市ヶ谷シリーズ

講談社,福井 晴敏

 戦後「軍事力」の保有を禁じられ、反共の防波堤と化した日本。自国内で展開される大国の諜報戦を看過しなければならない屈辱と、刻々と失われていく守るべき国益。その現実が生まれて間もない「軍隊」の片隅にある組織を生み出した。決して公にされずに、国家と国民、そして国益という時には矛盾するものを守るための組織。法を問わず、時には国益のために国家の最小単位である国民さえも手にかけるその組織は、本拠地にちなんで「市ヶ谷」とよばれた―――。
 

川の深さは

 「彼女を守る。それが俺の任務だ」突然現れた手負いの少年と少女。彼らを匿うことになった警備員桃山はやがて、記憶の風化した地下鉄テロの裏に流れる「深すぎる川」に飲まれていく……。

使用者銃種別銃器名備考
桃山 剛拳銃グロック 17保のを借用
短機関銃HK MP5SD情報局員から奪取
増村 保拳銃グロック 17サイレンサー装着痕あり
拳銃シグザウエル P226情報局員から奪取(シグザウエル P228?)
短機関銃HK MP5SD
城崎 涼子拳銃ワルサー PPK
治安情報局員短機関銃HK MP5
対物火器US M18台車に乗って登場
陸自二士自動小銃豊和工業 64式小銃弾倉未装填

 著者が警備員時代に書いていたオリジナルのスペクタクル小説(というよりはストーリープロット)の発展作品。第43回江戸川乱歩賞で話題になり当時選考委員だった大沢在昌が特に絶賛した。この作品に登場する「市ヶ谷」の正式名は治安情報局――CSIS (Civilian Security Infomation Service)である。

Twelve Y.O.

 あなた方の中で罪のない者が、まずこの者に石を投げよ ―― ヨハネの福音書 八 七

使用者銃種別銃器名備考
東馬 修一拳銃ベレッタ M92
拳銃ワルサー PPK
ウルマ(東馬 理沙)拳銃ベレッタ M92
短機関銃HK MP5SD
対戦車誘導弾ヒューズ TOW無線操作型
対戦車ロケットM72炭素繊維装填弾頭
夏生 由梨拳銃グロック 17
辻井 護拳銃グロック 17
坂部 亨短機関銃イングラムサイレンサー付き
井島 一友拳銃シグサワー拳銃
920SOF要員短機関銃HK MP5
デビッド・ローグ拳銃コンバットマスター
強襲偵察海兵隊突撃銃M16
短機関銃HK MP5K

 第44回江戸川乱歩賞を受賞作。今作品で市ヶ谷は治安情報局CSISから、防衛庁情報局――DAIS(Defence Agency Information Service)へ改名した。今作品は江戸川乱歩賞作として出版され作者の処女作になったが、内容は「川の深さは」の完全な続編である。*1

6ステイン

 防衛庁情報局に所属する男女の6編の物語。

登場話使用者銃種別銃器名備考
いまできる最善のこと元工作員拳銃USSR トカレフ
突撃銃USSR AKS74U
畳算堤 洋隆拳銃グロック 17
加藤 芳雄拳銃マカロフ
サクラ高藤 征一拳銃グロック 17
伝法 真希拳銃ベレッタ21A
媽媽坂本 由美子拳銃グロック 19
密輸漁船乗組員小銃88式アサルトライフル発砲無し
920を待ちながら須賀 義郎拳銃グロック 17
拳銃シグサワー拳銃回想シーン
木村拳銃グロック 26
拳銃グロック 17
小銃AI AWSAWS(作中では「ASW」と表記)か?
草加 宗範拳銃シグサワー拳銃回想シーン
920(結城 圭一)小銃AI AWS回想シーン

亡国のイージス

別項参照

Op.ローズダスト

 「作っていかなきゃ。私たちの新しい言葉……」微笑んでくれた少女も、
 「おれも一緒に戦ってやる!」叫んでくれた親友も、みんなみんな いなくなってしまった。

 残されたのは、胸に刺さったままの悔恨の棘だけ。

 それを抜いたら流れ出す血でぼくは死んでしまうかもしれない。

 けれどそれでもぼくはそうするしか贖う方法を知らない。

使用者銃種別銃器名備考
並河 次郎拳銃ニューナンブ
シグザウエル P226729SOF要員から拝借
丹原 朋希拳銃グロック 26
ブローニングBDM勝良から奪った物
シグザウエル P228AH-1のサバイバルキット
短機関銃HK MP5回想シーン(ペイント弾使用)
対戦車誘導弾ヒューズ TOWAH-1搭載
重機関銃M197AH-1の機銃
入江 一功拳銃ベクター CP1
短機関銃HK MP5回想シーン(ペイント弾使用)
突撃銃ステアー AUGアクアシティで留美のを借用
勝良 義和拳銃ブローニングBDM
倉下 充短機関銃HK MP5K
真野 留美拳銃ベクター CP1
突撃銃ステアー AUG左排莢
対物火器FIM92A1スティンガ
山辺 俊作拳銃ベクター CP1
突撃銃ガリル SARトリジコン製スコープ付き
羽住 克広拳銃グロック 17DAIS渋谷支部の局員から奪った物
古森 和尋拳銃ベレッタ M92
SIT班長拳銃HK USP
SIT隊員短機関銃HK MP5
SAT隊員短機関銃HK MP5MP5J?
陸自AH-1パイロット機関砲M197AH-1の機銃
729SOF要員拳銃シグザウエル P226
短機関銃HK MP5レーザーサイト付き
突撃銃コルト M4A140mm擲弾発射機付き(おそらくM203
狙撃銃AI AWS亜音速弾使用

 2003年5月-2004年12月まで、文藝春秋の『週刊文春』で掲載されていた作品。ネット財閥や半島有事、米中対立など最新の話題を取り込んでいる。連載途中で掲載が終わったものの、大幅な加筆*2の後2006年三月に刊行された。

防衛庁情報局特殊要撃部隊――SOF(Special Operation Force)の装備

拳銃狙撃銃軽機関銃突撃銃擲弾発射器対物火器
シグザウエル P226AI AWSHK MP5
HK MP5 NAVY
HK MP5K
HK MP5SD
コルト M4A1M203
(M4A1のアッドオン)
対戦車火器
(おそらく84mm無反動砲
110mm個人携帯対戦車榴弾)

 SOF要員はある程度の装備の個人裁量が可能で、この他ベレッタ M92HK P7M13を装備する者もいる。また一般の情報局員にはグロックシリーズ(9ミリ口径)が支給されている。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このシリーズは全て亡国のイージスの前編や続編ですが、1つにまとめてみました。追加やリンクお願いします。 -- 2007-01-20 (土) 21:59:46
  • 題名の間違いを修正w -- 2007-03-09 (金) 01:36:07
  • 登場話タイトルの誤字を修正。 -- 2009-03-15 (日) 22:03:05
お名前:


*1 「川の深さは」自体は更に今作品の続編である亡国のイージスの出版後に文庫として世間に出たので、「本当の意味での第一作」が作者にとって「中期の作品」になっている。しかも「川の深さは」自体が作者の福井晴敏の趣味で書いていた2作の未発表作品(どちらも原稿用紙五千枚分!)の続編であるため、市ヶ谷シリーズの世界はかなり奇妙な広がり方をしている。
*2 雑誌に掲載されなかった最終章の部分。主に戦闘シーンで構成され、その分量は原稿用紙700枚分強(「川の深さは」とほぼ同じ分量)に達する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-29 (木) 20:08:21 (967d)