フラッシュハイダー / Flash hider

 発射時に銃口から生じる火炎や閃光を減らす、もしくは射手や標的の視界から遮蔽する為、銃口部に装着される部品。「フラッシュサプレッサー」とも呼ばれる。
 火炎や閃光を減らす原理としては銃口から噴出するガスをマズルデバイスの特殊形状に通す事で、ガスの圧力と温度を下げて燃焼し辛くしている。
 形状には漏斗(コーン)形状*1*2、円筒形にスリットを配置した三叉型や四叉型、その発展形であるかご型(ケージ型)等がある。
 初期の機関銃には発砲炎を減らすのではなく、直接遮蔽する円盤状のデバイスなども存在した。

 元々は射手側の視界に入る銃口炎を隠す(hide)ことで連射時の視認性を向上し、負担を軽減する装置(hider)であった。その後、敵から見える銃口炎を減らし、被発見率を下げる方向性へと変化していく。その用途としては「減音効果のない減音器」とも評せる。
 同じく銃口に取り付けるコンペンセイターとは混同されることが多いが、それぞれの役割は全く異なり、機構的にも別物に近いが、根元にコンペンセイター、先端にフラッシュハイダーを組み合わせたり、フラッシュハイダーの漏斗形状の側面に開口部を設けてコンペンセイターとしても機能させるようにした製品もある*3

 減音器より遥かに小型かつ耐久性も高く、現代では軍用として普及している。減音器や他のマズルデバイスと交換できるよう、マズルスレッド(ねじ切り)を介して装着されるのが定石であるが、製品によってはフラッシュハイダーそのものを減音器の取付アダプターとして着脱の手間を省いているものもある。ライフルグレネードの発射を想定する場合は、当然ながらその装着に対応した形状で設計されている。

 第一次世界大戦において旧来の単発式小銃よりも高い連発能力を持つボルトアクション小銃、さらには持続射撃さえ可能となった重機関銃が大規模に配備運用され、その火力の凄まじさだけでなく、その連射力によりマズルフラッシュで位置を露呈してしまう危険性が初めて世界に大きく認知された。
 この脆弱性に対抗すべく機関銃の発砲炎を抑制する工夫が急速に考案され、ホチキスM1914などでは「牛追い型」と呼ばれる、逆向きにしたちり取りのような形状により発砲炎を丸ごと下に吐き出すフラッシュハイダーなども作られた。*4
 当時、最も効果が高かったのはいわゆる「漏斗型(コーン型)」のフラッシュハイダーである。これはドイツを中心にMG 08/15やシュワルツローゼ機関銃などに開発され効果を発揮し、他の重機関銃にも普及していった。

 第一次世界大戦後、発砲炎が如何に戦場で不利に働くかを痛感した世界各国は発砲炎抑制の研究に努めたが、アメリカ以外の多くの国では無煙火薬のような劇的な発展があったこともあり、「火薬自体を改良すべき」との意見が多く、フラッシュハイダーの改良はあまり進められなかった。
 一方、余力・技術力のあったアメリカではフラッシュハイダー自体の改良を視野に入れ、当時の制式機関銃M1917向けにM1923フラッシュハイダーなどの多くの新構造のフラッシュハイダーを作成した。
 しかし、これらのモデルは「隙間にススが詰まりすぐ使えなくなる」「連続射撃時に飛んで行ってしまう」など問題点が多く、最終的には従来的な漏斗型のフラッシュハイダーを採用することとなる。*5
 第二次世界大戦の頃にはSMLE No. 5 ジャングルカービンボーイズ対戦車ライフルなど小銃でも採用され始め、当時登場したばかりの暗視装置を使用するM3カービンでは発射時の火炎や閃光を抑える事で射点の暴露を防ぎ、そして暗視装置の焼き付きを防止するために同様に漏斗形状のフラッシュサプレッサーが装備されることになったが、小銃用としては漏斗形状が銃剣やライフルグレネードの使用に支障が出やすい事から配備は暗視装置の使用時か狙撃銃など一部に留まった。

 第二次世界大戦後、二大大国となったアメリカ・ソ連では共にフラッシュハイダーの改良が進められた。
 1950年代のアメリカでは円筒側面に複数のスリットを配置したかご型(ケージ型)のフラッシュハイダーがM14で採用された。さらに1960年代にはより小型ながら消炎効果の高い「三叉型」タイプのフラッシュハイダーが開発される。これは弾薬やバレル長にもよるが、発砲炎体積を90%以上も削減するほど消炎効果が高い設計だった。このタイプはその後アメリカではM16で採用されるが、この設計は先端が開いているため、草木などに頻繁に引っ掛かるという欠点があったため、三叉型の先端を閉じ、またフラッシュハイダーの内面に漏斗型を採用する事で、漏斗とスリットの両方の消炎効果を利用した形式が発展形として開発され、M16A1で採用された。
 一方、ソ連でも同様に、USSR AKMの暗視装置着用モデルAKMLやPKでM14と同様に単純なかご型を採用した後、AKMの後継であるAK74ではフラッシュハイダーではなくマズルブレーキを採用したものの、PKの改良型であるPKMではM16A1と同様に漏斗型とかご型を組み合わせたフラッシュハイダーが採用された。
 
 一方、車載機関銃や各種機関砲などでは小銃のように銃剣やライフルグレネードなどを運用するような事が無く*6寸法にそれほど制約が無い事、発砲炎だけでなく衝撃波による周辺の二次被害を防ぐ目的などで、現代でも漏斗型が採用されているものも多く、三叉型やケージ型のフラッシュハイダーと競合している。また砲口ではなく砲尾側であるが、無反動砲ではバックブラストの閃光により射点が暴露するのを抑制する為にFFV AT4など漏斗型を採用している例が多い。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「浪費しがち」は前述の通り、重量比で特に大きく消費している訳ではないため特に関係ありません(PKMのケージ型ハイダーに至っては9オンスもあります)。そもそも現在主流の非全体コーン型の消炎率は90%を超えていますから、同サイズで余程効果が高くない限り「取り回しを重視したので廃れた」と言うのは難しいでしょう。砲に関してはそれはその通りですが、逆に前回挙げていただいたような製品でハイダーが採用されている例や、ケージ型が大幅に少ない理由との整合性が取れません。「砲レベルの大口径では弾種や圧力、耐久性等の点でコーン型の方が有利である」「艦砲などではあまり意味はないが、使っている製品もある」ぐらいが妥当かと思いますが。 -- 2021-08-28 (土) 17:47:19
  • 「浪費しがち」と記載したのは材料か工数についてであり、最終製品の重量ではありません。DP-28のそれであった実例ですが、戦前型では板金成形した漏斗部と削り出し加工したネジ部を溶接で組立ていたのを、戦時量産型では工数削減のために丸ごと削り出し加工に変更し、加工所要時間を大きく削減した代償として鋼材を浪費していました。大型の部品とはそれだけ材料か工数のどちらかが嵩むのです。 -- 2021-08-28 (土) 22:10:05
  • また、個々の採用事例に関してどんな理由で採用されたかなんて公開情報でも無ければ知りませんよそんなもん。結局、最終製品として採用、運用されているなら、それは使い物になる程度にはまともなんでしょうとしか言えませんよ。 -- 2021-08-28 (土) 22:21:37
  • DP-28の例については現代には適用できないかと。要点としては「公開情報でも無ければ知りません」であれば、「全体コーン型は携行性を重視しない場合は(性能が高いので)使用されている」という表現は誤解を招く、という話です。他に特になければその点だけ改訂しようかと思います。 -- 2021-08-29 (日) 10:06:37
  • 機械加工なんて当時から大きく変わったのは数値制御が加わった程度なのに、それでどうして現代に適用できないと?むしろ、ケージ型など複雑形状の加工が容易となった事で、漏斗型など単純に大きな形状となる製品の材料コストのデメリットはむしろ相対的に大きくなっています。 -- 2021-08-29 (日) 11:48:25
  • 現代の小型なフラッシュハイダーでも旧来の大型に比類する性能を持つ製品がある事は事実のようなので、その点を反映させる事には賛同します。 -- 2021-08-29 (日) 11:53:03
  • 加工については主流としてはともかく、特化型製品としても前回挙げられたような製品がトップにないことから明らかと思いますが・・・繰り返しますが、「大型に比類」がそもそも趣旨として間違っており、同サイズで劣るのであればそれは明らかに消炎については効果自体が低いと見なすべきです。砲では明確な典拠が今のところありませんが、消炎自体よりは衝撃波の指向化などが主目的か大口径では空力学的に効果が異なると考えられ、そうなると「小火器用の」「フラッシュハイダー」としてはやや話が異なってくるでしょう。とりあえずコーン型が「第二次世界大戦以降は」「重いが消炎効果は高いので」「砲などでは引き続き使用されている」という内容は一旦項目から外すべきでは、というのが私の意見ですが、典拠がありましたら随時復元いただければと思います。 -- 2021-08-29 (日) 14:48:11
  • 色々思う所はありますが、とりあえずM14などの単純なかご型を飛ばしてAR15の話題となっていたのが意味不明だったので修正。また以前のコメントで何故か無視された漏斗型が銃剣や擲弾と干渉しやすい問題についても反映させました。 -- 2021-08-29 (日) 22:34:17
  • ちょうどM14の話を完全に失念していたと思っていたところ、ちょうどありがとうございます。ただどうも調べていた感じM14時点でプロトタイプでは三叉もかご型も既に存在していたようなので実戦前から既に問題視されていたのかどうなのか・・・干渉の問題は単に個人的にはそれほど関心がなかっただけです(当時の話としては仰られたような配備の工数の方がそもそも問題であったろうと思われますので) -- 2021-08-29 (日) 22:46:46
  • M14のプロトタイプ時点で三叉もかご型も存在した、という風に統合しようと思っていますが、基部に漏斗形状があったかの情報がパッと出て来ないんですよね。重要事項なのであんまり飛ばしたくもないんですが・・・難しい所です。 -- 2021-08-29 (日) 22:53:09
お名前:


*1 詳しい原理としては、銃口から噴出するガスが超音速流れである事により、超音速流れが末広ノズル(つまり漏斗形状)を通過する際に流体の圧力と温度が下がる事を利用している。
*2 副次的な効果として、漏斗形状が銃口からの発砲音に前方への指向性を持たせる事で射手の耳への負荷を抑制する効果もある。
*3 SureFire社のWarComp、日本の89式小銃の消炎制退機など。
*4 https://www.forgottenweapons.com/hotchkiss-1914-cow-catcher-muzzle-device/
*5 https://www.smallarmsreview.com/display.article.cfm?idarticles=1816
*6 全くの皆無という訳ではなく、第二次世界大戦の頃には砲口に被せる形式の対戦車擲弾が各国で開発され、ドイツでは実際に3.7cm高射機関砲で運用されていた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-31 (日) 20:36:20 (82d)