FN SCAR 【突撃銃】

SCAR Gen 1
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数発射形式製造国
SCAR-L612(838)mm3.28kg5.56mm×4520/30S/Fベルギー
アメリカ
FNAC629(861)mm3.12kg
HAMR685(876)mm4.62kg
SCAR PDW520(632)mm2.49kg
SCAR-H798(1021)mm3.51kg7.62mm×5120
SCAR-H TPR1028(1079)mm4.84kg7.62mm×5120S
Mk.16 & Mk.17

 FN社が特殊部隊向けに開発した次世代突撃銃。SCARは「Special operations forces Combat Assault Rifle:特殊部隊用戦闘突撃銃」の略。
 5.56mm版の「SCAR-L(Light)」と7.62mm版の「SCAR-H(Heavy)」の二種が用意され、各パーツを共通化した事で操作や整備が同じ手順で行える。保守部品を別途用意する必要が無く、製造/保守コストの削減も望める。そして、新たに6.8mm口径などの新しい弾が登場してもスムーズに適用が可能な様、設計されている。

 現代の歩兵用ライフルは、ピカティニーレールを介して、各種光学機器をはじめとする幾つものアクセサリーを装着するスタイルが定着しつつある。そのためSCARでは、レールを支えるレシーバーからフォアエンドまでを一体化し、構造的な弱点となる接合部分を廃する設計とされた。レバー類はアンビ化され、構えをスイッチしてもグリップを保持したまま全て操作可能なようレイアウトされた*1。グリップ・トリガー周りのデザインは、最終的にAR15/M16タイプとされ、制式ライフルの交替をスムーズ化する配慮がなされた。
 ストックは伸縮と折畳みが可能な上、従来のスナイパー用ストックのように調節可能なチークピースを備える。これによって、使用者の体格や装備状況*2に、より幅広く対応が可能となった。折畳む際も角度が若干オフセットされるため、排莢口を塞がない。
 折り畳み式のフロントサイトが据えられたガスブロックにはガスレギュレーターを備え、サプレッサー使用時にはガス流量を最適化することができる。
 また、専用のアドオングレネードランチャーとして、FN40GLが開発されている。M203AG36で必要だったハンドガードの交換無しに、バレル固定のアンダーレールを介して、素早い着脱が可能だ。

 FN社の意図としては現在、アメリカ特殊部隊が使用中のM16M4、狙撃用のSPR Mk.12の後継としてSCAR-Lを、M14およびSR25の後継としてはSCAR-Hを、そして現在導入が検討されている6.8mm口径弾にはSCARの新たなモデルを用意し、あわよくばアメリカ軍の主力火器全てをSCARで統一してしまおうと目論んでいたようだ。

 2005年からアメリカSOCOMが大量に購入し、SCAR-LとHにはそれぞれ「Mk.16 Mod.0」「Mk.17 Mod.0」の名称を与えて、前線でも本格的な運用試験を行っていた。FN社も制式採用のアナウンスを出すなど米軍採用の次世代ライフルのド本命とされていたが、SOCOMは、5.56mm口径のMk.16について、2010年以降の購入のキャンセルを発表した。ただし、7.62mm口径のMk.17については引き続き購入するとのアナウンスも出ている。

 FNは、L、Hを基本に、SCARの様々な用途に応じた派生モデルを発表している。
 2010年には、IAR計画で開発された、フルオート射撃時に自動的にクローズドボルトからオープンボルトへ切り替わってコックオフを防ぐユニークな機構を有するHAMR(Heat Adaptive Modular Rifle)を、2011年には、空虚重量2.5kgを切る小型軽量モデルSCAR PDWを発表している。
 2012年には、米陸軍の「インディビジュアル・カービン*3」用に開発した、SCAR-Lの改良モデル「FNAC(FN Advanced Carbine)」を登場させている。機構上の変化としてチャージングハンドルが射撃時にボルトと連動して動作しないように改良されており、より安全に射撃可能となっている。またこれに伴い、フォアエンドのネック部にあった事故防止用の黒いブロックが廃止された。その他、SCAR PDWのようにフロントサイトも着脱式に改められ、ガスブロック前方にバヨネットラグを追加して米軍制式のM9銃剣に対応した。
 またSCAR-Hには長銃身と延長フォアエンド、精密射撃用のバットストックを備えた狙撃用/DMRモデルSCAR-H TPRが登場している。TPRは「Tactical Precision Rifle:戦術精密ライフル」の略。アメリカ市場ではMk.20 SSR(Sniper Support Rifle)の名称で販売されている。 2015年1月には、米陸軍のCSASS(Compact Semi-Automatic Sniper System)プログラム用に開発した「CSR-20」を発表している。Mk.20をベースに、銃身を16インチに切り詰めM4用バットストックを標準で使用可能としたモデルである。

 アメリカの民間市場では、SCAR-LとHはそれぞれ「SCAR 16S」及び「SCAR 17S」の名称でセミオートモデルが販売されており、ユーザーからは操作性や反動のマイルドさが評価されている一方、ストック周りの不具合なども報告されている。また、カービンサイズでは側面レールが短い点なども指摘され、延長レール付きフォアエンドや、サードパーティ製のM4タイプのテレスコピックストック用アダプターが販売されている。
 米軍SOCOM隷下の特殊部隊ではサードパーティ製パーツを用いてSCAR-Hをモジュラーウェポンとして運用しているようで、市販の5.56mmコンバージョンキットや、M110とマガジンを共用可能なSR-25マガジン対応ロワーレシーバー等の運用例が目撃されている。

登場作品ジャンル使用者備考
96時間/レクイエム項目参照
007(ゲーム)項目参照
24 -TWENTY FOUR-項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
Combat Arms項目参照
DARKER THAN BLACK
-漆黒の花-
項目参照
Dead Trigger2ゲームカイル迷彩
ダットサイト
Find Makarov: Operation Kingfish項目参照
G.I.ジョー項目参照
HOME FRONT項目参照
IS <インフィニット・ストラトス> 2アニメ兵士SCAR-L CQC
FN40GL-L装着
KILLING FLOOR項目参照
MAG項目参照
OPERATION7項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
アーバンカオスゲームニック・メイソンフォアグリップ
スコープ
アームド・アサルト項目参照
インセプション項目参照
ウォーキング・デッド項目参照
うぽって!!項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エリジウム項目参照
オール・ユー・ニード・イズ・キル映画ウィリアム・ケイジ機動スーツ右腕に装着*4
未来風プロップガン
FN EGLM装着
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
カウンターストライク オンライン項目参照
火線上のハテルマ項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
今日からヒットマン項目参照
キングスマン項目参照
グリザイアの果実項目参照
クロスファイア項目参照
クロムクロ項目参照
ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ項目参照
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア2項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
ご注文はうさぎですか?項目参照
コンビニDMZ項目参照
ザ・ガンマン項目参照
ザ・コンサルタント映画組織の傭兵SCAR-L CQC
ダットサイト装着
ラストの銃撃戦で使用
サドンアタック項目参照
さばげぶっ!項目参照
サボタージュ項目参照
猿の惑星:新世紀(ライジング) 項目参照
職業・殺し屋。漫画バート軍曹『戦士の王国』編
Mk16
EGLM装着
スーサイド・スクワッド項目参照
スプリンターセル項目参照
スペックオプス ザ・ライン項目参照
世界征服
〜謀略のズヴィズダー〜
アニメ東京都軍特別遊撃隊SCAR-L
ブラックカラー
第7話
せきさば!項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ソルジャーズ・アイランド項目参照
ダイ・ハード項目参照
対魔導学園35試験小隊アニメSCAR CQC
リムジンのトランクに収納
第8話
タブー・タトゥー項目参照
デッドプール項目参照
デビル17項目参照
天使と悪魔項目参照
特例措置団体ステラ女学院中等科C3部項目参照
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ項目参照
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ項目参照
ボーン・アイデンティティー項目参照
ほんとにあった!霊媒先生アニメ署長M68ダットサイト装着
グリップポッド装着
第17話で使用(発砲無し)
マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合項目参照
みりたり!項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルマックス2:リローデッド 忘れえぬ人項目参照
ヨルムンガンド項目参照
ラキア項目参照
ルーザーズ項目参照
ルパン三世項目参照
レインボーシックス項目参照
レッドスティール項目参照
レフト 4 デッド 2項目参照
ロックアウト項目参照
ワイルドスピード項目参照

動画


このページの画像はFN社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • SCAR-Hがベースの分隊支援火器モデルって存在しないのね・・・・ -- 2016-08-03 (水) 13:54:29
  • ↑ん?HAMRがそれに該当するんじゃないですかね。 -- 2016-08-04 (木) 20:25:35
  • 表にあるデータ通り、HAMRは5.56mm弾モデルのみだよ。HK417にもそういうモデルは無いけどライフルサイズではそういう運用には限界があるんだろうね。 -- 2016-08-04 (木) 20:36:20
  • ↑×2すみません、勘違いしてました。 -- 2016-08-05 (金) 20:50:58
  • 既出かつ解決済みなら申し訳ないのですが、SCARってたしか無加工でPマグ使えないんでしたよね?使うためにはPマグ側に手を入れないといけないとかYouTubeで観たような・・・。 -- 2017-07-03 (月) 18:50:12
  • 普通に使えますけど。HK416の話では(そっちも既に最新モデルでは対応済みですけど) -- 2017-07-03 (月) 19:37:06
  • ↑今、自分が観た動画を再度確認したところ、コメント欄に「gen3なら加工はいらない」との記述をみつけました。早計でした。申し訳ありません。 -- 2017-07-03 (月) 20:47:43
  • ttps://youtu.be/rDmM0eN8jhc ちなみにこちらの動画です。 -- 2017-07-03 (月) 20:48:28
  • Hの方かとオモタ。Hはロアレシーバーの方をハンドルディフェンスのものに変えないと上記の通りSR25マグやPMAG使えないよな。jjlee84さんの17s見るとPMAG仕様もカッコイイ。 -- 2017-07-03 (月) 21:27:50
  • そういえばSOCOMではSR25互換ロワー使ってるけど7.62mmPMAGの使用例は聞かないね。ファクトリーマガジンの性能が結構いいという事かな。 -- 2017-07-03 (月) 22:37:28
お名前:


*1 ただし、チャージングハンドルは組替えによって左右をスイッチする。
*2 ボディアーマー装着時など。
*3 M4の後継カービンの開発・選定を企図した、米陸軍主催のコンペティション。2013年に計画は白紙化。
*4 宣伝広告では左腕に装着

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-03 (月) 22:42:00 (49d)