USSR GP25 / СССР ГП-25 【擲弾発射器】

gp25
モデル全長重量口径装弾数製造国
GP25323mm1.5kg40mm×1021ソビエト
GP30276mm1.3kg

 1960〜70年代に旧ソ連で研究開発された擲弾発射器。兵士から「Small Artillery(小型砲)」と呼ばれる本器は、西側のM203同様、東側の主力ライフルAK47シリーズの銃身下部に装着できるよう設計されたもの。

 元々はソ連軍参謀本部情報総局(GRU)の特殊作戦部隊(いわゆる「スペツナズ」)による要望で、屋内突入時の事前準備を省略するための、ドアや窓の破壊用火器(ドアブリーチング)として開発された。アフガニスタン侵攻当時、初めてその姿が見られたさいには「BG-15」と呼称される初期モデルが、AK74用アドオン式ランチャーとして配備されていた。後に本生産モデルとして「GP-25」が登場し、塹壕や掩蔽壕、稜線に隠れた目標の攻撃用として、一般部隊にも配備された。

 口径は西側と同じ40mmだが、薬莢式ではなく、発射用の推進薬を弾本体に備えた一種の迫撃弾である。砲口部から装填する前装式で、ダブルアクショントリガーで撃発する。弾体はあくまで擲弾であり、飛翔中に噴射・加速することはない。
 弾頭には、通常の破片榴弾(VOG15。後に改良型のVOG25)の他にも、着弾して一度跳ねた後に空中で破砕するVOG25P、煙幕を発生させるGRD40シリーズ(他にもGRD50、GRD100、GRD200があり、後ろの数字が射程メートル)などが用意されている。
 なおいずれも至近安全装置が組み込まれており、50m未満の距離では着発信管が作動しない。代わりに時限信管によって、約15秒後に炸裂する。

 GP25は1970〜80年代の歩兵用火器としてソ連軍に配備され、アフガン侵攻時からその姿が多く見られ、のちに改修型の「GP30」が登場してからも2001年からのアフガニスタン、イラクでの戦争に至るまで、相当数のGP25が使い続けられていると見られる。
 1989年に登場したGP30は、小型軽量化を施したことで大きく外観が変化したモデルである。フルサイズのAKシリーズ*1ニコノフ突撃銃に、無加工で装着できる。装填済みの擲弾を押し出すピンを改修した「GP30M」というモデルも作られている。
 またイジェマッシ社では、GP25の正統進化型とも言える「GP34」が作られている。GP25と非常に似通った外見だが、曲射用クアドラントサイトが左から右側面に移設された点と、装填済み擲弾の押し出しピンを操作するレバーが設けられている点で判別できる。

 ちなみにGP25は「Kostyor(かがり火)」、GP30には「Obuvka(靴)」の愛称がある。

登場作品ジャンル使用者備考
America's ArmyゲームテロリストGP30
MAG項目参照
OPERATION7項目参照
Seven Years Of War項目参照
S.T.A.L.K.E.R.項目参照
アームド・アサルト項目参照
イーグル・アイ項目参照
ヴァイラス映画スティーブAKS47に装着
発砲無し
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
キック・アス項目参照
キャット・シット・ワン エイティー項目参照
コール オブ デューティ4: モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア2項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
紅殻のパンドラアニメクラリオンAN94に装着
第1,2話
コマンドーR項目参照
ストームゲート映画ロシア軍兵士
チェチェン反乱軍兵士
AKS74に装着
トゥモロー・ワールド項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バリスティック項目参照
ひぐらしのなく頃に項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア項目参照
闇のイージス項目参照

このページの画像はTulsky Oruzheiny Zavodから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ロケット弾じゃない。迫撃砲弾だよ。 -- 2014-03-19 (水) 19:13:04
  • 「榴弾」 -- 2014-03-19 (水) 21:06:13
  • 装填した後に下に向けるとズレて不発になったり、落ちて来たりしないんですか?高所からの攻撃って出来るんでしょうか? -- 2014-06-20 (金) 13:36:35
  • グレネードに突起が付いてるから、それで引っ掛ければ大丈夫なんじゃないか? -- 2014-06-20 (金) 21:55:51
  • バレル側に弾の溝に突っ掛ける為の爪があるよ。 -- 2014-06-20 (金) 23:11:59
  • エクスペンダブルズ3でアズメニスタン?の兵士が使用するシーンあり。オフィシャルサイトによるとGB-15とのこと。 -- 2014-11-06 (木) 02:17:41
  • 本文の「発射用の炸薬」って発射装薬に修正した方が適切では? -- 2014-11-06 (木) 06:36:48
  • M203のようにフォアアームやストックなどを装着して、単体で使われたりとかしなかったのでしょうか? アッドオンタイプとしては小型でグリップは最初から付いてるわけですし、M203よりも装着するパーツが少ない分、単体で使用しやすいものに仕立てやすいと思うのですけども。 -- 2019-03-17 (日) 19:18:33
  • ロシアは火力重視だから単体なら主にGM94を使ってるので。一応RGM-40というのもあるがあんまり使われてないね。 -- 2019-03-17 (日) 20:47:48
  • よく見る「BG-15」という名称については、鹵獲された初期型の右側面に刻印されたGRAUコードの「6Г15」(6G15)を、「БГ15」(BG15)と読み違えたのがそのまま広まったように思えるんだけど、実際はどうなの? -- 2019-07-17 (水) 12:30:04
お名前:


*1 AK47AKMAK74AK100シリーズ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-02 (土) 06:20:55 (11d)