戦略大作戦 / Kelly's Heroes

1970年、アメリカ映画
監督:ブライアン・G・ハットン

・ストーリー
 1944年、第二次世界大戦下のフランス。上層部の不始末の責任を負わされて将校から一兵卒に降格された過去を持つケリー(クリント・イーストウッド)は、捕虜にしたドイツ軍情報部の大佐から敵地にある銀行に1600万ドル相当の金塊が保管されていることを聞き出し、所属する小隊を率いているビッグジョー曹長(テリー・サバラス)に金塊の強奪計画を持ちかける。ケリーが協力を依頼した主計のクラップゲーム軍曹(ドン・リックルズ)と、それを盗み聞ぎしていた変人戦車兵のオッドボール軍曹(ドナルド・サザーランド)もこの計画に加わる。ロクな休暇が与えられない現状に不満タラタラなビッグジョーは、ケリーから金塊のことを教えられた部下たちの説得もあって、分け前が減ることを愚痴りつつも計画を了承。かくしてビッグジョーの小隊と、オッドボールの三輌のシャーマン戦車は上層部に無断で敵地へと乗り込む――――

・作品解説
 戦場で金塊の強奪を目論むアメリカ兵たちの活躍を描いた、コメディ調の戦争映画。当時のユーゴスラビアで撮影された(市街戦の舞台となるクレアモントの町は現クロアチア領のヴィジナダ)。シャーマン戦車やタイガー戦車(改造T-34)の活躍も見所であり、アニメ『ガールズ&パンツァー』では登場人物達が本作を鑑賞する場面が登場する。

使用者銃器名備考
ケリートンプソン M1・M1A1*1
ラドム VIS-wz1935*2ホルスターに携行
ブローニング M2航空機搭載型
オッドボールのシャーマン戦車に搭載
ビッグジョー曹長トンプソン M1・M1A1
ラドム VIS-wz1935ホルスターに携行
クラップゲーム軍曹トンプソン M1・M1A1発砲なし
ラドム VIS-wz1935ホルスターに携行
ブローニング M1919A4
ジョブ伍長トンプソン M1A1
ラドム VIS-wz1935ホルスターに携行
リトルジョートンプソン M1・M1A1
フィッシャーウィンチェスター M1戦後生産型、ライフルグレネードランチャーを装着
クレアモントの戦闘でライフルグレネードを使用
「バーバラ」バブラスプリングフィールド M1発砲なし
トンプソン M1・M1A1
ペトゥーコトンプソン M1・M1A1
ブローニング wz1928*3クレアモントの戦闘ではグリップ部が無い
ブローニング M1919A4冒頭の戦闘で使用
カウボーイトンプソン M1・M1A1
ウィラードトンプソン M1・M1A1
ガトゥコウスキーモシンナガン M1891/30狙撃銃モデル(PUスコープ装着)
地雷原での戦闘では銃口に銃剣を巻き付けて白兵戦に使用
ジョンジートンプソン M1A1発砲なし
ペントンプソン M1A1
ブローニング M1919A4
ミッチェルウィンチェスター M1戦後生産型、ライフルグレネードランチャーを装着
発砲なし
ブローニング wz1928
グレイスブローニング wz1928発砲なし
オッドボール軍曹ルガー P08発砲なし
モリアーティブローニング M1919A4シャーマン戦車の車体前方機銃
タークエルマベルケ MP40発砲なし
ベラミー軍曹ラドム VIS-wz1935発砲なし
メイトランド大尉ラドム VIS-wz1935ホルスターに携行
トンプソン M1A1発砲なし
コルト将軍ラドム VIS-wz1935発砲なし
トンプソン M1A1
アメリカ兵スプリングフィールド M1発砲なし
SMLE No.4 MkI発砲なし
ウィンチェスター M1戦後生産型
発砲なし
トンプソン M1928・M1・M1A1発砲なし
ブローニング M1919A4シャーマン戦車の機銃
ジープに搭載
ブローニング M2シャーマン戦車ほか軍用車輌に搭載
航空機搭載型
一部シーンでハーフトラック、シャーマン戦車に搭載
ドイツ兵マウザー Kar98K発砲なし
エルマベルケ MP40
グロスフス MG42三脚架の使用もあり(トラックに搭載)
タイガー戦車の車体前方機銃*4

コメントはありません。 Comments/戦略大作戦?

お名前:


*1 本作に登場するトンプソンはカットごとに異なる(M1またはM1A1)
*2 恐らくM1911の代用
*3 ポーランド製BAR。米軍のBARとして登場
*4 実際のタイガー戦車の車体前方機銃はMG34

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-11 (火) 05:48:42 (1106d)