シグザウエル P220 / SIG Sauer P220 【自動拳銃】

シグザウエル P220
モデル全長重量口径装弾数製造国
P220198mm810g9mm×19
9mm×23SR
9+1スイス/ドイツ
P220-1
P220 SAO
198mm862g(弾倉込み).45 ACP7/8/10 +1アメリカ
P220 コンバット180mm862g(弾倉込み).45 ACP8/10+1
P220 コンパクト180mm839g(弾倉込み).45 ACP6+1
P220 クラシック 22196mm862g(弾倉込み).22 LR10+1

 シグ社がスイス軍の依頼により1975年に開発した、軍・法執行機関向けの自動拳銃
 もともとスイス軍はP210という優れた自動拳銃を「P49」の名で制式化していたが、作りが精巧ゆえに量産が利かず、非常に高価だった。このため、軍事費削減を図っていた当時のスイス軍はより安価な制式拳銃を必要としていた。
 依頼を受けたシグ社は、P210をベースとしてプレス加工などを用いて試作を行ったが、精度が低下する一方で、コストを抑えるのには限界が生じた。そこで、設計を全く新たなものとして開発したのが、この「P220」である。
 高価ゆえに民間での売上の芳しくなかったP210にかわって世に出たP220だったが、それでも決して安い銃とは云えなかった。しかし、無理すれば手の届く値段になった事と、P210同様の優れた性能を持っていたために性能嗜好のユーザーに受け入れられ、スイス軍も「P75」の名で採用し、その名を世に知らしめることとなった。

 P220は、手動のセイフティを持たず*1デコックのみを行うデコッキングレバーを備え、排莢孔にチャンバー部をかみ合わせてスライドとバレルをロックする独自のロックブリーチ・ショートリコイルを採用している。これらは、当時としては画期的なもので、後のさまざまな自動拳銃に影響を与えている。
 マイナーチェンジも数度行われており、プレス成型で製造されていたスライドは、90年代以降にステンレス削り出しとなり、製法の変化に合わせてデザインも改められた。マガジンキャッチの位置や形状も変化し、マガジンの底部*2から、グリップの左側面に再配置され、親指で簡単に操作できるようになった。

 また、P220は日本の自衛隊の制式拳銃でもある。1982年にM1911の後継として「9mmけん銃」の制式名で採用されて以来、日本のミネベア社でライセンス生産され、採用から四半世紀年以上を経ても継続して使用されている。
 基本的には小銃手は9mmけん銃を装備せず*3、幹部自衛官や重火器使用者、警務官や機甲科車長などの護身装備となっている。また、元となったP220がもともと.45ACP弾モデルも前提とした大きめのグリップサイズであったため、ミネベアにより、日本人の手に合わせた専用のグリップ形状に改められている。ただ、それでも現場ではグリッピングについては不評とも云われる。

 P226が登場して後、民間用P220は、.45ACPモデルを主力製品とし、9mm口径モデルは生産されていない。アメリカに輸入された当初は、ブローニングアームズが代理店であったため『BDA(Browning Double Action Automatic)』と銘打たれて販売されたが、当時プレス製だったスライドの印象が悪く、脆弱で安っぽいイメージからアメリカ市場では成功しなかった*4
 しかし現在では市場も大きく変化し、M1911系に圧されつつも、新たにシングルアクションオンリーモデルのP220SAOを発表するなど、根強いファン層の存在が窺い知れる。アメリカのIDPAマッチで愛用しているシューターもあり、M1911を破って第1位を獲得したこともある。
 現在ではアルミフレームモデルの他、ステンレスモデルもラインナップされ、オプションでピカティニーレール付きのフレーム(上掲画像のモデル)も用意されるなど、独自の発展を続けている。

 なお、SIG SAUERの名は、スイス国内の銃器輸出規制を回避するため、ドイツにあるシグ社傘下の企業「ザウエル&ゾーン」にP220シリーズの製造が委託された経緯によるものである。

登場作品ジャンル使用者備考
50 Cent:Bulletproof項目参照
BLACK CATアニメザギーネ・アクセローク回想シーンで使用(#14)
BUGS―捕食者たちの夏―項目参照
GSG9(TVドラマ)項目参照
Heavy Rainゲーム?.45口径
LAWMAN項目参照
Mr.&Mrs. スミス項目参照
RED/レッド項目参照
SP 警視庁警備部警護課第四係項目参照
S.T.A.L.K.E.R.項目参照
S.W.A.T.項目参照
THE WAVE項目参照
ULTRAMAN映画自衛官9mmけん銃
Zwei Worterゲームゴウリ・ユキエ
アウター・ゾーン項目参照
アウトバーン0号作戦小説ホロウィツ.45 ACPモデル
アウトブレイク・カンパニーアニメ古賀沼 美埜里9mmけん銃
亜人項目参照
アルドノア・ゼロアニメ鞠戸 孝一郎大尉9mmけん銃
第9話の回想シーンで使用
エイブル項目参照
エロイカより愛をこめて項目参照
オペレーションG.G.項目参照
ガメラ項目参照
ガン×スクール=パラダイス!小説渡辺 輝明
ガンパレードマーチ 九州撤退戦(上)小説黒服の男.45口径
装弾数7発
寄生獣 セイの格率項目参照
機動警察パトレイバー項目参照
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー項目参照
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり項目参照
交戦規則 ROE小説自衛官9mmけん銃
コーデッドアームズ項目参照
攻殻機動隊項目参照
ゴルゴ13項目参照
ゴルゴタ小説現地情報隊サイレンサー装着
ザ・ワン項目参照
最終兵器彼女漫画テツ二尉9mmけん銃
最果てのイマゲーム伊月 笛子
サイレン2項目参照
さばげぶっ!項目参照
ジーザス項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
シュタインズ・ゲートドラマCD岡部 倫太郎萌郁から渡される
桐生 萌郁「ミネベア9ミリ」と呼称
硝煙の向こう側に彼女小説塚田 志士子マッチモデル
45口径
文庫版ではP229
スプリンターセル項目参照
西部警察項目参照
西武新宿戦線異状なし漫画丸輪 零
戦国自衛隊項目参照
ソードフィッシュ項目参照
空から降る一億の星ドラマ片瀬 涼
ダーティホワイトボーイズ項目参照
ダイ・ハード4.0項目参照
ダイナマイト刑事(PS2版)項目参照
太陽にほえろ!項目参照
太陽の黙示録項目参照
沈黙の断崖項目参照
デビル17項目参照
電撃 -DENGEKI-映画オーリン・ボイドカーチェイスで悪徳警官から奪う
ラトレル・ウォーカーP220S
オールシルバーのスポーツモデル
ジョージ・クラークラトレルから奪う
発砲無し
悪徳警官コンペンセイター装着
.45ACPモデル
ボイド拉致時に所持
発砲無し
デート・ア・ライブアニメ鳶一折紙アニメ第12話で使用
鳶一は陸上自衛隊所属であるため9mm拳銃とみられるが
スライドに自衛隊武器マークはなかった。
作画の都合上とおもわれる。
トーキョー・ウォーズ
(レイド・オン・トーキョー)
漫画佐藤 大輔9mmけん銃
トーキョー・リトル・ガナーズ項目参照
トータル・リコール項目参照
特捜刑事マイアミヴァイス項目参照
ドラゴンヘッド漫画仁村
瀬戸 憧子
トリプルX項目参照
図書館戦争項目参照
南国ドミニオンゲームアロハゲーム中での名称「拳銃」
ニキータ項目参照
ネメシス項目参照
バイオハザード(映画)項目参照
バキ項目参照
バトルガール項目参照
バビロンA.D.項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
ハルノクニ漫画榊秀輝単行本4巻
バレットガールズ項目参照
ヒート項目参照
ぴことぴけ項目参照
ヒットマン コントラクト項目参照
復讐捜査線映画ベネットの部下P220R
終盤で使用
武装中学生項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フリージア項目参照
ブロークン・アロー項目参照
文豪ストレイドッグス項目参照
亡国のイージス項目参照
ボール・ブレット・ガン項目参照
ホステージ項目参照
マイアミ・バイス項目参照
まぶらほ項目参照
ミッドナイトイーグル項目参照
名探偵コナン項目参照
女神転生項目参照
もっともあぶない刑事項目参照
モンスター娘のいる日常アニメ墨須9mmけん銃
ゴム弾を使用
第7話
闇のイージス項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
ラッシュアワー項目参照
ルパン三世項目参照
レフト 4 デッド 2項目参照

このページの画像はシグザウエル社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 正式名称はsig sauer GT20 。見たところデコッキングレバーが廃止され、シングルアクションオンリーの模様 -- 2015-07-02 (木) 12:45:20
  • クリスカイルがこれの45.口径仕様を愛用してたらしい -- 2015-08-19 (水) 15:57:23
  • ガメラ2が抜けていますね?日本の怪獣映画で唯一の等身大とはいえ怪獣をハンドガンで退治したのですが! -- モーン? 2015-09-21 (月) 09:13:54
  • 当方は、作品はわからぬのですが、ガメラのページの平成三部作にふくまれているのではないでしょうか? このサイトはシリーズはまとめられている場合があるので、シリーズのページを確認した方がいいみたいです。 -- 2015-09-21 (月) 09:29:36
  • 自衛隊は9mm機関拳銃とか抜きにして ダブルカラムマガジン拳銃はやっぱり一般には採用されてない? もしP220を更新するとしたらP228辺りが操作計も変わらず握りやすくて良いと思うんだが -- 2015-10-26 (月) 17:30:09
  • 特殊作戦群がUSP、特別警備隊がP226を使ってるらしいが通常部隊にはこれだけだね。そろそろ後継に更新しないのかな -- 2015-10-26 (月) 18:59:46
  • 「9mm」のP220でアメリカンタイプのマガジンキャッチってあるのかな?「sig P220 9mm」でググると、国外のサイトでも殆どコンチネンタルタイプだった。
    .45はM1911と操作を共通化するって意味でアメリカンタイプなんだろうけど。 -- 2016-07-25 (月) 00:27:32
  • ↑「p220 9mm conversion」で検索するとそれらしき物がいくつか出てきたよ -- 2016-07-25 (月) 01:45:19
  • BDAとして出た当初のアメリカでの不振って、コルトコマンダーみたいにアルミ製軽量フレームへの不信とかもあるんじゃないかと思うんだがどうだったんだろう? -- 2017-03-11 (土) 13:02:52
  • 日本語Wikipediaに書いてある訳の分からんデタラメの話か?全然関係ない。そもそもその不信云々自体が存在しないんだから。 -- 2017-03-11 (土) 13:57:10
お名前:


*1 後年に登場した「P220SAO」は別。シングルアクショントリガーで、サムセイフティを有し、コック&ロックが可能
*2 後述の9mmけん銃がこれと同仕様。コンチネンタルタイプと呼ばれ、素早いマガジンの交換は出来ないが、脱落しにくく、確実にマガジンを保持できる長所を持つ。
*3 CQB訓練時や海外派遣時には、バックアップもしくは89式の代替として装備している。
*4 ドラマ『特捜刑事マイアミヴァイス』の放送前プロモーションや第1話では『主役』だったものの、周知の通りすぐにブレンテンに交代してしまった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-12 (土) 12:25:50 (9d)