フラッシュハイダー / Flash hider

 フラッシュサプレッサーとも呼ばれる、発射時に銃口から出る炎(マズルフラッシュ)を複数方向に分散することで温度・密度を減らし、生じる閃光を減らす為に装着される筒形の部品。WWIの頃には既に登場しており機関銃に装着されていた。
 初期にはメガホン状の文字通り炎を射手の視点から「隠す(hide)」器具であったが、機能的に変化した現在でもこの名称で呼ばれることが多い。

 第二次世界大戦頃からSMLE No. 5 ジャングルカービンなど小銃用にも広く普及し始めたが、特に終盤においては初期の暗視装置を使用した際に優位性が失われるだけでなく、当時電子制御が発達していなかったためマズルフラッシュにより暗視装置が焼き付きを起こす深刻な問題があったため、アメリカ軍のM3カービンには現在のような発射炎を分散する現代的なフラッシュサプレッサーが開発され、装備された。
 第二次世界大戦後には同様の経緯でソ連でもAKML用に同様のフラッシュサプレッサーが開発された。

 用途としては減音効果はないものの減音器に近く、マズルフラッシュを減らすことで連射時の視認性を向上・射手の負担を軽減し、敵から視覚的に発見される可能性を減らす働きがある。
 サイズとして減音器より遥かに小型かつ耐久性も高いため、現代では軍用としては一般的である。また、固定式ではなく他のマズルデバイスと交換できるようマズルスレッド(ねじ切り)を介して装着されることが多い。

 最近ではコンペンセイターと組み合わせた物も作られている。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • フリーページから独立させました -- 2019-12-25 (水) 17:43:03
  • 暗視装置用に専用のフラッシュハイダーが供給された銃としてAKMLを追加。それと、WW2頃でフラッシュハイダーの付いてる小銃ってM3カービン、M1Cガーランド、SVTくらい、あと軽機でBAR辺りしか思いつかないのですが、広く普及と言及するほど他にありましたっけ? -- 2019-12-29 (日) 18:58:06
  • SMLEをお忘れかと思いますが? -- 2019-12-30 (月) 08:03:31
  • それとAKMLについてですが、現在のような「フラッシュサプレッサー」タイプのものが発明された経緯についての説明ですので、若干内容を変えさせていただきます。 -- 2019-12-30 (月) 08:04:38
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-30 (日) 06:27:02 (140d)