マガジンキャッチ / Magazine catch

 装填された弾倉(マガジン)を固定する装置。一般にツメや凸形状で、弾倉の溝や底部に噛み合う仕組みとなっている。これを解放するレバーないしボタンは、マガジンリリース(Magazine release)といい、マガジンキャッチと一体の部品となっている場合がほとんどである。

 マガジンリリース部は、素早く操作しやすいよう、グリップハンドの親指もしくはひとさし指の届きやすい配置とするのが定石である。自動拳銃は前者、突撃銃などの軍用ライフルは主に後者である。20世紀中盤までの自動拳銃では、「コンチネンタルタイプ」と呼ばれるマガジン底部にキャッチ/リリースを設けたタイプが主流であった。一般的にはボタン式と違い不意の誤操作が起きないため確実に固定される方式と言われている。現在このタイプのマグキャッチを選択する新型拳銃はほとんどない。
 競技用のレースガンなどは、より確実に素早く操作できるよう大型のものに交換することもあるが、反面、何かに引っ掛けて、マガジンリリースを誤操作してしまうリスクが高いため、一般的ではない。
 


コメントはありません。 Comments/マガジンキャッチ?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-13 (月) 22:03:10 (69d)