ステアー(シュタイアー)・マンリッヒャー / Steyr Mannlicher GmbH & KG

 グロック社と並ぶオーストリアの代表的銃器メーカー。その名の通り拠点はオーストリアの都市シュタイアーにある。

 元々はオフロード車などを製造していた複合企業シュタイア・ダイムラー・プフ社(Steyr-Daimler-Puch AG)の一部門であったが、1990年に分割され独立した。社名のマンリッヒャーは同社を支えた名設計者フェルディナンド・リッター・フォン・マンリッヒャー(Ferdinand Ritter von Mannlicher)から来ている。
 シュタイア・ダイムラー・プフ社は、1864年4月16日に24歳のヨーゼフ・ヴェアンドル(Josef Werndl)が設立したヨーゼフ&フランツ・ヴェアンドルと共同出資者の兵器工場&伐採機製作所(Josef und Franz Werndl & Comp., Waffenfabrik und Sägemühle)という会社を起源とし、後にオーストリア兵器工場共同体(Österreichische Waffenfabriksgesellschaft)、シュタイアー・ヴェルケ社(Steyr Werke AG)、そしてシュタイア・ダイムラー・プフ社と改名する。

 1977年、ブルパップ突撃銃AUGを完成させ、同年よりオーストリア軍に「Stg77」の制式名称で採用された。さらにAUGの性能の高さを評価したオーストラリア軍やニュージーランド軍にも採用され、AUGは同社の主力商品となった。ちなみにアメリカでは、ステアー・アームズの現地法人がAUG市販モデルの製造・販売を行っているが、ナイフメーカーとして知られるマイクロテック社もMSAR(マイクロテック・スモールアームズ・リサーチ)のブランドを掲げ、AUGのクローンモデルである「STG-E4 セミオートライフル」の製造・販売を行っている。

 現在のステアー・マンリッヒャーは、狩猟用ライフルを含む、スポーツ用品のメーカーとなっており、暖簾分けしたステアー・アームズが自動拳銃から各種軍用ライフルまで幅広く製造する総合銃器メーカーとして存続している。
 
 なお「Steyr」の発音は、英語圏で「スタイアー」、ドイツ語圏で「シュタイアー」などが実際の発音に近似するが、日本の銃器・遊戯銃ファンの間では、経緯は不明だが「ステアー」が定着している。また、自動車業界では自動車メーカーとしての「シュタイア・ダイムラー・プフ」で主に知られており、エアライフル・エアピストルの業界では、「ステイヤー」として定着している。

自動拳銃

GB
M
M-A1
M1907
M1908
M1909

M1911
P38(ナチス占領下生産)
VIS-wz1935(ナチス占領下生産)

短機関銃

MPi69
TMP
SPP
MP40(ナチス占領下生産)

小銃

マンリッヒャー・ショウナワー
スカウト
SSG
SBS
SL223

突撃銃

Stg58(ライセンス生産)
AUG
ACR

対物火器

IWS2000
HS.50

外部リンク

STEYR MANNLICHER 公式サイト
STEYR ARMS 公式サイト


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • オーストリアの都市名、ダイムラープフとヴェルケの社名は、シュタイアーが一般的(検索サイト、一般的認知度などを考慮)なので表記を改めました。 -- 2011-04-27 (水) 20:57:33
  • 久々に新刊の出たテスタメント・シュピーゲルでは謎のシュタイアー推しが。まぁそれ自体はともかく、サイボーグ技術が普及した未来でシュタイアーGBが『特殊部隊向け』って・・・せめて(シュタイアーの)M9にして欲しかったところ。ちょっと残念ですね。 -- 2015-05-15 (金) 15:14:05
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-16 (水) 06:22:23 (891d)