ウィンチェスター M1 “M1カービン” / Winchester “M1 Carbine” 【自動小銃】

オートオードナンス M1カービン
全長重量口径装弾数発射形式製造国
904mm2.49kg7.62mm×3315/30Sアメリカ

 第二次大戦初頭、将校や後方部隊の護身用としてウィンチェスター社が開発したセミオートマチックカービン。1941年にアメリカ陸軍に採用され、1964年まで生産された。その設計コンセプトはのちのアサルトライフルPDWにも通じる物があった。
 当時、第一次大戦の戦訓から、機械化部隊による戦闘の高速化によって後方部隊が直接戦闘にさらされるリスクが増加した一方、後方部隊の装備する小火器の貧弱さが問題となった。そこで、主力ライフルのM1ガーランドよりも軽く取り回しやすい、そこそこの火力を有する軽量なライフル(ないしカービン)の開発がアメリカ陸軍内で提唱された。
 1940年、第二次大戦勃発を契機に計画がスタートし、翌年にはコルトスプリングフィールドを含む9社によって試作されたライフルでトライアルが行われたものの、芳しい結果とはならなかった。そんな折、ウィンチェスター社が開発中だった試作ライフルが、陸軍関係者の働きかけによってトライアルに加えられた。ウィンチェスターの.30-06M2試作ライフルは元々主力ライフルを目指して開発されていたものだったが、その高い完成度に当局がほれ込んだのだった。
 結果として、.30-06弾仕様から、新型の軽量ライフル用.30カービン弾に再設計されたウィンチェスターの試作ライフルがトライアルに勝利し、1941年に"M1カービン"として制式採用された。

 金属製フォールディングストックを装備した物はM1A1、セミ/フル切り替え可能なセレクティブファイアモデルはM2と呼ばれた。またごく少数ながら、M2をベースに赤外線暗視装置を装備させた夜戦仕様のM3も開発されている。至近距離戦を主体とする東アジア戦線などで活躍し、鹵獲されたM1が敵兵士にまで使用されていた。しかし軍内部ではM1カービン用に開発された.30カービン弾が威力不足とされたため、戦後は空挺部隊や特殊部隊でのみの運用となった。

 第二次世界大戦中に製造されたほとんどのM1にバヨネットラグ付バレルバンドは付けられてなかった。しかし、大戦末期には、現場の希望でバヨネットラグ付きバレルバンドが製造されるようになった。

 戦後、余剰化した本銃の多くはM1ガーランドなどの他の兵器と共に、Military Assistance Program(軍事援助計画)に基づき、日本の警察予備隊(後の自衛隊)を含む、多くの西側諸国の軍隊に供与された。また、日本の豊和工業は当時自衛隊で使用されていたM1カービンのライセンス生産を行っており、M1カービンを狩猟用とした豊和M300(ホーワカービン)を民間に販売もしていた。アメリカでは現在オートオードナンス社が生産を行っている。

 余談だが、現代史における世界で2番目の大量殺人犯として知られる禹範坤(ウ・ポムゴン)が、本銃(M2カービン)を当の事件において使用している*1
 また、1965年に発生した少年ライフル魔事件で、犯人の少年が立て篭もった鉄砲店で奪った銃のうちの一挺が豊和M300であり、これに30連マガジンを装着して使用した。以後、装弾数を5発までとする法規制が作られた。

モデル解説
M1初期型。下士官及び後方部隊などに配備された。約650万挺製造された。
M1A1空挺部隊向けで1942年より量産開始。インランド社による設計で、ピストルグリップ化し、折り畳めるワイヤー銃床を取り付けている。約15万挺製造された。
M1A2M1A1とは別に他社で提案された。計画のみ。
M1A3パンタグラフ型という折畳銃床を採用したモデル。M1A1の後継として計画されたが量産には至らなかった。
M2セミ/フル切り替え可能とし、30発の箱型弾倉を用意したモデルで実質、突撃銃に相当。約60万挺製造された。
M3M2に夜間暗視装置を装着したモデル。試作した結果非常に重く、制式採用には至らなかった。
 
登場作品ジャンル使用者備考
0011ナポレオン・ソロ項目参照
007項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
BLOOD+項目参照
LOST項目参照
アート・オブ・ウォー項目参照
愛の戦士レインボーマン特撮死ね死ね団員
硫黄島からの手紙項目参照
インディ・ジョーンズ項目参照
ヴァーンスの死闘
黒の襲撃者
小説オディ・ヴァーンス
宇宙大怪獣ドゴラ映画防衛隊員発砲なし
ウインドトーカーズ項目参照
ウォーキング・デッド項目参照
ウルトラマン特撮防衛軍兵士第2話
ウルトラセブン特撮第4惑星警官第43話『第四惑星の悪夢』
スリング付
ウルトラマンA特撮TAC基地警備員
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エル・マリアッチシリーズ項目参照
エンパイアアースゲーム海兵隊員M2
オペレーションG.G.項目参照
快傑ズバット特撮ダッカー団員
ブラックスター
紅蜘蛛
手下の物を使用
早川健団員の物を奪う
鈍器として使用
夜叉丸
神様、キサマを殺したい。漫画六郷トメ吉回想シーン
アメリカ軍兵士から奪った物
ガメラ項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
キングコング項目参照
狂い咲きサンダーロード項目参照
クレイジーズ項目参照
コール オブ デューティ項目参照
コール オブ デューティ2項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
ゴジラ項目参照
ゴッドサイダー漫画アメリカ陸軍兵士ノルマンディ上陸作戦時
M2
ベルト付
ゴッドファーザー PART II映画コルレオーネ家構成員
MP
こみっくパーティー漫画牧村 南アイヴァージョンソン エンフォーサーピストル
水鉄砲
コヨーテ ラグタイム ショー項目参照
ゴルゴ13項目参照
コンバット!TVドラマヘンリー少尉
紺碧の艦隊項目参照
ザ・パシフィック項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
猿の軍団特撮ゲバーの部下
猿の惑星項目参照
地獄の黙示録項目参照
ジパング項目参照
ジャイアントロボ特撮防衛隊員スリング付
メルカ共和国MPスリング付
発砲なし
シャドウ・ワールド項目参照
シルミド映画韓国軍兵士
684部隊教官M2
シン・レッド・ライン項目参照
スコーピオン(映画)項目参照
スタートレック項目参照
スナイパー エリート項目参照
砂ぼうず項目参照
スワガー・サーガ項目参照
西部警察項目参照
セレニティー映画ミュール号後部に積載
戦火の中へ項目参照
戦略大作戦項目参照
蒼天の拳項目参照
その名は101漫画SBC製薬研究所のガードマン
空の大怪獣 ラドン映画防衛隊員発砲なし
大怪獣バラン映画防衛隊員発砲なし
大鉄人17特撮中井隊長
村中隊員
海野隊員
レッドマフラー隊員
剣持保隊長
佐原博士
スリング装着
野村孝隊員スリング装着
所持のみ
国防軍兵士スリング装着
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-項目参照
太陽にほえろ!項目参照
地球の静止する日項目参照
地球へ2千万マイル映画イタリア軍兵士イーマに発砲
警官
アメリカ軍兵士未発砲
父親たちの星条旗項目参照
電子戦隊デンジマン特撮国防軍兵士スリング付
発砲なし
隣のヒットマン項目参照
トレマーズ項目参照
トンマッコルへようこそ項目参照
パイナップルARMY項目参照
博士の異常な愛情項目参照
バッテンロボ丸特撮東京サーカスの団長
バトルフィーバーJ特撮国防省兵士所持のみ
バトルフィールド ハードライン項目参照
バビルII世アニメヨミの手下
バンド・オブ・ブラザース項目参照
範馬刃牙項目参照
美少女仮面ポワトリン特撮スコープ
ザ・悪魔の商社のオフィスに飾ってあった
緋弾のアリア項目参照
必殺!ブラウン館の怪物たち映画ブラウンの手下
秘密戦隊ゴレンジャー特撮ゾルダー
イーグル隊員
ピンク・キャデラック映画純潔主義同盟スリング付
フォーリング スカイズ項目参照
フューリー項目参照
プライベート・ソルジャー項目参照
プライベート・ライアン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
ブラザーフッド項目参照
ペーパーマン項目参照
ヘルボーイ項目参照
ボール・ブレット・ガン項目参照
放課後アサルト×ガールズ項目参照
北斗の拳漫画トヨ
ポケットモンスターアニメジュンサー34話「ガルーラのこもりうた」
マーダーライセンス牙漫画集英会組員麻酔弾を発射
マイウェイ 12,000キロの真実項目参照
またまたあぶない刑事項目参照
マチェーテ・キルズ項目参照
マッドマックス項目参照
未来惑星ザルドス映画ザルドスから選ばれし者たち発砲なし
メダル オブ オナー項目参照
モスラ映画福田善一郎未発砲
調査隊警備員
防衛隊員
最も危険な遊戯映画鳴海 昌平
機動隊
M1A1カスタム
遊星よりの物体X項目参照
蘇える金狼項目参照
ランド・オブ・ザ・デッド項目参照
ルパン三世項目参照
ワイルダネス項目参照
ワイルド7項目参照
私は貝になりたい(2008年)映画米軍MP
ワンスアンドフォーエバー項目参照

このページの画像はAuto-Ordnance社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Day of Defeatはアメリカ兵が使用。 -- 2016-12-25 (日) 16:58:09
  • 結構70〜80年代の国内刑事ドラマや特撮作品で頻繁に出てた印象。 -- 2017-01-10 (火) 08:35:39
  • 60年代にちゃんとしたARが登場するまでの繋ぎとして用いられた印象の強い本銃だが
    韓国映画のシルミドみたいに 韓国軍や自衛隊なんかじゃガーランドの後継みたいに
    使われてたんですかね?フルオート備えたM2カービンって -- 2017-10-14 (土) 23:42:09 New
  • 自衛隊では64式が採用されて以降いつくらいまで見かけましたかね?コレ 経験者の方 -- 2017-10-14 (土) 23:43:22 New
  • 自衛隊にM1ではなくM2カービンって配備されてたんですかね? -- 2017-10-15 (日) 04:58:24 New
  • されてない。
    自衛隊や警察予備隊ではM1カービンは「M1ガーランドの後継」といったポジションではなく、数埋めに供給されていたものの一部といった扱いのものよ。銃が不足しているので米軍から九十九式の供与も受けていたぐらいだもの。
    大部分ではM1ガーランドが制式武器であり、64式小銃が自衛隊における「M1ガーランドの後継」といえるポジションだ。 -- 2017-10-15 (日) 06:17:02 New
  • 単純な性能的にはP905.7mmの方が上なんですかね? -- 2017-10-15 (日) 20:22:12 New
  • .30カービン弾のマズルエネルギーは5.7x28mmの2倍以上ある。技術的な差を差し引いても威力でP90が勝るとは考えにくいが。 -- 2017-10-15 (日) 20:36:13 New
  • 朝鮮戦争ではM2カービンが信頼性に欠けると毛嫌いされた一方
    韓国ではかなり最近の2015年まで予備役で使用されてたようですね -- 2017-10-15 (日) 20:50:11 New
  • 「予備役」って聞こえはいいが単に動くから置いてたというだけでは?
    日本のM3短機関銃と同じで弾までいちいち調達して使っていたとは思えないけど。 -- 2017-10-15 (日) 20:59:27 New
お名前:


*1 韓国の警察官だった禹範坤は警察署の武器庫からM2カービンと実弾、手榴弾を持ち出し凶行に及んだ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-24 (木) 05:41:08 (54d)