マイウェイ 12,000キロの真実 / 마이 웨이 (英題:My Way)

2011年、韓国映画
監督:カン・ジェギュ

・ストーリー
 日本統治時代の朝鮮、京城。朝鮮憲兵隊司令官を祖父にもつ長谷川辰雄(オダギリジョー)は、家の使用人の息子キム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)と共に育ち、やがて二人はマラソンで一二を競い合うライバル同士となった。だが辰雄の祖父がテロによって殺害され、ジュンシクの父に疑いがかけられたことで、ジュンシクは家族共々追い出されてしまう。その後はマラソン選手を夢見ながらも人力車の車引きとして働くジュンシクだったが、東京オリンピック日本代表選抜戦に出場できることになり、祖父の死から朝鮮人を憎む辰雄との因縁の対決に臨む。結果はジュンシクの優勝だったが、朝鮮人を日本代表にしたくない陸上連盟は彼を失格処分とし、ジュンシクの抗議に端を発して朝鮮人の群衆が暴徒と化してしまう。一方勝負に負けた辰雄は自らマラソンの道を捨てた。
 暴動を扇動したとして逮捕されたジュンシクと同僚のジョンデ(キム・イングォン)は、懲罰として日本軍へ強制的に入隊させられ、満州へと送られた。だがノモンハン事件が発生し、ジュンシク達は戦火へ身を投じることになる。更に部隊長として新たに赴任してきたのは、部下への特攻命令も辞さない鬼の陸軍大佐となった辰雄であった………

・作品解説
 朝鮮人と日本人が戦争の時代に翻弄され、ノモンハン事件・モスクワ戦・ノルマンディー上陸作戦と転戦しながらも、対立から友情を育む姿を描いた戦争映画。監督は『シュリ』『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ。ノルマンディー上陸作戦で朝鮮人とされるドイツ軍捕虜がいたという実話を基にしている。

使用者銃器名備考
キム・ジュンシク
(金俊殖)
三八式歩兵銃銃剣付きもあり
USSR モシンナガン M1891/30
マウザー Kar98K発砲なし
グロスフス MG42
九七式手榴弾
長谷川辰雄十四年式拳銃
USSR トカレフ
USSR モシンナガン M1891/30発砲なし
マウザー Kar98K
グロスフス MG42
九九式破甲爆雷実物より大きい
イ・ジョンデ三八式歩兵銃銃剣付きもあり
USSR モシンナガン M1891/30
シュライマウザー Kar98Kスコープ装着
三八式歩兵銃I-16戦闘機を一発で撃墜
チュンボク三八式歩兵銃
グァンチュン
野田軍曹USSR モシンナガン M1891/30長谷川と奪い合う
向井少佐十四年式拳銃後期型
発砲なし
日本兵三八式歩兵銃銃剣付きもあり
ブローニング M1919九二式重機関銃に似せたもの
弾帯も保弾板に似せてある
九九式破甲爆雷実物より大きい
自爆攻撃に使用
ソ連兵USSR モシンナガン M1891/30銃槍付きもあり
USSR DPBT-5戦車の砲塔上部ハッチに搭載*1
モスクワ戦で使用
USSR PM1910/30防盾付きソコロフ・マウント
モスクワ戦で使用
収容所警備兵USSR PPSh411940年の時点で所持
USSR モシンナガン M1891/30
ソ連軍将校USSR トカレフ
日本軍捕虜USSR モシンナガン M1891/30
マウザー Kar98Kモシンナガンに交じって所持
ドイツ兵マウザー Kar98K
CZE Vz.24チェコ製マウザーライフル
ラインメタル/マウザー MG34
グロスフス MG42モスクワ戦の時点で多数使用
USSR モシンナガン M1891/30モスクワ戦で使用
USSR PPSh41
USSR DP
2cm Flak 30プロップ
モスクワ戦で使用
2cm Flak 38プロップ
ノルマンディー戦で使用
ドイツ軍将校USSR トカレフモスクワ戦で使用
ワルサー P38ノルマンディー戦で所持
アメリカ兵スプリングフィールド M1
ウィンチェスター M1着剣ラグ付きもあり
マウザー Kar98KM1などに交じって所持
トンプソン M1A1
ブローニング M1919A6
US MkII手榴弾

コメントはありません。 Comments/マイウェイ 12,000キロの真実?

お名前:


*1 実際のBT-5戦車の副武装は同軸機銃のDT

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-21 (月) 23:00:01 (812d)