セトメ モデロA / CETME Modelo A 【自動小銃(突撃銃)】

セトメ モデロA2
モデル全長重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
モデロA970mm4.25kg7.62mm×51 CETME20/30600発/分S/Fスペイン
モデロB
モデロ58
1015mm4.85kg7.62mm×51 CETME
7.62mm×51 NATO
モデロC1015mm4.5kg

 1957年にスペインのセトメが開発した試作型自動小銃
 “セトメライフル”とも呼ばれる、ドイツのH&K社のG3シリーズの原型としても知られる第一世代突撃銃である。

 セトメ(CETME = [西]Centro de Estudios Técnicos de Materiales Especiales [英]Special Materials Technical Studies Center)は、1949年にスペイン政府が設立した、軍向けの小火器の研究・開発を目的とする機関である。
 第二次世界大戦後、ドイツのマウザー社の技術者たちはスペインに渡り、セトメで働くようになる。その一人であるルドウィック・フォルグリムラー*1が設計した、ローラーディレードブローバック機構を持つ試作突撃銃「StG45(M)」の技術を応用するかたちで、セトメライフルの開発は始まった。
 開発途上では、StG45(M)用の7.92mm×33 Kurzや7.92mm×40 CETMEといった弾薬が選定されていたが、その後の要求仕様の変遷により7.62mm×51 CETMEが使用弾薬に決まった。
 この弾薬は7.62mm×51 NATOに似ているが、フルオート射撃時のリコイル軽減のため、軽量弾頭・減装弾仕様となっている。

 本格的な生産モデル「モデルB」では、H&K社からのフィードバックによって7.62mm×51 NATOにも耐えうるよう改修された。「モデロB」は1958年にスペイン軍に「モデロ58」の制式名で採用された。
 その後さらに軽量化などの改良が加えられた「モデロC」となり、スペイン軍に改めて採用され、既存の「B」仕様のモデロ58も「C」仕様に改装されたようだ。

 1976年に製造は終了し、その後の研究・開発は小口径化を目指したモデロLに引き継がれる。

外観モデル登場年特徴
モデロA11957年試作型。使用弾薬は7.62mm×51 CETME。ハンドガードが無い。バイポッド装着。リーフタイプのリアサイト
モデロA2
モデロA2弾倉挿入口の形状を変更
モデロB
モデロB1958年使用弾薬を7.62mm×51 NATOも共用可能に。スチール製ハンドガードを追加
モデロ58スペイン軍採用モデル
モデロC
モデロC1964年木製ハンドガード。バイポッドが取り外された。グリップの形状を変更。リアサイトは4段階調節のディオプタータイプ。
右側面にあった切替えセレクターを左側面に変更。NATO規格のライフルグレネードが装着可能。スペイン陸軍/海軍/空軍が採用
モデロE?年ハンドガードの形状を変更。フリップアップ式リアサイト
 
登場作品ジャンル使用者備考
エースコンバット アサルト・ホライゾン項目参照
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド映画SWAT隊員モデロB
ユニバーサル・ソルジャー項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズ及びENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「モデロ B58」と「モデロ C」 -- 2014-06-23 (月) 17:27:52
  • 訂正 「モデロB 」「モデロ58」「モデロC」の重量が「kg」ではなく「g」になっています。修正お願いします。 -- 2014-06-23 (月) 17:30:23
  • エアソフト化されるって
    すごいわね。 -- 2017-06-01 (木) 07:07:39
  • G3の原型になったということは完成度が高い(運用性や使い勝手がよい)のでしょうか? -- 2020-03-21 (土) 21:50:16
お名前:


*1 フォルグリムラーは当初、フランスAMEにて仏軍の後継銃の開発を行っていた。しかし、その新型銃が不採用となった1950年にフランスを出、スペインを訪れている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-21 (土) 17:15:32 (301d)