グロスフス MG42 / Grossfuss AG Maschinengewehr 42 【軽機関銃】

グロスフス MG42
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
MG42
M53
1219mm11.5kg7.92mm×5750/250Fドイツ
旧ユーゴスラビア
MG1
MG2
MG3
1219mm11.5kg7.62mm×5150/120/250Fドイツ

 第二次大戦中の1942年に、MG34の後継としてドイツ軍に制式採用された軽機関銃
 先代のMG34も優れた軽機関銃だったが、ほとんどの部品が削り出しであり、構造も複雑で生産効率が悪く、非常に高コストなのが難点だった。さらに部品のクリアランスがタイトで、泥や埃にまみれる戦場では信頼性にも難があった。
 そこでドイツのグロスフス社が、MG34のコンセプトはそのままに、プレス加工を多用して構造の単純化と生産効率の向上を図ったものが、MG42である。内部構造は大きくアレンジされ、MG34がロータリーロックボルトによるショートリコイルであるのに対し、本銃はローラーロックボルトによるショートリコイルとなった。この機構はポーランド人設計者のパテントを元に設計された。

 まず実戦テストとしてアフリカ戦線に投入されたMG42は、砂塵の中でも作動不良をおこすことなく、兵士たちの評判も上々であった。その後、主製造元をマウザー社(ラインメタル社説あり)に移したMG42は正式にMG34の後継として採用され、1945年の敗戦までに約42万挺が生産され各地の戦線に投入された。
 特徴的なマズルブースターと呼ばれる銃口先端の装置は、発射ガスを絞ることにより機関部の圧力を増加させる効果がある。これにより、多少の装薬の少ない弾薬でも安定した動作を行う事が出来た。またこの副次的作用として機関部の動作速度が上がるため、他国の軽機関銃に比べ毎分1200発以上と発射速度はずば抜けており、まともに食らった兵士がまっぷたつに引き裂かれたこともあったという。その威力と独特の発射音から、連合軍兵士は『ヒトラーの電気ノコギリ(バズソー)』の異名でMG42を恐れた。その発射音も凄まじく、射撃手はよく難聴になったという。
 またMG34同様、50連ベルトを収納する専用のドラムコンテナ*1を装着することで、一人で移動・射撃可能な軽機関銃として使用することも可能である。現代の分隊支援火器のはしりとも言える運用法で、戦後型MG1〜3でもドラムコンテナを使用する設計は継承された。この点でも本銃は時代を大きく先行していた。

 戦後はラインメタル社によって7.62mmNATO弾仕様へと改められて使われ続けることとなり、当時の西ドイツ軍をはじめ、ヨーロッパ各国の制式装備に加えられた。現ドイツ連邦軍では改良の進んだMG3となって現役である。またユーゴスラヴィア軍は戦後賠償として獲得した生産設備を用い、7.92mm口径のままでM53として採用している。このM53はユーゴでロケを行った戦争映画での出番も多い。
 現在の基準で見ると、バレルの交換の際に耐熱グローブが必要であったり、連射速度が高すぎる*2、マズルブラストが激しいなど、さすがに物足りない面もなくはないが、元の完成度の高さから今現在も、歩兵用、車載用として、ドイツ連邦他、各国の第一線で使用され続けている。

 StG44同様、この汎用性に優れた設計のドイツ製兵器は戦後連合各国で大いに分析され、特にベルト給弾機構はその後FN MAGM60といった主要な軽機関銃にほぼそのまま引き継がれている。

 余談ではあるが、アニメや漫画に登場するMG34やMG42は空薬莢が横向きに飛ぶことが多いが、実銃では真下に排莢される。横に排出されるのはベルトリンクである。

各種バリエーション

モデル説明
MG42原型モデル。7.92mm×57口径
MG1(MG42/59)戦後初期型。7.62mm×51(NATO規格)口径
MG2戦時型MG42を7.62mm×51口径に改造したもの
MG3戦後の主力モデル。初期の名称はMG1A3
対空照準器装備, コッキングハンドル大型化
ドイツ型・アメリカ型弾薬リンクいずれも使用可
セトメ アメリスペインのセトメが1982年から製造しているもの。大型のキャリングハンドルを備え、5.56mm×45弾を使用する。
外観は酷似しているが、内部機構はどちらかと言うと同社のモデロLライフルに近い
 
登場作品ジャンル使用者備考
99年の愛 -JAPANESE AMERICANS-TVドラマドイツ軍兵士第4部「日系人部隊」に登場
Alliance of Valiant Arms項目参照
Angel Beats!項目参照
CANAAN項目参照
GENE-Z項目参照
MAFIA II項目参照
Mission!すくーる項目参照
NHKにようこそ!アニメNHK職員?佐藤の夢の中で使用(第1話)
OPERATION7項目参照
PARA-SOLゲームマゲイア
Seven Years Of War項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
X-MEN項目参照
X-MEN:ファースト・ジェネレーション項目参照
アイシールド21漫画蛭魔 妖一
あそびにいくヨ!項目参照
アフリカン・ゲーム・カートリッジズ項目参照
荒巻義雄 艦隊シリーズ項目参照
イングロリアス・バスターズ項目参照
うる星やつら項目参照
ウルフェンシュタイン項目参照
エイリアン項目参照
エイリアンVSプレデター項目参照
エリア88漫画死の商人MG3
ラジオ・コントロールのレオポルド2戦車に搭載
発砲なし
エンパイアーズゲームMG42部隊
代紋(エンブレム)TAKE2漫画ジェームス・ローリング特務曹長MG3
ボックスマガジン装着
丈二誘拐作戦時に使用
終わりのクロニクル小説Sfスカートの中に分解収納してある
カウンターストライク オンライン項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
キノの旅項目参照
強襲ミドガルト蛇漫画海浜猟兵(シュビムイエーガー)部隊『SF/フェチ・スナッチャー』2巻収録
キン肉マン漫画完璧・無量大数軍(パーフェクトラージナンバーズ)第二陣の全アイテムが合体変身した物
グラインドハウス項目参照
靴ずれ戦線項目参照
クロッシング・ウォー 決断の瞬間項目参照
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語項目参照
ケルベロス 地獄の番犬項目参照
犬狼伝説項目参照
コール オブ デューティ項目参照
コール オブ デューティ2項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ3項目参照
コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
コール オブ デューティ ファイネスト アワー項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
コール オブ デューティ ワールドウォーII項目参照
コレリ大尉のマンドリン項目参照
コンビニDMZ項目参照
しあわせのかたち項目参照
シティーハンター項目参照
真・女神転生 NINE項目参照
人狼 JIN-ROH項目参照
シンドラーのリスト項目参照
スター・ウォーズ項目参照
スターリングラード(1993年)項目参照
スターリングラード(2001年)項目参照
ストライクウィッチーズ項目参照
スナイパー エリート項目参照
せきさば!項目参照
ゼロイン項目参照
戦略大作戦項目参照
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト項目参照
逮捕しちゃうぞ漫画小早川美幸エアガン
奪還 DAKKAN -アルカトラズ-項目参照
デイズ・オブ・グローリー項目参照
デス・レース項目参照
東京爆発娘漫画晶 満里子第1話
トリアージX項目参照
映画カール
クラウス
アルバート
ハンス
バトルゴリラ項目参照
バトルフィールド1942項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
ハヤテのごとく!項目参照
パンチラインアニメOPで登場
バンドオブブラザーズTVドラマドイツ兵
緋弾のアリア項目参照
ファースト・スクワッド項目参照
フューリー項目参照
プライベート・ソルジャー項目参照
プライベート・ライアン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
ペーパーマン項目参照
ヘルシング項目参照
ヘルボーイ項目参照
放課後アサルト×ガールズ項目参照
マイウェイ 12,000キロの真実項目参照
魔弾小説ジム・リーツ
魔法先生ネギま!項目参照
未来世紀ブラジル項目参照
迷彩君項目参照
メダル オブ オナー項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
メタルサーガ項目参照
ライズオブネイション 〜民族の興亡〜ゲームドイツ兵
ランダウン映画ハッチャーの手下FAV搭載型
ワイルド7項目参照
ワルキューレ項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

外部リンク

MG-42 ムービー1
MG-42 ムービー2



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ええ、給弾手順や発射手順に関してはほぼ変わっていません。機関部やサイトなどには若干の変化があるので整備手順や照準調整までは流石に完全に同じではないですが。 -- 2015-07-21 (火) 06:09:37
  • >>実銃では真下に排莢される。横に飛ぶのはベルトリンクである。 NATO規格に合わせられたMG3ならともかくMG42で横に"飛ぶ"ってのも不適切だよな -- 2015-11-23 (月) 18:15:59
  • PKMやMAGに比べるとそこまで見かけないね アルマジロってドキュメンタリー映画でデンマーク軍が使ってたけど -- 2016-02-01 (月) 11:58:50
  • ちなみにMG3ね -- 2016-02-01 (月) 12:00:10
  • MG3ってドイツとかではまだ使われてるんですかね…MG4になってそう -- 2016-04-02 (土) 18:23:53
  • MG5は問題があってまだ普及しとらんからな ドイツ連邦軍のGPMGとしてはまだ現役だよ -- 2016-04-02 (土) 19:40:57
  • 今はKWSとして近代改修されているらしい。そのうちアイアンマンシステムみたいなのも取り入れたりして。 -- 2017-05-13 (土) 15:04:29
  • なんというプロテクトギア -- 2017-05-13 (土) 15:41:52
  • 残念ながらラインメタルが提唱したものの導入は全然されとらんよ。最近の特殊部隊の演習映像でも普通のMG3。まぁHK相手に因縁つけて軍事費下げないといけないような状況だからなぁ・・・ -- 2017-05-13 (土) 17:41:49
  • 木ストも良いけどやっぱ黒い方がかっこいいな -- 2017-06-18 (日) 14:59:16
お名前:


*1 しばしばメディアでもドラムマガジンと混同されるが、単に弾薬ベルトの入った容器である。
*2 これに関しては、マズルブースターを外したり、重いボルトを用いることで毎分800発程度まで抑制したモデルもある

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-13 (水) 19:02:05 (3d)