ダイ・ハード / Die Hard

 NYPD(ニューヨーク市警察)の刑事であり、世界一ついていない男、ジョン・マクレーン 警部補が孤軍奮闘する大人気アクションシリーズ。ここ10年近いアクション映画の実質的な方向性を決定した、ある意味では金字塔的な作品。原作はロデリック・ソープの小説「Nothing Lasts Forever」。
 2013年にはロシアを舞台にシリーズ5作目となる「ダイ・ハード/ラスト・デイ」が公開された。

原作小説

ダイ・ハード (原題 Nothing Lasts Forever)

ロデリック・ソープ著 邦訳:黒丸 尚 新潮文庫
 

 警察の保安顧問を務めるリーランドは、クリスマスの夜、LAの石油企業で働く娘の元を訪れる。しかし、契約成功を祝うパーティーにテロリストが乱入。人質の命を守るため、彼はたった一人で戦いを挑んだ。

ケネディ空港着陸不能 (原題 58 Minutes)

ウォルター・ウェイジャー著 邦訳:小梨直 二見書房
 

 ケネディ空港が謎のテロリストにより管制機能を麻痺させられた。ニューヨーク市警対テロリスト課のマローンが事態の収拾を図るが・・・。
 「ダイ・ハード2」のストーリーは本作を原作としている。

使用者銃器名備考
フランク・マローンコルト ディテクティヴスペシャル
MAC M11イトウから強奪
ベンジャミン・ハミルトンスプリングフィールド M14スコープ
ヴィリ・シュタウプMAB P15
CZE Vz61
ウェザビー MkV
H&K VP70Z
パコ・ガルシアMAC M11減音器
イトウ・タケシ
テロリストベレッタ M12
オマーの護衛H&K MP5

映画版

ダイ・ハード (原題 Die Hard)

1988年、アメリカ映画
監督:ジョン・マクティアナン

・作品解説
 日系企業の高層ビルを舞台にテロリストたちと死闘を繰り広げる。かつて映画評論家の故淀川長治氏が「カーアクションなしでここまで面白いアクション映画が撮れるとは素晴らしい」と絶賛した名作であり、後に『沈黙の戦艦』など、多くの後追い・類似作品をも生み出した。また、俳優ではジョン・マクレーン役のブルース・ウィリス、銃火器ではベレッタ 92FMP5の人気を大きく向上する事となった。ちなみに本作で使用された92Fは、前年の『リーサル・ウェポン』でリッグス刑事役のメル・ギブソンが携えていたものと同一のプロップガンである。

 一方、内容では日本との貿易摩擦をも織り込み、日本を遠回しに批判してもいる。しかし単にあげつらうだけでなく、伏線(日本企業は既婚女性を雇いたがらない)としてしっかり生かしているあたりは心憎い。

使用者銃器名備考
ジョン・マクレーンベレッタ M92F延長型スライドリリースレバー仕様
メインアーム
H&K MP5A3(HK94)トニー、マルコ、ウリから強奪して使用
アル・パウエル巡査部長S&W M15コンバットマスターピース
4インチモデル
リバース(SWAT隊員)ベレッタ M92F
SWAT隊員コルト AR1520連マガジン使用
ビッグ・ジョンソン(FBI)ステアー SSG69スコープ装着
ヘリコプターより使用
FBIエージェントサコー M60ヘリのドア部にマウント
ハンス・グルーバーH&K P7M13ステンレスモデル
登場時のみサプレッサー装着
ベレッタ M92F一般人になりすまし、マクレーンから渡される
H&K MP5A3(HK94)フランコの銃を使用
カールワルサー PPKナカトミビルの警備員を始末する際に使用
サプレッサー装着
ステアー AUG A1劇中全般に渡って使用
ミリタリーモデル
ベレッタ M92Fマクレーンから奪取
アレクサンダーサコー M60E3パウエルのパトカー、大型ライトへ銃撃
MD SMAWSWATの装甲車へ攻撃
おそらく映画用のプロップ
ハインリッヒワルサー P5発砲出来ず
H&K MP5A3(HK94)劇中全般に渡って使用
撮影で使用しているのは全てHK94のコンバージョンプロップガン
トニー
マルコ
ウリ
エディ
クリストフ
ジェームズ
フランコ
フリッツ

ダイ・ハード2 (原題 Die Hard 2)

1990年、アメリカ映画
監督:レニー・ハーリン

・作品解説
 前作から1年後のワシントン。
 記録的な猛吹雪に見舞われたダレス国際空港を舞台に、NYPDからLAPD(ロサンゼルス市警察)に職場を移したマクレーン警部補が、テロリストたちと死闘を繰り広げる。
 ロバート・パトリック、フランコ・ネロなど後のスター、先のスターが共演した。

 劇中ではグロック 17が「グロック 7」という「ドイツ製の非常に高価な特殊拳銃」として登場している。「プラスチック製でX線に映らない」という台詞もあるが、「グロック 7」はともかくグロック 17はもちろんX線にも映るし(少なくとも中の弾は金属製)、またドイツではなくオーストリア製である。

使用者銃器名備考
ジョン・マクレーンベレッタ M92FSメインアーム
H&K MP5A3教会でガーバーから強奪
カーマイン・ロレンゾ空港警察署長ベレッタ M92FS発砲無し
空港警察官S&W M194インチモデル
序盤と終盤でマクレーンに向ける
ベレッタ M92FS終盤でマクレーンに向ける
SWAT(空港警察)コルト M16A1「スカイウォーク」で使用
イサカ M37
スチュアート大佐グロック7(セブン)「ドイツ製の非常に高価な特殊拳銃」として登場
H&K MP5A3滑走路で使用
US M61破片手榴弾
ラモン・エスペランザ将軍コルト M1911A1護送機内で使用
ガーバーH&K MP5A3スコープ装着
教会で使用
US M61破片手榴弾滑走路で使用
オズワルド・コクラングロック7
ミラーグロック7
ベレッタ M92FSミスカット
H&K MP5K教会で使用
ベーカーグロック7サプレッサー装着
教会で管理人を殺す際に使用
トンプソンH&K MP5K
オライリーグロック7「スカイウォーク」で使用
二挺拳銃(右手)
H&K MP5K「スカイウォーク」で使用
二挺拳銃(左手)
H&K MP5K「スカイウォーク」で使用
シェルドン
ショックリー
マルキー
バーグH&K MP5K
カーンH&K MP5K
US M61破片手榴弾滑走路で使用
グラント少佐ベレッタ M92FS
米陸軍兵士コルト M16A1教会で使用
コルト M16A2
ニュース映像のテロリストUSSR AK47序盤に登場

ダイ・ハード3 (原題 Die Hard: With a Vengeance)

1995年、アメリカ映画
監督:ジョン・マクティアナン

・作品解説
 ニューヨークを舞台にテロリストたちと死闘を繰り広げる。
 サミュエル・L・ジャクソン、ジェレミー・アイアンズら有名俳優の活躍が目立った。
 何故か、マクレーンはLAPDからNYPDに戻っており、いつものように事件に巻き込まれる。

使用者銃器名備考
ジョン・マクレーンベレッタ M92FSメインアーム
S&W M60背中にテープで貼られている
S&W M36ヘリの警官から借用
MAC M11AAI M10かも
倒したテロリストから奪ったもの
ゼウス・カーバーS&W M60マクレーンの背中にあったもの
H&K MP5K倒れたテロリストから奪ったもの
地下鉄の警官グロック 17ゼウスに向ける
エリックH&K MP5K
オットーグロック 19
交通警察官グロック 17
カートH&K MP5K
カティアベレッタ M92FS
ワルサー PPK/Sシルバーモデル、パール色のグリップ
サイモン・ペーター・グルーバー
(ピーター クリーク)
USSR マカロフ連邦準備銀行内で所持
H&K MP5Kゼウスが持っていたものを取り返してセフティ解除
サコー M60ヘリから射撃
テロリストグロック 19
H&K MP5K劇中全般に渡って所持
IMI ウージー
IMI マイクロウージー連邦準備銀行で所持
MAC M11AAI M10かも
スリング装着
船上で所持
ブッシュマスター XM15E2ダムの水路を爆破するシーンで一瞬登場
レミントン M700ヤンキー・スタジアムで待ち伏せ
サプレッサーバイポッド装着
ヘリのパイロットS&W M36マクレーンに貸与する
連邦準備銀行の警備員モスバーグ M500ヒートシールド装着
グロック 19
連邦保安官グロック 17

ダイ・ハード4.0 (原題 Die Hard 4.0、北米のみLive Free or Die Hard)

2007年、アメリカ映画
監督:レン・ワイズマン

・作品解説
 3作目から12年を経て作られたシリーズ4作目。
 独立記念日に全米に仕掛けられたサイバーテロ。マクレーンは偶然テロの片棒を担いでしまった若きハッカー・マットの護送を命ぜられた為に、否応無しにマットの口封じを図るテロ集団と戦いを繰り広げる羽目になる・・・・・・
 テロ・アクションの規模がシリーズ最高の本作。今作からマクレーンの使用する銃は、終盤はPx4を使用するものの、ベレッタ92からSIGの.45口径(詳細はパンフレットに記載)へと変更。*1
 また映画では初めてF35戦闘機(VTOL型のF35B)が登場。とはいえ大半がCGなので、ヘリ並のホバリング機動で現実には?な大立ち回りを演じてくれる。また、本来B型には無い機銃をそれも2門装備している。

使用者銃器名備考
ジョン・マクレーンシグザウエル P220R*2.45口径モデル
H&K UMP.45ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
襲撃部隊から奪う
発砲無し
H&K P2000SKサイレンサー
マイの銃
マイとの格闘時に一瞬だけ取り出すが蹴り飛ばされる
グロック 21テロリストの予備
使用後投棄
ベレッタ Px4ルッソの物
マット・"マシュー"・ファレルベレッタ Px4マクレーンが落とした物を使用
ミゲル・ボウマングロック 22ウエストホルスターに収納
発砲無し
ルーシー・マクレーンH&K USPコンパクトエマーソンの物
暴発させる
トーマス・ガブリエルIMI ジェリコ941ステンレスモデル
マイ・リーンH&K P2000SKサイレンサー
シグザウエル P220Rジョン・マクレーンの物
発砲無し
シグザウエル P226Rサイレンサー
発砲無し
ランドMk12 Mod 0 SPRサイレンサー
スコープ
レーザーサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
駐車場からの狙撃ではバイポッドも使用
キンバー カスタム TLE II
ベレッタ Px4冷却塔でマクレーンが落とした物を使用
エマーソンH&K MP7A1ダットサイト
H&K UMP.45ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
発砲無し
H&K USPコンパクト発砲無し
ルッソベレッタ Px4初登場時のみ
サイレンサー装備
コルト M4RAS装備
ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
レーザーサイト
社会保障局警備員の物
発砲無し
テロリストH&K UMP.45ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
H&K G36Cダットサイト
タクティカルライト
コルト M4RAS装備
ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
レーザーサイト
社会保障局警備員の物
発砲無し
シグ SG552発砲無し
ベレッタ M92Fトレーラー内で使用
ベレッタ エリート1A発砲無し
H&K USPタクティカルサイレンサー
シグザウエル P226Rサイレンサー装備
グロック 21発砲無し
ワシントンD.C.首都警察ベレッタ M92SB発砲無し
グロック 22
ウエストバージニア発電所警備員シグザウエル P220R-
FBI捜査官コルト M4A1RAS装備
ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
レーザーサイト
H&K MP5A2発砲無し
H&K MP5A3発砲無し
HRT隊員コルト M4RAS装備
ダットサイト
タクティカルライト
フォアグリップ
レーザーサイト
発砲無し
米軍兵士コルト M16A2発砲無し
F35パイロットGAU-22/A イコライザー25ガトリング砲
F35搭載機銃
2門装備
FBI本部内 武器庫コルト M4RAS装備
フォアグリップ

ダイ・ハード/ラスト・デイ (原題 A Good Day to Die Hard)

2013年、アメリカ映画
監督:ジョン・ムーア

・作品解説
 シリーズ初のアメリカ以外が舞台となる。また、4作目ではマクレーンの娘がフィーチャーされていたが、本作では息子が“相棒”として登場する。

使用者銃器名備考
ジョン・マクレーンベレッタ 92FS警察署の屋内射撃場で使用
M249 パラトルーパーEOTechホロサイト装着
CIAのセーフハウスで使用
シグザウエル P220RTANフレーム
客の車のトランク内から持っていく
ヘリ内部潜入時に使用
S&W M&PCIAのセーフハウスから持って行く
発砲無し
レミントン M870 MCSタクティカルライト付きフォアエンド
マズルブレーキ付きバレル
レシーバー側面に予備弾倉ホルダー装着
CIAの緊急用ロッカーから拝借
タワー最上階で使用
イジェマッシ AK104マウントレール仕様のハンドガード
タクティカルライト装着
フォアグリップ装着
タワー最上階で敵から強奪
水平二連式散弾銃ソードオフ
クラブの駐車場で、客の車のトランク内から拝借
FN SCAR-H CQCブラックカラー
EOTechホロサイト装着
タクティカルライト装着
フォアグリップ装着
AN/PEQ-15装着
クラブの駐車場で、客の車のトランク内から拝借
チェルノブイリで使用
ジョン・“ジャック”・マクレーン・Jr.マカロフナイトクラブと裁判所脱出時に使用
S&W M&Pマクレーンから没収する
発砲無し
ナイフ型拳銃4連発
タワー最上階で使用
イジェマッシ AK104フォールディングストック
ブルガリアン・ワッフルマガジン
CIAの緊急用ロッカーから拝借
タワー最上階で使用
DSA SA58 OSWEOTechホロサイト装着
タクティカルライト装着
フォアグリップ装着
20連弾倉
クラブの駐車場で、客の車のトランク内から拝借
チェルノブイリで使用
ベレッタ 92SBチェルノブイリで使用
イリーナ・コマロフベレッタ Px4 サブコンパクト
H&K MP5K-PDWチェルノブイリで手下から借用
ユーリ・コマロフシグザウエル P229R
POF P416チェルノブイリで落ちていた物を使用
アリクステアー AUG A3M203装着
EOTechホロサイト装着
ワルサー PPQ タクティカル
チャガーリンの手下イジェマッシ AK104タクティカルライト装着
フォアグリップ装着
ステアー AUG A3タクティカルライト装着
ダットサイト装着
セーフハウス襲撃時はEOTechホロサイト装着
M249 パラトルーパーレーザーサイト装着
RPG7カーチェイス時に使用
ケル・テック KSG
H&K MP5K-PDWサプレッサー装着
シュアファイア M900装着
ダットサイト装着
パトリオット オーディナンス ファクトリー P416フォアグリップ装着
ダットサイト装着
コリンズ
(CIA捜査官)
シグザウエル P229Rサプレッサー装着
CIAのセーフハウスで所持
ロシア軍兵士イジェマッシ AK104序盤の護送時に所持
バレット M82A1屋上の隊員が所持
CIA職員M4A1終盤、空港で所持

決めゼリフ

第1作。無線交信で"Do you really think you have a chance against us, Mr. Cowboy?(勝ち目があると思っているのかね、カウボーイ君?)"とあざ笑うハンスに向かって;

“Yipee-yi-yea... mother-fucker.”
 (イピカイエ、くそったれめ)

 シリーズを通じた決め台詞。"Yipee-yi-yea"とは特に意味ある言葉ではなく、"Yahoo(ヤッホー)"、"Yeah(イエーイ)"などと同じ『掛け声(雄叫び?)』の様なもの。ちなみに"Yipee-yi-yea""Yipee-yi-oh"とつなげて合いの手を入れることもある。
 元々はカウボーイ用語(?)で、ウェスタンショーなどで飛び出すこともあるらしい。ハンスに(時代遅れの)カウボーイと揶揄されて、即座にカウボーイ言葉で切り返すあたり、いかにも人を食ったマクレーンらしい。
 なお公式には"Yipee-yi-yea"だが、マクレーンはなまっているのか、"Yipee-ki-yea"と発音している。

 余談だが、このあと最上階でマクレーンと鉢合わせしたハンスは、正体を隠すため、アクセントや発音などをそれまでの『英語』から、とっさに『米語』に切り替えている。

 第二作目では「くたばれ!」、第三作目では「ざまあみろ!」、第四作目では再び「くたばれ!」という意味で使われている。


上記の台詞(原文)はFOX映画『ダイ・ハード』からの引用です。
引用・転載に関しては、版元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2作目でテロリストのベーカーが教会の管理人を殺す際にグロッグ7を使用してました(サイレンサー) -- 2018-06-19 (火) 16:41:18
  • (サイレンサー装着) -- 2018-06-19 (火) 16:41:45
  • 2作目でSWATが使用していた散弾銃はレミントン M870ではなく、イサカ M37です -- 2018-06-19 (火) 16:46:08
  • 2作目で教会の人を殺したのはオズワルド・コクランではなく、ベーカーです -- 2018-06-19 (火) 17:14:21
  • ダイ・ハード2の使用者のとこは
    ジョン・マクレーン
    カーマイン・ロレンゾ空港警察署長
    空港警察官
    SWAT
    スチュワート大佐
    ラモン・エスペランザ将軍
    ガーバー
    オズワルド・コクラン
    ミラー
    ベーカー
    トンプソン
    オライリー
    ショルドン
    ショックリー
    マルキー
    バーグ
    カーン
    グラント少佐
    米陸軍兵士
    ニュース映像のテロリスト
    という順番にしてほしいです
    (シェルドン、ショックリー、マルキーはセットにしてください) -- 2018-06-26 (火) 07:37:16
  • 早速修正しておきました -- 2018-06-26 (火) 08:00:03
  • ありがとうございます -- 2018-06-26 (火) 16:39:54
  • バーグが使用していたとはH&K MP5Kです -- 2018-06-26 (火) 16:41:36
  • バーグが使用していた銃はH&K MP5Kです -- 2018-06-26 (火) 16:42:09
  • バーグはUS M61破片手榴弾を使用してません -- 2018-06-26 (火) 19:46:07
お名前:


*1 撮影の都合上空砲を共通化するためプロップガン化の際に拳銃とSMGは9mm仕様に変更されている
*2 コンバットマガジンの記事では9mm版P226Rとなっている

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-05 (火) 21:56:01 (45d)