機関銃 / Machine gun

 19世紀に登場した、フルオートマチック射撃が可能な銃の総称。現代では小銃弾を使用する平射を前提としたものが主にこう呼ばれる。ちなみに旧日本海軍ではMachine gunの訳語・用語として「機銃」と呼称し、機関銃の略語として用いてはいなかった。
 使用する弾薬や用途などで軽機関銃重機関銃などに分類されるが、時代や運用する組織によってその区分は異なっている。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 防衛装備庁では国産機関銃の研究開発って続いてるんですか? -- 2017-04-27 (木) 16:23:39
  • 「機銃掃射」は英語でなんて言うのでしょう? -- 2022-01-21 (金) 16:09:55
  • ↑ strafe(ing)だゾ -- 2022-01-21 (金) 16:16:51
  • Togetterまとめに「機関銃のスコープ話」(ttps://togetter.com/li/1973274)という内容のものがあったのですが機関銃(口径問わず)にスコープを装着して運用したのはドイツとアメリカ、どちらが先でしょうか? アイディア自体は機関銃の実用化当初からあっても不思議ではないかとは思いますがリンク先のように断片的なものしか出てこないという事は当時の戦術上の理由やスコープそのものの耐久性等々の問題で顧みられなかったのでしょうか? -- 2022-12-10 (土) 17:10:05
  • 一般的なベルトリンク式給弾機関銃ではジャムを起こした場合、ベルトリンクを抜き取って対処するのでしょうか? ベルトリンクを抜き取らず、対応できる場合はあるのでしょうか? -- 2023-02-09 (木) 20:21:33
  • ボルトハンドルを引いて不発弾を排出した後に射撃を再開するものだと思われます。米軍の動画で紹介されていたM2の操作手順ではそうでした。 -- 2023-02-09 (木) 22:44:16
  • 2022-12-10 (土) 17:10:05の方への返信ですが、カール・ツァイスの光学照準器が付いたスイス製のマキシム機関銃がシカゴ・レジメンタルに出品されていたので質問の答えは恐らくドイツです。 -- 2023-02-09 (木) 23:05:48
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-07 (土) 19:50:39 (1210d)