ハンニバル・レクター・シリーズ / Hannibal Lecter Series

 天才的な頭脳を持つ精神科医でありながら、人肉嗜好(カニバリズム)の猟奇殺人犯でもあるハンニバル・レクター博士を主役とする、トマス・ハリスの小説シリーズ。
 原作小説が4作品、原作を元にした映画が5作品制作されている。

小説版

レッド・ドラゴン (原題:Red Dragon)

1981年、ハヤカワ文庫
著:トマス・ハリス

・ストーリー
 FBIアカデミー教官のウィル・グレアムは、満月の夜に発生した一家惨殺事件の捜査を担当していた。彼は犯人の情報を得るため、以前連続殺人事件で逮捕した精神科医のハンニバル・レクター博士を尋ねることに。
 しかし犯人は新聞でグレアムの動向を掴みつつ、次の犯行を実行しようとしていた―――
 

使用者銃器名備考
ウィル・グレアム
(FBIアカデミー教官)
チャーターアームズ ブルドッグ
 

羊たちの沈黙 (原題:The Silence of the Lambs)

1988年、新潮文庫
著:トマス・ハリス

・ストーリー
 FBIアカデミー訓練生のクラリス・M・スターリングは、バッファロー・ビル事件を捜査していた。犯人はこれまでに5人の若い女性を殺害し皮膚を剥ぎ取っており、いつ次の被害者が現れてもおかしくない状況であった。
 クラリスは犯人を捕まえるために、収監されている精神科医ハンニバル・レクターの元を訪れる―――

使用者銃器名備考
クラリス・M・スターリング
(FBIアカデミー訓練生)
S&W M19ブリガム教官から借用
(武装用として渡される)
バッファロー・ビルコルト パイソン.38splモデル
FBIアカデミー訓練生S&W M19射撃訓練時に登場(発砲無し)
 

ハンニバル (原題:Hannibal)

1999年、新潮文庫
著:トマス・ハリス

・ストーリー
 バッファロー・ビル事件から7年。FBI捜査官となったクラリスは、麻薬組織との銃撃戦をめぐって司法省やマスコミから非難を浴びていた。
 そんなある日、彼女の元に差出人不明の一通の封筒が届く。中身は「いまも羊たちの悲鳴が聞こえるかどうか、それを教えたまえ」と記された手書きの文字。だが封筒の差出人は、何と欧州で安穏な生活を送るハンニバル・レクターその人であった―――

使用者銃器名備考
クラリス・M・スターリング
(FBI捜査官)
コルト M1911A1

映画版

刑事グラハム/凍りついた欲望 (原題:Manhunter)

1986年、アメリカ映画
監督:マイケル・マン

・作品解説
 原作小説『レッド・ドラゴン』の映画化作品。ビデオリリースの際に『レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙』と改題された。
 2002年には『レッド・ドラゴン』のタイトルで再度映画化されている(後述)。

使用者銃器名備考
ウィル・グラハム
(元FBI捜査官)
チャーターアームズ ブルドッグ
フランシス・ダラハイドレミントン M870ソードオフモデル
警察官コルト XM177終盤で使用

羊たちの沈黙 (原題:The Silence of the Lambs)

1991年、アメリカ映画
監督:ジョナサン・デミ

・作品解説
 同名小説の映画化作品。ハンニバル・レクター役を演じたアンソニー・ホプキンスは、本作でアカデミー主演男優賞を受賞した。

使用者銃器名備考
クラリス・M・スターリング
(FBIアカデミー訓練生)
S&W M133インチバレル
サイドアーム
ジャック・クロフォード
(FBI特別捜査官)
レミントン M870バッファロー・ビル捜索時に所持
発砲無し
バッファロー・ビルコルト パイソン6インチバレル
ステンレスモデル
FBI訓練生S&W M13訓練シーンで使用
巡査部長
メンフィス市警 警察官
S&W M133インチバレル
兵士コルト M16A2レクター監視時に所持
SWAT隊員FN ハイパワーレクター捜索時に所持
H&K MP5Kレクター捜索時に所持
ファルコントーイ製ライブカート式エアガン
フォアエンド形状がMP5SD
ウィンチェスター M1300レクター捜索時に所持
FBI HRT隊員H&K P7発砲無し
レミントン M700スコープ及びスリング装着

ハンニバル (原題:Hannibal)

2001年、アメリカ映画
監督:リドリー・スコット

・作品解説
 同名小説の映画化作品。物語の結末が、原作と比べ大きく異なっている。

使用者銃器名備考
クラリス・M・スターリング
(FBI捜査官)
シグザウエル P226冒頭の銃撃戦で使用
グロック 17ブリガム教官の遺品
イヴェルダの手下イントラテック TEC-9冒頭の銃撃戦で使用
AAI M10

レッド・ドラゴン (原題:Red Dragon)

2002年、アメリカ映画
監督:ブレット・ラトナー

・作品解説
 同名小説の2度目の映画化作品。

使用者銃器名備考
ウィル・グレアム
(元FBI捜査官)
S&W M459サイドアーム
レクターとの格闘時に使用(発砲無し)
S&W M49バックアップガン
レクターとの格闘時に使用
コルト ローマン自宅の金庫から取り出す
PPKはモリーに渡す
ワルサー PPK
モリー・グレアムS&W M36射撃訓練時に使用
ワルサー PPKウィルから渡される
フランシス・ダラハイドグロック 17サプレッサー装着
モスバーグ M500ソードオフモデル
ボルティモア州立病院
精神隔離病棟警備員
モスバーグ M500面会室で所持
レミントン M870独房で所持

ハンニバル・ライジング (原題:Hannibal Rising)

2007年、アメリカ=イギリス=フランス合作映画
監督:ピーター・ウェーバー

・ストーリー
 1952年のリトアニア。戦争で家族を失ったハンニバル・レクター(ギャスパー・ウリエル)は、妹のミーシャ(ヘレナ・リア・タチョヴスカ)と廃屋に隠れる生活を送っていた。そこに敗走してきた対ドイツ協力者の兵士たちが現れる。逃走ルートが封鎖され立ち往生を余儀なくされた兵士たちは、この廃屋に居座るようになってしまう。兄妹を拘束した彼らは食糧を独占していたが、それが尽きると知ると、世にも恐ろしい行動に出るのだった。不幸な出来事でハンニバルは記憶を失うが、何とか彼らから逃げ出すことに成功する。
 それから8年後。ソ連の孤児院に収容されていたが、戒律から逃れるため親戚のいるパリへ逃亡。そこで後の人格形成に影響を与える女性、レディ・ムラサキ(コン・リー)と出会うのだった―――

・作品解説
 同名小説の映画化作品。時系列的にはハンニバル・シリーズで最初の作品となる。少年時代のハンニバル・レクターが描かれており、配役もアンソニー・ホプキンスではなく若手のギャスパー・ウリエルが演じている。

使用者銃器名備考
ハンニバル・レクターUSSR トカレフコルナスの尋問時に使用
ヴラディス・グルータスワルサー P38上官の射殺時に使用
ツィグマス・ミルコマウザー C96医学校の解剖実習室で所持
ドイツ軍兵士ハーネル Stg44発砲無し
エルマベルケ MP40
ソビエト軍兵士ロシア帝国 モシンナガンM1891
USSR PPSh41発砲無し

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ハンニバルがミルコから奪ったC96でグルータスをバスルームで脅す際使用していました。 -- 2012-04-05 (木) 15:23:20
  • 映画版『羊たちの沈黙』でSWATが使用したMP5は、どうも他のSMGから改造した「なんちゃってモデル」のようですが(ストックの形状が明らかに変)、誰か元モデルのわかる方、いらっしゃいますでしょうか? -- MA-08S? 2013-12-29 (日) 18:08:46
  • エアガンのようです。IMFDBに『Replica』『Airsoft』とありました。 -- 2013-12-29 (日) 19:52:34
  • Imfdbによると、ファルコーントーイ製のライブカート式MP5Kエアガンだったみたいですね。確かにフロントまわりがファルコンの特徴と一致します。 -- 2013-12-29 (日) 19:53:15
  • ご教授ありがとうございましたm(_ _)m。せっかくなので項目も追記しておきました。
    あと、「ストック」じゃなくて、「フォアエンド」の間違いです。失礼いたしました。 -- MA-08S? 2013-12-29 (日) 20:16:54
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-14 (日) 06:23:20 (308d)