プレス加工 / Press working

 機械加工技術の発達により第一次大戦から銃や手榴弾,地雷の製造に使われ始めた工作方法。英語では『Stamp working』とも言う。
 自動車部品の製造などでは一般的な手法で、文字通り、金属板をプレス機の上下に装着した金型で挟み、圧力をかけて成型する。せん断、曲げ、絞りといった三つの種類がある。生産効率が高く、均質な部品を短時間で成形できることから、大量生産が容易で、軽くて丈夫な部品の製造に向いている。
 ただし、鍛造成形された部品に比べて耐久性には劣り、軽量なまま高い強度を持たせるにはそれなりの技術力を必要とする。例えば旧ソ連のAK47の場合、当初は生産性を考慮してレシーバー(機関部)など主要な部品をプレス加工で製造していたが、強度不足など様々な問題があり、まもなく削り出し加工に変更している(その後技術的な問題を解決し、AKシリーズが再びプレス加工を取り入れるのは、次世代のAKM以降のこととなる)。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 強度というか、耐用年数は削り出し加工と比較した場合、どうなのでしょうか? M10の解説には>構造も頑丈で、1970年代にアメリカ海軍特殊部隊SEALに納入された製品が、1991年の湾岸戦争で使用された例もあったという。 とあり、G3の解説には>長期に渡って使用するとプレス製のボディが発砲の衝撃によって徐々に歪んでしまうことなどである とります。強度が劣るのか、劣らないのか、どっちなのでしょうか? -- 2019-05-19 (日) 20:01:30
  • 作りや素材によりますが、単に大まかな比較で言うとこの記事通り削りだしの方が頑丈です。M10の方の記述は単に頑丈だと言っているだけなので間違いではないと思いますが(G3についてはそれはG3に限った話ではないためコメントアウトしているのですが、再三戻される方がいるようです) -- 2019-05-19 (日) 20:47:29
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-05 (日) 10:22:03 (193d)