ヘルメット / Ballistic Helmet

 頭を保護するために着用する防具の一種。現代では工業用、防災用、交通用と幅広く存在するが、本ページでは戦闘用を中心に記述する。
 原型である兜自体は古代のシュメール文明から既に存在していたが、現在の物である歩兵用の軍用ヘルメットは、第一次世界大戦で砲弾や手榴弾、石の破片から頭を保護するために開発された。

 当初はこの用途で世界初のヘルメットであるフランス軍のM1915ヘルメットなどプレス加工で製造された鋼鉄製だったが、1970年代に歩兵の負担を軽減するためにケブラー繊維を何層も重ね樹脂加工し軽量化した物が登場し、80年代初頭にはアメリカ陸軍で研究開発されさらに改良されたドイツ軍のフリッツヘルメット型のPASGT(Personal Armor System Ground Troops)ヘルメットが採用された。この形状には後頭部を破片などから保護できるメリットがある。21世紀になって採用されたアメリカ陸軍のACH(Adovanced Conbat Helmet)では抗弾性が向上した他、鍔・耳部の装甲が減らされている。これはヘルメットとボディアーマーとが干渉したり、ヘッドセットの使用機会が増えたことによる*1。一方でアメリカ海兵隊は形状変更せず、素材改良で抗弾性を保ったまま軽量化したLWH(Light Weight Helmet)を採用していた。
 防弾性能に関してはPASGTの時点ではNIJ規格のタイプIIで拳銃弾に耐えられる程度であったが、抗弾性の向上したACHは.44マグナム相当のタイプIIIAに耐えられるようになった。さらに後継のECH(Enhanced Conbat Helmet)ではタイプIIIとなり、ライフル弾の阻止も可能となった。

 視認性減少の為に偽装網や迷彩ヘルメットカバーが用いられることがある。さらに擬装効果を出す際には、偽装網やヘルメットバンド、スリット付きのカバーに枝葉を差し込む手法が取られる。
 現代の軍用品では、ナイトビジョンのマウントが標準装備されることが多い。加えてアタッチメントポイントやマウントレールを持ち、LEDライト等のアクセサリーの追加ができるものも登場し、ミッション記録用にデジタルカメラを搭載したものや空挺作戦向けにゴーグルや酸素マスクを追加することもできる。
 警察系の特殊部隊のヘルメットには顔面を守るフェイスシールド(単にバイザーとも)が装備されることがある。このシールドはストック付きの銃器を使う際には干渉するため、ハイマウントの光学照準器を用いるか、フェイスシールドの下を通せるヘルメットストック*2が装備される。
 
 なお、最近はゲームの「プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ」や「レインボーシックス:シージ」でも有名なロシアの旧式フルフェイスヘルメット(それぞれAltyn、Maska-1)は外見が武骨であるためか高い防御力を持つ設定となっている。しかし素材が旧式のため現実での防弾性能は意外にも低く、GOST*3クラス2、NIJ規格ではIIIA相当でありライフル弾を防ぐ性能はない。

 第二次世界大戦やベトナム戦争を題材にしたメディア作品においては、よくヘルメットの顎紐を外しているのが見かけられる。単にビジュアル上の演出以上の意味合いはないが、当時ヘルメットが爆風で飛ばされたとき顎紐が首の骨を折ったり切断するといった迷信や規律に対する言い訳も存在したようである。

 主なモデル例

モデル名配備開始
日本66式鉄帽1966年
88式鉄帽1988年
アメリカPASGT1975年
ACH2003年
LWH2003年
FAST不明
ECH2013年
イギリスG.S.Mk.61980年代前半
ドイツB-826ケブラー・ヘルメット不明
ロシアMaska-1Sh不明
6B72002年?
イスラエルRBH103不明
カナダCG634ヘルメット不明
フランスF2ヘルメット1980年代

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 手持ちの資料を基に作成しましたが、他に何か情報を知っている方がいたら情報提供して貰えると嬉しいです。 -- 2019-03-12 (火) 12:38:44
  • ライフル弾に耐えられるのはECHから。あとマウント関連も追加してみました。 -- 2019-03-12 (火) 17:13:38
  • 追記ありがとうございます。 -- 2019-03-12 (火) 19:03:41
  • 遅くなりましたが要望に応えて頂き、ありがとうございました。感謝申し上げます。現代において、ヘルメットとボディアーマーはセットのものなので、ずっと項目があった方がいいと思っていました。byボディアーマーコメント欄の2015-12-04 (金) 16:52:41 -- 2019-04-07 (日) 19:44:27
  • フィクションでは、ヘルメットのあご紐を止めてないように見えるのですが、通常止めないものなのでしょうか? -- 2019-04-07 (日) 20:41:15
  • なおヘルメットの顎紐を止めないものに関しては(特に米軍のものは)当時の大量生産品は固定力が弱い割に外すのに手間取る金具式のものであったため、単に不評であったようです(PASGTヘルメットでも固定方式の脆弱さがレポートされたため、後継モデルでは改良されました) -- 2019-04-08 (月) 21:38:00
  • M1917含む、ブロディヘルメットはどの程度まで抗弾性があるのでしょうか? -- 2019-04-15 (月) 03:06:58
  • 言うまでもなく現代のものより防弾性能では劣りますので、至近距離の9mm弾ですら貫通を防ぐことはできません。しかしながら短機関銃主力の時代ですから遠距離の拳銃弾などは十分に防げますし、何より一般的な想像より破片による頭部負傷は非常に多いため、それでも十分効果的だったのです(イギリス軍がブロディ―ヘルメットを採用すると、戦場によっては頭部を負傷する兵士が4倍に増えたというのは有名な逸話です。それだけの数がヘルメットの改良前は死亡していたのです) -- 2019-04-15 (月) 20:52:45
  • PASGTに比べてスチールのM1の方が軽いので、素材がケブラーに変更された理由は軽量化ではなく、防護力向上を狙ったものではないでしょうか? -- 2020-10-27 (火) 15:01:00
お名前:


*1 弊害もあり、防御範囲が狭まったせいで後頭部や頸椎の負傷が増加した。これに対し露出した後頭部から首にかけてネックパッドを追加している。
*2 B&T社のMP5用のものが日本含め世界的に使用されている
*3 ロシアの防弾規格

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-25 (日) 11:19:13 (35d)