USSR ドラグノフ (SVD) / СССР СВД 【自動小銃(狙撃銃)】

SVD
モデル全長(銃床折畳時)重量口径装弾数発射形式製造国
SVD1225mm4.31kg7.62mm×54R10Sソビエト
SVDS1140(880)mm4.49kg
Tigr1250mm4.1kg7.62mm×54R5/10
Tigr1110mm3.9kg7.62mm×515
Tigr1130mm4.0kg9.63mm×645

 1963年にソビエト軍が制式採用した、セミオート狙撃銃。正式名称は「Снайперская винтовка Драгунова;Snayperskaya Vintovka Dragunova(ドラグノフ式狙撃銃)」。略されて「ドラグノフ」または「SVD」と呼ばれる事が多い。1963年に採用されて以降普及し、現在では旧共産圏の代表的狙撃銃として知名度が高い。

 ソ連の銃工Ye.F.ドラグノフが設計した物で、『戦場で最前線で戦う歩兵が使用する』の運用思想の下、行軍の支障にならないよう軽量かつ耐久性に優れているのが特徴である。銃剣が装着可能で、照尺付のアイアンサイトがバックアップとして設けられている。通常使用されるPSO-1スコープも4倍と低倍率で、銃身も軽量化のため厚みを抑えたものである。

 外観や操作系はAKに近いが、構造的な類似点は全くない。作動はAKのロングストロークではなく、ショートストローク・ガスピストンによるガスオペレーションで、ガスブロック後部にはガスレギュレーターも備える。ボルトロッキングはAK同様のロータリー式だが、最終弾発射後にはボルトを後退位置に留めるという、AKに無いボルトストップ機能を備え、コッキングハンドルを一旦引くことでリリースする仕組みとなっている。
 レシーバー側面にはソ連軍標準のダブテイル(蟻溝)マウントを備え、標準的な4倍率スコープのPSO-1の他、光増幅型暗視照準装置の1PN-51(NSPU-3)など、マウントを介して数種の光学照準器が使用できる。
 特徴的なのはPSO-1で、これには簡易な赤外線探知装置が付与されている。スコープ左側面のつまみを回すと対物レンズに赤外線フィルターが降り、赤外線を発光している対象がフィルターごしに輝いて見える仕組みで、IRイルミネーター付暗視装置を使用している敵を想定した装置であった。ただし、この装置、フィルターが降りると赤外線発光以外はぼやけてしまううえ、旧世代の暗視装置で使われているような比較的可視光に近い波長の赤外線にしかフィルターが反応しないという問題があった。このため、赤外線探知装置を廃したPSO-1M2という派生型が後年作られている。
 ドラグノフはストックに着脱式のチークピースを備えるが、これは光学照準器を使用する際に、頬付けできるようにするための上げ底である。逆にアイアンサイトを使用する際は、このチークピースを取り外す必要がある。このわずらわしさから、後の近代化モデルでは、チークピースに回転オフセット機能が追加され、アイアンサイト使用時にはすばやく側面にずらすことが出来るよう改善された。
 ドラグノフの命中精度は、ライフリングのツイストレートを320mm*1としていた1960年代当時で1.04MOAだったとされている。しかし、1970年代にツイストレートがよりタイトな240mmに変更されたことで約20%ほど悪化したという。これは曳光弾や焼夷徹甲弾を使用した際、十分な飛翔安定性を与えるのに必要な改修だったとか。
 
 旧ソ連崩壊後はイジェマッシ社で生産が行われており、様々なモデルが登場している。
 1990年には、木製のハンドガードやストックをポリマー素材に置き換えた近代化モデルが登場し、1994年には、折り畳み式ストックを備えたカービンモデルのSVDSが開発された。SVDSではバヨネットラグが廃止され、これに伴い、特徴的だったバヨネット用ソケットを先端に備えた非常に長いフラッシュハイダーが、短い御椀状のものに置き換えられている。これらに加えて、銃身の短縮化や標準バイポッドなどを備えたSVD-Mモデルが現行のロシア軍で使用されている。
 同社からは、SVDを民間用の猟銃に改修した「Tigr(タイガー)」シリーズも販売されている。Tigrシリーズは通常の7.62mm×54Rの他、NATO制式の7.62mm×51(.308)や、ヨーロッパでは高性能な狩猟用弾薬として普及している9.63mm×64*2仕様の派生モデルが加わっている。これらは民間向けにバヨネットラグが廃止され、民間モデル専用のサムホールストックが用意された。
 9.63mm×64仕様のモデルはロシア軍でも専用の徹甲弾を用いる「SVDK」として採用されている。

 しばしばメディア上でも混同されるが、類似品として、ユーゴスラビアのツァスタバ社によるM91や、ルーマニアのPSL(FPK)がある。これらは内部構造がAKMと同様のロングストローク・ガスピストンを用いたもので、本銃との直接の関連性は無い。性能的には同等であるらしく、こちらも中東の紛争地域では狙撃銃として広く普及している。
 
 なおあくまで法規上での話であるが、SVDは、装弾数を五発にする等の改造をし、日本の猟銃所持資格や経歴(小銃は散弾銃の所持を十年以上)を満たしていれば、日本国内でも猟銃として所持が可能である。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
24 -TWENTY FOUR-項目参照
50 Cent:Bulletproof項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
America's Armyゲームテロリスト
CHILL漫画赤城 美香
Combat Arms項目参照
G.I.ジェーン項目参照
Insurgency項目参照
JIGSAW映画アラケ・アベオクタ
ジュディッタ・ルッツァット

アラケのもの
MAG項目参照
OPERATION7項目参照
RED/レッド項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
S.T.A.L.K.E.R.項目参照
TYPHOON映画シンの手下サプレッサー付き
中盤で使用
WarRock項目参照
XIII サーティーン -大統領を殺した男-項目参照
アームド・アサルト項目参照
アヴァロン項目参照
青春×機関銃項目参照
アスラクライン小説黒崎朱里第8巻の口絵及び文中
あそびにいくヨ!項目参照
アメリカン・スナイパー項目参照
アンジェリカル ペンデュラム項目参照
アンチャーテッド項目参照
ウォッチドッグス項目参照
ウサビッチアニメボリス第17話 「狙撃注意」
うぽって!!項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
円環少女小説アナスタシア
武原 仁
狼/男たちの挽歌・最終章項目参照
オペレーションG.G.項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
おぼっちゃまくんアニメ暗殺者
カウンターストライク オンライン項目参照
火線上のハテルマ項目参照
家庭教師ヒットマンREBORN!項目参照
狩りのとき項目参照
喰霊-零-項目参照
ガンズ&ガールズ項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
キャット・シット・ワン項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
キルミーベイベー項目参照
キングダム/見えざる敵項目参照
グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ項目参照
くろがねカチューシャ漫画風小路嵐子第5話,壁のハンガーに保管
発砲無し
ゴーストリコン2項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
コール オブ デューティ4: モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア2項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
攻殻機動隊項目参照
ご注文はうさぎですか?項目参照
国家転覆 199Xクーデター計画小説楽浪暁
隅田昇平
その他亜細亜警備センター社員
五分後の世界II ヒュウガ・ウイルス小説オカダ
ナガノ
ゴルゴ13項目参照
サイフォンフィルターゲームガブリエル・ローガン
サドンアタック項目参照
さばげぶっ!項目参照
サハラ 死の砂漠を脱出せよ項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
処刑人項目参照
ステルス項目参照
スナイパー(2009年)映画リン・ジン
砂ぼうず項目参照
鉄拳5DR項目参照
スペシャルフォース項目参照
セイギノヒーローゲーム犯行グループの雑魚
せきさば!項目参照
ソルジャーズ・アイランド項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ちょっとかわいいアイアンメイデン漫画小橋 悠里消防用放水機構を内蔵した改造水鉄砲
第22話
トータル・フィアーズ項目参照
とある魔術の禁書目録項目参照
ドラゴン・スクワッド映画シャオジュン廃墟及び墓場で使用
バイオハザード5項目参照
バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D項目参照
バイオハザード ダムネーション項目参照
バイオハザード リベレーションズ2項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド ベトナム項目参照
バトル・ロワイアル項目参照
バビロンA.D.項目参照
ひぐらしのなく頃に項目参照
緋弾のアリア項目参照
ヒットマン(映画)項目参照
ヒットマン2 サイレントアサシン項目参照
ヒットマン コントラクト項目参照
ヒットマン ブラッドマネー項目参照
ファー クライ3項目参照
ブラック・ブレット--項目参照
ブラックホーク・ダウン項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フリーダム・ファイターズゲーム主人公
ソ連軍スナイパー
フルメタル・パニック!項目参照
ペーパーマン項目参照
マーセナリーズ項目参照
マックス ペイン項目参照
魔法科高校の劣等生アニメ狙撃手ブラックモデル
第19話
魔法少女育成計画アニメカラミティ・メアリ8〜9話にて使用
ミッション:インポッシブル項目参照
迷彩君項目参照
女神転生項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メタルギアソリッド3項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
メタルギアソリッド ポータブル・オプス項目参照
メタルサーガ項目参照
山猫は眠らない項目参照
闇のイージス項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
ヨルムンガンド項目参照
ランダウン映画ハッチャーの手下
ランボー3 怒りのアフガン項目参照
リリアとトレイズ小説トラヴァス少佐の部下第4巻
トレイズ第4巻(上記より借用)
第6巻(下記より借用)
発砲なし
アン(グラツ中尉)第6巻
ウーノ(ウェルキンス大尉)第6巻
ルパン三世項目参照
レインボーシックス項目参照
ローズ×マリー漫画マリー
ローン・サバイバー項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • SKSの元はPTRSで共にシモノフ氏の設計、さらに半(?)固定弾倉のPTRSにすらボルトストップはある。 -- 2016-02-03 (水) 15:41:20
  • 上で言ってる連射時の精度低下について勘違いしてる人居るな。 ダブルタップみたいに連射して反動で当たらないって話じゃなくて、1分20発とかのペースで撃ってバレルが熱を持ち精度が悪化するという話ね。 G36みたいなさ。 -- 2016-02-03 (水) 19:10:19
  • どっちにしろソース無しじゃ仕方ないね。普通に民間版のレビューじゃそんな問題どこも起きてないもの。あったとしてAK同様戦場でひどい状態のものがあったとかそういうレベルの話だろう。 -- 2016-02-03 (水) 21:22:47
  • よく言われる話だと似たモデルのPSLでその問題が起こるってのは有名だな。単に動作形式が違うだけでなく、PSLはバレルが普通のAKと同じ設計のものだから、フルサイズ弾使うには細くて振動が強かったり熱に弱かったりする。ドラグノフはちゃんとヘビーバレルを使ってるからそんな問題は無い、ってのが定説だな。 -- 2016-02-03 (水) 23:56:53
  • ドラグノフがヘビーバレルってのは聞いた事ないし画像見る限りそうとは到底思えないんだが・・・ -- 2016-02-04 (木) 01:26:37
  • 現行モデルのSVDSとかはヘビーバレルらしいな。まぁM14もEBR化するときにヘビーバレルに変えてるし、そんなもんなんじゃない。 -- 2016-02-04 (木) 01:55:53
  • SVDSは単に小型モデルであってヘビーバレルにしてるって話は聞いた事ないな、俺が聞いてないだけかもしれんけど -- 2016-02-04 (木) 18:49:01
  • 最新モデルは「SVDM」(ポーランドのSWD-Mではない)になってて、カラシニコフ・コンツェルン公式ページでも、「肉厚のバレルを使用し、連射時にも精度が低下しない」とある。逆に言うとやはり旧モデルでは連射時の精度の低下はあったんだろう。スコープの外に着弾するレベルかどうかは不明だが。 -- 2016-02-04 (木) 19:11:57
  • それからフォールディング・ストックと短くなったバレルもSVDMでは標準仕様のようだから、恐らくこれがSVDSと混同されたのではないかと。ロシア軍の最近の写真ではよく見るバイポッドが標準装備されてるタイプのものはSVDMのようだ。 -- 2016-02-04 (木) 19:17:18
  • 通常は何本程度の予備マガジンをソ連兵は携行していたんですか? -- 2016-04-08 (金) 23:51:27
お名前:


*1 320mmで一回り。
*2 エネルギーは.300ウィンチェスター・マグナム相当

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-29 (火) 21:28:43 (211d)