ライフルグレネード / Rifle grenade

 ライフル(小銃)を発砲する際の発射ガスや、弾丸のエネルギーを利用して投射するグレネード(擲弾)の総称。日本語では「小銃擲弾」と訳される。
 登場したのは第一次世界大戦で、当初は手榴弾に銃口に突っ込むための棒を着けただけの、簡便な「スティック型」が主流だった。これは銃身内の圧力が過大になって危険なためにやがて廃れ、その後銃口に取り付けたカップ型のランチャー(発射器)にグレネードを入れて発射する「カップ型」、同じく銃口に取り付けたランチャーに被せるようにグレネードを装着する「ソケット型」へと発展し、弾薬も専用設計のものが製造されるようになった。
 現在は、西側諸国ではNATO標準の外径22mmのフラッシュハイダー(フラッシュサプレッサー)にスプリングを組み込み、専用のランチャーを使用しなくともフラッシュハイダーに直接ライフルグレネードを装着・発射できるようになっている。旧ソ連を筆頭とする東側・共産圏諸国ではそこまでの標準化は成されなかったが、ユーゴスラビアのツァスタバM70や、ポーランドのKA wz.88など、独自の改良でランチャーを標準装備としたバリエーションも製造された。
 以前は、発射の際に空包が必要(=弾薬を交換しなければならない)、発射時の反動が強く「肩つけ」での発射が困難(発射の際は、銃床を地面につける)、ガス圧利用の自動火器ではガスカットしないと作動不良を起こすといった難点もあったが、現在では、空包を使用しなくとも弾頭をグレネード内で受け止める「トラップ式」の登場などで問題はほぼ解消されている。

 現在は「ハイ・ロー・プレッシャー薬莢」を用いた専用の弾薬、発射器を用いるグレネードランチャーが主流となっているが「(NATO標準規格であれば)どの銃からでも発射できる」「アッド・オン型のグレネードランチャーのように銃の照準特性が変化しない」などの長所もあり*1、フランス、イタリア、日本など、現在もライフルグレネードを重視している国・軍も少なくない。
 中でも、第二次大戦当時、『擲弾筒』を大量に投入した日本が、戦後は歩兵用のグレネードランチャーに背を向けている点は興味深い。

 発射器の口径に左右されないために弾頭設計の自由度が高く、様々な種類のグレネードが用意されているのも長所の一つで、一般的な対人用榴弾や対戦車擲弾(HEAT弾)の他、ドアエントリーに特化したイスラエル・ラファエル社製の「サイモン(SIMON)」なども提供されている。暴徒・暴動鎮圧やデモ・コントロール用の低殺傷弾薬(催涙弾など)も数多く、こちらは軍事用では廃れた「カップ型」のランチャーを用いるものも多い。
 変わったところでは、ワイヤーやロープを打ち出す「ロープ銃」にも、ライフルグレネードと同じ原理が用いられる。例えば洋上補給などの際、まず補給を受ける艦から補給艦に向けて、ロープ銃(船の場合は、特に「舷銃」と呼ぶ)の銃口に取り付けたランチャーから、錨状の金具に結んだロープを発射し、これをたぐる形で補給艦・被補給艦のラインを結ぶ。
 このロープ銃は、抵抗の強いロープやワイヤーを遠方に打ち出すため、発射ガスのエネルギーが大きいショットガンや、M14のような比較的大型のライフルが用いられるケースが多いようだ。メディア作品では、映画『S.W.A.T.』の訓練シーンで、ショットガンを用いてロープを張るシーンが見られる。

 さらには、第二次大戦当時、ナチス・ドイツ軍が前線で宣伝ビラを撒くのに使用した「プロパガンダ・グレネード」、完全なレクリエーション用として、ゴルフボールを発射して遊ぶ「ゴルフボールランチャー」といった変わり種も存在する。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • グレネードランチャーの飛距離は200mだそうですがこれの飛距離はどのくらいになるのでしょうか? -- 2016-03-22 (火) 23:19:06
  • 物によりけりですね。大体200〜300mですがロケットブースター付きで500mなんてのもあります。もっとも40mmグレネードも今は物によっては300〜800mぐらいは飛びますが。 -- 2016-03-23 (水) 00:06:17
  • ライフルグレネードってM320みたいなアンダーバレルグレネードランチャーつけた状態で撃てるのでしょうか? そもそもアンダーバレルグレネードランチャーあるならそっち使えよって話ですが、興味が湧いたので -- 2016-12-28 (水) 22:42:48
お名前:


*1 一方でランチャーのような連発性や自動性を持たせられない短所もある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-22 (水) 07:45:29 (746d)