スターリングラード(2001年)/ Enemy at the Gates

2001年、アメリカ・ドイツ・イギリス・アイルランド合作映画
監督:ジャン=ジャック・アノー

 大祖国戦争(独ソ戦)で活躍したソ連邦英雄の狙撃兵ヴァシリ・ザイツェフを主人公にした戦争映画。スターリングラードの戦いを舞台に、ヴァシリと彼を仕留めるべく派遣されたドイツ軍狙撃手ケーニッヒ少佐との対決を軸にした物語であり、英題はこのスナイプ対決について触れられている書籍『Enemy at the Gates: The Battle for Stalingrad』から取られている。
 
 スターリングラードでのケーニッヒ少佐との対決はヴァシリが執筆した『За Волгой земли для нас не было. Записки снайпера (Notes of a Sniper)』で述べられ、モスクワの中央軍事博物館にはケーニッヒ少佐のものとされる狙撃用スコープが保存されている。だがドイツ側ではそのような人物の記録が発見されていない為、ケーニッヒ少佐はソビエト当局による創作との見方が強い。

使用者銃器名備考
ヴァシリ・ザイツェフUSSR モシンナガン M1891/30ボルトハンドルが曲がった狙撃銃仕様
3.5倍率PUスコープを装備*1
ダニロフから渡されたもの
ダニロフUSSR モシンナガン M1891/30死んだ仲間のもの
撃てずにヴァシリに渡す
ケーニッヒ少佐マウザー Kar98K狙撃銃仕様
8倍率EBRAスコープを装備
ターニャ・チェルノバUSSR モシンナガン M1938
USSR モシンナガン M1891/30狙撃銃仕様
PUスコープ装備
ルドミラUSSR モシンナガン M1891/30狙撃銃仕様
PUスコープ装備
アントン
クリコフ
ヴォロージャUSSR モシンナガン M1891/30
ヴァシリ・ザイツェフ(幼少時)USSR モシンナガン M1891/30狙撃銃仕様
スコープ未装備
ヴァシリの祖父
赤軍の将軍USSR トカレフフルシチョフから渡される
マネキンの囮マウザー Kar98K狙撃銃仕様
4倍率スコープを装備
人民委員(政治将校)ロシア帝国 ナガン M1895
USSR トカレフ
USSR PPSh41
赤軍兵士USSR モシンナガン M1891/30
USSR PPSh41
USSR DPソ連軍本部前に据えられている
USSR PM1910/30督戦隊が使用
防盾付きソコロフ銃架
軍用列車の平貨車、船舶にも置かれている
USSR DShK船艇に搭載
USSR 25mm対空機関砲 M1940 (72-K)軍用列車の平貨車に積載
ドイツ兵マウザー Kar98K
エルマベルケ MP38
エルマベルケ MP40
ハーネル MP41
ラインメタル/マウザー MG34ハーフトラックにも車載
グロスフス MG42ラフェッテ42三脚架
DE M24柄付手榴弾
DE シースベッヒャーKar98Kに装着

コメントはありません。 Comments/スターリングラード(2001年)?

お名前:


*1 実際のヴァシリ・ザイツェフは4倍率PEMスコープを使用していた

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-21 (月) 22:58:00 (760d)