56式自動歩槍 【突撃銃】

上:56式自動歩槍、下:AKS47
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
56式自動歩槍874mm4.03kg7.62mm×3920/30600発/分S/F中国
56-1式自動歩槍
56-2式自動歩槍
654(874)mm3.7kg
3.96kg
56-3式自動歩槍876mm3.4kg
QBZ-56C557(764)mm2.85kg

 中国北方工業公司(ノリンコ)製のAK47クローンモデル。本銃が開発されていた時期に中国とソ連との関係が悪化し、そのためソ連から十分な技術指導が得られず、多くの部分の開発が中国独自にすすめられた。
 折り畳み式のスパイク型銃剣を標準装備している(輸出型は無し)のと、フロントサイト上部がリング状のガードで覆われている点がオリジナルと異なる。銃剣をスパイク型としたのは分厚い防寒具でも貫通しやすくするためで、リングガードはフロントサイトを茂みなどで引っかけないためである。マズルパーツを付けるためのネジ切りも廃止されている点も異なっている。
 オリジナルよりも使いやすいとの評価もある一方、製造工場によって設計に差異があり、部品に互換性が無いなど統一性に欠ける。時代が進むにつれ、レシーバーがプレス加工になり、フォアエンドストックプラスチックになるなど改良が進むが、内部構造は「56式」のまま変わらなかった。サイドスイング式フォールディングストックモデルや短銃身モデルなど独自のバリエーションも数多く、AK系クローンの中では一大勢力を誇る。
 中国製の56式自動歩槍にはレシーバー左側面の先端部に、56式か、五六式の刻印が打たれている。冷戦の最中に製造されたものの中には、生産国を秘匿するためにM22の刻印が打たれている製品もある。
 ソ連におけるAK同様中国が支援した国家に対して多数の56式が供与された。変わったところでは、フィンランドが予備役用に相当数を輸入・配備している。90年代半ばまでアメリカにスポーター用が輸出されが、アサルトウェポン規制法により輸出が出来なくなった。同法の失効後も米中の政治的な問題によって未だに56式の輸出は認められていない。

 近年はロシア側のライセンス管理が厳しくなったことで違法コピーが問題視されたが、中国側は独自の設計だとして押し通している。実際上記のように相違点は多いが、意図的に設計を改変している可能性もある(尤も、同様の例はブルガリアなどでも見られる)。
 なお、混同しやすいが56式”半”自動歩槍や56式班用機槍(軽機関銃)なるモデルが存在する。これらはそれぞれSKSRPDのコピー品であり、AK47のクローンである56式自動歩槍とは名前が似ているだけで、根本的に別物であることに注意されたし。

 品質に関しては高低両方の意見が述べられている。理由としては、中国軍やアメリカ向けに生産されていた時代はきちんとした品質管理がされていたが、中国軍の新式銃の採用やアメリカへの輸出禁止などでこれらの需要が無くなると、安価なAKを求める顧客向けにした製品へシフトして品質が落ちたと考えられる。*1

(主なバリエーションモデルは、『USSR AK バリエーション』の項参照)

登場作品ジャンル使用者備考
007 オクトパシー項目参照
24 -TWENTY FOUR-項目参照
Cat Shit One項目参照
HUNTER×HUNTER項目参照
S.A.S. 英国特殊部隊項目参照
SHERLOCK項目参照
アゲイン 明日への誓い項目参照
インサイド・マン項目参照
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国項目参照
ウルフ・オブ・ウォー項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
エリート・スクワッド項目参照
エンド・オブ・キングダム項目参照
学園大戦ヴァルキリーズ 暴力の王国項目参照
狩りのとき項目参照
キラー・エリート(2011年)項目参照
グランド・セフト・オートV項目参照
グランド・セフト・オート・サンアンドレアス項目参照
グリーン・ゾーン項目参照
クレヨンしんちゃん項目参照
コンビニDMZ項目参照
地獄の黙示録項目参照
シルミド映画684部隊隊員56-1式
人狼 (2018年)項目参照
スーサイド・スクワッド項目参照
ステルス項目参照
ストリートファイター項目参照
砂ぼうず項目参照
戦場からの脱出項目参照
ソルト項目参照
ゾンビランド項目参照
ティアーズ・オブ・ザ・サン項目参照
ディア・ハンター項目参照
デビル映画フランキー・マグワイヤーフォールディングストック装着
トゥルー・クライム項目参照
トゥルーライズ項目参照
ドールズフロントライン項目参照
ネイビー・シールズ項目参照
ネイビーシールズ(2012年)項目参照
バッドボーイズ2バッド項目参照
バットマンシリーズ項目参照
バトルフィールド ベトナム項目参照
ヒート項目参照
ファイアパンチ漫画ベヘムドルグ兵士第5話〜
フォーリング スカイズ項目参照
ブラックホーク・ダウン項目参照
ブラッド・ダイヤモンド項目参照
プラトーン項目参照
ヘルシング(原作版)項目参照
ベルリンファイル映画アヴドゥルの手下56-2式
終盤で使用
北朝鮮工作員56-2式
AK74の銃身と、
MPi-KMのストックを組み合わせたプロップガン
終盤で使用
マーセナリーズ項目参照
迷彩君項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
山猫は眠らない項目参照
ラッシュアワー2項目参照
猟犬小説植村 周吾朗
田沼純一
ランボー項目参照
リーサル・ウェポン4項目参照
ルパン三世項目参照
レッド・ドーン項目参照
ロード・オブ・ウォー項目参照
ロボコップ2項目参照
ロミオ・マスト・ダイ項目参照
ワールド・オブ・ライズ項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 武器輸出量3位で、西側東側問わず技術を取り入れてるからねぇ。 -- 2016-07-02 (土) 19:04:44
  • ↑3マジか!?思ってた以上に品質は良い方なんだな… -- 2016-07-04 (月) 18:32:53
  • 早い話、細かいところが荒くて雑なだけで、実用性自体は高いとよく聞きますもんね。バレルの質もそんなに悪くないそうで。 -- 2016-07-04 (月) 22:26:39
  • ちょっと前だろイスラム国が大量に保有してるのが映像や写真などで確認できるね -- 2017-04-14 (金) 21:07:23
  • ttps://jp.rbth.com/science/81844-chuugoku-ta-roshia-dochira-no-ak-ga-sugureteiru 56式の歴史、オリジナルとの差異、高品質と低品質な56式の存在について書いてありました。まとめて追記したいのですがよろしいですか。 -- 2019-04-07 (日) 08:29:50
  • 情報量は多いですが、正直信頼に足るかどうかという点ではかなり微妙なので特に明確な情報としての追記の必要性を感じません(特に聞いたことない記者ですが記事中でSASの画像を引用したり、「AKMSUの謎を解けた」だのあまりにも素人ぽいので・・・) オリジナルと56式の差異自体は非常に有名な話なので別にそこは問題ないと思います。 -- 2019-04-07 (日) 08:40:12
  • ただ品質の遷移に関する評価が分かれている理由については有り得そうな話ではありますね。明確な事実というよりは、評価が分かれている原因として考えられる理由として追記するのがいいかと。 -- 2019-04-07 (日) 08:43:22
  • マズルスレッドの件と品質の件を追加してみました。ライセンス問題の直後にフィンランド軍の予備役用の話が来てて文章が奇妙だったので追記とともに移動させました。 -- 2019-04-07 (日) 09:32:06
  • ロシア・ビヨンドの記述に関しては信憑性が無いというか、一部は事実にせよそれをロシア有利な記事に膨らませているメディアだし。対アメリカ輸出が出来なくなった後もカナダなどへの輸出は続けられているし、それらでマイナスなレビューはそう見かけないし。 -- 2019-04-07 (日) 21:57:07
  • 63式とかの他の中国製兵器と同じで文革期に作られたものは質が悪かったとかそういうのなのかな……? -- 2019-04-11 (木) 04:23:42
お名前:


*1 https://jp.rbth.com/science/81844-chuugoku-ta-roshia-dochira-no-ak-ga-sugureteiru

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-28 (火) 04:32:17 (51d)