ゴジラ

1954〜2016,東宝

 日本特撮の父、円谷英二が生み出した怪獣映画。日本国内はもとより世界各地にファンを持ち、ハリウッドでも1956年にゴジラのリメイク『Godzilla, King of Monsters』が、1998年と2014年にオリジナルストーリーとして『GODZILLA』が製作された。国内では2004年公開の『ゴジラ FINAL WARS』以来長らく制作されていなかったが、『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督による『シン・ゴジラ』が、2016年に公開された。

昭和ゴジラシリーズ

登場作品公開使用者銃器名備考
ゴジラ1954防衛隊員スプリングフィールド M1
ブローニング M1917M1919も使用
ブローニング M2M24軽戦車に車載
ゴジラの逆襲1955防衛隊員スプリングフィールド M1未発砲
ウィンチェスター M1スリング装着
未発砲
ブローニング M2M24軽戦車に車載
大阪市警察官コルト M1917
ウィンチェスター M1スリング装着
未発砲
囚人コルト M1917警官から奪って護送車の扉を破るのに使用
キングコング対ゴジラ1962桜井 修ウィンチェスター M1895スコープ及びスリング付き
古江 金三郎ウィンチェスター M1892スコープ及びスリング付き
多胡部長豊和M300スリング付き
未発砲
コンノウィンチェスター M1895桜井の物
未発砲
防衛隊員ウィンチェスター M1スリング付き
未発砲
M40 105mm無反動砲ジープに取り付けて使用
麻酔弾を発射
モスラ対ゴジラ1964虎畑 二郎FN M1906机の引き出しに隠していた物
防衛隊員ウィンチェスター M1スリング
未発砲
ブローニング M261式戦車に車載
迫撃砲
三大怪獣地球最大の決戦1964進藤刑事FN M1910
マルネスFN M1910減音器装着
ライフルスコープ装着
マルネスの手下FN M1910減音器装着
怪獣大戦争1965防衛隊員ウィンチェスター M1スリング
未発砲
ブローニング M261式戦車に車載
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘1966赤イ竹兵士トンプソン M1スリング装着
ウィンチェスター M1スリング装着
鈍器として使用する者も
ブローニング M1919核施設の監視塔に装備
怪獣島の決戦 ゴジラの息子1967古川
真城(まき)伍郎
小沢
レバーアクションライフルスリング装着
藤崎レバーアクションライフルスリング装着
鈍器としても使用
怪獣総進撃1968怪獣ランド職員エルマベルケ MP40SY3号乗員との戦闘で使用
国際警察捜査員S&W M39シルバーモデル
怪獣ランド職員との戦闘で使用
防衛隊員64式小銃銀色銃身
スリング装着
未発砲
ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃1969警官S&W M1917発砲なし
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン1972防衛隊員ブローニング M261式戦車に車載
M40 105mm無反動砲ジープに取り付けて使用
高杉 正作エルマベルケ MP40源吾の書いた擬装用のイラストで所持
ゴジラ対メガロ1973伊吹 吾郎救難銃
防衛隊員ブローニング M261式戦車に車載
M40 105mm無反動砲ジープに取り付けて使用
ゴジラ対メカゴジラ1974柳川(R1号)ベレッタ M1951シルバーモデル
サイレンサー装備
和倉ベレッタ M1951R1号が落とした物
発砲なし
清水 敬介ベレッタ M1951R1号から強奪
南原S&W M40サイレンサー装備
鈍器やドアブリーチとしても使用
田村S&W M40サイレンサー装備
メカゴジラの逆襲1975村越 二郎コルト M1903ドアブリーチにも使用
若山 勇一ロケットランチャー超音波発信弾頭を付けて使用
防衛隊隊員ウィンチェスター M1真船邸で使用
スリング装着
64式小銃未発砲
ブローニング M261式戦車に車載
ゴジラ1984自衛官64式小銃スリング装着
ブローニング M274式戦車に車載
航空自衛隊パイロットGE M61F-1CCV搭載
(架空機)

平成ゴジラシリーズ

登場作品公開使用者銃器名備考
ゴジラVSビオランテ1989権藤 吾郎FFV M2スリング
抗核エネルギーバクテリア弾を発射
SSS9
(サラジア国エージェント)
USSR AK4720連マガジン
スコープ装備
USSR マカロフ2丁所持
その内1丁はサイレンサー装備
バイオメジャー工作員MAC M11減音器及びスリング
US MkII手榴弾複数所持していた物を投擲
No.56592
No.48762
(バイオメジャー工作員)
コルト ガバメント
自衛官64式小銃スリング
コルト AR15A2
コルト AR1520連マガジン
スリング
US MkII手榴弾複数所持
US M20スリング
抗核エネルギーバクテリア弾を発射
M197AH-1S攻撃ヘリに搭載
TOW対戦車ミサイル
ブローニング M273式装甲車、75式130mm自走多連装ロケット弾発射機及び
82式指揮通信車に搭載
75式130mm自走多連装ロケット弾発射機は
サンダービーム作戦時の実写映像部分では発砲なし
撮影用模型では搭載されているかどうかは未確認
ゴジラVSキングギドラ1992陸上自衛隊員コルト AR15A2スリング装着
ブローニング M274式戦車及び73式装甲車に搭載
日本軍ラゴス島守備隊三八式歩兵銃銃剣及びスリング装着
アメリカ海兵隊ウィンチェスター M1スリング装着
トンプソン M1
M3グリースガン
ブローニング M2
ゴジラVSモスラ1993自衛官64式小銃スリング装着
コルト AR15A2
FFV M2
ブローニング M274式戦車や82式指揮通信車に車載
防盾付の物もあり
ゴジラVSスペースゴジラ1994結城 昇地雷式の催涙ガス弾バース島の砂浜に設置
キャリコ M110本銃をベースにしたカスタムモデル
スリング
血液凝固剤入り弾使用
TDS M72A1血液凝固剤入り弾装填
発砲無し
M92FS
新城 功二コルト M16A1M203
スコープ及びスリング
20連マガジン
テレパシー増幅装置装填
M92FS
佐藤 清志M92FS
企業マフィアIMI ウージーバレル部分が一〇〇式機関短銃
スリング
鈍器としても使用
スタームルガー KP85
GフォースM197AH-1S攻撃ヘリに搭載
ゴジラVSデストロイア1995SUMP隊員IMI ウージースリング装着
コルト AR15A2
火炎放射器架空モデル
センサー付き
TDS M72A1
M92FS
レミントン M870発砲シーン無し
US M67破片手榴弾
警察官ミネベア M603インチ後期型
自衛官コルト AR15A2スリング装着
ブローニング M290式戦車,74式戦車の車載機銃

ミレニアムシリーズ

登場作品公開使用者銃器名備考
ゴジラ2000ミレニアム1999自衛官64式小銃スリング装着
発砲なし
ブローニング M290式戦車,74式戦車,82式指揮通信車などの車載機銃
豊和工業 96式自動てき弾銃96式装輪装甲車の車載機銃
TOWミサイルAH-1Sに搭載
ゴジラ×メガギラスG消滅作戦2000宮川隊長
辻森 桐子
大石
武居
ロケットランチャー架空のモデル
スリング装着
自衛官64式小銃スリング装着
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃2001防衛陸軍兵士コルト AR15A2
ゴジラ×メカゴジラ2002自衛官64式小銃スリング装着
発砲なし
9mm機関けん銃発砲なし
ブローニング M290式戦車及び82式指揮通信車の車載機銃
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS2003自衛官64式小銃スリング装着
89式小銃訓練時に使用
ブローニング M290式戦車,82式指揮通信車の車載機銃
82式指揮通信車の物は防盾装着
ゴジラ FINAL WARS2004駐車違反の男IMI デザートイーグルシルバーモデル
発砲なし
ニューヨーク市警警官グロック 19発砲なし
左門レミントン M700猟銃
スリング装着
地球防衛軍隊員コルト AR15A2スリング装着
地球防衛軍ミュータント部隊FN P90スコープ装着
本銃がベースのロケットランチャー

シン・ゴジラ

使用者銃器名備考
AH-1S射撃手M197機関砲
TOW対戦車ミサイル
70mmロケット弾ポット未使用
AH-64D射撃手M230機関砲
ヘルファイア対戦車ミサイル
70mmロケット弾ポット未使用
10式戦車乗員ブローニング M210式戦車の車載機銃
発砲なし
指揮所警護の自衛官89式小銃スリング装着
発砲なし
99式自走155mm榴弾砲乗員ブローニング M299式自走155mm榴弾砲の車載機銃
防楯付
発砲なし
82式指揮通信車乗員ブローニング M282式指揮通信車の車載機銃
発砲なし

海外版

登場作品公開使用者銃器名備考
GODZILLA1998フィリップH&K MP5A5スリング
ドアブリーチにも使用
ジャン・リュック(フランス諜報部員)スリング
フランス諜報部員
オニール軍曹M16A3スリング
ディフェンステクノロジー 37mmランチャーフォールディングストック
アメリカ陸軍サコー M60E3ハンヴィー車載型
M16A3スリング
コルト XM177
ディフェンステクノロジー 37mmランチャーフォールディングストック
H&K MP5A5スリング
US M136
サコー M60ハンヴィー車載型
ヘリ部隊AGM-114 ヘルファイアAH-64アパッチに搭載
M230
GODZILLA ゴジラ2014フォード・ブロディ大尉コルト M4フォアグリップタクティカルライトレーザーサイト、EOTech製ホロサイトスリング装着
ベレッタ M92
アメリカ兵コルト M4アクセサリーは同上
ACOG使用もあり
FFV AT4
ブローニング M2ハンヴィー、戦車などの車輌・船舶・ヘリコプターに搭載
US MK19作戦司令部に設置
鉱山の兵士USSR AK47
USSR AKMS
検疫警察89式小銃タクティカルライト
SWATH&K MP5レイルハンドガード、フォアグリップタクティカルライトACOGフォールディングストック

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 説明文でシン・ゴジラについて言及しときました。 -- 2016-07-06 (水) 11:26:57
  • 「シン・ゴジラ」見てきたが、まだ書かない方がいいかな?

    今作ではF-15Jが低空飛行してバルカンぶっぱなして尻尾で撃墜されるようなことはないので安心してほしい。
    それと、地球防衛軍もGフォースも出ないが、小道具協力はちゃんと東京マルイなので安心してほしい。 -- 2016-07-31 (日) 00:15:32
  • 「シン・ゴジラ」にて、「TOW、ヘルファイア全弾発射!」ってセリフ、知らない人には「とぅ?何?」ってなんただろうな -- ただのガンヲタ? 2016-08-15 (月) 00:01:04
  • 登場武器のほとんどにご丁寧に字幕が出る今作にしては珍しく説明なかったですね<TOW
    ハイドラ70って撃ってましたっけ? -- 2016-08-15 (月) 12:36:50
  • ↑搭載はしてたけど発射はしてなかった気が。 -- 2016-08-16 (火) 12:43:36
  • ゴジラVSビオランテでSSS9のAK47には備考欄に書かれている以外の特徴としてはマガジンが短いです。30連ではなく、20連だと思います。最初に登場したシーン(バイオメジャー工作員を駅構内で射殺したシーン)は明らかに20連だと思います。それとM2は>M113装甲兵員輸送車 ではなく、73式装甲車に搭載されていた思います。撮影用模型でもM113で代用したという話は聞いたことがありません。それと後半のサンダービーム作戦で75式130mm自走多連装ロケット弾発射機に車載されていました。当然ながら発砲なしです。 -- 2019-01-12 (土) 02:03:40
  • ありがとうございます。確認しました。先に謝罪します。誤解を招く書き方になってしまい、すみません。75式130mm自走多連装ロケット弾発射機の部分はそういう意味で書いたのではないのです。あれは″M2が75式130mm自走多連装ロケット弾発射機に車載されていた″という文意なんです。劇中映像では75式130mm自走多連装ロケット弾発射機の実物が登場し、それにM2が搭載されていました。ご存じの通り、75式130mm自走多連装ロケット弾発射機の車体は73式装甲車の試作車から派生したものなので、よく似ていますが正確には違います。劇中の話に戻りますとロケット弾を発射していたのは東宝伝統のポンポン砲です。車体は75式130mm自走多連装ロケット弾発射機に近い形状になっています。夜+雨のシーンゆえにポンポン砲にM2が搭載されていたかは映像からは確認できません。まとめ的に書きますと、「劇中の75式130mm自走多連装ロケット弾発射機の″実車映像″部分にはM2が車載されていた。そのM2には発砲はなかった。撮影用模型は75式130mm自走多連装ロケット弾発射機っぽい形状にはなっていたが、上記のシーンゆえに確認できず(ロケった弾の発射シーンはあった)」ということになります。ご理解ください。すみませんがご改訂お願いします。(AK47については、そのままでお願いします) -- 2019-01-13 (日) 14:44:03
  • アニメ版の「ゴジラ シンギュラポイント」登場の銃器はこちらの項目に追記してかまいませんか? -- 2021-07-31 (土) 04:47:53
  • 特に問題はないと思います -- 2021-07-31 (土) 07:13:06
  • 映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の登場銃。マーク・ラッセル M92を所持(前半で戦死したモナーク要員の手から借用。発砲シーン無し。その後どうなったが描写無し)。 エマ・ラッセル グロック17を所持(発砲シーン無し。フィンガーチャンネル・レールあり。第3世代か第4世代のどちらか。序盤は武器類は一切所持していなかったのでテログループから提供されたものと思われる)。 アラン・ジョナ M92っぽい自動拳銃を発砲(特定できず、imfdb(ttps://www.imfdb.org/wiki/Godzilla:_King_of_the_Monsters)では明確にM92としています)。前半で主人公と直接対峙した際はライトを装着。 テログループ 前半以外は各自違うアサルトライフルを使用、前半はM16系のクローンモデルらしいアサルトライフルを使用(発砲シーンあり。冬季迷彩、色は白一色の単色迷彩。ダットサイト装着・銃身長はフルサイズモデルと同じ・フォアグリップ装着・トリガーガードが緩く湾曲・カナディアンマグによく似たリブ付きプラ製マガジン←マガジンも白色・メイングリップにフィンガーチャンネル無し・ハンドガード先端左側面に用途不明のアクセサリーあり←モナーク要員のM16はライトだったので、おそらくライトだと思われる。伸縮式らしいストック←私は実写映像作品でこの形状のストックを初めて見たのでどのメーカーのクローンモデルか余計に分かりません。使用されたものは全てモナーク中国基地から奪ったものと思われる。南極基地へ向かうオスプレイ機内で既に所持しており、南極基地モナーク要員所持のものと塗装も含めて同形状&南極基地へ偽装侵入する際の無線通信で「補給」と伝えているので中国基地に保管されていると解釈できる)。序盤と後半は左記の通り、全員ライフルが違う(全員発砲シーンあり。AK系のライフル使用3名、2名はベースがAK47ないし、AKM。左記の1名(スキンヘッドの女性)はストックがオリジナルと同じでハンドガードが4面にレールあり・フォアグリップ装着。もう1名はストックがM4の様な伸縮式ストック・レールハンドガード・フォアグリップ装着等々の徹底的に近代化されたもの(ベレー帽男性)、AKMSU←小型ダットサイトらしき箱状のものが装着・フォアグリップ装着(濃い髭面の中高年男性)SCAR-L タンカラー・フォアグリップ装着・ダットサイト装着・レーザーサイトらしきもの装着。首にストールを巻いた男性SG550らしきライフル←後半でエマ・ラッセルと緊張状態になる直前のシーンで確認できます。ストック形状がSG550と同じと分かるのですがそれ以上は……。使用者は男性し深杏毀世離▲汽襯肇薀ぅ侫觧藩兌4〜5名。うち1名のものはライト・ダットサイト・レーザーサイトらしきアクセサリー装着。←短いながらも主観映像があったのですが特定できず:左利き男性で前半でモナーク要員に射殺されている。他の型式不明のアサルトライフルもダットサイトやライト等の何かしらのアクセサリーが装着されていました。使用者は複数名の女性と男性)。左記のライフルと型式不明の拳銃を平行して装備している者が1名いました(発砲シーン無し。左太股のホルスターに収納)。 モナーク要員 M16系のクローンモデル(前半で主人公達メインキャラと行動を共にした部隊の者のみ発砲シーンあり。塗装以外は以下共通。ダットサイト装着・銃身長はフルサイズモデルと同じ・フォアグリップ装着・マガジンは銃本体と同色だったり、迷彩塗装だったりと混在・ハンドガード先端左側面にライト装着。伸縮式と思われるストック(トリガーガードやメイングリップのアップシーンは無いが他の特徴や前記の推察から考えるに南極基地のモノと同形状・同仕様だと思われる)。塗装パターンは以下後述。主人公達メインキャラと行動を共にした者のみスリングが装着されているのが確認できる。同じくモナーク要員 M240を発砲(モナーク保有の巨大無尾翼機アルゴ(空中指揮機・オスプレイ母機・ミサイルキャリアーを兼務する無尾翼機)の機内の銃座に搭載。Wikipediaでは全翼機となっていますがラドン復活後のマニューバシーンで水平尾翼が確認できます。よって、全翼機とは言えません)。序盤のモナーク要員(以降は登場せず。字幕の役職名は技師)映画オリジナルの架空銃を使用(フォアグリップ装着。ベースが全く分からず。描写からするとテーザー銃的なモノだと思われる。唯一分かったのはフォアグリップが装着されているハンドガード下部に使用されている部品がM4クローンモデルでわりと見る形状の放熱穴ありのもので側面にレールもあり)。 アメリカ軍((嫉M16系ライフルを所持。M4にしては銃身長が長く、ハンドガード形状も違います。ダットサイトやライトらしきアクセサリーの装着位置からして、モナーク要員用のプロップガンを流用したのではないでしょうか?それと、被服や個人装備を見るに陸軍ではなく、海兵隊では?と思います。発砲シーン無し。Mk.15ファランクス ブロック1B (アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のCIWS。明確な発砲シーンは確認できず)M230発砲。AH-64E搭載の機関砲(セリフで「陸海空海兵隊とモナークが協力して〜」と言っているので陸軍所属機。分かりにくいですがゴジラとキングドラの最終決戦時にアルゴとF-35からミサイル発射後にヘリから火線が放たれている描写があります+オスプレイはモナーク所属機体・テログループに奪われた機体・アメリカ軍所属機体全てに一切武装がありません+アパッチが飛行・撃墜されるシーンが複数あり、登場ヘリで武装があるのはアパッチのみです。エマ・ラッセルとマーク・ラッセルがハンヴィーに乗り、娘を探すシーン中に墜落するアパッチのスタブウイングにロケット弾ポッドが搭載されているのが確認できます。ヘルファイアは未確認。※E型としましたがD型かもしれません。動きとカットの切り替えが早く、それ以前に夜間かつ、アップシーンは全く無かったので。ローターマストに皿はあったのでD型以降の型なのは間違いないとは思いますが) M16の塗装は数パターン確認できます。.痢璽泪襪淵ンブラック(後半登場のアメリカ軍兵士のものと主人公達メインキャラチームに直接同行するモナーク要員5〜6名)▲皀福璽南極基地用の冬季迷彩(白色のみの単色迷彩)、一部はテログループに奪われ、使用される。サンドカラー(色合いはタンに近いがタンとは色味が明らかに違う)主人公達メインキャラとは別行動のモナーク要員。中盤のラドン復活時のメキシコのシーンで登場 ,諒簑。ストックのみ明るい色(タンカラー?サンドカラー?)のものが数挺あり。 ※以下は反映されるかどうかの判断はお任せいたします。海軍艦艇に搭載されたMk.38 25mm機関砲発砲の可能性あり。後半で次々と海軍艦艇が撃沈されているシーンで機関砲らしき砲填兵器の火線(発砲)表現があります。ファランクスにしては火線表現が太く、多数の砲弾が飛翔というにはそれほど濃密な表現(弾幕)ではありません。登場艦艇はアーレイバーク級DDG・タイコンデロガ級CG・ニミッツ級CVNの3種でMk.38が搭載されているのはアーレイバーク級DDGとタイコンデロガ級CGです。なので、描写としてはおかしくはないと思います。機関砲本体は全く映っていませんがCIWS以外で搭載されている機関砲はMk.38になります。繰り返しますが反映されるかどうかはお任せいたします。 -- 2023-01-27 (金) 14:49:13
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-15 (日) 19:41:42 (314d)