H&K G3(HK31) 【自動小銃(突撃銃)】

G3A3
モデル全長(伸縮時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
G3A31025mm4.34kg7.62mm×5120550〜600発/分S/F
(S/3/F)*1
西ドイツ
G3KA4895(711)mm4.09kg
G3SG/11025mm5.54kg7.62mm×515/20550〜600発/分S/Fドイツ
HK911025mm4.34kg7.62mm×5120S西ドイツ

 西ドイツが長らく配備していたH&K社製自動小銃M16についでその名が知られた西側第一世代の突撃銃であり、近年はその使用弾薬ゆえバトルライフルにも分類される。

 1950年代、敗戦後東西に分割統治されたことで誕生したドイツ連邦共和国、いわゆる西ドイツは、再軍備を急務としていた。戦後、軍と国内の軍需産業が解体され、分割統治によって共産圏と隣接することを余儀なくされた一方、すでにソ連ではAK47を実用化して、装備の近代化を図っていたのである。この矢面に立つ西ドイツ国境警備隊が最初に目を付けたのは、戦後スペインのCETMEに身を寄せていたモーゼルの技術者陣が設計したセトメライフルであった。国境警備隊の要請により、国内のH&Kとの共同開発でセトメライフルはNATO標準の7.62mm×51弾仕様に改められ、制式化に向けて開発が進んでいた。
 戦後の西ドイツ国軍として組織されたドイツ連邦軍も参加した制式小銃トライアルの中で、候補は最終的にG1(FAL)、G2(SG510)、G3(セトメ・モデロ2の改良モデル)、G4(AR10)の4つに絞られた。これらいずれかの小銃国産化こそが西ドイツの最終目的であったが、連邦軍よりも再軍備を強く早期に必要としていた国境警備隊は1956年、最も早く調達可能なG1を輸入・採用を先行して決定し、他の候補銃をキャンセルした。
 連邦軍は国境警備隊の決定に沿い、G1のライセンス生産権を取得しようとしたが、ナチスドイツの侵略を受けたベルギーのFN社は報復的にこの要請を拒否した。G2、G4に関しても交渉は芳しくなく、軍は残るG3のライセンス取得に方向を定めた。
 CETMEの国外における生産・販売権は当時オランダのNWMに接収されており、軍は交渉の末、NWMに自国空軍の20mm弾薬を独占的に納入させる権利と引き換えにG3の生産・販売権を取得。1959年、軍はG3を制式小銃とすることを発表し、G3の生産は西ドイツ国内のラインメタル社とH&K社に委託された。しかしラインメタル社には小銃のノウハウが不足していたため生産は難航し、1969年にMG3の独占生産権を取得する代わりに同社はG3の生産から撤退。その間もH&K社はG3やその派生製品の国外販売実績を伸ばし、1977年には西ドイツ政府からG3及びその派生製品に関する独占的な生産・販売権を得た。

 G3は特徴的なローラーロッキング機構によるディレイドブローバック方式を採用している。他の多くの自動小銃で採用されるガス圧作動と異なりシンプルかつ堅牢、着弾精度も高く、生産性の高い優れた設計である。一方、欠点もある。ボルトを前進させるスプリングが強力なため初弾の装填・コッキングがやりづらいこと、あわせて最終弾発射後の自動ボルトストップ機能がないため、リロードの際にコッキングが必要なこと、ボルト閉鎖状態でマガジンを装填するとボルトキャリアのローラーに負担が掛かるため、リロードの前にまず手動でホールドオープン操作をすることが推奨されていること*2、また、もともと7.62mmNATO弾にあわせた設計ではないため、長期に渡って使用するとプレス製のボディが発砲の衝撃によって徐々に歪んでしまうことなどである。

 H&K社は、軍用小火器の市場に一大シェアを築くことを図って、このG3をベースに様々な口径・種類の小火器を開発した。主なものでは、狙撃銃モデルのSG/1やPSG1MSG90短機関銃MP5、5.56mm口径の突撃銃HK33軽機関銃HK11、HK21などが作られ、そこからまた更なる発展型が作られた。はては当時冷戦下の仮想敵であった東側の7.62mm×39弾モデルのHK32までそのラインナップに連ねる予定であった。全軍の歩兵用小火器全般を同一の操作のもので統一すれば(つまりH&KのG3ファミリーで統一してしまえば)、訓練期間の短縮とコストの削減が実現できる、という理屈だ。しかし逆に言えば、それは全く新しい銃で軍隊の装備を一新してしまうという事でもあり、それ自体がコストやリスクの問題を持っていた。結局、他のシステム・ウェポン同様このシステムが採用された例はごく僅かである。
 また、戦後のドイツは旧ナチス・ドイツのイメージを払拭する為、武器輸出に関しては非常に厳格な制度を採っている関係上、国外での販路は主にライセンス生産に頼っており、採用国側に専用の生産設備を必要とする場合が多かった。発展途上国では多く採用されたものの、NATO所属の先進国各国では既に制式小銃の国産化の風潮が高まっており、北欧を除けばあまり採用されなかった。こうした経緯から他の多くの戦場で用いられた主要な小銃と比べると、性能の高さとは裏腹にその活躍の機会は少なかったと言える。
 後継となる筈だったG11の開発頓挫などもあって、東西統一後も、同社製G36の登場までG3は主力ライフルとして使い続けられた。現在もDMRとして一部が現役である。

 G3は現在、H&K社の商品カタログには掲載されていないが、各国へ輸出されたG3やそのライセンス生産モデルと共に、アフリカ、中東、東南アジアなどの過酷な環境下で高い信頼性を示し、7.62mm口径の高威力もあって、今も各国軍で現役である。ノルウェーでは2007年に同社製HK416を採用するまで、本銃をAG3の名称で主力ライフルとして採用していた。

 メディアにおいては、G3自身もさることながら短機関銃モデルのMP5や狙撃銃モデルPSG-1なども多く活躍し、「特殊部隊やスナイパーが用いる高性能な銃」というイメージをより強固なものにしていった。しかしながら、高精度モデルのイメージからG3自体も非常に精度の高いライフルであるとみなされがちであるが、ベースとなった本モデル自体は他のライフルと比してそこまで飛び抜けた精度を持つ訳ではない。

 なお、日本のトイガンメーカー・東京マルイから発売されているG3のコンパクトモデルである電動ガン「G3/SAS」は架空の銃である。

 (主なバリエーションモデルは、『G3バリエーション』の項参照)

 
登場作品ジャンル使用者備考
24 -TWENTY FOUR-項目参照
44ミニッツTV映画ラリー・フィリップスHK91A3
30連マガジン
AIKa ZEROアニメ“船長”A3?
スコープ付き 大型ハンドガードなし
Alliance of Valiant Arms項目参照
BITTERSWEET FOOLSゲームアランSG1
Combat Arms項目参照
GSG9(TVドラマ)項目参照
HUNTER×HUNTER項目参照
OPERATION7項目参照
Parabellum -パラベラム-項目参照
RONIN項目参照
S.A.S. 英国特殊部隊項目参照
THE サバイバルゲーム項目参照
ZIG World Can't Allrow Teller漫画フランス外国人部隊回想シーン
G3A3
相棒項目参照
アヴァロン 灰色の貴婦人項目参照
アウトバーン・コップ コブラシリーズTVドラマドイツ連邦国防軍基地警備兵G3A3
暁!!男塾 少年よ大死をいだけ項目参照
あそびにいくヨ!項目参照
あっちこっち漫画片瀬 真宵G3SAS?
エアソフトガン
校内サバイバルゲーム大会で使用
アフリカン・ゲーム・カートリッジズ項目参照
アルゴ映画革命防衛隊G3A3
暴徒
アルティメット項目参照
インセプション項目参照
ウォンテッド項目参照
うぽって!!項目参照
エースコンバットZERO項目参照
エイリアス -2重スパイの女-TVドラマディクソン第2シリーズ
スローン狙撃時に使用
おそらくG3-SG1
エロイカより愛をこめて項目参照
エネミー・ライン3 激戦コロンビア項目参照
エンド・オブ・デイズ項目参照
オペレーションG.G.項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
カウンターストライク項目参照
カウボーイビバップ項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
キャノンズ映画殺し屋
キングダム -見えざる敵-映画グラント・サイクスSG1
ラストの銃撃戦で使用
ロナルド・フルーリーSG1
ラストの銃撃戦で使用
九龍妖魔学園紀項目参照
グランド・セフト・オートIV項目参照
グランド・セフト・オート・サンアンドレアス項目参照
グランド・セフト・オート・バイスシティ項目参照
クロスファイア項目参照
犬狼伝説項目参照
交響詩篇エウレカセブンアニメホランド
チャールズ
塔州連邦軍兵士
G3SAS
コール オブ デューティ4: モダン・ウォーフェア項目参照
極道兵器漫画ロスタリカのゲリラ
コマンドー項目参照
コヨーテ ラグタイム ショー項目参照
これが私の御主人様アニメ中林 義貴A3
電動ガン
コンビニDMZ項目参照
さばげぶっ!項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
死の標的項目参照
ジュラシック・パーク項目参照
スクールランブル項目参照
スナイパー(2009年)映画O.J.SG1
フォン隊長モデルは同上
リン・ジンモデルは同上
回想シーンで使用
SDU狙撃部隊員モデルは同上
スプリガン項目参照
スペシャルフォース項目参照
せきさば!項目参照
ゼロイン(作品名)項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ソルジャー項目参照
ダークマン項目参照
ターミネーター項目参照
ツンデレ相対性理論
キュンキュンわかるE=mc2
漫画ホーキング・あおいG3A3
スコープ装着
表紙で所持(本編未登場)
天使と悪魔項目参照
トータル・フィアーズ項目参照
逃亡者(1993年)項目参照
トゥルー・クライム項目参照
トゥルーライズ項目参照
特例措置団体ステラ女学院中等科C3部項目参照
ドッグ・ソルジャー項目参照
特攻野郎Aチーム THE MOVIE項目参照
隣のヒットマン項目参照
トリアージX項目参照
トレマーズ項目参照
ニキータ項目参照
忍弾項目参照
ネイビーシールズ(2012年)項目参照
ネバー・サレンダー 肉弾突撃項目参照
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌項目参照
パープルストーム -紫雨風暴-映画マー・リー隊長SG1
埠頭での銃撃戦で使用
バイオハザード(映画)項目参照
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ項目参照
バッドボーイズ項目参照
バトルゴリラ項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド ハードラインアメリカ製コピーのPTR-91
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
パニッシャー項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
ヒート項目参照
ファントム オブ インフェルノ項目参照
ぷぎゅる漫画レオG3A3
4巻に一コマだけ登場
(本人はスナイパーライフルと呼称)
武装中学生項目参照
ブラックハット映画カサールの手下HK51
ブラックホーク・ダウン項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フラッシュポイント 特殊機動隊SRU項目参照
ブラッド・ダイヤモンド項目参照
ブラッドラインズ漫画邪亜示ストックに刃物を装備
ブルースワット特撮コンバットゲームの参加者エアガン
ブルドッグ項目参照
ブレイドシリーズ項目参照
プレデター項目参照
香港国際警察/NEW POLICE STORY項目参照
ボディ・アーマー映画暗殺員A3
ラストの銃撃戦で使用
マイアミ・バイス項目参照
マスターキートン項目参照
マッドマックス:怒りのデス・ロード項目参照
ミスタークリス項目参照
みりたり!項目参照
ムシウタアニメSG1
第2話の特環専用トラック内(未使用)
迷彩君項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルサーガ項目参照
野獣社員ツキシマ項目参照
闇のイージス項目参照
傭兵たちの挽歌項目参照
リプレイスメント・キラー項目参照
レインボーシックス項目参照
レオン項目参照
レフト 4 デッド 2項目参照
ロボコップ項目参照
ロミオ&ジュリエット項目参照
ワイルダネス項目参照
ワイルドスピード SKY MISSION項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

外部リンク

H&K G3 ムービー1
H&K G3 ムービー2



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • まぁ完全にそうという訳でもないんですが、いわゆる前期型と後期型ですね。MP5も初期には写真のような細いタイプ(スリムライン)のハンドガードのみでした。重量は若干増えるものの、持ちやすさと耐熱性が増したのが後に登場した四角型(ワイド)ハンドガードになります。 -- 2016-03-16 (水) 23:51:38
  • ローラーロッキングは小口径高速弾とは相性が悪いとありますが、どういった理屈でそうなるのでしょうか?もう一点、ローラーロッキングは反動が少ないとありますが、どういった理論でそうなるのでしょうか?
    無知丸出しの質問で恥ずかしいのですが、どなたか御教授頂けませんか? -- 2016-07-26 (火) 19:09:39
  • 高速弾との相性はローラーロッキングの項目を参照。別に小口径でなくても高速弾とは全て相性が悪い。それから「反動が少ない」というのは嘘ではないがまぁ本当でもない。ディレードブローバックは文字通りシンプル・ブローバックに比べて機関部を遅延させるのでその分反動は減るが、そもそも他の殆どのライフルで採用されてるガス圧差動はブローバックよりも大分作動が遅いので「他のライフルに比べて反動抑制に優れる」ということはない。むしろガス圧作動に比べると反動抑制効果は低い。現にMP5はエネルギーの低い9mm弾を使うにもかかわらずM4A1よりも反動の力は大きい。 -- 2016-07-26 (火) 19:58:03
  • ↑御丁寧に説明頂き、有り難う御座います。 -- 2016-07-27 (水) 08:03:41
  • これやFALに似た形の銃でホロウェイHAC7って銃があるんですけど
    これを検索してもほとんど出てきませんでした
    どういった銃なのでしょうか? -- 2016-08-20 (土) 18:35:01
  • 出ませんか?「Holloway HAC-7」なら出ますよ。あんまりG3には似てませんが…1980年代に登場したオリジナル設計の.308ライフルです。AR10マガジンを使用します。 ttp://www.biggerhammer.net/hac7/ -- 2016-08-20 (土) 20:49:11
  • この間のクーデターの時や対IS作戦の報道写真でトルコ軍の兵士が持ってるのをよく見かけるんだけど、あそこの制式小銃は未だにこれなの? -- 2016-09-18 (日) 08:34:54
  • まだコレです。G3が数的大多数でいくつかのHK33とAR15系が配備されています。一応、7.62mmは2015年からMPT76へ、5.56mmは今後MPT56への更新が予定されています。 -- 2016-09-18 (日) 12:08:54
  • ↑トルコ軍にもHK33があったんですか! 貴重な情報と詳細な解説をいただきありがとうございます(^-^) -- 2016-09-18 (日) 12:34:23
  • トルコに限らず、冷戦時代、ほぼ同様の立場にあったギリシャや、中東方面ではパキスタン、イランあたりも生産しており、G3系列は大陸でも結構出回ってますね。 -- 2016-09-18 (日) 15:28:21
お名前:


*1 後年登場したオプションの4ポジショントリガー。モード表示はピクトグラム。
*2 HKスラップも参照のこと。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-18 (土) 06:19:54 (44d)