新世紀エヴァンゲリオン

 原作:GAINAXによるメディアミックス作品。巨大な人型兵器に乗って、使徒と呼ばれる存在と戦う少年少女たち……従来のロボット物のフォーマットながら、他と一線を画した作品となり、一時期は社会現象にまで発展した。TV放映から15周年を迎える現在でも根強い人気を誇っている。

 
 

エヴァンゲリオンの兵装

使用機体銃器名
(モデルとなった銃)
備考
EVA初号機パレットライフル
(ステアー ACR)
ハンドガン
(デザートイーグル .50AE)
「EVA専用拳銃」や「専用拳銃」の名称の時もあり*1
ポジトロン・スナイパーライフル
(シモノフ 対戦車ライフル)
戦略自衛隊技術研究所から徴収
EVA零号機(改)スナイパーライフル
(アークティクウォーフェア)
劇中ではセミオート(?)で発砲
パレットライフル
(ステアー ACR)
EVA専用拳銃
(デザートイーグル .50AE)
おそらくゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズのみの登場
EVA弐号機パレットライフル
(ステアー ACR)
EVA専用拳銃
(デザートイーグル .50AE)
おそらくゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズのみの登場
 

TVアニメ版

新世紀エヴァンゲリオン

1995〜1996年
監督:庵野秀明、アニメーション制作:GAINAX

・ストーリー
 西暦2015年。セカンドインパクトと呼ばれる地球規模の災害により人口は激減、加えて≪使徒≫と呼ばれる存在に怯えながらの生活を人類は強いられていた。
 日本に本拠地を置く特務機関NERV(ネルフ)は、使徒に対抗し得る手段として汎用人型決戦兵器・人造人間エヴァンゲリオンを開発する。そのパイロットの一人として選ばれたのが、碇シンジという14歳の少年だった。父に呼ばれてNERV本部のある第3新東京市を訪れるも、使徒襲撃という最悪のタイミングに出くわしてしまう。幸い、迎えに来たNERV所属の葛城ミサトに助けられ、何とか本部にたどり着くことに成功。
 だが自分が呼ばれた理由が「巨大兵器に乗って使徒と戦うこと」であると知らされたシンジは拒否の反応を示す。そのことで父から心無い言葉をかけられ、その場に立ち尽くすシンジ。代わりのパイロットとして別の少女が呼ばれるが、担架で運ばれ全身包帯という満身創痍の彼女の姿を見たことで、シンジはエヴァンゲリオンに乗ることを決意する―――

使用者銃器名登場話備考
綾波 レイワルサー P99公式イラストのみ
葛城 ミサトH&K USP
相田 ケンスケ名古屋造兵廠 一〇〇式機関短銃4モデルガン
NERV諜報部H&K USP
 

映画版

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

1997年
総監督:庵野秀明、アニメーション制作:GAINAX、Production I.G

・作品解説
 劇場版の第2弾作品。TVシリーズの第25話と最終話のリメイクとして、完全新作映像として制作された。

使用者銃器名備考
葛城 ミサトH&K USP
赤木 リツコKBP R92ロシア製リボルバー
ターミナルドグマで所持
碇 ゲンドウCZ75Bターミナルドグマで使用
日向 マコトグロック 17
青葉 シゲルステアー MPi69雑誌『EVANGELION CHRONICLE』では、ソシミと記載
NERV保安要員IMI ミニウージー
戦略自衛隊・突入部隊H&K G11最終プロトモデル
DNAG パンツァーファウストIIIネルフ本部の駐車場で使用
FN ハイパワー
US M2火炎放射器
 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

2007年〜
総監督:庵野秀明、アニメーション制作:スタジオカラー

・作品解説
 2006年10月の雑誌『ニュータイプ』誌上で、『エヴァンゲリオン新劇場版 REBUILD OF EVANGELION(仮題)』として製作が発表された旧世紀版の再構築作品。アニメにて放映されたものと同じシーンも全て再撮影を行い新規に制作されている。
 全4部作が予定され、2007年には一作目『序』、2009年に二作目『破』、2012年に三作目『Q』が公開されており、またQ本編終了後の次回予告にて予定上は最終作となる『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:||』が発表された。
 前回のTVシリーズ及び劇場版を「旧世紀版」と呼称したいという庵野監督の意向により製作され、前作では明かされなかった「新たな真実」が描かれることは明言されており、NERVやSEELEのシンボルや一部のキャラクターの立ち位置・役職が変更され、『破』からは新たなエヴァも登場し、ストーリーにも変化が見られる。
 また本作品群の制作は、GAINAXではなく庵野監督の個人スタジオ「カラー」が行っている。

登場作使用者銃器名備考
NERV保安要員MP7A1冒頭の弐号機搬送シーンにて
加持リョウジH&K USP『Q』予告内
レーザーサイト装着
QWillE職員H&K XM8シンジの護送時
 

漫画版

新世紀エヴァンゲリオン

1994年〜、月刊少年エース、月刊ヤングエース掲載
原作:カラー・GAINAX、作画:貞本 義行

・作品解説
 全シリーズ通してのキャラクターデザイナーである貞本 義行自身によるコミック版。TVシリーズ及び旧劇場版とは展開がやや異なる。2009年に掲載誌を月刊少年エースから月刊ヤングエースに移し、2013年に連載完結。

使用者銃器名登場話備考
葛城 ミサトH&K USP
グロック 17第12巻突入部隊の兵士から奪う
伊吹 マヤベレッタ M84第12巻発砲無し
日向 マコトベレッタ M92F第12巻
IMI ウージー第13巻
青葉 シゲルIMI ウージー第12巻〜
碇 ゲンドウワルサー P99第12巻〜初期型
赤木 リツコベレッタ M84FS第13巻
H&K P2000STAGE.85のみ、ベレッタがP2000に入れ替わっている。
詳細不明S&W M36レーザーサイト装着
NERV保安要員IMI ウージー第12巻
戦略自衛隊・突入部隊H&K G11第11巻G11K2と最終プロトモデルの二種
ワルサー P99第11巻初期型
STAGE.76表紙
FFV AT4第12巻ネルフ本部の駐車場で使用
US M2火炎放射器第12巻
グロック 17第12巻

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 劇場版エヴァで碇ゲンドウがターミナルドグマで使用している銃がPPKとなっていますがPPKにしてはゴツゴツしすぎな気がします。私には詳しく判別できかねますがCz系の銃ではないでしょうか -- 2012-08-10 (金) 16:51:27
  • M16A1がたしか漫画版で出てきていました。 -- ーーー? 2012-08-20 (月) 13:43:58
  • 新劇場版Qでシンジを護送していた人達が持っていた銃はパンフを見る限りXM8っぽいです -- 2012-11-17 (土) 17:47:24
  • Qの護送兵のXM8、G36風のキャリングハンドル付けてる? -- 2012-11-18 (日) 18:46:44
  • パレットライフルはファマスじゃないの? -- 2013-01-17 (木) 21:33:54
  • もともとACRが若干FAMASに似ているということもありますが、それでも間違いなくパレットライフルはACRでしょう。特徴としてパレットライフルはバレル上部にベンチレーテッドリブがあります。FAMASにはありませんが、ACRにはある。この違いは大きいでしょう。 -- 2013-05-19 (日) 00:06:04
  • 新劇場版:破の終わりの次回予告、つまりQの予告ですがその中で加持リョウジが振り回していた拳銃はHKのUSPだと見えましたが、いかがでしょう。 -- 2013-05-19 (日) 00:10:33
  • TVアニメの第16話に出現した初号機専用拳銃は一体なんですか? デザートイーグルとSIG両方に見えますが・・・ -- S? 2015-03-03 (火) 23:59:29
  • 葛城ミサトが漫画版で持っているUSPは40口径モデルではないでしょうか -- 2015-03-21 (土) 22:35:19
  • 単行本12巻の52ページのマガジンが描かれているコマを見ると分かります -- 2015-03-21 (土) 22:37:31
お名前:


*1 ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズでは「EVA専用拳銃」、プラモデルでは「専用拳銃」の名称になっている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:05:57 (1283d)