USSR AKS74U “クリンコフ” / СССР АКС74У "Krinkov" 【突撃銃】

AKS74U
モデル全長(伸縮時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
AKS74U730(490)mm3.2kg5.45mm×3930800発/分S/Fソビエト
M85760mm3.5kg5.45mm×39
5.56mm×45
30600発/分S/Fユーゴスラビア
M92800mm3.2kg7.62mm×3930620発/分

 AKS74カービンモデル。突撃銃短機関銃とのギャップを埋める火器として開発され、特殊部隊や空挺部隊、後方支援部隊や装甲車両の乗員の装備として配備されている。"U (У)"は"Ukorochennyj (укороченный : 短小化)"の略で、AKSU-74と呼ばれることもある。
 銃口部の特徴的な部品はマズルブースターである。円筒部のガスチャンバーとコーン状のフラッシュハイダーが、極短小化によりストローク不足となったガス作動を補助する仕組みとなっている。
 側面に光学照準機器を取り付けるためのダブテイル(蟻溝)マウントレールを配したモデルもあり、こちらはAKS74UNと呼ばれている。また、特殊作戦用の希少なモデルとして、サイレンサーと、BS-1 "ティシュナ(Тишина : 沈黙)"と呼ばれる専用の30mm消音グレネードランチャーを取り付けることができるモデル、AKS74UBもある。なお旧ユーゴスラビア(現セルビア)のツァスタバ社ではコピーモデルのM85、M92が製造されている。

 因みに、ロシアでは"クスハ (Ксюха : ロシアの女性名の一つ)" "オクロク (окурок : 吸い殻、吸い止し)"といった愛称があるらしいのだが、アメリカでは何故か『クリンコフ』という俗称でも知られる。由来は定かで無く、一説にはソ連のアフガン侵攻の折、ムジャヒディンが本銃を鹵獲した際にこれを所持していた捕虜の将校の名前が「クリンコフ」だったところから来た、と云われている。これに関して、パトリック・スウィーニー*1というアメリカ人がこの説を調査しているが、アフガニスタンで捕虜となった将校の中に「クリンコフ」に類する名前は見出だせず、説を裏付けることはできなかった。なお「クリンコフ」がロシア語で「短い」という意味だというのは俗説である。

 なお、本銃をビン・ラディンが愛用していた事で、当時現地では『ビン・ラディンモデル』という俗称でも呼ばれた。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
6ステイン項目参照
America's Armyゲーム米軍兵士
テロリスト
減音器スコープ
Combat Arms項目参照
F.R.A.T./戦慄の武装警察映画強盗犯ダブルマガジン仕様
冒頭の銃撃戦で使用
Insurgency項目参照
MADLAX項目参照
MAG項目参照
M系女子項目参照
OPERATION7項目参照
REDリターンズ項目参照
SEVEN GUNNERS項目参照
Seven Years Of War項目参照
S.T.A.L.K.E.R.項目参照
THE WAVE項目参照
TYPHOON映画シンの手下サプレッサー装着
中盤で使用
アームド・アサルト項目参照
アヴァロン 灰色の貴婦人項目参照
青春×機関銃項目参照
アドレナリン項目参照
あるいは裏切りという名の犬映画オルンの手下LIW製ガリルかも
現金輸送車襲撃で使用
アルティメット項目参照
ウォーキング・デッド項目参照
うぽって!!項目参照
エージェント:ライアン映画空港の警備員発砲無し
エリート・スクワッド項目参照
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ映画ポール・ネルトーアゼールの部下から奪う
ラストの銃撃戦で使用
オペレーションG.G.項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
仮面のメイドガイ項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
キャット・シット・ワン エイティー項目参照
狂乱家族日記項目参照
キラー・エリート(2011年)項目参照
ギルティクラウン項目参照
ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ項目参照
こいこい7アニメ風祭 サクヤストック無し
二挺拳銃
攻殻機動隊項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ4: モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
ご注文はうさぎですか?項目参照
コヨーテ ラグタイム ショー項目参照
コンビニDMZ項目参照
サドンアタック項目参照
さばげぶっ!項目参照
サボタージュ項目参照
ザ・レイド項目参照
シークレットゲーム
-KILLER QUEEN-
ゲーム陸島 文香
ジャッカルの日項目参照
終末のマリステラ漫画天使ツァスタバ M85
女子攻兵項目参照
砂ぼうず項目参照
スプリンターセル項目参照
スペックオプス ザ・ライン項目参照
スモーキン・エース項目参照
スリー・キングス項目参照
スワガー・サーガ項目参照
ゼロ・ダーク・サーティ項目参照
ソードアート・オンライン
オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
項目参照
ソルジャーズ・アイランド項目参照
ダークナイト項目参照
太陽の黙示録項目参照
沈黙の奪還項目参照
ティアーズ・オブ・ザ・サン項目参照
鉄拳5DR項目参照
トータル・フィアーズ項目参照
トゥームレイダー項目参照
トゥモロー・ワールド項目参照
トゥルーコンバット:エリート項目参照
特例措置団体ステラ女学院中等科C3部項目参照
トリプルX項目参照
トレーニング デイ項目参照
トロピック・サンダー/史上最低の作戦項目参照
ニュースメーカーズ映画ヘルマン冒頭の銃撃戦で使用
OMOH隊員
ニューヨーク1997項目参照
バイオハザード(映画)項目参照
バッドボーイズ項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
パニッシャー項目参照
バビロンA.D.項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
バリスティック項目参照
パリより愛をこめて項目参照
ヒットマン(映画)項目参照
ヒットマン2 サイレントアサシン項目参照
ブラックホーク・ダウン項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
ヘルシング項目参照
ミッション:インポッシブル項目参照
迷彩君項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルギア アシッドゲームレオーネ部隊
メタルギアソリッド2項目参照
メタルギアソリッド ポータブル・オプス+項目参照
メタルマックス3 夢見るカルメン項目参照
山猫は眠らない3項目参照
ヨルムンガンド項目参照
レインボーシックス ベガス2項目参照
レッツゴーアイランドゲーム海賊
レポゼッション・メン項目参照
ロックンローラ項目参照
ワールド・オブ・ライズ項目参照
ワイルドスピード項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 少なくともソース無しじゃ話にならんな。本でもサイトでも何でも出典示してもらわんと・・・ -- 2015-07-04 (土) 19:55:27
  • imfdbって英語サイト参照 -- 2015-07-04 (土) 20:01:18
  • 項目じゃなくてディスカッションの方の事を言ってるのか?ソースにされてるロシア語Wikipedia記事は信憑性不足で既に削除されてる上、画像は英語Wikipediaでも言及されてるパキスタン製のやつを説明してる本だぞこれ。 -- 2015-07-04 (土) 20:52:33
  • 少なくともAKMSUはソビエトじゃ試作された事すら無いよ。理由は明白で、GRAUインデックスにはAKMSU、ないしそれに類する7.62x39mmの短銃身銃は存在しない。GRAUインデックスはシモノフM1936みたいなクソ古い銃やアバカン計画でAN94に負けた候補銃みたいな全然生産数無い試作銃まで全部管理コード振ってあるので、これに載ってないって事はロシアじゃ作ってすらいないって事なのよ。 -- 2015-07-04 (土) 21:12:02
  • GRAUコードは連邦軍に納入された場合に与えられるコードであって、作られたかどうかを示すための指標になり得ないよ。例えばPP-19なんかは国内で生産されて配備もされているけれど、連邦軍に納入されているわけではないからGRAUコードは与えられてないし。 -- 2015-07-06 (月) 23:30:33
  • しかしそれだと空挺用の筈なのに連邦軍に納入すらされたことがないことになるが・・・軍に納入されてないのに「AKMSU」なんて制式の名前にされる訳ないし、どっちにしろ余計有り得ないってことになるな。 -- 2015-07-07 (火) 06:41:35
  • 前にモスクワに行った時、お巡りさんがこいつを携帯してたな。酔っ払いをパトカーに入れてたけど、テロを警戒してる訳ではなさそうだった。服装も普通の『お巡りさん』って感じだったし。現地ガイドも『真っ昼間から呑んだくれてるとああやってブタ箱にぶち込まれる』って言ってた。 -- 2016-02-12 (金) 21:43:36
  • 軍の装備が本当に過剰に余ってて警察にも回ってるらしいからなぁ。まぁアメリカも最近は似たようなもんだと思うけど・・・ -- 2016-02-12 (金) 23:10:35
  • 何てこった、ちょうどtfbでAKS74Uの特集をやってたがソ連時代はこの銃の「ホルスター」があったらしいな。今は全然見掛けない辺りやはり使い勝手は最悪だったんろうけど。 -- 2016-02-12 (金) 23:27:53
  • ZONEではお世話になった -- 2016-07-21 (木) 11:17:40
お名前:


*1 ガンスミス。銃器関係のインストラクターや雑誌編集、作家業も手がける人物。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-01 (月) 00:05:31 (207d)