猿の惑星 / Planet of the Apes

原作:ピエール・ブール
 
 

フランスの小説家・ピエール・ブールの小説が原作のSF映画。これまでに三回映画化された。

猿の惑星 (原題:Planet of the Apes)

1968年、アメリカ映画
監督:フランクリン・J・シャフナー

 ジョージ・テイラーら4人の宇宙飛行士は6ヶ月の宇宙探検から地球に帰還する途中、ある惑星に不時着する。調査のために惑星を探索する中、彼らは人間が猿に狩られるという衝撃的な光景を目の当たりにする。そこは猿が支配する惑星だったのだ!

 
使用者銃器名備考
ジョージ・テイラーウィンチェスター M1近未来カスタムモデル
スリング装着
ルーシャス
サル(ゴリラ)近未来カスタムモデル
スリング装着
鈍器として使用する者も
コルト ポケット宇宙飛行士の護身用
 

続・猿の惑星 (原題:Beneath the Planet of the Apes)

1970年、アメリカ映画
監督:テッド・ポスト
 

 テイラーは前作で出会ったノヴァと共に馬に乗って”禁止地帯”を探索する中、巨大な火の壁や雷、地割れといった幻覚を目撃。危険を感じた彼は、ノヴァにジーラの元へ行くように言う。その途中でノヴァはテイラーの同僚の宇宙飛行士のブレントと出会い二人はジーラとコーネリアスの助けを受けてテイラーを探す旅に出たが、追っ手のサルから逃れた先の地下の廃墟で、地球を消すほどの破壊力を持つコバルト爆弾を神と崇めテレパシーを使う謎の人類に捕まってしまう。
 その頃、タカ派の軍人・ウルサス将軍は領土拡大のため、禁止地帯への侵攻を主張。科学庁長官のゼイウス博士と共に軍隊を引き連れ出撃を開始した……。

使用者銃器名備考
ジョージ・テイラーウィンチェスター M1近未来カスタムモデル
鈍器として使用
ブレントテイラーから借りる
鈍器としても使用
ゼイウス博士ウィンチェスター M1鈍器として使用
ウルサス将軍
軍曹
マドセン M50近未来カスタムモデル
サル(ゴリラ)ウィンチェスター M1近未来カスタムモデル
スリング装着
鈍器としても使用する者も
マドセン M50近未来カスタムモデル
前装式カノン砲使用せず
 

新・猿の惑星 (原題:Escape from the Planet of the Apes )

1971年、アメリカ映画
監督:ドン・テイラー

 1971年、南カリフォルニア沖で救助隊が宇宙船を発見。陸軍の協力で回収され搭乗員が救出されるがなんとそれはコーネリアス、ジーラ、そしてマイロ博士の三名だった。彼らはマイロ博士によってテイラーが乗って来た宇宙船で消滅する地球から脱出したのだった。
 最初は単なる猿として扱われ、ロサンゼルス動物園に送られると調査のために動物心理学者のルイス・ディクソン博士とステフォニー(スティービー)・ブラントン博士が派遣される。途中でマイロが隣の檻のゴリラに絞殺されてしまうが、その後ジーラが実験の最中に言葉を発したことで大統領査問委員会に掛けられ、知的生物と認められると一転して”時の人”として多忙な日々を送ることになった。しかし大統領の科学顧問であるオットー・ハスライン博士だけはある疑念を抱いていた―――。

使用者銃器名備考
コーネリアスコルト ディテクティヴスペシャルディクソンから渡される
終盤で使用
前期型
オットー・ハスライン博士S&W M10アタッシュケースから取り出す
4インチ
米軍兵士ウィンチェスター M1スリング装着の物もあり
スプリングフィールド M1スプリングフィールド M14風に改造したプロップガン
スリング装着の物もあり
警官ウィンチェスター M1912
 

猿の惑星・征服 (原題:Conquest of the Planet of the Apes )

1972年、アメリカ映画
監督:J・リー・トンプソン
 

 前作から20年後の1991年のアメリカ。この時代、8年前の1983年に宇宙飛行士が持ち込んだウィルスによって犬や猫が絶滅し、その代わりとして人類はウィルスの影響を受けなかった類人猿をアフリカやインドネシアから輸入。最初はペットとしていたが、やがて訓練を施せば労働力として使えるとわかりその後体格も向上したことから、猿管理部で虐待同然の訓練を受けその後奴隷として取引されるようになっていった。
 サーカス団の団長であるアーマンドによって密かに保護されていたコーネリアスとジーラの息子・シーザーはアーマンドと共にサーカスの宣伝をする途中で治安維持部隊から暴行を受けるチンパンジーを見て思わず叫んでしまい当局に目を付けられる。アーマンドはシーザーを助けるために警察に出頭し、シーザーはアーマンドの発案で港に輸入された猿の中に紛れ込むが―――。

使用者銃器名備考
シーザーレミントン M870治安維持部隊から奪う
M16
治安維持部隊コルト オフィシャルポリス4インチ
ライオットシールドと共に使用したことも
コルトM1917ライオットシールドと共に使用したことも
ウェブリーリボルバー Mk VI
M1620連マガジン
スリング装着
イサカ M37
レミントン M870
火炎放射器猿管理部に設置
サルM16治安維持部隊から奪う
鈍器として使用
レミントン M870
イサカ M37
火炎瓶
 

最後の猿の惑星 (原題:Battle for the Planet of the Apes)

1973年、アメリカ映画
監督:J・リー・トンプソン

 前作でシーザーの起こした反乱により、人類の文明は崩壊。地球は進化した猿の惑星となり、生き残った人類たちは猿たちの支配下に入ることで何とか生き延びていた。
 ある日シーザーは人間のマクドナルドから、原爆で廃墟と化した都市の地下保管庫に生みの親であるコーネリアスとジーラの映像が記録されたテープがあることを聞かされ、マクドナルド、放射能に詳しいオランウータンのバージルと共に旅立つ。しかしそこはかつての警察署長で現在は知事となっているコルプが率いる放射能で変異したミュータント達が支配していた―――。

 
使用者銃器名備考
シーザーマドセン M50護身用
発砲なし
ウィンチェスター M1スリング装着
バージルマドセン M50護身用
発砲なし
ウィンチェスター M1スリング装着
マクドナルドマドセン M50護身用
発砲なし
コルト オフィシャルポリス4インチ
発砲なし
アルドー将軍オートオードナンス トンプソンM1スリング装着
コルプ知事コルト M1917
サルオートオードナンス トンプソンM1スリング装着
ウィンチェスター M1スリング装着
スプリングフィールド M1スリング装着
鈍器としても使用
M1620連マガジン
スリング装着
US M1918
ミュータントオートオードナンス トンプソンM1スリング装着
ウィンチェスター M1
M1620連マガジン
スリング装着
US M1918
ブローニング M2ジープの車載銃
US M40無反動砲ジープに搭載
M2 60mm迫撃砲
ブローニング M2武器庫にあった物
三脚に設置
 

猿の惑星:創世記(ジェネシス) (原題:Rise of the Planet of the Apes)

2011年、アメリカ映画
監督:ルパート・ワイアット

 製薬会社のジェネシス社でアルツハイマーの新薬の研究をしていたウィル・ロッドマンは、飼育係のフランクリンから懇願されて新薬のALZ(アルツ)-112の実験動物として使っていた雌のチンパンジーNo.9の子供を引き取って育てることになった。シーザーと名付けられたその子は驚異的な知能の発達を見せるが、ある日アルツハイマー病だったウィルの父親を救うために隣人を襲い霊長類保護センターに送られてしまう。そこで虐待を受けたシーザーは次第に人間に対する憎しみを募らせ、ついに同じチンパンジーのコバやロケット、オランウータンのマウリスら仲間の猿と共に反乱を起こすのだった。

 
使用者銃器名備考
密猟者RSAF リー・エンフィールド No. 5スリング装着
発砲なし
MAS Mle1949発砲なし
ロバート・フランクリン麻酔銃ピストルタイプ
発砲なし
ジョン・ランドン
ドッジ・ランドン
麻酔銃ライフルタイプ
スコープ
ロドニーライフルタイプ
スコープ
発砲なし
ジェネシス社警備員グロック 17
CHP(カリフォルニアハイウェイパトロール)グロック 17Gen2
動物管理局職員ボルトアクションライフルバレルにネットランチャーを装着
CHP-SWAT隊員M4A1ダットサイト装着
RIS仕様の物は
タクティカルライト装着
フォアグリップ装着
レミントン M870ピストルグリップ
H&K MP5A2ダットサイト装着
スリング装着
H&K G36Cスコープ装着
ヘリからの狙撃に使用
M249 Paraヘリから発砲
サルM16A1イメージイラストで所持
 

猿の惑星:新世紀(ライジング) (原題:Down of the Planet of the Apes)

2014年、アメリカ映画
監督:マット・レーヴェス

 反乱を起こした猿達から拡散した猿インフルエンザにより、全世界の半分の人類は死滅し文明社会は崩壊。免疫を持っていた事で生き残った者達はいくつかの居住区を作りそこで生活を行っていた。
 一方反乱の後、森での生活を始めたシーザーは共にセンターから脱走したマウリス、息子のブルーアイズらと共に平穏な生活を送っていたが、ある日ダムの発電設備を調査するため森に人間たちが訪れ問題を起こしてしまう。
 再び起こるかもしれない人間との戦争を回避するために行動するシーザー達。しかし人間に深い憎しみを持つチンパンジーのコバは密かに復讐を考えていた……。

 
使用者銃器名備考
シーザーレミントン M870カーヴァーの物を取り上げる
発砲なし
ブルーアイズブッシュマスター ACRスコープ及びスリング装着
コバコルト M4 MWSテリーの仲間の物を奪って使用
FN ミニミマウントレール装着
途中から二挺撃ち
装甲車に搭載されていた物を使用
マルコムレミントン M700スコープ及びスリング装着
S&W M644インチ
所持のみ
FN SCARスコープ及びスリング装着
カーヴァーS&W M66バレルにアタッチメント装着
おそらく4インチ
レミントン M870ピストルグリップ
発砲なし
エリーワルサー P99発砲なし
ドレイファスIMI ジェリコ941所持のみ
コルト M4 MWSスコープ及びタクティカルライト装着
FFV AT4
テリーFN ミニミマウントレール装着
試し撃ちで使用
コルト M4 MWSタクティカルライト及びスリング装着
試し撃ちで使用
テリーの仲間ナイツ SR-16スコープ及びスリング装着
試し撃ちで使用
コルト M4 MWSスコープタクティカルライトスリング装着
試し撃ちで使用
ゾーン9の住人コルト M4 MWSコルト M203装着の物など様々な物あり
ナイツ SR-16スリング装着
発砲なし
レミントン M700スコープ及びスリング装着
FN ミニミマウントレール装着
ゾーン9の入り口に設置
FN ミニミマウントレール装着
装甲車に搭載
FN SCARスコープ装着
サルコルト M4 MWSスコープ装着の物など様々な物あり
FN ミニミマウントレール装着
FN SCARスリング装着

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (原題:War for the Planet of the Apes)

2017年、アメリカ映画
監督:マット・レーヴェス

 コバの反乱をきっかけに猿と人類との間で再び全面戦争が勃発。人類側は北の秘密基地に集結していたAH-64アパッチ攻撃ヘリやミサイルといった強力な軍事力を保有するアメリカ軍残党に助けを求め、大佐率いる特殊部隊が猿殲滅のために行動を開始する。
 二年間の激しい戦闘により双方に多数の死者が出る中、シーザーは夜襲を仕掛けて妻と息子のブルーアイズらを殺した大佐を追って、後を追ってついてきたマウリス、ロケット、ルカと共に馬に乗って旅をするが……。

 

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最新作では猿たちも色々な銃を使うようです -- 2014-09-07 (日) 19:23:28
  • 初代の最初に出てくる救急セット(?)の中の拳銃ってどのモデルだろう? -- 2014-09-16 (火) 13:32:36
  • 新世紀や聖戦記で、エイプがライフルを片手持ちしてるけど、実際でも類人猿の筋力で反動を抑えられるのだろうか -- 2017-10-23 (月) 00:57:49
  • チンパンジーの筋力は普通に人間より遥かに上だけど。
    知能が優れていれば最適な握り方や構え方ぐらいはすぐに学習するだろうね。 -- 2017-10-23 (月) 05:10:10
  • 聖戦記の項目を新規作成しましたが、ルカとロケットの使っていた銃など一部の銃が分からなかったので詳しい人がいれば掲示板に情報を提供してくれると非常にありがたいです。 -- 2018-08-05 (日) 17:15:08
  • 聖戦記のルカとロケットが使っていたのはマグプルMASADA(レミントンACR)みたいですね、あと新世紀のブルーアイズが使っていたのもM4 MWSではなくマグプルMASADA(ブッシュマスターACR)みたいですよ -- 2018-08-05 (日) 19:11:16
  • 情報ありがとうございます。早速更新を行いました。 -- 2018-08-05 (日) 19:39:45
  • メタな話になるけど、「聖戦記」でM4使ってたサルたちが「猿の惑星」ではウィンチェスターM1使ってたのは、「サルの手の器用さでも量産でき、反動の強さもサルの力なら問題なく、なおかつ人間を狩る十分な威力があるから」とかそういう感じかね…… -- 2018-08-06 (月) 18:59:59
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-11 (火) 13:25:36 (74d)