プレデター / Predator

 他惑星の生物を狩る習性を持つ宇宙生物、プレデターと人間との戦いを描くSFアクションホラーシリーズ。2010年に3作目に当たる「プレデターズ」が公開される。2004年にはエイリアンとプレデターが戦うという内容の「エイリアンVS.プレデター」が公開。2007年末に続編の「エイリアンVS.プレデター2」が米、日で公開された。

 
 

プレデター (原題:Predator)

1987年、アメリカ映画
監督:ジョン・マクティアナン

・ストーリー
 1987年夏、南米で政府の重要人物がゲリラに拉致された。その人物の救出をかつての戦友ディロンから依頼されたダッチたちレスキューチームはディロンとともにゲリラのアジトを目指しジャングルに潜入を開始するが、彼らを宇宙からやってきた凶暴なエイリアン、「プレデター」が狙っていた―――

・作品解説
 「見えない恐怖」というホラー映画の王道を行きながらも、それまでの単なるモンスターとは異なる、「ハイテク兵器で武装した、獰猛だが知性的なエイリアン」という新たなクリーチャーを生み出した傑作。(ほとんど通用しないものの)現用の軍用銃火器でエイリアンと戦うというプロットも新鮮だった。
 携行型ガトリングガン(GE M134)のスクリーン初登場もこの作品("無痛ガン-painless gun-"の呼称もこの作品が初)。ただし、この映画でのフォアグリップ形式はかなり持ち運びがつらかったようで、後の『ターミネーター2』などでは上からハンドルでつり下げる形が採られている。

使用者銃器名備考
ダッチ・シェイファーM16 (SP1)M203風に製作したプロップガン装着
A2タイプのハンドガード装着
IMI デザートイーグルサイドアーム
ホルスターに携帯(未使用)
アル・ディロンH&K HK94
M1911A1サイドアーム
ホルスターに携帯(未使用)
ビリー・ソールM16 (SP1)A2タイプのハンドガード装着
ハンドガード下部に、ストックを取り外したM500装着
IMI デザートイーグルサイドアーム
ホルスターに携帯(未使用)
マック・エリオットサコー M60E3
GE M134中盤のジャングル内で使用
ブレインの銃を使用
US M18
IMI デザートイーグルサイドアーム
ホルスターに携帯(未使用)
ブレイン・クーパーGE M134“無痛銃(ペインレスガン)”と呼称
M60から流用したハンドガード装着
H&K HK94
ポンチョ・ラミレスH&K HK94
37mmグレネードランチャー映画オリジナルプロップガン*1
アーウェン37に似ている
IMI デザートイーグルサイドアーム
ホルスターに携帯(未使用)
リック・ホーキンスH&K HK94二挺持ち時もあり
IMI デザートイーグルサイドアーム
ホルスターに携帯(未使用)
アンナワルサー PP
ゲリラ部隊AKMゲリラ基地での戦闘時で登場
バルメ M78一部はスケルトンストック装着
US M18トラップ用
マックに解除される
ソ連軍将校ワルサー PP捕虜殺害時に使用
 

プレデター2 (原題:Predator 2)

1990年、アメリカ映画
監督:スティーヴン・ホプキンス

・ストーリー
 1997年夏の昼間、アメリカ、LAでは警官隊とコロンビア系麻薬組織スコルピオの激しい銃撃戦が展開されていた。刑事であるハリガンは仲間と共にアジトに踏み込むが、すでにスコルピオ団は何者かに惨殺されていた。謎の殺戮者はスコルピオの対立組織・ジャマイカ系ブードゥー団、さらにはハリガンの同僚までも次々と血祭りに上げていく。ハリガン達は犯人の捜査を進めていくが、その正体は10年前、軍の特殊部隊を壊滅させたプレデターの同種だった―――

・作品解説
 熱帯雨林からコンクリートジャングルに舞台を移し、シリーズ中、最も派手な銃撃戦が繰り広げられる一編。しかし、やっぱり銃ではほとんどプレデターに対抗できないのもお約束。
 悪役(脇役?)が第1作の共産ゲリラから、南米麻薬組織に移り変わっているところに、'80〜90年代の時代の変化を感じさせる。

使用者銃器名備考
マイク・ハリガンIMI デザートイーグルシルバーモデル
レーザーサイト装着
レミントン M1100ソードオフ
レーザーサイト
コルト XM177M203装着
精肉処理場で使用
S&W M662.5インチ,車のトランク内
使用せず
AMT ハードボーラーロングスライド,車のトランク内
「小さすぎる」と使用せず
ダニー・アーチュレッタSW M645タクティカルライト装着
レオナ・カントゥレルシグザウエル P228レーザーサイト装着
ジェリー・ランバートシグザウエル P226シルバーモデル
レーザーサイト装着
スコルピオ
(コロンビア系麻薬組織)
ステアー AUG冒頭の銃撃戦で使用
IMI マイクロウージーシルバーモデル
二挺拳銃
冒頭の銃撃戦で使用
HK G3冒頭の銃撃戦で使用
サコー M60発砲無し
バレット M82
レイ M500アイバージョンソン AMAC-1500かも?
発砲無し
ブードゥー団
(ジャマイカ系麻薬組織)
スタームルガー AC556スコルピオ襲撃時に使用
フランキ LF57
警官隊HK MP5A5冒頭の銃撃戦で使用
HK G3
フランキ スパス15
墓地に来ていた子供IMI ウージー玩具
地下鉄の乗客S&W M662.5インチ
地下鉄のチンピラDW ダン・ウェッソンリボルバー.357Magnum
6インチバレル
シルバーモデル
プレデター捕獲部隊
(キースの部下)
マズライト MZ14二挺撃ちの者もあり
精肉処理場で使用
コルト XM177精肉処理場で使用
サコー M60
フランキ スパス12
 

プレデターズ (原題:Predators)

2010年、アメリカ映画
監督:ニムロッド・アーントル

・ストーリー
 ある日、傭兵であるロイスは突然どこかも分からない熱帯雨林地域にパラシュートで降下させられる。彼が意識を取り戻し、周囲を探索すると同じように降下してきた人物ら7人と合流。彼らはそれぞれ軍人、用心棒、特殊工作員、ヤクザ、強姦殺人犯の死刑囚などロイスと同じく様々な「殺し」をしてきた人物らであった。
 8人のメンバーは周囲を探索するうちに自分たちが降下していた場所が地球とは全く違う惑星であること、そしてこの場所で何者かが『狩り』を行っていることに気づく。
 何とか地球に帰還する方法を探ろうと自分らを狩る者、プレデターとの戦いに赴く―――

・作品解説
 舞台を地球外の惑星に移し、プレデターの狩り場に放り込まれた人間の戦いを描く。
 1作目におけるエピソードを知る人物が登場するなど、正式な続編作品である。
 過去の作品と違い、戦闘に参加する人間側の業種が統一されていないため、個性的な装備となっている。
 なお、携行型ガトリングガン(GE M134)が再び登場するが所持している人物はなぜかロシア軍人役である。
 

使用者銃器名備考
ロイスMPS AA-12迷彩パターンはUCP
銃身に上下タイプのマウントレール装着
シュアファイア製タクティカルライト付きフォアグリップ装着
32連ドラムマガジン
1911UCP風のグリップパネル
ホルスターから抜かないため、その他の特徴は確認できず
ホットトイズ製1/6フィギュア付属の銃ではカスタムモデル*2
照明弾ピストル隠れ家でノーランドの私物を借用
US MkII手榴弾隠れ家でノーランドの私物を借用
トラップとして使用
イザベルシグブレーザー R93ELCAN製デジタルスコープ装着
バイポッド装着
H&K HK45コンペンセイター装着
ニコライGE M134個人携行用モデル
弾薬入りのバックパックからベルト給弾
トカレフ
US M18隠れ家でノーランドの私物を借用
US MkII手榴弾
ハンゾーベレッタ 92FS Inoxコンペンセイター装着
クッチーロH&K MP5Kフォアグリップに装飾品を被せてある
二挺撃ち
1911ニッケルメッキ加工
エングレーブ仕様
モンバサAKMS
1911スタンズに突きつける
米陸軍特殊部隊1911弾切れ状態で所持
 

エイリアン VS プレデター (原題:Alien vs Predator)

2004年,アメリカ映画
監督 ポール・W・S・アンダーソン
 

 エイリアンの項を参照。

 

AVP2 エイリアンズ VS プレデター2 (原題:AVP2 Aliens vs Predator)

2007年,アメリカ映画
監督 コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス共同
 

 エイリアンの項を参照。

 

決めゼリフ

第2作。序盤でブードゥー団、終盤でハリガンに向かって;
“Shit happens.”
 (災難だとあきらめな)
 無口な(?)プレデターには珍しい決めゼリフ。元々はブードゥー団がスコルピオのボスを殺害するときに言い放ったセリフの口まね。気に入ったのか、作中2回も口にしている。


このページに掲載されている台詞の著作権等、一切の権利は、
20th Century Foxが有しています。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ビリー・ソールが所有するAR15のアンダーバレルにモスバーグM500のグリップを取り外したものが装着されているように見えるのですが、どうでしょう? -- 2012-05-21 (月) 23:42:14
  • ビリー・ソールの備考を見て下さい。既に書いてありますよ。 -- 通りすがり? 2012-05-21 (月) 23:43:47
  • ああ、本当だ 失礼しました -- 2012-05-22 (火) 00:32:19
  • 決め台詞というより悲鳴に近い代物でしたが、パート1の『森が動いた!?』はプレデターらしい名台詞だと思います。 -- ルガーの竜? 2013-07-12 (金) 22:50:32
  • 2のスコルピオの構成員がデフテックの単発式グレネードランチャーを使っていました。後武器庫にM47やM2重機関銃、M1カービン、AKMなども確認しました。 -- 2013-07-28 (日) 21:27:57
  • 『プレデター2』にて、エルダープレデターがハリガンにフリントロック式の拳銃を渡すシーンがありましたね。 -- 2013-09-26 (木) 02:27:34
  • アル・ディロンga -- 2013-12-07 (土) 11:37:13
  • ヴァンダムが降板した理由はスーツが暑かったからだそうです。因みにプレデターのデザインは電撃戦隊チェンジマンのブーバというキャラクターが元ネタ(長髪で仮面) -- 2015-12-05 (土) 17:08:32
  • ふと気になったが、ラミレスのファーストネームは『ホルヘ』。ポンチョはニックネームだったはず。 -- 2016-01-17 (日) 13:56:41
  • プレデター初代のバルメM78って多分コマンドーでシュワちゃんが使ってたやつと同じだと思う。マックが口笛で敵兵を誘い出すシーンで出てくる。 -- 2016-04-08 (金) 01:06:19
お名前:


*1 HK94と37mm照明弾ランチャーのパーツを組み合わせて製作された。
*2 3ホールトリガー、マズルポート付きエクステンションバレル。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-30 (金) 18:43:02 (121d)