケルトンストックを標準とし、ソリッドな固定ストックのオプションは無い。グリップはツールコンテナになっており、サイト調整や通常分解用の工具とオイラーを内蔵する。
 コッキングハンドルの通る排莢孔後部のスロットには、FNC独特のダストカバーが施されており、通常はスプリングによって閉鎖され、ハンドルを操作した時にだけ押し上げられる仕組みとなっている。これと同様のダストカバーは、同社製のミニミ軽機関銃シリーズにも採用されている。
 セレクターにはセミオート/フルオート以外に、CAL同様米軍の先進銃火器コンセプトで採用された3点バースト機能が備えられている。

 バリエーションにはフルサイズのライフルと、パラ(空挺)モデルとも呼ばれるカービンの2種があり、フルサイズモデルのみライフルグレネードが使用出来る。後期型ではトリガーガードが大型化された(上掲写真)。

FNCと兵士

 NATOによるトライアルでは、FNの「SS109」が制式弾薬として選定されたものの、1976年に急ピッチで製作されたFNCのプロトは性能不足で、FNはコンペから辞退した。しかし1981年から行われたスウェーデンの制式ライフルトライアルでは、プロトからの改良の進んだモデルが高く評価され、同国の主力ライフルに選定された。
 登場した時期が1979年と遅く、既にM16などの完成された5.56mm×45弾を使用するライフルが出回っており、欧州では独自に国産化を目指す国も少なくなかったことから、FNCはFALほどの大きな成功には至らなかった。しかし、CALよりも安価で、主力ライフルとして制定したスウェーデン、インドネシアと大きく環境の異なる二国での評価を得たこともあり、十数か国へ輸出されて商業的には成功作となった。
 日本の自衛隊の制式自動小銃を選定するトライアルにも参加していたとも言われるが、実際に参加していたかどうかは不明である。なお、偶然にもベルギー陸軍がFALに替わる制式歩兵銃としてFNCを採用したのも89式小銃と同じ1989年となっている。

 FN社のラインナップにFNCはすでに無いが、スウェーデンとインドネシアでは、FNCのライセンス生産モデル*1が、近代化改修を経て現在も主力ライフルとして採用されている。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照
アフリカン・ゲーム・カートリッジズ項目参照
うぽって!!項目参照
エグゼクティブ・デシジョン項目参照
エンジェル・ハート項目参照
グローバル・エフェクト映画マーカス・ポイント
マーカスの上官サプレッサー装着時もあり
スコープ装着時もあり
マーカスの部下
クロスファイア項目参照
コロンビアーナ項目参照
コンビニDMZ項目参照
ザ・グリーンアイズ漫画「S.C.A」攻撃隊員
さばげぶっ!項目参照
処刑人項目参照
砂ぼうず項目参照
西部警察項目参照
ソードフィッシュ項目参照
刑事貴族TVドラマ麻生なおみ第3シーズン『ファイナル・バトル』にて
サプレッサー,スコープ装着
本城刑事狙撃に使用
デザート・スコルピオン映画ジェームズ・ウェルフォード隊長ラストでテロリストから奪う
デビル17項目参照
ドールズフロントライン項目参照
特例措置団体ステラ女学院中等科C3部項目参照
トリプルX項目参照
ナイト&デイ項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バビロンA.D.項目参照
ヒート項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
フルメタルポイント映画特殊部隊プラットホームでの銃撃戦で使用
ボール・ブレット・ガン項目参照
まとめ×さいと!漫画女子生徒スコープ装着
ヤングガン・カルナバル項目参照
ヨルムンガンド項目参照
レインボーシックス3
レインボーシックス:ベガス2
項目参照
レコニング・デイ映画チャールズ・トール

このページの画像はFN HERSTALから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 海外輸出で成功してるわけでもなし、好調って程でもないと思うけど・・・一応先進国に認められるように小銃も国産化したいって事だと思う。 -- 2016-02-26 (金) 23:07:10
  • ベルギーの同時多発テロの報道写真で国軍の兵士と思われる人が装備してました。 -- 2016-03-22 (火) 20:52:23
  • 追伸:産経ニュースデジタル版より -- 2016-03-22 (火) 20:53:01
  • そらそうだろとしか -- 2016-03-23 (水) 04:49:40
  • なおベルギー警察はステアーAUGを採用してる模様。他にもベレッタM12やUZIやら使ってるけど肝心のFN製はどこなのって状態だよ。 -- 2016-03-23 (水) 06:44:52
  • パリテロ後の警戒中の画像の時もFNCはカッコよかった -- 2016-03-23 (水) 09:42:24
  • だってオリジナルは生産終了してるし -- 2016-03-23 (水) 13:32:01
  • それな。1999年にFNC生産終了で警察の部隊編成は2001年だからどう頑張ってもFNCを新規調達できず、後継のF2000とも微妙に生産時期がズレた微妙なタイミング。それと、UZIはFNでライセンス生産してる奴だったスマン。 -- 2016-03-23 (水) 14:21:59
  • TFBの『The 2017 ASEAN Armies Rifle Meet Concludes』という題名の記事にFNCを撃つベトナム兵を確認。
    インドネシア兵はピンダッドSS2(FNCのライセンス・改修型)を使用しているため、インドネシアから借りたものではない可能性あり。 -- 2017-11-30 (木) 12:52:27
  • ベトナムは前から普通に持っとるが。
    国の歴史的にAR15は使いづらいんで5.56mm弾の試験用に他の銃とともに少数保有してる。 -- 2017-11-30 (木) 13:15:43
お名前:


*1 スウェーデン製はAk5シリーズ、インドネシア製はピンダッドSS1及びSS2シリーズ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-15 (月) 13:28:33 (7d)