ブレーザー R93 / Blaser R93 【小銃】

ブレーザー R93 LRS2
モデル全長重量口径装弾数製造国
プレステージ1016mm2.99kg5.56x45mm
7.62x51mm
3ドイツ
タクティカル 21130mm5.4kg7.62x51mm*15
LRS 24.76kg
タクティカル 2 (.300WM)1150mm5.4kg.300 Win Mag4
LRS 2 (.300WM)4.76kg
タクティカル 2 (.338LM)1190mm5.8kg.338 Lapua Magnum4
LRS 2 (.338LM)4.76kg

 ドイツのブレーザー*2社が1993年に開発した、狩猟用の直動式(ストレート プル)ボルトアクションライフル

ブレーザー R93 Prestige LG2

 直動式ボルトアクションは、ボルトハンドルを手前に引くだけで次弾の装填ができるというもの。動作に掛かる時間の短縮に加え、スコープから目を離す必要がなく射撃精度も上がる。速射性はセミオートに近く、連射時の精度は通常のボルトアクション以上と良い所取りの銃だったが、過去世に出た直動式ライフルと同じくあまり目立つことはなかった。

 ところが1997年、ブレーザー社はスイスのシグ社の傘下に入ったことをきっかけに、同じ傘下のヘンメリー社と狙撃用のR93 タクティカルを共同開発することとなる。従来型のレシーバーを廃し、アルミ合金のシャーシに、フォアエンドやバットストックを取り付けるというモジュール構造を採用。
 テストとして一年半の間、この新しいR93を使わせた射撃チームが各種競技会で上位を独占。これを受けたシグ社はそれまでのSSG-3000に代わる狙撃銃として、R93 タクティカルの製造を開始する。
 R93 タクティカルの改良型として、競技スポーツ用のLRS 2(Long Range Sporter 2)、公的機関用としてフラッシュハイダーバイポッドを装備したタクティカル 2があり、後者はフランス国家警察特別介入部隊(RAID)やオーストラリアの豪特殊作戦任務部隊(SOTG)などで運用されている。

 なお、このR93シリーズのもうひとつの特徴としてクイックバレルチェンジシステムがある。バレルとボルトヘッドの簡単な交換で様々な弾薬を使い分けることができ、タクティカル 2/LRS 2なら.338LMを除いた4種類、スタンダードモデルなら16種類の弾薬を使用可能となる。

登場作品ジャンル使用者備考
24 -TWENTY FOUR-項目参照
12ラウンド映画HRT隊員高速道路より1発使用
Alliance of Valiant Arms項目参照
アリスの照星項目参照
インセプション項目参照
エンド・オブ・ステイツ項目参照
キック・アス項目参照
キングスマン項目参照
攻殻機動隊項目参照
コルト45/孤高の天才スナイパー項目参照
コロンビアーナ項目参照
ザ・シューター項目参照
サボタージュ項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ダークナイト項目参照
トゥームレイダー2項目参照
トゥルーコンバット:エリート項目参照
ぱすてるメモリーズアニメ二条院薫子11話
作品世界内の武器庫に保管されていた物
銃本体から突き出たレシーバーの一部が円筒形で、
銃口に大きなコンペンセイター(極端に大きいわけでない)
ありで細部の形状も差異があり
ダットサイトのような形状のスコープ装着
銃の説明をしながら、摩耶に渡す
摩耶発砲時、ビームらしき光弾が発射された
ヒットマン(映画)項目参照
ヒットマン2 サイレントアサシン項目参照
ヒットマン コードネーム47項目参照
ヒットマン コントラクト項目参照
ファントム オブ インフェルノ項目参照
ブラック・ダイヤモンド映画マイルズ終盤の飛行場にて使用
プレデターズ項目参照
マチェーテ項目参照
野蛮なやつら/SAVAGES映画チョンの仲間(元SEALS隊員)終盤で使用
ヨルムンガンド項目参照
ラストスタンド項目参照
ラッシュアワー3項目参照
ルパン三世項目参照
ワイルドスピード EURO MISSION項目参照

このページの画像はシグアームズ社及びブレーザー社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2016年に生産終了したというけど、何がダメだったんだろう? -- 2018-01-11 (木) 01:50:31
  • 生産終了は2017年後期だけど?(メーカ公式サイトにて言明)
    狩猟用は後発の操作性が改良されたR8が出来たし、タクティカルモデルは元々メーカ自体に実績がないしドイツ政府も軍用武器の輸出には厳格だ。
    これに限らずボルトアクションライフルの軍用売り込みが成功したメーカ(特にドイツ)はごく一握りだし、そう不思議な話ではないかと。
    ストレートプル形式がどうこう以前の問題だよ。
    委託先のシグもボルトアクションライフルでは成功してないからね。 -- 2018-01-11 (木) 03:03:00
  • ↑ありがとうございます。メディアでちょくちょく出ていたから競技モデル、タクティカルモデル共にそれなりに売れてると勝手に思ってたけど、そうでもなかったんですね。狩猟モデルは残っているとはいえ、何だか残念です。 -- 2018-01-13 (土) 00:50:11
  • テレビアニメ「ぱすてるメモリーズ」の第11話にR93が登場。作品世界内の武器庫に保管されてる複数の銃のうちの一つ。二条院薫子が説明しながら、摩耶に渡す。正確にはR93を元にした架空銃と思われる。銃本体から突き出たレシーバーの一部が円筒形(本来は画像の通り、角ばった二等辺三角形に近い形状)で銃口に大きなコンペンセイター(極端に大きいわけでない)ありで細部の形状も差異があります。そのシーンでは発砲なし。次のシーンで摩耶が発砲。発射されたのは実弾ではなく、ビームらしき光弾。前述した通り、架空銃と考えられる理由。装着されてるのはスコープのはずですが、摩耶が発射するシーンでは明らかにダットサイトのような形状になっていました。 -- 2019-03-25 (月) 00:54:26
  • 2017-12-18 (月) 10:52:30 の版で大幅に内容が削られているのは、どういった意図に基づく編集なのでしょうか? -- 2019-12-26 (木) 00:42:00
  • 2016-04-13 (水) 00:11:16 の版に差し戻しました。編集の意図は不明ですが、日本語版Wikipediaの「ブレイザーR93」から転載された文章と判断して除去されたのかもしれません。実際にはMGDBがオリジナルであり、日本語版Wikipediaが転載しています。 -- 2020-06-08 (月) 22:52:38
  • 現在のページ名は「シグブレーザー R93」ですが、ブレーザー社が実質的に開発・生産していることから「ブレーザー R93」で良いのではないでしょうか。そもそも開発当時はシグ社傘下ではなかったですし、今はスイスアームズ社傘下ですし。付け加えるならば、狩猟用のR93がメディアに出てくることはまずないので英語版Wikipediaのように「ブレーザー R93 タクティカル」というページ名にしてしまっても良いのでは? -- 2020-06-09 (火) 13:07:27
  • ページ名を変えるとして社名のカタカナ表記は「ブレーザー」でいいのだろうか。記事中にもあるように海外での発音は「ブラーザ(ー)」なので「ブレーザー」(ブレイザー)はかなり外してる気がする。 -- 2020-06-09 (火) 20:46:30
  • 約20年前の「Phantom -PHANTOM OF INFERNO- Perfect Graphics」 (晋遊舎ムック, 2001) の時点で「SIGブレーザーR93」 として紹介されているのが確認できる。ゲーム画面では「ブレーザーR93タクティカル」の表記。これ以前の情報となるとGUN誌のバックナンバーを辿るしかないかも。 -- 2020-06-09 (火) 23:17:49
お名前:


*1 5.56x45mm, 6mm Norma BR 仕様は受注生産
*2 現地の発音では「ブラーザ」の方が近い

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-26 (土) 18:35:46 (67d)