ライフリング / Rifling

 銃身に施された斜線状の溝で、発射される弾丸に回転を与えることでジャイロ効果を発生させ、直進性を向上させることにより命中率を高める効果を持つ。日本語では施条処理と呼ばれる。
 18世紀中盤頃に登場し19世紀頃に一般に普及し、ライフルの語源となった。現在では散弾銃を除く大半の銃に施されている。
 処理を行うには専用の機械が必要で、発射された弾にはライフリング・マーク(施条痕)という跡がつく。
 これは指紋の様に銃によって一つ一つ異なるという特徴があり、犯罪に使用された場合には犯行現場に残された弾丸を調べ発射された銃を特定することが可能である。
 その為に犯罪者の中には証拠隠滅のために、わざとライフリングを削り落とした銃を使用することもある。 


コメントはありません。 Comments/ライフリング?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-13 (土) 17:27:45 (36d)