ベレッタ M1951 / Beretta M1951 【自動拳銃】

ベレッタ M951
モデル全長重量口径装弾数製造国
M1951(M951)204mm935g9mm×198+1イタリア
M952?mm?g7.65mm×22

 1953年にベレッタ社が軍用拳銃として開発した自動拳銃
 ハンマー露出式のシングルアクション撃発機構で、ドイツのワルサー P38に似たショートリコイルと降下式のロッキングブロックが組み込まれている。ベレッタ初のブリーチ閉鎖式の自動拳銃で、1980年まで製造され、M92の元型ともなった。
 同社のM1934の後継としてイタリア軍に採用されたほか、エジプト*1やイラクでもライセンス生産された。

 1955年には対テロ用としてM1951Rが開発された。"R"は"Raffica(伊)"の略で、"Burst(英)"の意。
 これはフルオート機構を持った機関拳銃で、後にベレッタ M93Rのモデルにもなっている。フォアグリップを付けマガジンを10発に延長しているが、制御が難しく高度な訓練を必要とした。

 1963年には市販モデルのM952が開発された。使用弾薬が7.65mmパラベラム弾に改められたM952は、イタリアにおいて軍用弾である9mmパラベラム弾の使用が、民間では禁止されている為に作られたモデルである。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
エロイカより愛をこめて項目参照
今日からヒットマン項目参照
ゴジラ対メカゴジラ項目参照
ゴルゴ13項目参照
スカーフェイス項目参照
ダーティハリー項目参照
タンタンの冒険旅行 シドニー行き714便漫画スポルディングルガー P08との二挺拳銃(発砲なし)
デジタル・デビル・ストーリー項目参照
ニキータ項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はWIKIMEDIA COMMONSから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一部じゃ重量1300gになってますけど正しいのどっちですか? -- Callahan? 2006-10-26 (木) 09:29:50
  • 1300gの方はフルオート仕様の951Rか971Rかと思われます。
  • 1951が鋼鉄フレームだとしても92シリーズより小型(薄型)な銃ですから…もう少し調べてみます。 -- 地獄の竜? 2006-10-26 (木) 09:58:53
お名前:


*1 ヘルワン・アームズという会社が生産、名称は「M51」

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-21 (火) 08:12:08 (455d)